日本の対韓輸出規制、真の意図はどこに?―中国メディア

2019年8月14日 Recordチャイナ, ニュース , , , , ,

日本政府は7月にに対する半導体材料の輸出規制を強化してから、わずか1カ月で輸出申請への1件目の許可を出し、これによって日本の規制強化の合理性と、韓国に対する規制は完全な禁止措置ではないことを証明しようとしている。しかし同時に、日本の経済産業大臣は、
「韓国の管理に問題があれば、日本はより厳格な輸出規制措置を執る権利がある」
とも警告し、主導権が日本の手中にあることを暗に伝えた。経済日報が伝えた。 

8月8日、日本政府は7月4日に韓国への半導体材料3品目の輸出規制を強化してから35日目のこの日、関連材料の対韓輸出を初めて許可した。経済産業省は審査を踏まえ、対象の物品に軍事設備に転用されるリスクはないと判定し、申請からわずか1カ月で許可を出した。通常の審査日数の90日間よりだいぶ早い。これを受けて、韓国政府も日本を

「ホワイト国」
(輸出優遇国)から除外することを延期した。 

これまでの約1カ月間に、日韓関係の緊迫ぶりが絶えずエスカレート・拡大し、日本はひたひたと韓国に迫り、いささかも譲歩する考えがないことを示した。しかしながら、この時わずかに規制を緩めるなどして抑制的な姿勢を取ってきた。これについて遼寧大学国際関係学院の李家成(リー・ジアチョン)准教授は、

「日本の動きは、国際社会に向けて対韓国輸出措置は制限措置であって、禁止措置でないと自らの潔白を証明し
日本の対韓輸出規制、真の意図はどこに?―中国メディア 続きを本紙で読む 》

DHC、エヴァンゲリオン作者も…相次ぐ嫌韓発言に韓国市民の怒り噴出

2019年8月13日 ニュース, ハンギョレ , ,

 日本の“経済報復”がひと月以上続いている中で、日本の有名な漫画家や化粧品企業が運営する放送のパネラーが相次いで嫌韓発言をした事実が明らかになり、韓国市民たちは

「脱ドク」
(ファンが好きなものを止めること)や不買運動で批判に乗り出している。 日本の有名な漫画
「新世紀エヴァンゲリオン」
の作者の貞本義行氏(57)は今月9日、自分のツイッターに
「キッタネー少女像。天皇の写真を燃やして足でふみつけるムービー。かの国のプロパガンダ風習まるパク!」
「面白さ!美しさ!驚き!心地よさ!知的刺激性が皆無で低俗なウンザリしかない」
という書き込みを掲載した。日本の国際芸術祭
「あいちトリエンナーレ2019」
で日本国内の反対世論によって展示が中止された
「平和の少女像」
と日本軍
「慰安婦」
問題を扱ったドキュメンタリー映画
「主戦場」
について
「きたなくて低俗だ」
と非難したのだ。 批判世論が起こると、彼は
「韓流アイドルも好きだし綺麗なモノは綺麗だと率直に話している。造形物として魅力がなく汚いと感じた」
とし、
「(少女像の)モデルになった方がいるなら申し訳ない」
と釈明した。しかし、あるネットユーザーが
「来年エバ(エヴァンゲリオン)の新作公開を待つ韓国人に一言お願いしたい」
と質問すると、
「見たけりゃ見ればいいし、見たく無ければ見なきゃいい。俺関係ない。最終回だしきっとスッゲーよ」
と答えた。 
「エバおたく」
(エヴァンゲ
DHC、エヴァンゲリオン作者も…相次ぐ嫌韓発言に韓国市民の怒り噴出 続きを本紙で読む 》

ソウル中心に登場した「No Japan」の旗、国民から抗議で撤去=韓国ネット「国民の顔に泥」「日本はNo Koreanなんてしない」

2019年8月7日 Recordチャイナ, ニュース , , , , , ,

2019年8月6日、・聯合ニュースは
「日本の経済報復に対して地方自治体がさまざまな対応に取り組む中、ソウル中区が掲げた『No Japan』の旗が撤去された」
 

記事によると、中区は同日午前、東和免税店とソウル駅間の世宗大路の一部区間に

「No(Boycott)Japan:行きません。買いません」
と書かれた旗50枚余りを設置した。当初は同日夜に722枚を設置し、計1100枚を設置する計画だったが日程が繰り上げられたという。 

