米ホワイトハウスがサムスン電子を招いた理由は

2021年4月3日 ニュース, ハンギョレ , , , ,

 米国のホワイトハウスが半導体供給能力を理由に、サムスン電子やゼネラルモーターズなどの主要な半導体・完成車企業とともに緊急対策会議を開く。経済分野だけはトランプ前政権と似た

「米国第一主義」
を掲げているバイデン政権は、現在の半導体不足現象を米国内での半導体生産拡大の契機にするもようだ。実際、今回の会議では半導体のサプライチェーンが重点的な議論の対象になることが分かった。米国家安全保障補佐官らが開く半導体緊急会議 2日、米国メディアの
「ブルームバーグ」
などによると、米国のホワイトハウスの安全保障および経済関連の高官らは、12日に半導体企業および自動車企業の会社関係者と世界的な半導体供給不足の問題を論議する。ゼネラルモーターズ(GM)やグローバルファウンドリーズなどの米国内の主要な製造企業が参加する。メモリ半導体市場で第1位の座にあり、米国現地で非メモリ半導体を生産するサムスン電子も招かれた。米国政府からはジェイク・サリバン国家安全保障担当補佐官とブライアン・ディース国家経済委員会局長が参加する。匿名の米国政府のある官僚は、米国メディアのインタビューで
「半導体不足問題について議会や同盟国とも協力している」
と言及した。 緊急会議開催の背景には、米国政府が明らかにしたとおり、世界的な半導体不足現象が関係している。特に全体経済に及ぼす影響が大きい自動車に
米ホワイトハウスがサムスン電子を招いた理由は 続きを本紙で読む 》

自動車向け半導体不足…米サムスン電子工場シャットダウンなど相次ぐ供給網打撃

2021年3月8日 ニュース, ハンギョレ , ,

 米国テキサス州の寒波と停電、同時に重なった福島の地震、そこに襲った台湾の冬の水不足…。. それこそ全てが一度にからまり、全世界で自動車向け半導体不足現象が深刻になっている。今年を通して自動車向け半導体の供給不足のショックが深まるだろうという見方が主流だ。産業通商資源部は4日、

「自動車向け半導体は収益性や半導体設備の能力などの構造的要因を考慮すると、根本的解決は難しい」
と公式に発表した。 海外メディアなどの報道によると、米テキサス州のオースティン製造業協会のエドワード・ラットソンCEOは
「オースティンの半導体工場の稼働再開が遅れている。5カ月後も自動車会社への影響が続くだろう」
と述べた。先月、米国に吹き荒れた記録的寒波で電力供給が途切れ、サムスン電子のオースティン工場はシャットダウン状態が2週間以上続いている。同工場は、スマートフォンなどに使われる半導体だけでなく、テスラの電気自動車などに自動車向け半導体も供給している。周辺にある自動車向け半導体メーカーのNXPやインフィニオンも同じく稼動を中止している。電力はほぼ復旧したものの、水道管の凍結などで発生した水の供給問題が再稼動を困難にしている。 自動車向け半導体の供給不足の兆しは、すでに昨年12月から現れている。昨年10月、火災により宮崎県にある旭化成の自動車向け半導体工場が止まったのだ。旭化成は茨城県にある別の半導体メーカー
自動車向け半導体不足…米サムスン電子工場シャットダウンなど相次ぐ供給網打撃 続きを本紙で読む 》

【社説】米中は政府が直接半導体戦争の矢面に立った

2020年5月20日 ニュース, 朝鮮日報 ,

 米政府が再び中国の華為技術(ファーウェイ)に対する半導体販売を制限する強硬な制裁を発表した。堂々と

「国家安全保障のための決定」
だと表明した。中国政府が戦略的に育成したIT企業ファーウェイの命脈を断つ狙いだ。それに対抗し、中国政府は自国の半導体生産メーカーに約3兆ウォン(約2600億円)を政府系ファンドから追加出資することを決めた。産業はもちろん、軍事的にも高度の戦略的価値がある半導体産業を巡り、米中が国家レベルの全面戦に突入した格好だ。 米国と中国では既に半導体は小さな産業分野ではない。米政府はサムスン電子、台湾積体電路製造(TSMC)など世界的な半導体企業に米国内に生産拠点を設けるよう要求。半導体生態系の再編を狙っている。インテルは昨年末、新概念のメモリー
「PRAM」
を発表し、業界地図を塗り替えようとしている。中国政府は2025年までに170兆ウォンを投じ、半導体の自給率を70%に引き上げる
「半導体崛起(くっき)計画」
を推進中だ。これまでメモリー半導体競争で韓国に敗れていた日本までインテル、TSMCの生産・開発拠点を誘致するプロジェクトを推進し、再起を夢見ている。 大国は政府が半導体戦争の矢面に立って、国家資源を総動員しているが、韓国政府は次世代の半導体技術開発に10年間で1兆ウォンを投資するという計画が全てだ。10年間に170兆ウォンを投じる中国とは比較にならない。サム
【社説】米中は政府が直接半導体戦争の矢面に立った 続きを本紙で読む 》