日本開催のミスコンを韓国代表がボイコットへ

2019年8月8日 Recordチャイナ, ニュース , ,

の放送局
「SBS」
の6日付の報道によると、韓国と日本の貿易摩擦がエスカレートし続けているのにともない、韓国国民の反日感情がますます高まり、文化・スポーツ分野にもその影響が及んでいる。そしてこのほど2019年度のミス・コリアの受賞者が、
「ミス・コリアの全受賞者は、日本の企業が主催する2019年ミス・インターナショナル大会をボイコットする」
と発表した。人民網が伝えた。 

「ミス・コリア」
運営本部は5日、慣例ではミス・コリアの受賞者は毎年、日本でのミス・インターナショナル大会に参加するが、今年の受賞者たちは、10月にある大会への集団ボイコットを決定したことを明らかにした。 

報道によれば、ミス・コリアが個人的な理由から国際イベントに参加しなかった先例はあるが、今回のように集団でボイコットを決定するのは、1957年に第1回ミス・コリア大会が始まって以来初めての事態となった。 

同運営本部は、

「韓国が上から下まで全国が力を合わせて日本の経済報復措置に対抗している時、日本が主催する国際大会に参加することは絶対に出来ない」
とその理由を説明している。 

今年のミス・インターナショナルは10月25日に東京ドームホテルで行われ、ミス・ユニバース、ミス・ワールド、ミス・アースと並ぶ世界的な美の祭典となっている。(編集KS)

日本開催のミスコンを韓国代表がボイコットへ 続きを本紙で読む 》

日本の韓国産ヒラメ検査強化、根拠に「深刻な誤り」?韓国メディアが指摘

2019年7月26日 Recordチャイナ, ニュース , , , ,

日本政府は
「食中毒の危険がある」
ことを理由に先月1日から産ヒラメなどに対する衛生検査を強化しているが、韓国・SBSが25日に
「日本の研究結果に深刻な誤りがあった」
と報じ、注目を集めている。 

日本は先月1日から、韓国産ヒラメの輸入量に対する衛生検査の割合を20%から40%に引き上げた。この影響でヒラメの輸出量は3分の1以上減少したという。日本の検査強化措置は、韓国による福島など8県産水産物の輸入禁止をめぐる訴訟で世界貿易機関(WTO)が韓国勝訴を言い渡した直後に発表されたため、韓国では

「事実上の対抗措置」
とみる声が多く上がっていた。 

日本は検査を強化する理由として

�年に韓国産ヒラメから食中毒を引き起こす寄生虫のクドアが発見された」
と説明した。クドアは韓国の済州島で養殖されたヒラメの4~5%から検出されたという。しかし。 

また日本人学者は2015年、特定の食中毒事件について疫学調査を行ったところ、食中毒にかかった人の全員が済州島で養殖されたヒラメを食べていたとの結果を発表した。これについても記事は

「食中毒にかかっていない人の90%も同じヒラメを食べたとの部分が考慮されていない」
と指摘している。 

最後に記事は

「済州島のヒラメを輸入する際にクドアの検査をする国は日本のみだ」
とも伝えている。 

日本の韓国産ヒラメ検査強化、根拠に「深刻な誤り」?韓国メディアが指摘 続きを本紙で読む 》

ソウル公演で日本人演奏者に「チョッパリ!」のやじ、韓国ネットからも批判殺到

2019年7月24日 Recordチャイナ, ニュース , ,

2019年7月22日、・SBSによると、ソウル市内で開かれたコンサートの最中、出演者の日本人に対し
「チョッパリ(日本人に対する侮蔑語)」
というやじが飛ぶ一幕があった。 

記事によると、今月14日にソウル・芸術の殿堂で開かれた

�IOS PIAZZOLLA ライブタンゴ」
公演での出来事。客席にいた観客によると、この日の公演は第1部に日本の4人編成タンゴバンド
𰃌uatrocientos(クアトロシエントス)」
が出演していた。ヴァイオリニストが曲の説明をしている最中、1階席に座っていた観客が立ち上がり、ステージに向かって大声で侮蔑語を叫んだ。会場の雰囲気は一瞬にして凍りついたが、日本人演奏者たちは言葉の意味が分からず、ただ困惑している様子だったという。 