しかしその後、中区役所ホームページの

「区長に望む」
および
「生活不便申告」
コーナーには
「旗を撤去してほしい」
という要求が相次いだ。前日の5日には大統領府の国民請願掲示板にも
「ソウルのど真ん中にNo Japan旗を設置する計画を中止してほしい」
というコメントも寄せられており、1万3000人以上が支持を表明していたという。 

その後、同区のソ・ヤンホ区長はSNSで

「旗を撤去することにする。日本政府の経済報復に国民と共に対応するという趣旨だったが、思いがけずご心配をお掛けして申し訳ない」
と謝罪し、
「中区役所の旗が日本政府と日本国民を同一視し、日本国民に不要な誤解を与えかねないという懸念と、不買運動を国民の自発的領域として残すべきという批判を謙虚に受け止める」
と書き込んだという。 

これを受け、韓国

ソウル中心に登場した「No Japan」の旗、国民から抗議で撤去=韓国ネット「国民の顔に泥」「日本はNo Koreanなんてしない
続きを本紙で読む 》

史上初!ミスコリアが日本主催の国際大会をボイコット=韓国ネットでは称賛の一方で…

2019年8月6日 Recordチャイナ, ニュース , , ,

2019年8月5日、・マイデイリーによると、2019ミスコリアの受賞者7人が日本企業の主催する2019ミスインターナショナル大会への不参加を宣言した。 

記事によると、ミスコリアの受賞者が個人的な事情で国際大会に参加しなかったことはあるが、受賞者全員でボイコットするのは1957年にミスコリア大会が始まって以来初のこと。ミスコリア運営本部は

「日本の経済報復に対し全国民が不買運動などの克日で一つになっている時期に日本主催の国際大会への参加はあってはらないこと」
とし、
「満場一致で不参加を決定した」
と説明。また
「代わりにSNSなど多様なチャンネルで韓国女性の才能と美を世界に知らせる役割を担う」
との考えを示した。 

日本が主催するミスインターナショナル大会は、ミスユニバース、ミスワールド、ミスアースと共に世界4大国際美人大会とされている。世界各国の出場者らは美を競うだけでなく、観光地ツアーや文化体験など日本の文化コンテンツと日本ブランドをPRする活動も行う。 

これに韓国のネットユーザーからは

「かっこいい。愛国者だ」
「いいね。象徴的意味がある」
「顔だけでなく心も美しい」
「美しさとはこういうこと」
「大会に出場したところで自然に笑えるわけない」
など称賛の声が続々と寄せられている。また
「この流れでもボイコットしよう」
との声も多く見られる。 
史上初!ミスコリアが日本主催の国際大会をボイコット=韓国ネットでは称賛の一方で… 続きを本紙で読む 》

韓国開催の世界的レース、日本人選手が「旭日旗」ステッカーで批判の的に

2019年8月6日 Recordチャイナ, ニュース , , ,

2019年8月5日、・MBCPLUSニュースは、韓国でモータースポーツの祭典が開かれ、出場した日本選手が
「旭日旗をつけてレースに参加する蛮行を犯した」
 

記事によると、全羅南道霊岩郡のコリアインターナショナルサーキット(KIC)で4日、

「アジアモータースポーツカーニバル」
が行われ、
「スーパーレース チャンピオンシップ5ラウンド」
「ブランパンGTワールド チャレンジ アジア」
「ランボルギーニ・スーパートロフェオ・アジア」
が開催された。 

「ランボルギーニ・スーパートロフェオ・アジア」
には日本人ドライバーの落合俊之が出場していたが、3日の予選でヘルメットに旭日旗のステッカーを付けていたことが物議を醸した。韓国の主催会社が強く抗議し旭日旗を剥がすことを要求したところ、4日の決勝ではヘルメットにはステッカーがなかったものの、車体の目立たない部分に貼られていたという。 

記事は

「旭日旗は日本軍国主義の象徴」
であり、
「韓国の地で堂々とさらけ出してレースに臨んだ日本のドライバーは無礼を通り越して蛮行に近い行為を犯した」
と強く批判。落合のSNSには予選の段階から韓国のネットユーザーから抗議の書き込みが殺到していたというが、決勝でも続けたことで
「韓国内のレースファンの怒りは極限に達した」
と記事は伝えている。 

