韓国の輸入車市場、日本ブランドのシェアが急成長

2019年4月5日 Recordチャイナ, ニュース , , , ,

2019年4月3日、・イーデイリーは、韓国の今年1~3月の輸入車市場では日本車のシェア拡大が目立った 

韓国輸入自動車協会(KAIDA)によると、今年1~3月の輸入車市場の国別シェアは、ドイツ車が51.3%で

「不動の1位」
を記録した。ただ、昨年同期(62.6%)と比べると11.3%減少した。メルセデスベンツのシェアは32.1%から22.6%に、BMWも27.6%から15.4%に下落した。アウディ、フォルクスワーゲン、ミニ、ポルシェのシェアは上昇したものの、販売台数は多くなかったという。 

これに対し、日本車のシェアは15.7%から22.2%に急上昇。日本車は1月が20.6%、2月が21.2%、3月が24.1%と上昇傾向にあるという。先月に輸入車を購入した4人に1人が日本車を選んだことになる。 

。 

このニュースを見た韓国のネットユーザーからは

「確かに日本車は最高だ。よくできているし丈夫だし故障もない」
「日本車は静かで乗り心地がいい。お金持ちがレクサスに夢中になる理由もそこ」
など、日本車人気に納得の声が上がっている。中には
「車は品質で選ぶべき。戦後の世代にとって戦犯企業であるかどうかは関係ないこと。日本以外にも戦犯国は多いし」
との声も。 

一方で

「やっぱり日本車には抵抗感がある」
「韓国を敵対視
韓国の輸入車市場、日本ブランドのシェアが急成長 続きを本紙で読む 》

日韓関係悪化なんて怖くない!?韓国輸入車市場で日本車の売り上げ好調

2019年2月9日 Recordチャイナ, ニュース , , , ,

2019年2月8日、・ニューシスは
「日韓の外交上の対立にもかかわらず、韓国で年明けからトヨタ・レクサスの売り上げが絶好調だ」
 

記事によると、韓国輸入自動車協会(KAIDA)は同日、今年1月の輸入車市場について

「新規登録台数は昨年同月比13.7%減、昨年12月比11%減の1万8198台だった」
と発表した。ベンツとBMWはそれぞれ5796台と2726台を販売し、輸入車市場1位、2位の座を守ったものの、昨年同月比で22.8%、49.6%減少した。一方、レクサスとトヨタはそれぞれ24.0%増、12.8%増の1533台と1047台を記録して3位、4位に入った。5位のフォードは14.5%減の861台だったという。 

国別に見ると、欧州メーカーが1万2636台で全体の69.4%を占める圧倒的な強さをみせたが、昨年1月と比べると24%減少したという。これは、ドイツメーカーの販売が26.3%減少した影響が大きいとみられている。一方、日本車のシェア率は14.3%から20.6%に増加したという。 

これに、韓国のネットユーザーからは

「愛国心はないの?」
「なぜ?日本で韓国車は全く売れないのに」
と疑問の声が上がっている。 

ただ、多くのユーザーは日本車人気に納得のようで

「確かに日本車はしっかりしている」
「命にかかわる問題を感情で決
日韓関係悪化なんて怖くない!?韓国輸入車市場で日本車の売り上げ好調 続きを本紙で読む 》

韓国、景気不況も…高額輸入車、依然売れ行き好調

2018年2月16日 ニュース, 韓国・中央日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

  昨年、1億ウォン(約1000万円)を越える高額輸入車の販売が史上最高値を記録したことが分かった。 

  16日の韓国輸入自動車協会(KAIDA)によると、昨年1年間に新規登録された輸入車合計23万3088台のうち価格(発売価格基準)が1億ウォン以上の車両は2万3821台(10.2%)という集計結果が出た。 