。 

公演企画サイドは、

「演奏者たちは韓国が好きで、つたないながらに韓国語で曲について説明しようと準備をしてきていた」
と説明。担当者は
「やじの意味について詳しくは説明しなかった」
と話しているという。 

また、記事は

「韓国の企画会社の主催した公演で演奏者に日本人が含まれていた。日本不買運動の対象だと判断するのは個人の自由だが、それなら公演を見なければいい。わざわざ会場に来て騒ぎを起こし、他の観客の妨害をする必要があるのか」
と指摘している。 

さらに記事は、

ソウル公演で日本人演奏者に「チョッパリ!」のやじ、韓国ネットからも批判殺到 続きを本紙で読む 》

幼い双子が10キロの巨大タコを丸ごと…!?韓国の動画に非難殺到

2019年7月17日 Recordチャイナ, ニュース , ,

2019年7月15日、・SBSは
�キロのミズダコを丸ごとクチャクチャ…6歳の双子のモクパンが物議」
と題する記事を掲載した。 

韓国語で

「モクパン」
とは、食べる様子の動画を公開すること。 

これを見た韓国のネットユーザーからは、同年代の子どもを持つ30~40歳の親世代を中心に

「成人でも食べるのが大変な大きさのタコを、わずか6歳の子どもに食べさせるのは危険な行為」
「歯がそろっていない子どもだし、これは児童虐待のレベル」
「とても危ないと思う。ウチの子どもも好きで見ているので、まねしたいとせがむんじゃないかと怖い」
「自分の子どもにこんなまねさせるなんて、親は金に目がくらんだね」
「子どもがかわいそう」
などの声が続出し、大ひんしゅくを買っている。ただ、ごく少数ではあるが
「親がすぐ目の前にいる状況だし、子どもたちも楽しそうに見える。児童虐待とまではいかないだろう」
との擁護する意見も見られた。 

波紋が広がるや、双子の父親は謝罪文を掲載し

「いただき物のタコを子どもたちが不思議がって食べたいと言ったので切らずに与えた。動画撮影の後に切って家族みんなで一緒に食べた。幼児チャンネルという特殊チャンネルであるだけに、もっと慎重になるべきだった」
と述べたという。現在、動画は削除されている。(翻訳・編集/松村)

幼い双子が10キロの巨大タコを丸ごと…!?韓国の動画に非難殺到 続きを本紙で読む 》

韓国、暴行される被害者を放置する警察官の映像が物議

2019年6月24日 Recordチャイナ, ニュース , ,

2019年6月19日、・SBSは
「警察5人が暴行を傍観…『怖くて韓国で暮らせない』」
との見出しで、韓国である暴行事件の映像が物議を醸していることを報じた。 

。 

出動した警察官らは

「(加害者が)『知り合いだから自分たちで話をする』と言ってきたので席を外した」
と釈明している。しかし警察官らが席を外した後、被害者はさらに暴行を受け、自ら呼んだ救急隊が来てようやく加害者たちから解放されたという。暴行により被害者は鼻の骨と肋骨(ろっこつ)を折るなど全治7週間の重傷を負った。さらに事故の衝撃で精神科の治療も受けており、1カ月以上を病院で過ごしているという。 

仁川西部警察署は調査チームをつくり、現場に出動した警察官の対応に不十分な部分がなかったかどうか調べると発表したという。 

これを受け、韓国のネット上では

「これは警察じゃないね。やじ馬の住民より下。制服がもったいない」
「最近の警察は茶番。それなのに捜査権と起訴権を独立させろって?」
「韓国警察の本来の姿を見ているようで気力がなくなる」
など非難が集中しており、当該警察官らについても
「みんな解雇すべき。警察官になりたい人は山ほどいる」
𰃅人の顔と所属部署を明らかにして」
など厳罰を求める声があちこちから上がっている。 