記事によると、

韓国開催の世界的レース、日本人選手が「旭日旗」ステッカーで批判の的に 続きを本紙で読む 》

日本へ向かうBTSは韓服を着用!韓国の日本不買運動、芸能人の活躍も話題に

2019年8月3日 Recordチャイナ, ニュース , , , ,

2019年8月2日、・Newsenは、アイドルグループ・BTS(防弾少年団)のジョングク、歌手のパク・ジェリム、俳優のイ・シヨン、チョン・ウソン、キム・イソン、パク・ホサン、コメディアンのパク・ミョンス、キム・ジェウク、オ・ジョンテが
「日本不買運動」
に賛同した 

記事によると、1日に放送されたMBCの

「セクションTV 芸能通信」
では、日本による規制強化措置を受けて韓国で拡散する
「日本製品不買運動」
に参加する芸能人らの活躍について伝えられた。それによると、イ・シヨンはSNSに
「ほとんどが日本産だった用品を全て国産品に変えた」
としてその証拠写真を掲載した。パク・ミョンスはパーソナリティーを務めるラジオ番組で、日本政府の措置をめぐり
「もうやめてほしい。グローバル時代になぜだ。経済報復で日本さようなら。政治的水準を上げるべきだ」
と強く批判した。チョン・ウソンは元女性がテーマの映画をPRし、キム・イソンとパク・ホサンもそれに賛同。その結果、2日で目標としていた募金額を達成したという。やむを得ず日本を訪れることになったパク・ジェボムは出国の際に韓国国旗の付いた帽子を着用し、BTSのジョングクも韓服(韓国の伝統衣装)風のトップスを着用した。 

キム・ジョンテとオ・ジョンテは日本旅行をキャンセル。オ・ジョンテは

「多くの国民が参加してほしい」
とも述べた
日本へ向かうBTSは韓服を着用!韓国の日本不買運動、芸能人の活躍も話題に 続きを本紙で読む 》

「建国70周年」を前にピリピリムードか?注目の国産映画4本、いきなり上映中止で話題

2019年7月30日 Recordチャイナ, ニュース , , , ,

2019年7月29日、中国でこの夏話題の国産映画が相次いで上映中止になったのは、中国共産党政権による建国70周年を控え、わずかなトラブルの種も排除するよう、当局が神経をとがらせているせいではないかと米CNNが伝えている。 

【】

中国では先月から今月にかけて、今年の上海国際映画祭で急に上映中止となったグアン・フー(管虎)監督の抗日映画

「八佰」
をはじめ、戦争映画
「刀背藏身」
、若手人気スターの競演が注目される
「少年的[イ尓]」
、映画のリメーク作
「小小的願望」
の4本が相次いで上映中止に。中には封切り3日前に中止が発表されたものもあり、いずれもこの夏の話題作だったものの、最も集客が見込める夏休みシーズンを逃すことになった。その後の上映計画も発表されていない。 

中国の映画やテレビ番組についてはここ数年、検閲が厳格化され、同性愛や女性の胸の谷間、ヒップホップやタトゥーなどがあれば放映禁止になる例が相次いでいる。だが、このほど上映中止となった4作品については、特に問題と思われるような描写はなく、SNS上には驚きと不満の声が多数投稿されている。 

この問題について、米CNNの取材に匿名で応じた外国映画製作会社の幹部は、今年10月1日に迎える建国70周年を前に、当局が特に神経をとがらせているのではないかとコメント。映画

「八佰」
は、中
「建国70周年」を前にピリピリムードか?注目の国産映画4本、いきなり上映中止で話題 続きを本紙で読む 》

韓国で広まる日本ボイコット=日本車への給油、ユニクロ商品配送も拒否―中国メディア

2019年7月26日 Recordチャイナ, ニュース ,

中国メディア・海外網は24日、で
「ユニクロ商品の配送拒否」
が宣言された問題を伝え、
「日本製品の不買を訴える声がますます高まっている」
と指摘した。 

記事はまず、

�日、宅配企業の配達員による労働団体がソウルにある日本大使館前で会見を開き、日本のファッションブランド『ユニクロ』の商品配送を拒否する活動の開始を宣言した」
と説明。活動の目的が日本政府による対韓輸出規制への抗議であることを指摘する他、日本メディアの報道を引用する形で、団体側が
「安倍政権の経済報復を糾弾する」
と表明したことを伝えた。 

