日本の測量船、EEZに進入…韓国海上警察と3日間対峙

2021年1月13日 ニュース, ハンギョレ , , , , ,

 韓国と日本の海洋警察当局が済州島(チェジュド)南端の海域で、互いに自国の

「排他的経済水域」
(EEZ)だと主張し、3日間対峙した。日本軍
「慰安婦」
被害者に対する最高裁の判決でより一層敏感になった韓日関係に、もう一つの対立要因が追加された。 海洋警察庁は12日、
�日午後11時45分、済州島西帰浦(ソグィポ)南東70海里(約126キロメートル)の海上で日本の海上保安庁の測量船を発見し、海域の外へ出るよう要求している。海洋警察は3000トン級の船舶が出動した状態であり、午後3時現在まで当該測量船と3海里(約5キロメートル)の距離を維持し、活動を注視している」
と明らかにした。海洋警察当局者は
「この海域は韓国と日本のEEZが重なる区域だ。両国が協議して決めなければならないが、双方ともに自国の海域だと主張している。我々は韓国の海域で正当な活動を行っている」
と明らかにした。海洋警察は
「調査中止」
を要求したが…日本は拒否し調査活動を継続
 外交部当局者も
「今回の件に関して日本が抗議したことは事実だ。政府は『韓国の管轄水域で正当な活動を行っていた』という事実を明らかにし、『日本の海洋調査は直ちに中断されなければならない』と要求した」
と述べた。しかし、日本は2月までに予定された調査を終えるという立場であるた
日本の測量船、EEZに進入…韓国海上警察と3日間対峙 続きを本紙で読む 》

駐韓日本大使、しばらく空席に

2020年12月26日 ニュース, ハンギョレ , ,

 日本の冨田浩司駐韓大使が駐米大使への異動の辞令を受け、駐韓日本大使の席が空席になった。後任に内定した相星孝一駐イスラエル大使の辞令がまだ出ていないためだ。 NHKなど日本のメディアは25日、日本政府が閣議で冨田駐韓大使を駐米大使に転補する人事案を同日付で決定したそして、後任には相星大使を起用する方針だ昨年10月に赴任した冨田大使は、バイデン米新政権の発足に合わせ、1年2カ月ぶりに異動することになった。冨田大使はバラク・オバマ政権時代に駐米大使館公使と外務省北米局長を務めた

「米国通」
で知られる。日本のメディアは、間もなく発足するバイデン政権との関係強化を期待した人事だと説明した。 冨田大使の後任に相星大使が内定したという事実は、今月7日に日本メディアを通じて報じられた。鹿児島県出身で東京大学教養学部を卒業した相星大使は、駐韓日本大使館で1等書記官(1999年)や参事官(2000年)、公使(2006年)を務めるなど、二度にわたって約4年2カ月間韓国で勤務した。韓国語が流暢で、韓国に対する関心も高いとされ、冷え込んだ韓日関係に肯定的なシグナルとして受け止められた。 予想とは異なり、相星大使の駐韓大使への異動辞令が出されず、駐韓日本大使はしばらく空席となった。前日の25日の閣議では、冨田大使の人事と共に、相星大使の人事も決まるものと見られていたが、いかなる理由で
駐韓日本大使、しばらく空席に 続きを本紙で読む 》