あるユーザーからは

「われわれもこれからは自らを
韓国、暴行される被害者を放置する警察官の映像が物議 続きを本紙で読む 》

青森を旅する番組で物議、韓国のテレビ局が謝罪「誤解を招く可能性あった」

2019年6月10日 Recordチャイナ, ニュース , ,

2019年6月10日、・イーデイリーなどによると、青森県を旅する内容の番組を放送して物議を醸していた韓国のテレビ局が謝罪した。 

韓国SBSのバラエティー番組

「執事父一体」
は今月2日と9日、出演者らが青森県を旅しつつ現地の料理や観光名所を紹介する内容を放送した。しかし、青森県は韓国政府が2011年の福島原発事故以降、水産物の輸入を禁止している8県に含まれているため、番組を見た視聴者からは
「青森県を美化する内容を放送するのは問題だ」
との指摘が寄せられていた。 

これに対しSBSは

「ロケ地の選定、紹介の過程で誤解を招く可能性があったことについて、いかなる理由であれ不快に感じた視聴者がいるというのは制作チームの不注意であり、今後はさらに注意していく」
と謝罪した。また、ロケ地として青森県を選択した理由については
「出演したゲストと関係があったため」
とし、
「協賛やPRなど他の目的はなかった」
と説明したという。 

これに、韓国のネットユーザーからは

「韓国政府が必死に輸入を防いでいるというのに、あきれる。なぜ制作チームの誰も気付かなかったのか」
「輸入を禁止する韓国政府を皮肉るかのように平然と青森県を紹介するなんて。意図的ではないか?」
「全部放送した後に謝罪では、遅過ぎる。PRの意図があったとしか思えない」
「番組の影響力は大きいのに、制作する人たち
青森を旅する番組で物議、韓国のテレビ局が謝罪「誤解を招く可能性あった
続きを本紙で読む 》

「東京五輪での旭日旗使用を禁止に」大韓体育会が日本に正式要請=韓国ネットには「使うならボイコットすべき」の声殺到

2019年5月29日 Recordチャイナ, ニュース , , ,

2019年5月28日、・SBSは
「大韓体育会が・パラリンピック競技大会組織委員会に対し、正式に旭日旗の使用禁止を要請した」
 

記事によると、大韓体育会関係者は電話取材に対し

「帝国主義日本軍が使用していた戦犯旗である『旭日旗』が来年の東京五輪で広範囲に使用されることを事前に防ぐため、競技場への持ち込みを禁止するよう日本側に求めた」
と説明したという。 

大韓体育会関係者は3月にも、組織委員会幹部に

「正式な国旗以外の旭日旗のような旗を、日本選手団だけでなく観客が競技場に持ち込んだり、応援道具として使用したりすることがないようにしてほしい」
と伝えていた。その後、大韓体育会はこうした要求事項を盛り込んだ公式の書簡を作成し、組織委員会に送ったという。 

記事は

「このような措置を取ったのは、東京五輪で旭日旗が用いられる可能性が極めて高いため」
だと指摘。
「旭日旗の使用を防ぐ最終権限を持つのは国際オリンピック委員会(IOC)だが、IOCの旭日旗に対する認識はかなり低い」
とも伝えている。 

また、現時点で、組織委員会は何ら立場を示しておらず、韓国内では

「来年の五輪開幕日まで何の反応も見せない可能性が高い」
と判断しているといい、ある大韓体育会関係者は
「この問題は、体育会だけで対応すべきものではなく、政府が乗り出して日本側に正式に
「東京五輪での旭日旗使用を禁止に」大韓体育会が日本に正式要請=韓国ネットには「使うならボイコットすべき」の声殺到 続きを本紙で読む 》

「慰安婦被害者に真の謝罪を」韓国の裁判官が法廷で涙=韓国ネットは疑いの目

2019年5月23日 Recordチャイナ, ニュース , ,

2019年5月23日、・SBSによると、梁承泰(ヤン・スンテ)氏が最高裁長官を務めていた時代に当時の林鍾憲(イム・ジョンホン)裁判所事務総局次長の指示で元らの訴訟に関する報告書を書いた裁判官が、法廷で
「慰安婦被害者らに真の謝罪と賠償を受けてほしい」
と述べた。 

記事によると、林元次長の在職中に企画調整室の審議官として勤務していたチョ裁判官は同日、ソウル地裁で開かれた林元次長の公判に証人として出席し、当時の状況について証言した。 

チョ裁判官は2015~2016年に林元次長の指示で、元慰安婦らが損害賠償を求めた訴訟に関し、消滅時効などを検討する報告書を作成した。検察は、林元次長が(パク・クネ)政権との関係を考慮し、一方的に元慰安婦らに不利な内容の報告書を作成するよう指示したとみている。 