記事によると、韓国の世論調査機関・リアルメーターは同日、

「日本製品ボイコットは感情的」
という見方に対し、約62%の回答者が反対意見を示したことを明らかにしたという。 

記事は、ガソリンスタンドの団体に日本車への給油拒否を呼び掛ける声が寄せられたことや、ソウルの一部スーパーマーケットでビールをはじめとする日本の商品が姿を消したことを説明。SNS上には

「給油拒否運動に加わらないガソリンスタンドはボイコットの対象になる」
との書き込みもあったそうだ。 

記事は、訪日旅行の予約件数や日本映画の興行収入に影響が及んでいることにも言及した。(翻訳・編集/)

韓国で広まる日本ボイコット=日本車への給油、ユニクロ商品配送も拒否―中国メディア 続きを本紙で読む 》

ソウル公演で日本人演奏者に「チョッパリ!」のやじ、韓国ネットからも批判殺到

2019年7月24日 Recordチャイナ, ニュース , ,

2019年7月22日、・SBSによると、ソウル市内で開かれたコンサートの最中、出演者の日本人に対し
「チョッパリ(日本人に対する侮蔑語)」
というやじが飛ぶ一幕があった。 

記事によると、今月14日にソウル・芸術の殿堂で開かれた

�IOS PIAZZOLLA ライブタンゴ」
公演での出来事。客席にいた観客によると、この日の公演は第1部に日本の4人編成タンゴバンド
𰃌uatrocientos(クアトロシエントス)」
が出演していた。ヴァイオリニストが曲の説明をしている最中、1階席に座っていた観客が立ち上がり、ステージに向かって大声で侮蔑語を叫んだ。会場の雰囲気は一瞬にして凍りついたが、日本人演奏者たちは言葉の意味が分からず、ただ困惑している様子だったという。 

。 

公演企画サイドは、

「演奏者たちは韓国が好きで、つたないながらに韓国語で曲について説明しようと準備をしてきていた」
と説明。担当者は
「やじの意味について詳しくは説明しなかった」
と話しているという。 

また、記事は

「韓国の企画会社の主催した公演で演奏者に日本人が含まれていた。日本不買運動の対象だと判断するのは個人の自由だが、それなら公演を見なければいい。わざわざ会場に来て騒ぎを起こし、他の観客の妨害をする必要があるのか」
と指摘している。 

さらに記事は、

ソウル公演で日本人演奏者に「チョッパリ!」のやじ、韓国ネットからも批判殺到 続きを本紙で読む 》

グローバル労働搾取は謝罪したが…サムスンの反論は間違っている

2019年7月17日 ニュース, ハンギョレ , ,

 サムスン電子は10日、ハンギョレの

「グローバル・サムスン持続不可能報告書」
企画と関連してかなり長い分説明資料を発表した。サムスンの反論権を保障するためだ。具体的に反論してくれば十分に反映するという意思も伝えた。ほとんど全ての取材内容が分かるよう、14項目で構成された質問も送った。工場別雇用人数などごく基本的な内容を問う質問もあった。しかし、サムスンは14項目のうちどの質問にも具体的な返事を送らなかった。 基礎的な事実関係の確認要請にも無回答で一貫していたサムスンは、今回の立場文を通じて記事のグラフィックに出ていた工場別雇用人数が実際の数字と違うとし、
「記事は最も基礎的な事実である事業所の雇用人数からして間違っていた」
と述べた。サムスンの回答を得られないままグラフィックを制作する過程で、インド全体雇用規模とされる7万人をノイダの雇用人数と表記し、6万人のベトナム・タイグエンの雇用規模を3千人と書いたミスがあったのは事実だ。読者の皆様にお詫びし、現在は修正したことをお伝えする。 サムスンは立場文の結論で
「過ちは正し、力の及ばなかった部分は引き続き努力して補完する」
と言っている。過ちを正すことは事実関係をありのままに見ることから始まる。サムスンが
「グローバル・スタンダード」
に歩調を合わせていく最初のボタンを、無事にかけるよう期待する。

