「東京五輪での旭日旗使用を禁止に」大韓体育会が日本に正式要請=韓国ネットには「使うならボイコットすべき」の声殺到

2019年5月29日 Recordチャイナ, ニュース , , ,

2019年5月28日、・SBSは
「大韓体育会が・パラリンピック競技大会組織委員会に対し、正式に旭日旗の使用禁止を要請した」
 

記事によると、大韓体育会関係者は電話取材に対し

「帝国主義日本軍が使用していた戦犯旗である『旭日旗』が来年の東京五輪で広範囲に使用されることを事前に防ぐため、競技場への持ち込みを禁止するよう日本側に求めた」
と説明したという。 

大韓体育会関係者は3月にも、組織委員会幹部に

「正式な国旗以外の旭日旗のような旗を、日本選手団だけでなく観客が競技場に持ち込んだり、応援道具として使用したりすることがないようにしてほしい」
と伝えていた。その後、大韓体育会はこうした要求事項を盛り込んだ公式の書簡を作成し、組織委員会に送ったという。 

記事は

「このような措置を取ったのは、東京五輪で旭日旗が用いられる可能性が極めて高いため」
だと指摘。
「旭日旗の使用を防ぐ最終権限を持つのは国際オリンピック委員会(IOC)だが、IOCの旭日旗に対する認識はかなり低い」
とも伝えている。 

また、現時点で、組織委員会は何ら立場を示しておらず、韓国内では

「来年の五輪開幕日まで何の反応も見せない可能性が高い」
と判断しているといい、ある大韓体育会関係者は
「この問題は、体育会だけで対応すべきものではなく、政府が乗り出して日本側に正式に
「東京五輪での旭日旗使用を禁止に」大韓体育会が日本に正式要請=韓国ネットには「使うならボイコットすべき」の声殺到 続きを本紙で読む 》

32年五輪招致へ動き出すソウル、今後の戦略とライバル都市は?

2019年2月12日 ニュース, 朝鮮日報 , , , ,

 韓国と北朝鮮による南北同時開催を目指す2032年夏季五輪の韓国側招致都市について、大韓体育会は11日の総会で、ソウル市を招致申請都市とすることを決めた。ソウル市は今後、五輪招致を成功させるために本格的な準備に着手する。 ソウル市は、インドのムンバイ、中国の上海、オーストラリアのメルボルン、エジプトのカイロとアレキサンドリア、ロシアのウラジオストクなど32年夏季五輪の開催候補地に名乗りを上げた世界の各都市と招致合戦を繰り広げることになる。 ソウル市は招致合戦で優位に立つために、国際オリンピック委員会(IOC)が提示する

「オリンピック・アジェンダ2020」
に合致する効率的な招致戦略を立てる。オリンピック・アジェンダ2020とは、既存の競技施設を最大限に活用して経済的な五輪を開催するというIOCの五輪改革案だ。 ソウル市は今後、国際的なスポーツ都市としての経験と魅力を世界に発信していく。
32年五輪招致へ動き出すソウル、今後の戦略とライバル都市は? 続きを本紙で読む 》

2032年五輪誘致都市に確定したソウル市、「ソウル-平壌共同開催を実現させる」

2019年2月12日 ニュース, ハンギョレ ,

 南北共同で誘致を推進する2032年夏季五輪に挑戦する国内都市として、ソウルが確定した。全国家的行事であるため、今後多くの関心と助言をお願いしたい」

と述べた。朴市長は
「ソウルのすべての力を総動員し、朝鮮半島の運命を変え、新しい南北関係の転機をつくるソウル-平壌(ピョンヤン)共同五輪誘致を必ず実現したい」
と強調した。  ソウル市は昨年の南北首脳会談で合意した通り、平壌とも積極的に協力する計画だ。ソウル市は1988年のソウル五輪の時、東西陣営が冷戦を超えて和合したように、2032年の五輪が南北和解の場になるよう努力するという立場だ。 一方、現在ソウル市が競争する世界都市は、インドのムンバイ、中国の上海、オーストラリアのメルボルン、エジプトのカイロ・アレクサンドリア、ロシアのウラジオストクなどだ。

2032年五輪誘致都市に確定したソウル市、「ソウル-平壌共同開催を実現させる
続きを本紙で読む 》

「日韓外交、歴史前面に置けば何もできなくなる」、潘基文・前国連事務総長が警鐘―韓国紙

2019年1月19日 Recordチャイナ, ニュース ,

前国連事務総長の氏は・中央日報のインタビューで、悪化する一方の日韓関係について
「歴史問題を今のように外交関係の前面に置けば何もできなくなる」
と警鐘を鳴らした。韓国外務省で知日派の更迭が相次ぐことにも
「国家の信頼度低下につながる」
と危機感を募らせた。 

外交官出身で外相などを歴任した潘氏は、2016年に国連事務総長の任期が満了した後、韓国大統領選出馬に意欲を示したものの、最終的に断念。現在は国際オリンピック委員会(IOC)倫理委員長、博鰲(ボアオ)アジアフォーラム(アジア地域経済フォーラム)理事長、グローバル・グリーン成長研究所(GGGI)議長などを務めている。 