チョ裁判官は証言で

「当時は訴訟でどんな結論が出てもいいようあらゆるケースに備えて説明文を準備し、裁判所の判断の妥当性を外部に説得し、防御することが当然の業務だと考えていた」
と述べ、
「他でもなく慰安婦事件の被害者らについてシナリオを決めておくというのは想像もできないこと」
と声を震わせた。その上で
「事後に否定的な部分のみが目立ち、誤解が生じるかもしれないが、時間を戻してみると、当時は何の事前知識もなく『メディアが関心を持つ事件を検討せよ』との指示と共に
「慰安婦被害者に真の謝罪を」韓国の裁判官が法廷で涙=韓国ネットは疑いの目 続きを本紙で読む 》

朴槿恵前大統領の釈放を要求?米タイムズスクエアの大型広告が物議

2019年5月9日 Recordチャイナ, ニュース , , ,

2019年5月8日、・SBSはによると、米ニューヨークのタイムズスクエアに掲げられた大型広告について
「(パク・クネ)前大統領の釈放を求めているのではないか」
との指摘があり、物議を醸している。 

記事によると、広告は韓国の女性優越主義のウェブサイト

「Womad」
が出したもの。サイトのロゴ、
「RELEASE THE TRUTH(真実を明らかにせよ)」
という文字とともに人物のシルエットが描かれているが、その人物が
「手を挙げてあいさつする朴前大統領に見える」
という。そのため、収監中の朴前大統領の釈放を求めているのではと推測する声が出ているという。 

「Womad」
はこれまでにも朴前大統領を支持してきており、昨年12月から
「朴前大統領の弾劾は不当であることを知らしめるべき」
だと主張する広告を出すために募金活動を行うなどしている。ただ、記事は
「まだ何も明確になっておらず、広告の狙いが何か、見守る必要がある」
と伝えている。 

この記事に、韓国のネットユーザーからは

「Womadはよくやったと思う。朴前大統領を支持している。それが何を意味するか考えるべき。Womadは好きじゃなくても、朴氏復権には同意するしかない」
「うわさだけで大統領を弾劾する。おかしな国、韓国」
「(ムン・ジェイン大統領)のやってることを見ていたら、朴槿恵が気の毒に思える」
「朴槿恵
朴槿恵前大統領の釈放を要求?米タイムズスクエアの大型広告が物議 続きを本紙で読む 》

「タイの国立大の中に日本軍慰安所」韓国の団体が公文書公開へ=韓国ネット「日本はまた否定するだろう」

2019年4月4日 Recordチャイナ, ニュース , ,

2019年4月2日、・SBSは
「国公立大の中にどっしりと『日本軍慰安所』…タイ公文書で確認」
と題する記事を掲載した。 

記事は

「かつて旧日本軍がタイのある大学内に慰安所を建てたことが現地の公文書で確認された」
とし、
「第2次世界大戦中だった1944年7月、事実上日本軍の影響下にあったタイ軍のある将校が上司に報告した文書に『当時の日本軍がタイ名門の国立チュラロンコーン大学の中にある私邸を借りて『日本軍用売淫窟(=慰安所)』としていたことが確認された。学則違反だ』と書かれていた」
と説明している。 

また、同報告書には

「タイ国内の慰安所管理を総括する堀之内という日本軍の中尉に移転を要求し、その後ロッブリーロックという別の場所に移したという知らせを受けた」
とも記されていたといい、この原本は東北アジア歴史財団が初めて発見したという。 

同財団の

「日本軍研究センター」
は今月、関連資料をインターネットのホームページで公開する予定だ。 

これを受け、韓国のネット上では

「日本はまた否定するだろうね」
「慰安婦は日本が責任を転嫁するために使う言葉。われわれはどんなに辛くとも性奴隷と呼ぶべき」
𰃊Uアジア連合をつくって日本を追放しよう」
「もう返す言葉もない」
「公文書が見つかったことも驚きだけど、いくら戦争時とは言え学校内にそんな施設を造ったと
「タイの国立大の中に日本軍慰安所」韓国の団体が公文書公開へ=韓国ネット「日本はまた否定するだろう
続きを本紙で読む 》