  これは前年(1万9千660台)比約21%増加した数値で、輸入車協会が新規登録台数を集計し始めた2003年以後最も多いものだ。 

  マセラティ、フェラーリなど一部高級輸入車ブランドが集計から除外されたことを考慮すると実際の販売量はさらに多いものと見られる。 

  昨年、韓国で1台以上登録された1億ウォン以上のモデルは全150種類だ。そのうち最も人気の高いモデルは

「メルセデス・ベンツS 350 d4マチック」
で合計2677台が販売された。 

  発売価格が1億4450万ウォンの同モデルは2016年にも1億ウォン以上モデルのうち最多販売数(2590台)を記録した。 

  続いて、ベンツGLE 350 d4マチッククーペ(1951台)、BMW X6 

韓国、景気不況も…高額輸入車、依然売れ行き好調 続きを本紙で読む 》

1月の輸入車登録が前年比26.4%増 ベンツ首位=韓国

2018年2月6日 ニュース, 韓国・聨合(レンゴウ) , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【ソウル聯合ニュース】韓国輸入自動車協会(KAIDA)が6日発表した資料によると、1月の輸入車の新規登録台数は2万1075台で、前年同月比26.4%増加した。

メルセデス・ベンツの新型Eクラス(提供写真)=(聯合ニュース)

 メーカー・ブランド別にみると、メルセデス・ベンツが7509台でトップだった。次いでBMW(5407台)、トヨタ自動車のレクサス(1236台)、フォード(1007台)、トヨタ(928台)、ボルボ(849台)、ランドローバー(726台)、ポルシェ(535台)などの順だった。

 

1月の輸入車登録が前年比26.4%増 ベンツ首位=韓国 続きを本紙で読む 》

韓国人は日本車が嫌いなんて誰が言った?韓国の輸入ハイブリッド車市場で日本車が大勢を占める―香港メディア

2017年12月28日 Recordチャイナ, ニュース , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

2017年12月27日、香港メディアの鳳凰網が、の輸入自動車市場について紹介する記事を掲載した。 

韓国輸入自動車協会(KAIDA)が25日に発表した資料によると、今年1月から11月に韓国で販売された輸入ハイブリッド車は、前年同期比46.4%増の2万644台となった。これはハイブリッド車の輸入が始まった2006年と比べると、400倍の増加になる。 

韓国の輸入ハイブリッド車市場において、最も人気のメーカーがレクサスで、今年11月までの時点で計1万525台を売り上げた。これは輸入ハイブリッド車全体の販売台数の51%を占める。2位となったのがトヨタで、6663台を売り上げシェア率32.3%、3位はホンダの2099台で同10.2%だった。 

車種別にみると、レクサスのES300hの販売台数が最も多く6936台、次いでトヨタのカムリハイブリッドが3139台、トヨタのプリウスが2207台、ホンダのアコードハイブリッドが2099台と続いた。 

記事は、

「日本メーカーは韓国市場でハイブリッド車が売れているが、韓国メーカーのハイブリッド車は日本では売れておらず、韓国市場における日本メーカーの健闘は日本のハイブリッド車の実力が高いことを示している」
とした。(翻訳・編集/山中)

韓国人は日本車が嫌いなんて誰が言った?韓国の輸入ハイブリッド車市場で日本車が大勢を占める―香港メディア 続きを本紙で読む 》

輸入HV市場を日本勢席巻 レクサス5割超=韓国

2017年12月25日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【ソウル聯合ニュース】韓国輸入自動車協会(KAIDA)が25日発表した資料によると、今年1~11月に韓国で販売された輸入ハイブリッド車(HV、プラグインハイブリッド車を含む)は前年同期比46.4%増の計2万644台だった。輸入HVの年間販売台数が2万台を突破するのは初めてとなる。

 韓国での販売が始まった2006年には56台にとどまった輸入HVの販売台数は、09年には1000台、12年には6000台を突破。昨年は1万6259台を記録して1万台を突破したのに続き、今年は2万台まで成長した。 今年1~11月の輸入車市場でのHVのシェアは前年の7.2%から9.7%に拡大し、10%達成を目前にしている。性能と燃費が向上した上に電気自動車(EV)より利便性が高く、消費者に好まれているとの評価だ。 今年の輸入HVの成長は、最も多くのラインナップを有するトヨタ自動車の高級車ブランド