[キル・ユンヒョンの新冷戦韓日戦11]ハノイ会談前、再び韓日が衝突

2020年12月5日 ニュース, ハンギョレ , , , , , ,

 韓日関係は韓国最高裁(大法院)の強制動員被害賠償判決と

「海上自衛隊哨戒機威嚇飛行および韓国海軍レーダー照準」
事件で急激に悪化していたが、これに気を使う人は多くないように思われた。2019年の新年早々から、後に2・28ハノイ会談と呼ばれる第2回朝米首脳会談への大きな歴史の車輪が再び動き始めたからだ。 決断を下したのは、今回も北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長だった。金委員長は1月1日、新年に“際して”自分の祖父と父が眠っている錦繍山太陽宮殿永生ホールに献花し参拝した。1年前、平昌(ピョンチャン)冬季五輪開会式で感激の涙を流した90歳のキム・ヨンナム(最高人民会議常任委員長)と
「ナンバーツー」
のチェ・リョンヘ(国務委員会第1副院長)が見守った。この光景を伝えた
「労働新聞」
の1日付第3面の記事は、多事多難だった2018年を
「社会主義祖国の栄光の70年の歴史に特記すべき民族史的事変によって誇らしく輝いた時間」
だと評価し、この勢いに乗って2019年の新年を
「希望に満ちて」
始めようという抱負を伝えている。 金正恩委員長はこの日、同時に発表した
「新年の辞」
で、首脳会談に向けた決心を明らかにした。彼は
「我々の主導的かつ先制的な努力に対して米国が信頼できる措置を取り、相応の実践的行動で応えるならば、両国関係はより確実で画期的な措置を取っていく過程を通じて、素晴らしいスピードで前進す
[キル・ユンヒョンの新冷戦韓日戦11]ハノイ会談前、再び韓日が衝突 続きを本紙で読む 》

“強制動員企業”の三菱「被害者問題、1965年に『完全かつ最終的に解決』」

2020年11月11日 ニュース, ハンギョレ , , , , ,

 強制動員被害者賠償判決を履行していない三菱重工業が、韓国裁判所が現金化に関する公示送達手続きを進めたことについて、

「(裁判所に)意見書を提出する予定」
だと発表した。三菱重工業が意見書を提出した背景や訴訟に及ぼす影響などは、現在のところ把握できない。 これに先立ち、今年8月、最高裁の賠償判決を履行しない別の加害企業である日本製鉄(旧新日鉄住金)は、韓国裁判所の資産差し押さえ命令を不服として即時抗告を行った。

“強制動員企業”の三菱「被害者問題、1965年に『完全かつ最終的に解決』
続きを本紙で読む 》

米日の国防相、「対北制裁を忠実に履行」で一致…韓国は不参加

2020年9月1日 ニュース, 朝鮮日報 , , ,

 米国のエスパー国防長官と日本の河野太郎防衛大臣が29日(現地時間)にグアムで会談し、北朝鮮問題と中国への対応について意見を交換した。この会談は当初、韓国・米国・日本の3カ国国防相会議の形で準備が進められていたという。ところが最終的に韓国抜きで米日だけで会談が行われた。 会談で米日両国は、北朝鮮の核兵器と生物化学兵器、さらにこれらを運搬可能なミサイルとそれらに関連する生産施設の解体について意見を交換し、国連安保理による対北朝鮮制裁決議を完全に履行することを確認した。米国防総省は

「北朝鮮の大量破壊兵器とその生産手段、運搬手段の完全な除去を含め、トランプ大統領と金正恩(キム・ジョンウン)委員長による2018年のシンガポール首脳会談での共同声明について、エスパー長官はこれを完全に履行する米国の決意を改めて強調した」
と説明した。 双方はさらに
「北朝鮮に対し、全射程距離の弾道ミサイルを完全に不可逆的な形で廃棄する方向で、国連安保理決議を完全に履行しなければならないとの認識で一致した」
という。NHKが報じた。 米本土への攻撃が可能な大陸間弾道ミサイル(ICBM)以外にも、韓国と日本を狙った北朝鮮の短距離・中距離ミサイルを最後まで容認しないことについても、日本は米国から確認を得たと解釈できそうだ。韓国の利益にも直結する問題だが、韓国の国防長官が参加しない中で、米日両国だけで議論が進められた
米日の国防相、「対北制裁を忠実に履行」で一致…韓国は不参加 続きを本紙で読む 》

韓国人、あと1カ月は日本に行けない…日本がビザなし入国停止を延長

2020年5月28日 ニュース, 朝鮮日報 ,

 日本政府が新型コロナウイルス感染防止のため実施している韓国人に対するビザなし入国制度効力停止がさらに1カ月間延長されることになった。 NHKの報道や日本の法務省によると、日本政府は25日、韓国人が90日以内に日本にビザ(査証)なしで滞在できるようにする、いわゆる