日韓間には昨年来、2015年の両国合意に基づき設立された元支援財団の解散、日本企業への賠償命令が続く元徴用工判決、韓国海軍の駆逐艦による火器管制レーダー照射などの悪材料が山積している。 

インタビューで潘氏は

「国連事務総長当時、イスラエルとパレスチナ問題を扱って感じた点がある。友人と配偶者は選べるが、近隣諸国は変えられない。宿命だ」
と前置き。
「基本的に日本の責任が大きい」
としながらも、
「歴史問題を今のように外交関係の前面に置けば大統領が何もできなくなる。知恵が必要な問題だ」
と訴えた。 

解決策として潘氏は

「歴史を外交の最優先順位に置けば国民感情を刺激すること
「日韓外交、歴史前面に置けば何もできなくなる」、潘基文・前国連事務総長が警鐘―韓国紙 続きを本紙で読む 》

2032年はソウル平壌五輪!?ソウル市長の誘致計画に、韓国ネットは反対が優勢

2018年12月12日 Recordチャイナ, ニュース , ,

2018年12月7日、・聯合ニュースは、ソウル市長が2032年ソウル平壌(ピョンヤン)五輪の誘致を推進している 

記事によると、ソウルの朴元淳(パク・ウォンスン)市長は同日、ソウル市役所で開かれた

�国際人権カンファレンス」
の特別セッションに対談者として出演。
�年の平昌(ピョンチャン)五輪が朝鮮半島の戦争危機において平和と統一のいしずえと試金石を築いたとしたら、2032年は完成版になる可能性が高い」
と述べ、
「ソウル平壌五輪の共同誘致」
への意思を明らかにした。 

朴市長は

「東京に行くたびに(東京)五輪開催のエンブレムを見て、ソウルも再び誘致できると考えた」
とし、
「大統領府、統一部、国家情報院に対して南北首脳会談アジェンダに2032年ソウル平壌五輪を入れてもらうよう頼み、第3回首脳会談時に入ることとなった。これは私のアイデアだ」
とも述べた。また
𰃇日前には国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ委員長に会った。『誘致過程にあるためどの都市とも(特定して)話すことはできない』と話していたが、とにかく(私としては)2032年ソウル平壌五輪の可能性が高まっている」
との考えを示したという。 

この他にも、朴市長は

「ソウルは来年国体を行うため施設はすべて整っている」
とし、
「われわれがすべきことは、いかにして五輪
2032年はソウル平壌五輪!?ソウル市長の誘致計画に、韓国ネットは反対が優勢 続きを本紙で読む 》

韓国が負担に耐えかね平昌五輪メイン会場の取り壊しを決定、IOCが激怒「背信行為だ!」―中国メディア

2018年10月9日 Recordチャイナ, ニュース , , ,

2018年10月7日、捜狐は、保存を公約していた・のメインスタジアムが取り壊されることになり、国際五輪委員会(IOC)関係者から
「背信行為」
との批判が出ている 

記事は

「昨年建設された平昌五輪スタジアムは当時、IOCに対して五輪終了後も取り壊さずに引き続き使用することを保証するとしていたが、1年が経過した現在、このスタジアムは永遠の眠りにつこうとしている。これにIOCは非常に頭を痛めており、関係者からは信に背き義を棄てる行為だと韓国への痛烈な批判が出てさえいる」
 

また、

「リオ五輪のメインスタジアム取り壊しにより、多くの都市が五輪招致から離脱した。それ故、IOCは韓国の行動が同じような結果を生むことを非常に恐れているため、多くの関係者が痛烈に批判しているのだ」
と解説している。 

一方で

「韓国がスタジアム取り壊しを決定したのは、実際のところ致し方ないのだ。経費節減のために屋根を作らなかったスタジアムはメンテナンスが非常に困難であり、保存すれば毎年1億ウォン規模の費用がかかる。現在の韓国経済では間違いなく支えきれないため、韓国は最終的にこの会場の取り壊しを決定したのだ」
と、韓国にとってスタジアム取り壊しは苦渋の判断だったことを伝えている。(翻訳・編集/)
韓国が負担に耐えかね平昌五輪メイン会場の取り壊しを決定、IOCが激怒「背信行為だ!」―中国メディア 続きを本紙で読む 》

閉幕から半年以上たったのに…平昌五輪をめぐる攻防終わらず=韓国ネットからは「もう国際行事は開催しないで」の声も

2018年10月5日 Recordチャイナ, ニュース , , , ,

2018年9月30日、・JTBCは、平昌(ピョンチャン)五輪の工事費をめぐる
「工事会社VS組織委」
の攻防が法廷で行われる見込みだ 

記事によると、当時、競技場に臨時の観覧席を設置した会社は

「工事代を受け取っていない」
と主張している。当初は86億ウォン(約8億6000万円)の事業だったが、計画不足や自然環境などから費用が増加、さらに国際オリンピック委員会(IOC)側からの安全問題の指摘も加わり、設計の変更や追加工事が多かった。そのため追加料金だけで107億ウォンかかったという。会社側は
「変更のたびに組織委と監理団の承認があった」
と主張し、関連文書も公開している。 