V.I性接待疑惑が韓国芸能界に飛び火、グループチャット参加歌手を捜査へ

2019年3月13日 芸能 , , , , ,

 ソウル市江南区のクラブ

「バーニングサン」
をめぐる一連の警察捜査が芸能界にも拡大している。 アイドルグループ
𰃋IGBANG」
メンバーのV.I(28)=本名:イ・スンヒョン=の性接待疑惑を捜査しているソウル地方警察庁広域捜査隊は11日、
「V.Iが性接待関連のやり取りをした2015年12月のコミュニケーション・アプリ『カカオトーク』グループチャットに多数の芸能人が参加していたことが確認された」
と明らかにした。警察関係者は
「この一部に先週、参考人として出頭を求めて事情聴取した」
警察は、V.Iが外国人投資者に性接待をするため、ソウル市江南区のクラブ
「アリーナ」
に複数の女性を呼んだという疑惑に関して、V.Iを売春あっせん容疑で調べている。 警察によると、グループチャットには当時、V.Iを含めて計8人が参加していたという。これには歌手チョン・ジュニョン(30)=写真=ら男性芸能人もいた。SBSは同日、
「チョン・ジュニョンは女性と性行為をする様子をこっそり撮影し、2015年からグループチャットで共有していた」
「女性被害者は10人以上と見られる」
報道によると、チョン・ジュニョンは
「喪家(喪中の家)で関係した。おれはクズだ」
などのメッセージを知人と共有していた。 警察も該当のやり取りを確保していることが明らかになった。警察関係者は
「V.Iが売春あっせんをしたというグループ
V.I性接待疑惑が韓国芸能界に飛び火、グループチャット参加歌手を捜査へ 続きを本紙で読む 》

「韓国には行かない」中国人観光客の変化を韓国メディアが懸念も、ネットは余裕?

2019年2月6日 Recordチャイナ, ニュース , , , ,

2019年2月6日、・SBSは、
「海外旅行に行く中国人が年々増加する中、韓国が関心の外に置かれている」
 

記事によると、旧正月の連休を迎えた中国では約700万人が海外旅行に出かけるとの調査結果が発表された。昨年の650万により約8%増えた過去最大規模だという。旅行先の人気1位はタイで、後には日本、インドネシア、シンガポール、ベトナムが続いた。 

地理的に近い、もしくはノービザで入国できる国が上位に入ったが、韓国は

「例外」
となった。一昨年まではタイ、日本に続き3位を占めていたが、今年はランク外(15位まで発表)となったという。 

記事はその理由について

「高高度防衛ミサイル()配備により反韓感情が高まったこと、中国政府の団体観光規制が完全に解除されていないことが原因」
と説明している。また
「中国の海外旅行客は毎年10%以上増加しており、昨年は1億4000万人を超えた」
とし、
「中国人たちを韓国に呼び戻す対策が必要だ」
と訴えている。 

これについて韓国のネットユーザーからは

「来なくていいよ。特に体感できる利益もないし。むしろ街が静かでいい」
「が増えると、物価も賃貸料も上がる。企業や建物所有者にとってはいいかもしれないけど、一般市民にいいことは一つもない」
「中国人観光客がいなくても発展、跳躍できる道を探すべき。その方が
「韓国には行かない」中国人観光客の変化を韓国メディアが懸念も、ネットは余裕? 続きを本紙で読む 》

日本も敵に?韓国国防白書の変化、韓国ネットから不満の声続出

2019年1月16日 Recordチャイナ, ニュース , , ,

2019年1月15日、複数のメディアが、韓国政府が発表した国防白書の注目すべき点は
「敵の概念と日本との関係の変化」
だ 

国防白書は2年ごとに発行され、(ムン・ジェイン)政権では初となる。新たな国防白書ではを敵とする文章が削除され、敵の概念は

「周辺の全ての脅威と侵害勢力」
であるとされた。これについて韓国・SBSは
「北朝鮮だけでなく、日本や中国も韓国を威嚇すれば敵になるという意味だ」
と伝えている。韓国国防部関係者は
「国民の一般的な認識を考慮して表現を調整し、反映させた。本格的に非核化の成果を上げなければならない今年はより一層、南北の協調が求められるため、過去より未来に目を向けたい」
と説明したという。 