「ビザ免除入国制度」
の効力停止を来月末まで延長することにしたとのことだ。 日本のビザなし入国制度効力停止は今年3月初めに始まり、その期限は90日後の今月末までの予定だったが、日本政府はこれを1カ月間延長したものだ。日本政府はまた、韓国に滞在した後に日本に入国した人々に対して2週間ホテルなどに隔離し、公共交通機関を利用できないようにするなどの入国隔離措置も同様に1カ月間延長した。 日本の安倍晋三首相は同日、日本国内の緊急事態宣言を解除する記者会見で、
「国際的な人の往来を部分的、段階的に再開できるかについて、対象国、対象者、手続きを含めて慎重に検討して、その上で政府として適切なタイミングで総合的に判断をしていく考え」
と、日本と相手国の状況に応じて、入国制限措置を段階的に解除することを明らかにした。 これに対して韓国外交部は
「日本側から入国制限措置を延長する予定だということを今日午後、外交ルートを通じて通知があり、外交ルートを通じて遺憾の意を伝えた」
「韓国政府は新型コロナウイルス感染拡大防止のための域内協力とは別に、日本の
韓国人、あと1カ月は日本に行けない…日本がビザなし入国停止を延長 続きを本紙で読む 》

日本、韓国人ビザなし入国制限を1カ月延長…韓国外交部「遺憾」

2020年5月26日 ニュース, ハンギョレ ,

 日本政府が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡散を理由に実施した韓国人に対するビザなし入国制度の効力停止の延長を25日に決定したと、日本の法務省が発表した。 NHKの報道と法務省が同日発表した内容などを総合すると、日本政府は、韓国人が90日以内は日本でビザの所持なく滞在できるビザなし入国制度の効力停止を、来月末まで延長することにした。ビザなし入国の効力停止の期限は当初、今月末までと予定されていた。日本政府はあわせて、韓国に滞在してから日本に入国した者に対する隔離生活および公共交通の利用禁止の要請なども同様に1カ月延長した。 日本政府はこれと共に、当初100カ国・地域だった入国制限の対象にインドなど11カ国を追加することを決めた。 日本の安倍晋三首相は同日行われた記者会見で

「どのように国際的な人の往来を部分的・段階的に再開できるかについて、慎重に検討したうえで、適切なタイミングで総合的に判断をしていく考え」
と述べ、外国人入国制限措置を段階的に解除することを示した。 韓国外交部当局者はこれに対して
「防疫状況が安定した韓国に対してビザ制限などの日本の入国制限措置が継続することを遺憾に思う」
と明らかにした。

日本、韓国人ビザなし入国制限を1カ月延長…韓国外交部「遺憾
続きを本紙で読む 》

日本の五輪相、東京五輪延期の可能性に初言及

2020年3月5日 ニュース, 朝鮮日報 , , ,

7月開催可否の判断時期について

𰃅月末が大きな基準だと思う」
 新型コロナウイルス感染症の影響により、7月に開催予定の東京オリンピック・パラリンピック大会延期の可能性が日本政府から初めて言及された。 NHKが3日に報道したところによると、橋本聖子五輪担当相は日本の参議院予算委員会で、今回の五輪を延期できるかどうかについて、
「開催都市契約では、国際オリンピック委員会(IOC)が中止する権利を有するのは、『本大会が2020年中に開催されない場合』とだけ書いてあり、この解釈によっては、2020年中であれば延期できると取れる」
と述べた。 そして、橋本五輪相は
「組織委員会とIOC、東京都が、7月24日に開催をする前提で全力を挙げており、国としてしっかりとサポートすることに尽くしていきたい」
と述べた。五輪の開催が予定通り可能かどうか判断する時期については
「公式見解ではないが、IOC委員から5月末が最終期限ではないかとの発言があった。5月末が大きな基準になっているのではないかと思う」
と言った。ロイター通信は新型コロナウイルス感染拡大により、IOCが今年の五輪そのものを中止するかもしれないという懸念が出ていることから、日本政府が延期の可能性も残しておくと同時に念を押しておこうという意図があると見ている。 五輪開催都市契約によると、五輪中止権はIOCにあるという
日本の五輪相、東京五輪延期の可能性に初言及 続きを本紙で読む 》