グローバル労働搾取は謝罪したが…サムスンの反論は間違っている 続きを本紙で読む 》

日本の経済報復に対抗?韓国政府が「竹島は韓国領」の“決定的証拠”をHPに掲載へ

2019年7月16日 Recordチャイナ, ニュース , ,

外交部の運営する独島(日本名:)ホームページに来月、土壌調査の結果が掲載される。韓国・ソウル新聞は15日付の記事で、
「日韓関係が敏感なこの時期に韓国政府が『独島は韓国領だ』とする地質学的証拠を全世界に広報する決定を下したということ」
と説明し、
「今後どんな影響を及ぼすのか関心が集まっている」
と伝えている。 

記事によると、韓国政府関係者は

「独島ホームページの8月の再編の際に、独島土壌調査の結果が掲載される」
とし、
「農村振興庁(農振庁)が独島の土壌を調査し『独島(土壌)統』と命名してから8年後に公式ホームページに掲載される」
と説明した。この研究は農振庁が2009年から主導しており、11年4月に結果を発表・命名していた。独島(土壌)統は島内に10.6ヘクタール存在しているが、これは朝鮮半島本土近くにある鬱陵島でも486.2ヘクタールの面積で発見されているため
「韓国の領土だという決定的な証拠として認識されている」
と記事は伝えている。 

ホームページでは韓国語、英語、中国語、ドイツ語、スペイン語、アラビア語など計12カ国語で掲載される。また、土壌情報のリンクを押すと

「独島の土壌研究論文」
など詳しい資料が見られるようにする予定だという。 

記事は専門家の見解として、聖公会(ソンゴンフェ)大学日本学科のヤン・ギホ教授が

「日本が不当な経済報復をし
日本の経済報復に対抗?韓国政府が「竹島は韓国領」の“決定的証拠”をHPに掲載へ 続きを本紙で読む 》

日韓関係に疲れた?ワールドツアー不参加のTWICE日本人メンバーに心配の声

2019年7月12日 Recordチャイナ, ニュース , ,

2019年7月11日、ニュースエンなど複数のメディアによると、韓国の人気ガールズグループ
「」
の日本人メンバー・ミナが健康上の理由でワールドツアーに参加しないことを発表した。 

TWICEの所属事務所は同日、公式SNSで

「ミナは現在、ステージに立つことに極度の心理的ストレスと不安を感じている。診断名はまだはっきりしていない状態で、さまざまな専門医療機関で確認中」
と発表した。また、これについて
「ミナ本人やメンバーと十分な話し合いを重ねた」
とし、
「現在のミナの健康状態に対する治療などの専門的な措置、絶対的な安静が必要だと判断し、これを最優先するためTWICEワールドツアーに参加しないことになった」
と説明した。 

日本政府による半導体材料などの対韓国輸出規制強化が発表された後、韓国では

「日本製品不買運動」
が拡散しており、一部からはTWICEのミナやサナをはじめ
「韓国芸能界で活躍する日本国籍の芸能人を追放するべきだ」
との主張も上がっていた。そのため、今回の発表に対し韓国のネットユーザーからは
「最近の日韓の対立に強いストレスを感じていたのではないか」
「韓国の日本人アイドルにとって今の状況はどんなにつらいだろう。休息が必要だ」
「韓国国民が嫌っているのは日本の首相だけ。ミナが思い悩む必要はない」
などと心配する声が多数寄せられている。 

一方で

「た
日韓関係に疲れた?ワールドツアー不参加のTWICE日本人メンバーに心配の声 続きを本紙で読む 》

韓国の「反日感情」は芸能界にも波及=「罪のない日本人タレントを政治の犠牲品にしてはならない」の指摘も―中国メディア

2019年7月11日 Recordチャイナ, ニュース , ,

2019年7月11日、環球時報は、経済分野にまで拡大した日韓両国の対立により、で反日感情が芸能界にまで波及している 

記事は、韓国紙・朝鮮日報の9日付報道を引用して、韓国のネット上における反日感情の高まりを紹介。韓国の著名メイクブロガーが7日に日本の化粧品を紹介する動画を掲載したところ批判が噴出し、翌日謝罪する事態になったとした。また、俳優のイ・シオンが誕生日祝いで日本を旅行した際の写真をSNSに投稿して