また周辺国との軍事協力においては、日本の順番に変化が見られた。前回は日本、中国の順に書かれていたが、今回は中国、日本の順だった。さらに、日本と

「自由民主主義と市場経済の基本価値を共有する」
との表現も削除された。これについて韓国・JTBCは
「強制徴用に対する賠償判決やレーダー照射問題での対立が影響を与えたようだ」
と分析している。 

これを受け、韓国のネットユーザーからはさまざまな声が上がっている。

「終戦宣言していないのだから北朝鮮は主敵。ネットをよく炎上させる日本は敵で、休戦中の北朝鮮は主敵じゃない?これは問題だ」
「北朝鮮を近づ
日本も敵に?韓国国防白書の変化、韓国ネットから不満の声続出 続きを本紙で読む 》

整形依存に警鐘、「扇風機おばさん」57歳で死去

2018年12月19日 朝鮮日報, 芸能 , , ,

 整形依存症で普通の人よりも顔が2-3倍膨れ上がった姿がテレビ番組で公開され、

「扇風機おばさん」
と呼ばれたハン・ヘギョンさんが亡くなっていたことが分かった。57歳だった。 韓一病院(ソウル市道峰区)が17日に明らかにしたところによると、ハン・ヘギョンさんは15日に死去したとのことだ。死因は明らかにされていない。葬儀は家族により静かに執り行われ、同日午前、出棺を終えた。 ハン・ヘギョンさんは2004年に『瞬間キャッチ 世の中にこんなことが』(SBS)という番組の
「失われた顔」
編で初めて紹介された。 若いころ秀麗な容姿で歌手になるのが夢だったハン・ヘギョンさんは、20代前半から夜にステージ歌手として活動していたという。
「トップになるにはもっときれいにならなければ」
と考え、気に入っていなかったあごを矯正するため違法に顔にシリコンを注入することにした。ところが、その後も顔に手を加える回数がますます増え、自らあごに大豆油・パラフィン・工業用シリコンなどを注入していたとのことだ。 その副作用により、ハン・ヘギョンさんの顔は通常の大きさの3倍以上に膨らんでしまい、統合失調症などの精神疾患も発症した。ハン・ヘギョンさんは当時出演した番組で、
「『入れろ』という幻聴が聞こえるたび違法な手術を試みていた」
と告白した。 ハン・ヘギョンさんのこうした状況が放送されると、美しくなろうとして無分別に整形手
整形依存に警鐘、「扇風機おばさん」57歳で死去 続きを本紙で読む 》

韓国政界からも「朴前大統領の釈放」求める声相次ぐ、その理由は?

2018年12月13日 Recordチャイナ, ニュース , ,

2018年12月11日、・SBSは
「『(パク・クネ)を拘束しなきゃ駄目?』…釈放の話を切り出す政治家たち、なぜ?」
との見出しで、韓国の政界からも朴前大統領の釈放を求める声が上がっていることを伝えた。 

記事によると、朴前大統領はソウル拘置所に収監されてから621日(11日時点)の間、1度も外部との接見を行っていない。側近のユ・ヨンハ弁護士が差し入れる本と支持者からの手紙が世の中との唯一のつながりで、政界ともつながりを断ち切った状況だという。 

そうした中、韓国の政治家たちの間では最近、朴前大統領の釈放に関する話が出ているというのだ。自由韓国党の金武星(キム・ムソン)議員ら

「非朴系」
議員からもそうした言葉が出ており、同党では朴前大統領の拘束の満期が近づくにつれて、釈放や刑の確定後に赦免するよう促す討論会も相次いで行われているという。 

この理由について記事は

「自由韓国党院内代表選出を皮切りに来年初めの党大会以降、総選挙まで朴前大統領を媒介に勢力を育てようとする親朴系と、朴前大統領の固定支持層を手に入れようとする非朴系の利害が合致したためとみられる」
と伝えている。なお朴前大統領釈放についての最近の世論調査では、反対が61.5%、賛成は33.2%だった。 