米・日・欧の“新型コロナ”対策は不十分…WHO「今が拡散防止の決定的時点」

2020年2月28日 ニュース, ハンギョレ , , , ,

 世界保健機関(WHO)が、新型コロナの発生は

「決定的時点に到達しており、パンデミック(爆発的大流行)の可能性がある」
と明らかにした。だが、米国・日本・欧州の先進国で防疫体制がしっかり確立されておらず、これらの国で起きなかった拡散傾向が現実化するとの憂慮が高まっている。 テドロス・アダノム・ゲブレイェスス世界保健機関事務総長は26日、記者会見で
「私たちは、私たちが新型コロナにどのように対処するかによって、その拡散がどんな方向に進むか、きわめて微妙な状況にいる」
と話した。彼は
「今は様子を見る時ではない」
とし、
「今は感染を防ぎ、生命を救うために行動する時だ」
と強調した。彼は
「中国広東省では32万個以上のサンプルを検査したが、そのうち0.14%だけに陽性反応が出た」
として
「これは抑制が可能だということを暗示している」
と紹介した。 27日基準で新型コロナの確定診断者発生数は、中国以外でより多くの事例が報告されており、今や中国以外の国家での対処がカギになっているためだ。だが、米国・日本などの先進国でさえも、新型コロナへの対処で足早な動きはなかなか見られずにいる。 新型コロナ事態について言及しなかったドナルド・トランプ米大統領が25日に公式記者会見を持った後、行政府次元の対処が始まっている。新型コロナ・タスクフォース(TF)が27日、マイク・ペンス副大統領の総括体制に格上げされ、新型コロ
米・日・欧の“新型コロナ”対策は不十分…WHO「今が拡散防止の決定的時点
続きを本紙で読む 》

外信、ハラさん死亡に「K-POPスター、私生活検閲・悪質コメでうつ病多い」

2019年11月26日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , ,

ガールズグループ

「KARA」
の元メンバー、ク・ハラさん(享年28)が24日、自宅で死亡しているのが見つかった。外信ではク・ハラさん死亡のニュースを主要国際ニュースとして緊急で伝えた。  米紙ニューヨーク・タイムズは
「K-POPスターのク・ハラさんが死亡しているのが見つかった」
と題する記事で
「クさんは人気のあるK-POPガールズグループKARAのメンバーだった。グローバルなK-POPシンドロームを促進する一助となった」
と書いた。そのうえで、42日前にク・ハラさんと親しかったf(x)の元メンバー、ソルリ(本名:チェ・ジンリ)さん=享年25=が自ら命を絶ち、2017年にもSHINeeのジョンヒョンさん(当時27)がうつ病を患って極端な選択をした 米紙ワシントン・ポストはク・ハラさん死亡のニュースを伝え、かつての交際相手から受けた脅迫をめぐって法廷で攻防を繰り広げていた点に言及した。ク・ハラさんが、こうした出来事が報道されることで大衆の誹謗(ひぼう)中傷を浴び、ひどいストレスを受けていたとした。その上で
「韓国の女性歌手たちは大衆から過度に私生活を検閲され、オンライン上でのヘイト表現の対象となってきた」
と指摘した。 米CNN放送は、ク・ハラさんの死亡のニュースを自社ウェブサイトのメーン画面で紹介した。CNNは関連記事で、ソルリさんとク・ハラさんの死亡後、韓国では芸
外信、ハラさん死亡に「K-POPスター、私生活検閲・悪質コメでうつ病多い
続きを本紙で読む 》