「炎上」
し、事務所が
「日本へは招待を受けて行った」
と火消しに乗り出したと伝えている。 

さらに、日本ブランドの宣伝キャラクターを務める韓国人タレントにも緊張が走っており、

「反日感情を理由に日本ブランドのオファーを断れば、業界での評判を落とす恐れがあるので慎重にならざるを得ない」
という空気が漂っているとしたほか、韓国のアイドルグループに所属する日本人メンバーに対して韓国のネットユーザーから
「出ていけ」
「日本文化の浸透を許すな」
などといった非難が寄せられており、の日本人メンバーMinaが健康上の理由で一部の活動に参加しないことが発表されたとする韓国メディアの情報を紹介した。 

一方で、一部の韓国メディアや韓国の芸能界関係者からは

「日本製品のボイコットと日本人タレントの締め出しを同じように扱ってはいけない」
「日本出身のアイドル
韓国の「反日感情」は芸能界にも波及=「罪のない日本人タレントを政治の犠牲品にしてはならない」の指摘も―中国メディア 続きを本紙で読む 》

日本でも人気の韓国コスメにカビ、元スタッフが「ずさんな品質管理」を暴露し物議=韓国ネット「客をバカにしている」

2019年7月11日 Recordチャイナ, ニュース , ,

2019年7月9日、・ソウル新聞によると、日本にも店舗を展開し人気を博している韓国のアパレルコスメブランド
「IMVELY(イムブリー)」
の元スタッフが同ブランドのずさんな管理体制を暴露し、物議を醸している。 

記事によると、SNSインフルエンサーのイム・ジヒョンが手掛ける同ブランドは2013年に韓国で通販サイトを立ち上げた後、1700億ウォン(約156億円)を売り上げるなど人気を集めた。しかし最近、販売した商品からカビが見つかり問題となっていた。さらにコスメの副作用問題やデザイン盗用問題も浮上し、波紋を広げた。 

そうした中、今月8日に放送された韓国のテレビ番組で、同ブランドの元スタッフらが

「品切れ騒動を起こしたIMVELYのコスメは、クーラーすらない劣悪な環境で保管されていた」
と暴露した。物流倉庫を管理していた元スタッフは
「真夏は外より倉庫の中が暑かった。コスメが溶けてしまいそうだったのでエアコンの設置を頼んだが費用の問題で先送りになった。今回の(カビ)騒動が起きてから製造日の確認や温度の測定をし始めた」
と話したという。 

これに韓国のネットユーザーからは

「代表は高価なマンションに住んで高級車やブランド品を買いあさっているのに、商品はまともに保管すらしていなかったのか。客をバカにしている」
𰃁万ウォンの価値の商品を10万ウォンで
日本でも人気の韓国コスメにカビ、元スタッフが「ずさんな品質管理」を暴露し物議=韓国ネット「客をバカにしている
続きを本紙で読む 》

こじれる日韓関係、韓国国民の対抗意識がエスカレート―中国メディア

2019年7月10日 Recordチャイナ, ニュース , ,

2019年7月9日、新民晩報は、日本政府による半導体材料の対韓輸出規制の発動により、の民間で日本への対抗意識が激化している 

記事は、今月1日に日本政府が対韓輸出規制を発表し、4日に発動して以降、ソウルの一部スーパーでは酒やたばこなどを含む日本製品が商品棚から外されたり、商品棚に

「日本製品は売らない、買わない」
という標語が掲示されたりしていると紹介した。 

また、ソウルの日本大使館前では市民がユニクロ、三菱、ホンダなど日本企業のロゴが書かれた紙箱を踏みつけるパフォーマンスが見られたとしたほか、韓国市場協会の会長が

「韓国人として、日本製品のボイコットは使命だ」
と語ったことを伝えている。 

さらに、韓国のSNS上でも日本製品ボイコットを呼び掛ける発言が増えており、

「日本製品ボイコット」
が韓国最大の検索エンジンNaverのホットワードになっていると紹介。大統領府のウェブサイトでも日本に対する経済制裁を求める請願者数が3万人を超えており、中には来年の参加ボイコットを主張する市民もいるとした。 

このほか、製品だけでなく日本旅行に行かないよう呼び掛ける韓国市民もおり、両国関係の悪化により今年1~5月の訪日韓国人数が、この8年で初めて減少に転じる中、今後さらに訪日韓国人が減少するとの予測も出始めている(翻訳・