「レクサス」
が主導した。 レクサスは1~11月に計1万525台のハイブリッドモデルを売り上げ、輸入HV全体の販売台数の半数(51.0%)を占めた。 これとともにトヨタは6663台(32.3%)、ホンダは2099台(10.2%)を売り上げるなど、日本車の活躍が目立った。 モデル別の順位では、レクサス
「ES300h」
が6936台で販売台数全体の
輸入HV市場を日本勢席巻 レクサス5割超=韓国 続きを本紙で読む 》

ベンツ販売台数が今年6万台突破 輸入車で初=韓国

2017年11月26日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【ソウル聯合ニュース】2002年に韓国に進出したドイツの高級車ブランド、メルセデス・ベンツが今年、韓国で過去最高の業績を達成し、輸入車市場の歴史を塗り替えている。

 業界関係者によると、メルセデス・ベンツの今年1~10月の韓国販売台数は前年同期比30%増の5万8060台で、11月は約5000台となり、年間販売台数が6万台を突破した。韓国で輸入車のうち、年間販売台数が6万台を上回ったのはベンツが初めて。 ベンツの昨年の販売台数は5万6343台となり、輸入車の最多販売台数を記録していた。 ベンツの好調は昨年6月に発売されたEクラスの新モデルがけん引している。韓国輸入自動車協会(KAIDA)によると、今年1~10月のEクラスの販売台数は2万8492台となった。11月までの販売台数は3万台を上回る見通し。輸入車の単一モデルの年間販売台数が3万台を超えるのはEクラスが初めてとなる。 スポーツタイプ多目的車(SUV)の販売も好調で、今年1~10月の販売台数は9985台となり、前年同期比で34%増えた。 ベンツの12年の韓国販売台数は2万389台、13年は2万4780台、14年は3万5213台、15年は4万6994台、16年は5万6343台だった。12年に比べると、5年で約3倍に増加した。 今年1~10月の国別の販売

ベンツ販売台数が今年6万台突破 輸入車で初=韓国 続きを本紙で読む 》

10月輸入車販売 ホンダ「アコード」がモデル別2位=韓国

2017年11月6日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【ソウル聯合ニュース】韓国輸入自動車協会(KAIDA)が6日発表した資料によると、10月の輸入車の新規登録台数は大型連休による営業日数減少で前月比16.8%減の1万6833台となった。前年同月比でも18.3%減少した。ブランド別の販売台数はメルセデス・ベンツが4539台で5カ月連続の1位となった。

 10月のベストセラーモデルは前月と同じBMW

「520d」
(842台)で、2位はホンダ
「アコード2.4」
(724台)。 国・地域別ではドイツなど欧州車のシェアが70.0%に達した。日本車のシェアは前月の18.3%から21.6%に上昇した。

10月輸入車販売 ホンダ「アコード」がモデル別2位=韓国 続きを本紙で読む 》

10月輸入車販売 ホンダ「アコード」がモデル別2位=韓国

2017年11月6日 ニュース, 韓国・聨合(レンゴウ) , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【ソウル聯合ニュース】韓国輸入自動車協会(KAIDA)が6日発表した資料によると、10月の輸入車の新規登録台数は大型連休による営業日数減少で前月比16.8%減の1万6833台となった。前年同月比でも18.3%減少した。ブランド別の販売台数はメルセデス・ベンツが4539台で5カ月連続の1位となった。

ホンダの
「アコードハイブリッド」
(資料写真)=(聯合ニュース)
「アコード」がモデル別2位=韓国">

 10月のベストセラーモデルは前月と同じBMW

「520d」
(842台)で、2位はホンダ
「アコード2.4」
(724台)。

 国・地域別で

10月輸入車販売 ホンダ「アコード」がモデル別2位=韓国 続きを本紙で読む 》

ベンツが3カ月連続1位 日本車シェア2割超=韓国輸入車市場

2017年9月6日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【ソウル聯合ニュース】韓国輸入自動車協会(KAIDA)によると、8月の輸入車の新規登録台数は1万7547台で前月より0.5%減少した。前年同月比では10.1%増。ドイツの高級車メルセデス・ベンツが販売台数1位の座を守った。 KAIDAの尹大成(ユン・デソン)副会長は