「GSOMIA終了せず

韓国大統領府、午後6時に発表へ

2019年11月23日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , ,

NHK

「韓国政府が日本政府にGSOMIA終了させずと伝える」
 自由韓国党も6時から議員が非常待機  韓国大統領府(青瓦台)が22日午後6時、韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を終了させるかどうかについて発表する。日本が韓国向けの輸出規制を緩和もしくは解除して韓国はGSOMIA終了を猶予するという
「条件付き延期論」
に、韓日両国政府が暫定合意したといわれている。NHKは
「韓国政府が、日本政府に協定を終了するとした通告を停止する方針を伝えてきた」
と報じ、
「これにより、協定の効力は維持されることになる」
とした。  これに関して韓国の与党関係者は、
「(韓日両国が)輸出規制問題とGSOMIAを調整して行うものと(韓国政府が)話している」
  もともと青瓦台は、日本の態度変化がなければ終了は不可避という立場だったが、ぎりぎりでの日本側との水面下接触および内部での議論を経て、条件付きでの終了時限延長を日本政府に提案したといわれている。 キム・ミョンジ記者

「GSOMIA終了せず
韓国大統領府、午後6時に発表へ 続きを本紙で読む 》

安倍、「強制動員ムン・ヒサン提案」に「韓国が約束を守るのなら進めてもいい」

2019年11月22日 ニュース, ハンギョレ , ,

 日本の安倍晋三首相が、ムン・ヒサン国会議長が最近日本を訪問した際に提案した強制動員解決策について、

「韓国が約束を守るのなら進めてもいい」
と述べたという日本のマスコミ報道が出た。 NHKは、河村建夫・日韓議員連盟幹事長が東京の首相官邸で安倍首相と会談した席で、ムン議長が提案した強制動員解決策について説明するとすぐにこのように言ったと、20日伝えた。  一方、 NHKは安倍首相は河村幹事長と会談した時、韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)について、
「協議を続けている。まだ諦めた段階ではなくぎりぎりの水準まで(協議を)やっている」
と話した

安倍、「強制動員ムン・ヒサン提案」に「韓国が約束を守るのなら進めてもいい
続きを本紙で読む 》

日韓問題の原因は文大統領に?「日本の立場を代弁した」と“韓国のNHK”に批判殺到

2019年10月28日 Recordチャイナ, ニュース , , , ,

2019年10月28日、・ヘラルド経済によると、
「日韓問題の原因は(ムン・ジェイン)さんの歴史観」
という日本人記者の発言を放送した韓国の放送局に批判の声が殺到している。 

記事によると、“韓国のNHK”とも呼ばれる公共放送KBSの25日の時事番組では、産経新聞の解説委員が

「日韓関係の原因は文在寅さんの歴史観」
「嫌韓があるから反日があるのではない。韓国の反日があるから嫌韓がある」
という趣旨の発言をした。また、韓国の朝鮮日報の副局長は
�年の日韓請求権協定で日本から受け取ったお金が過去の歴史への賠償でなければ何なのか。そのお金で韓国は経済成長を遂げたのだから、それで被害者らに賠償しよう」
との趣旨の提案をしたという。 

ところが放送後、KBSの視聴者請願掲示板には

「公共放送局が日本の立場を代弁している」
「製作陣に謝罪を求める」
との内容の抗議が多数寄せられた。さらに27日には韓国大統領府の国民請願掲示板にも、同番組の打ち切りとKBSの受信料廃止を求める請願が掲載されたという。 

この記事にも韓国のネットユーザーからは

「これをそのまま流した放送局が一番問題」
「なぜ日本の肩を持つ?一体どこの国の放送局なの?」
など同放送局への批判的な声が寄せられている。 

また

「日本人は正しい歴史観を嫌うよね。記者という人ですらこんな歴史認
日韓問題の原因は文大統領に?「日本の立場を代弁した」と“韓国のNHK”に批判殺到 続きを本紙で読む 》