これを受け、韓国のネットユーザーからは

「だからって釈放は違うんじゃ
韓国政界からも「朴前大統領の釈放」求める声相次ぐ、その理由は? 続きを本紙で読む 》

南北軍事合意を破り続ける北朝鮮、その意図は?=韓国ネット「信じる方が悪い」

2018年12月13日 Recordチャイナ, ニュース , , ,

2018年12月10日、・SBSは、が今年9月に平壌(ピョンヤン)で結ばれた南北軍事合意を破り続ける理由について報じた。 

記事によると、北方限界線(NLL)に緩衝地帯が設置された11月1日、延坪島(ヨンピョンド)の向かい側にある北朝鮮の甕津(オンジン)半島ケモリ海岸では、海岸砲3基のうち1基が開放されていた。北朝鮮は

「砲門が開かれた陣地の中には海岸砲がない」
と説明しているが、延坪島など北西島しょの向かいの北朝鮮側では、いまだに多くの海岸砲が開放されているという。 

これについて韓国政府消息筋は

「肉眼で見える海岸砲の砲門は閉じていたが、奥まった入り江の海岸砲の多くは開いている」
と話している。北朝鮮が主張する海上境界線
「警備界線」
の遵守を求める警告放送も続いているという。 

それにもかかわらず偶発的な衝突防止に向けた南北艦艇間の交信は約束どおり進められており、韓国軍は

「北朝鮮が韓国側の対応態勢を調べるため一部で違反行為を行っている」
とみているという。 

記事は

「非武装地帯のGP撤収など南北軍事合意が誠実に進められているだけに、北朝鮮の違反行為がある場合には指摘が必要」
と伝えている。 

これに、韓国のネット上では3000件以上の多くのコメントが寄せられている。

「こうなることを予測できなかった?」
「これまで幾
南北軍事合意を破り続ける北朝鮮、その意図は?=韓国ネット「信じる方が悪い
続きを本紙で読む 》

韓国高速鉄道、平昌五輪の時も安全は「運任せ」だった?=韓国ネット猛批判

2018年12月12日 Recordチャイナ, ニュース , , , ,

今月8日に発生した(KTX)江陵線の脱線事故に関連し、韓国・SBSは10日、
「列車の安全が1年近く運任せにされていた」
 

SBSによると、事故発生の30分前、ソウル方面行き(上り)線路で、切り替え装置に原因不明の異常が発生。そのため線路は完全に切り替えられていない状態だった。しかし異常を知らせる信号を送る機器の連結が誤っていたために、ソウル方面とは逆方向の車両基地行き(下り)線路で異常が発生したものと誤認された。江陵駅の駅員3人が下り線路を確認したものの、当然異常は見つからなかった。その間にソウル行きKTXは異常が発生した上り線路に進入し、脱線事故につながった。 

信号機器は施工当時から誤連結された状態だったが、これまで一度も点検が行われておらず、こうした事実が発覚しなかった。平昌冬季五輪を控え、昨年12月に開通したKTX江陵線は、この1年間で450万人の乗客が利用したという。 

SBSは

「施工の段階で誤りがあったにもかかわらず大事故が起きるまでその事実が発覚しなかったこと、列車の安全が運に任されていたことは驚きだ」
とし、
「これまで事故なく運行されていたことを幸いに思わなければならないほど」
と伝えている。 

この記事に、韓国のネットユーザーからも批判が殺到している。

「うげっ。今まで大きな事故がなくてよかった
韓国高速鉄道、平昌五輪の時も安全は「運任せ」だった?=韓国ネット猛批判 続きを本紙で読む 》

「韓国の国民感情は無視?」今年もソウルで開かれる天皇誕生日記念行事が問題に

2018年12月7日 Recordチャイナ, ニュース , ,

2018年12月6日、メディア・SBSは、ソウル市内のホテルで開かれる在韓日本大使館主催の天皇誕生日記念行事について、
「日本と関係のない公務員にも招待状が配られている」
と指摘した。 

在韓日本大使館は毎年12月の初めにソウルで天皇誕生日記念行事を行っている。韓国外交部関係者にも招待状が送られ、外交部第1次官や北東アジア局長が出席してきた。日本関連の企業や団体、個人が招待されることもあった。 

。 

日本や英国など立憲君主国の大使館の多くが毎年公館で記念行事を開いているが、唯一、日本の行事に対してだけ韓国市民らから強い反発の声が上がり、行事に参加した韓国議員にも厳しい批判が浴びせられる。 