「8月の輸入車市場は夏休みシーズンという季節的要因と一部ブランドの在庫不足などで前月より多少萎縮した」
と説明した。 国・地域別ではドイツなど欧州車のシェアが69.9%でトップ。日本車のシェアは21.1%に達した。 ブランド別ではベンツが5267台を売り上げ、3カ月連続1位。続いてBMW(4105台)、トヨタ自動車(1210台)、レクサス(1201台)、ミニ(826台)、フォード・モーター(792台)、ランドローバー(743台)、クライスラー(630台)、ボルボ(602台)、ホンダ(541台)などの順だった。 一方、8月のベストセラーモデルはBMW520d(921台)で、レクサスES300h(733台)、ベンツE220d 4MATIC(690台)などが続いた。 燃料別ではディーゼル車が8559台(48.8%)で最も販売台数が多かった。ガソリン車とハイブリッド車(HV)の比率はそれぞれ39%(6835台)、12.3%(2152台)だった。

ベンツが3カ月連続1位 日本車シェア2割超=韓国輸入車市場 続きを本紙で読む 》

韓国に日本車が“帰ってきた”!輸入車市場シェアが5年ぶり2割超え=「反日感情から離れて冷静にみたら、日本車の方が優れている」―韓国ネット

2017年8月7日 Recordチャイナ, ニュース , , , , , ,

2017年8月4日、韓国経済新聞によると、韓国の輸入車市場で5年ぶりに日本車のシェアが20%を超え、レクサスのハイブリッドモデル
𰃎S300h」
がベストセラーカーに輝いた。 

韓国輸入自動車協会(KAIDA)によると、7月の輸入車販売台数は1万7628台。前月の2万3755台に比べ25.8%減少したが、前年同月比では12.1%増加した。KAIDAのユン・デソン副会長は

「夏休みに入ったことで営業に空白が生まれ、一部ブランドの供給不足もあり前月より販売量が減少したが、全体的な成長の勢いは維持されている」
と説明した。 

ブランド別では、メルセデス・ベンツが5472台を販売し6月に続いて1位の座を守った。続いてBMW(3188台)、レクサス(1091台)、トヨタ(1047台)、フォード(1033台)、ホンダ(1001台)、ミニ(794台)の順だった。 

国別ではドイツ車が半数を超える50.2%で首位を維持したが、昨年7月の57.6%に比べると7.4ポイント下落。一方、日本車はシェア22.5%となり、2012年12月の26.2%以来、55カ月ぶりに20%台に上昇した。米国車のシェアは10.0%だった。 

7月に最も売れたモデルはレクサスのハイブリッド車

𰃎S300h」
(660台)で、次いでディーゼル車のベンツ
� 4M
韓国に日本車が“帰ってきた”!輸入車市場シェアが5年ぶり2割超え=「反日感情から離れて冷静にみたら、日本車の方が優れている」―韓国ネット 続きを本紙で読む 》

7月の韓国輸入車市場 供給不足で販売減=日本車シェア2割超

2017年8月4日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【ソウル聯合ニュース】韓国輸入自動車協会(KAIDA)によると、7月の輸入車市場は全般的に供給不足で、販売量が前月比25%以上減少した。ドイツ車の排ガス不正問題などの影響でガソリン車がディーゼル車より多く売れ、ハイブリッド車(HV)と日本車の好調が目立った。

 7月に新規登録された輸入車は計1万7628台で、6月より25.8%減少した。ただ、前年同月と比べると12.1%多かった。 KAIDAの尹大成(ユン・デソン)副会長は

「全般的に供給が需要についていけず、在庫不足により販売量が減少した」
とし、
「夏休みシーズンで営業の空白の影響もあったようだ」
と説明した。 ブランド別ではメルセデス・ベンツが5471台を売り上げ、先月に続いて1位。2位以下はBMW(3188台)、レクサス(1091台)、トヨタ自動車(1047台)、フォード・モーター(1033台)、ホンダ(1001台)、ミニ(794台)、ランドローバー(786台)、ボルボ(624台)、日産自動車(593台)の順だった。 一方、販売台数では1位のベンツが30%減、2位のBMWが42%減と共に急減した。 燃料別ではガソリン車が7888台(44.7%)で最も多く、ディーゼル車(7744台、43.9%)、HV(1983台、11.2%)、電気自動車(EV、13台、0.1%)と続
7月の韓国輸入車市場 供給不足で販売減=日本車シェア2割超 続きを本紙で読む 》

韓国の輸入車市場、販売1位は?