こじれる日韓関係、韓国国民の対抗意識がエスカレート―中国メディア 続きを本紙で読む 》

サムスンのスマホ広告、オーストラリアで訴えられる―中国メディア

2019年7月10日 Recordチャイナ, ニュース , , , ,

2019年7月8日、中国のニュースサイトの参考消息網は、電子のスマートフォンに関する広告が、消費者に誤解を与えたとしてオーストラリアで訴えられた 

記事はロイター通信の4日付報道を引用し、オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)がこのほど、スマートフォン

「Galaxy」
の防水性能に関し、海やプールで使用可能であるとする宣伝が消費者に誤解を与えたとして、サムスン・オーストラリアを提訴した 

ロイター通信によると、広告にはスマートフォンを持つ人がプールで潜ったり海でサーフィンをしていたりする様子が含まれるが、ウェブサイト上には、

「Galaxy S10」
の耐水性について淡水環境でのみテストしており、ビーチや海水プールでの使用は非推奨と小さい文字で記載されているという。 

ACCCは、テレビやSNS、看板、商品パンフレットなどを含む300件以上の広告を提訴の対象にしており、ロイター通信は

「数百万ドルの罰金が科せられる可能性がある」
と伝えている。(翻訳・編集/柳川)

サムスンのスマホ広告、オーストラリアで訴えられる―中国メディア 続きを本紙で読む 》

強制徴用被害者団体「安倍首相は歴史を政治に利用するな」

2019年7月6日 ニュース, ハンギョレ , ,

 

「安倍はそれでも人間なのかと問いたいです」
 太平洋戦争被害者補償推進協議会共同代表のイ・ヒジャ氏(76)が怒りに満ちた声で語った。イ氏が1歳になったばかりの1944年、江華島(カンファド)で農業に勤しんでいた父親が日本に強制徴用された。炭鉱に連れて行かれたと思っていた。生死も不明だった。イ氏が父親の記録を見つけたのは、終戦から47年が経った1992年だった。やっと探し出した記録には、父親が1945年6月、中国で戦闘中に死亡したという内容が書かれていた。イ氏の父親のように、日本植民地支配期に強制徴用された韓国人の数は782万人(重複動員を含む)と推算される。主に炭鉱や製鉄所などで戦争物資を作るのに動員された。強制徴用被害者とその家族たちは、韓国と日本の裁判所に強制徴用の被害を賠償するよう訴訟を起こし、韓国最高裁判所(大法院)は昨年10月と11月、日本製鉄(旧新日鉄住金)と三菱重工業の賠償責任を認めた。日本製鉄の強制徴用被害者たちが訴訟を提起してから13年、三菱重工業の強制徴用被害者たちは18年がたってのことだった。それから8カ月後の今月4日、日本は韓国に半導体素材など輸出を規制する経済報復を断行した。 強制徴用被害者団体は日本の“居直り”に対し、怒りを露わにした。
「強制動員問題の解決と対日過去清算に向けた共同行動」
(強制動員共同行動)は5日、ソウル鍾路区(チョンノグ)の駐韓日
強制徴用被害者団体「安倍首相は歴史を政治に利用するな
続きを本紙で読む 》

韓国政府に異例の苦言、大韓商工会議所会長「日本は綿密に報復」=韓国ネットも同調「だから日本にやられてばかり」

2019年7月4日 Recordチャイナ, ニュース ,

2019年7月3日、・ファイナンシャルニュースによると、大韓商工会議所の朴容晩(パク・ヨンマン)会長が日本による輸出規制強化への韓国政府の対応を批判した。 

記事によると、朴会長は同日、自身のSNSで

「日本は政府省庁間が綿密に協力して選択した作戦で報復してきているのに、われわれは身内同士の非難に忙しい」
と述べ、日本の輸出規制強化に対する韓国政府と政界の対応の様子を批判した。記事は
「これまで朴会長はSNSに個人的な日常を中心とした内容を掲載しており、政界に向けて公に苦言を呈するのは非常に異例のこと」
 

朴会長はまた、

「与野党はいずれも経済危機という言葉を口にしないでほしい」
とし、
「危機という言葉を口にしたらそれを耳にする国民の1人として胸がつまる」
と訴えた。さらに
「米中が保護貿易主義に傾き製造業製品の輸出がますます厳しくなっている中、われわれは余裕もないのに何か起こった後に対策を立てている」
と苦言を呈したという。 