。 

これを見た韓国のネットユーザーからは

「出席者を全員公開してほしい」
「開催する日本も悪いけど、参加する韓国はもっと悪い」
「韓国も抗日運動家の誕生日記念行事を東京でするべき」
「日本がそうできるのは、いまだに韓国に親日派が多いから」
「毎年問題になるのに、韓国政府は放ったらかし?」
「ソウルの真ん中で万歳を叫ぶ人の方が問題だよ」
「日王(日本の天皇)は親韓。問題は政治家たちだ」
などさまざまな声が上がっている。(翻訳・編集/)
「韓国の国民感情は無視?」今年もソウルで開かれる天皇誕生日記念行事が問題に 続きを本紙で読む 》

韓国側にも原因が?徴用工裁判と違い一向に進まない慰安婦裁判に焦りの声

2018年12月1日 Recordチャイナ, ニュース ,

では最近、戦時中に日本で強制労働させられたと主張する元徴用工らの訴訟に相次いで判決が下されている。一方、元徴用工らと同時期に日本政府を相手に元女性らが起こした訴訟は、2年近く審理すら開かれていない。これについて、韓国・SBSは
「日本政府が主権の侵害を理由に訴状を3回も送り返したため」
と説明しているが、
「韓国裁判所もあきれたミスで日本に口実を与えていた」
と指摘している。 

記事によると、韓国の元慰安婦女性ら21人が日本政府を相手取り訴訟を起こしたのは2016年12月。すでに2年近く経っているが裁判は1度も開かれていない。民事訴訟は相手が訴状を受け取らなければ裁判を始めることができないが、日本政府は

「ハーグ送達条約第13条の主権侵害」
を根拠に訴状の受領を拒否し続けている。 

一方、

「韓国側の残念なミスもあった」
と記事は指摘する。昨年1月に初めて訴状を送った時、裁判所は韓国語の訴状の原文と日本語翻訳版を送ったが、原文の表紙が添付されていなかったといい、記事は
「日本に訴状を送り返す口実を与えたことになる」
と批判している。裁判所は
「原告が提出したものをそのまま送った。これは通常の方法だ」
と説明したというが、記事は
「高齢の元慰安婦女性らの訴訟をなんとか回避しようとする日本政府に対抗するには、より攻勢的な対応と徹底した準備が必要」
と強調している。 

韓国側にも原因が?徴用工裁判と違い一向に進まない慰安婦裁判に焦りの声 続きを本紙で読む 》

日本は威嚇発言まで!韓国で政府の弱腰対応に不満高まる

2018年11月28日 Recordチャイナ, ニュース , , ,

2018年11月28日、最高裁が日本企業に韓国人元徴用工への賠償を命じる判決を出したことや、韓国政府が日韓合意(15年12月28日)により設立された
「和解・癒し財団」
の解散を発表したことで日韓関係が冷え込む中、韓国では外交部の対応に疑問の声が上がっている。 

韓国メディア・SBSは27日、

「相次いで韓国との対話をキャンセルする日本に対し、韓国政府は遺憾を表明するだけでいいのだろうか」
と疑問を呈する記事を掲載した。記事は、康京和(カン・ギョンファ)外相が訪日を検討していることをめぐり、河野太郎外相が
「それなりの答えを持って来てもらわないと困る」
という趣旨の発言をしたとの報道が出ていることについて
「外相らしからぬ威嚇発言」
とし、
「最高裁判決や財団解散に対する日本政府の反発が度を超えている」
と批判している。また、
「日本は過去の歴史と経済や文化を切り離す韓国のツートラック外交を無視し、強硬対応を貫いている」
とし、
「同日行われる予定だった日韓内政関係者セミナーなど、多くの対話の機会がキャンセルとなった」
と説明している。 

これを受け、韓国政府は同日も

「強い遺憾の意」
を表明。しかし韓国では、政府内からも
「この弱腰対応が果たして最善なのだろうか」
と不満の声が上がっているという。李洛淵(イ・ナギョン)首相は最近の幹部会議で
「四つもの日韓会談がキャンセルとなった
日本は威嚇発言まで!韓国で政府の弱腰対応に不満高まる 続きを本紙で読む 》