2017年7月7日 ニュース, 韓国・中央日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

  メルセデスベンツが韓国の先月の輸入車市場でBMWを抑え、3カ月ぶりにトップを取り戻した。 

  韓国輸入自動車協会(KAIDA)によると、6月の輸入車販売台数は計2万3775台と、前月比22.6%増えた。ブランド別にはベンツが最多の7783台で、2位のBMW(5510台)とは約2200台の差があった。単一ブランドの輸入車が月に7000台以上売れたのは今回が初めて。 

  BMWは年初にフルチェンジの5シリーズモデルを出して4、5月に1位となったが、6月は2位に下がった。次いでホンダ(1750台)、レクサス(1272台)、フォード(1173台)、ランドローバー(962台)、トヨタ(892台)などの順。6月に最もよく売れたベストセリングカーもすべてベンツだった。ベンツのE300 4MATICが1280台で1位、E220d 4MATICが737台で2位。 

  燃料別にはディーゼル車(46.2%)とガソリン車(43.7%)の比率に大きな差はなかった。ハイブリッド車(10.1%)も初めて10%を超えた。電気自動車の販売台数は3台にすぎなかった。個人の購買と法人の購買の比率は65対35だった。 

  上半期全体(1-6月)の輸入

韓国の輸入車市場、販売1位は? 続きを本紙で読む 》

レクサスES300h、韓国の5月輸入車販売で1位

2017年6月8日 ニュース, 韓国・中央日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

  先月、韓国の輸入車市場で、レクサスのハイブリッドカー

「ES 300h」
が販売台数1位を記録した。 

  7日、韓国輸入自動車協会(KAIDA)によると、先月レクサスES300hが541台で輸入車のうちで最も多い販売台数を記録した。次いでBMW 118dアーバン(539台)、ベンツE220d(529台)となっている。 

  輸入ハイブリッドカーの販売台数は日本ブランドを中心に急上昇している。ハイブリッドカーのうち、レクサスES300hに次いでホンダアコードハイブリッド(310台)、トヨタプリウス(225台)、トヨタカムリハイブリッド(219台)の順で売れた。 

  一方、輸入車のうち日本車が占める比率は先月19.2%で、前年同月比5.2%ポイント上昇した。ドイツ車の比率は55.8%を記録したが昨年同期比10.1%ポイント下がった。

レクサスES300h、韓国の5月輸入車販売で1位 続きを本紙で読む 》

ベンツとBMWの販売台数 韓国が初めて日本上回る

2017年5月22日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【ソウル聯合ニュース】韓国でドイツの自動車ブランド、メルセデス・ベンツとBMWの販売が急増し、初めて日本の販売台数を上回った。

 韓国輸入自動車協会(KAIDA)によると、韓国のベンツ販売台数は2万4877台、BMWは1万8115台と前年同期比でそれぞれ48.0%、32.4%増加した。一方の日本はベンツが同0.7%増の2万1365台、BMWが2.2%増の1万5818台が売れた。韓国の人口が5000万人程度であることを踏まえると、両ブランドの人気は非常に高いと言える。 今年1~4月の韓国での輸入車販売台数は前年同期比1.6%増の7万5017台。日本は4.6%増の9万6877台だった。 韓国ではフォルクスワーゲン(VW)の俳ガス不正問題などでVWと傘下のアウディの販売が激減。同じドイツのベンツとBMWの販売が大きく増えた。 韓国輸入車市場に占めるベンツとBMWの割合(1~4月)は計57%で前年同期より16ポイント上昇した。日本での両ブランドの割合は38%で前年同期の40%より減少した。

ベンツとBMWの販売台数 韓国が初めて日本上回る 続きを本紙で読む 》