これを受け、韓国のネット上でも

「日本は確かに先進国。日本メディアは国益を中心に冷静に報道する。それに比べて韓国の政界とメディアは解決策や対応策を論じるより、路線が異なる政党を非難して反射的利益を得ようとする」
「それもこれも大統領が駄目なせい。国論を分裂させて周辺国を敵対視、友好国とも疎遠になり、だけに頼ったから
韓国政府に異例の苦言、大韓商工会議所会長「日本は綿密に報復」=韓国ネットも同調「だから日本にやられてばかり
続きを本紙で読む 》

サムスン、ドイツでの労組妨害で赤恥をかいても…全世界の工場で“無労組原則”

2019年6月26日 ニュース, ハンギョレ , ,

 グローバル超一流企業として君臨するサムスン電子は、今や韓国だけの企業ではない。超国籍企業サムスン電子は、世界の人々にどんな姿に映っているのだろうか。サムスン電子で働く労働者は、サムスンに対してどう思っているのだろうか。特にサムスン電子の主要生産基地に浮上したアジア地域の労働者の暮らしと労働の現実はどうなっているのだろうか。この質問の答えを得るために、ハンギョレはベトナム、インド、インドネシアのアジア3カ国9都市を訪ねた。2万キロ余り、地球半周分を巡って136人のサムスン電子労働者に直接会って質問調査した。国際労働団体がサムスン電子の労働条件に関する報告書を発刊したことはあるが、報道機関としては韓国内外をあわせて最初の試みだ。10人の労働者に深層インタビューし、20人余りの国際経営・労働専門家にも会った。70日にわたるグローバル・サムスン追跡記は、私たちが漠然とは察しながらも、しっかり見ようとしなかった不都合な真実を暴く。真実に向き合うことは、そのときは苦痛かもしれないが、グローバル企業としてサムスンがブランド価値を高めるためには避けられない過程だと判断する。5回に分けてグローバル超一流企業サムスン電子の持続可能性を尋ねる。 

「問題社員(MJ)の一挙手一投足を監視」
 
「労組設立時に主導者解雇、御用労組作り勢力拡散防止」
 
「家庭の事情(離婚),金銭問題などあらゆる方法動員し目標
サムスン、ドイツでの労組妨害で赤恥をかいても…全世界の工場で“無労組原則” 続きを本紙で読む 》

「ノーブラは信条」と述べたソルリ、女性たちの熱い支持を得た理由とは

2019年6月24日 ニュース, ハンギョレ ,

 俳優で歌手のソルリが、ある番組で普段ブラジャーを着用しない理由について堂々と信条を述べ、応援の声が相次いでいる。 ソルリは21日、JTBC2のバラエティ番組

「アクプル(SNSなどの悪質なコメント)の夜」
に出演し、
「(ブラジャー着用問題は)個人の自由」
とし、
「私にとってブラジャーはアクセサリー。つけることもあるし、つけないこともある」
と話した。ソルリはその理由として
「ブラジャー自体、ワイヤーがあるので消化にも悪く健康にも良くない。私は(ブラジャーをつけないのが)楽なのでつけないのであって、それが自然できれいだと思っている」
と付け加えた。 ソルリの発言が注目を集めたのは、ソルリがブラジャーを着用しない、いわゆる
「ノーブラ」
写真をSNSに掲載したという理由だけで、刺激的な報道や悪質なコメントに悩まされた当事者だからだ。一部のネットユーザーやマスコミは、ソルリが2016年頃から
「ノーブラ」
写真を載せるたびに、
「扇情的だ」
「関心を得るためにわざと写真を載せている」
という非難を浴びせた。一部のマスコミはソルリの写真を報道しながら
「ノーブラ論争」
と名づけ、社会的偏見を煽り(チョン・スラ韓国女性民友会メディア運動本部事務局長)もした。しかし、ソルリは非難に屈せず気丈に
「ノーブラ」
写真を上げ続けた。ソルリは同日の番組で、その理由について
「『ノーブラ』に対する偏見がなくなってほしいと思ったし
「ノーブラは信条」と述べたソルリ、女性たちの熱い支持を得た理由とは 続きを本紙で読む 》