一方、組織委は

「会社側が提案書の内容と合わない設計を繰り返し提出したため、大会準備に支障が出た」
と反論。つまり、会社側が故意に工事費を水増ししたというのだ。ただし
「大会が差し迫っていたことから急いで工事を開始して契約は後に結んだ」
と説明しており、IOCの指摘事項など追加指示事項が多かったことも認めている。しかし、監理団が認めた追加工事費は
�億ウォン(約1億2000万円)に過ぎない」
という立場を示しており、記事は
「閉幕から半年がたったが意見の隔たりが大きいため、対立は法廷に持ち込まれる可能性が高い」
と伝えている。 

これを受け、韓国のネット上では

「ちょっと見た
閉幕から半年以上たったのに…平昌五輪をめぐる攻防終わらず=韓国ネットからは「もう国際行事は開催しないで」の声も 続きを本紙で読む 》

竹島の位置に白テープ…南北選手が掲げた「統一旗」の意味に注目集まる

2018年8月27日 Recordチャイナ, ニュース , , ,

2018年8月27日、・スポーツ京郷によると、ジャカルタ・アジア大会に出場している韓国との南北合同チームが、カヌーの女子トラディショナルボートレース500メートルで大会初の金メダルを獲得した。韓国では、同チームの選手らが授賞式で掲げた統一旗に注目が集まっている。 

記事は、

「掲げられた統一旗は一風変わっていた」
とし、
「旗の右側、実際の地図では日本海(国際水路機関による国際表示、韓国は東海を主張)(日本海の韓国名)に当たる部分に白いテープが貼られていた」
と伝えている。統一旗は、白地に水色で朝鮮半島が描かれている。 

これについて、大韓カヌー連盟関係者は

「独島(の韓国名)がある部分にテープを貼ったもの」
とし、
「選手らは一種の意思表示をした」
と説明したという。 

同大会の開会式で南北の選手団が統一旗を掲げて合同入場することが決定した後、韓国はアジアオリンピック評議会(OCA)に竹島が描かれた統一旗の使用を許可するよう求めた。しかし

「スポーツと政治は切り離すべきとの立場をとる国際オリンピック委員会(IOC)の基準に準じる」
との理由で受け入れられなかった。そのため、開会式で南北の旗手が掲げた統一旗はもちろん、授賞式で掲揚された統一旗にも竹島は描かれていなかった。 

記事は

「選手らは世界の注目が集まる場所で、独島も一つになった朝鮮半島の一部ということを示したかったようだ」
と伝え
竹島の位置に白テープ…南北選手が掲げた「統一旗」の意味に注目集まる 続きを本紙で読む 》

アジア大会で「竹島入り」統一旗の使用認められず=韓国ネット「ボイコットすべき」

2018年8月8日 Recordチャイナ, ニュース , , ,

2018年8月7日、メディア・インサイトなどによると、18日にインドネシアで開幕するアジア大会の開会式で、が描かれた統一旗の使用は認められないことが分かった。 

韓国の文化体育観光部と大韓体育会は、大会を主催するアジア・オリンピック評議会(OCA)が、竹島入りの統一旗の使用に同意しなかったと明らかにした。 

韓国とは6月に行われた会談で、アジア大会で合同入場する際に使用する統一旗に、竹島を表記することに合意。その後、OCAに竹島入り統一旗の使用を認めるよう繰り返し要請していた。 

しかし、OCAは

「国際オリンピック委員会(IOC)の基準に準じなければならない」
として、事実上、竹島入り統一旗の使用を許可しない方針を守った。これについて、一部では
�年の夏季五輪が東京で開催されるため、IOCとOCAが慎重な立場を見せている」
と分析する声も出ているという。 

この記事に、韓国のネットユーザーからは

「独島(日本名:竹島)入りの統一旗で入場できないなら、大会をボイコットしよう。韓国もたまには強硬な姿勢を見せるべき」
「独島は韓国固有の領土であり、私たち民族の独立と自主国家の精神的象徴だ。これはスポーツ精神より大切で、全国民が守るべき精神。アジア大会より大切なもの」
「スポーツのために国が存在しているの?国の中にスポーツが存在
アジア大会で「竹島入り」統一旗の使用認められず=韓国ネット「ボイコットすべき
続きを本紙で読む 》

韓国がアジア大会での「竹島入り統一旗」の使用を推進=韓国ネット「今回は日本の目を気にしないで」「黙って表記すればいい」

2018年7月10日 Recordチャイナ, ニュース , ,

2018年7月10日、・マイデイリーによると、韓国とが今年8月から始まる第18回アジア競技大会(ジャカルタ・パレンバン)での南北合同入場と、を含む朝鮮半島が描かれた
「統一旗」
の使用を推進している。 

記事によると、イ・ギホン大韓体育会長は同日、鎮川選手村で開かれた記者会見で

「アジア大会での南北合同チーム結成と南北合同入場、統一旗への独島(竹島の韓国名)表記を推進している」
と述べた。 

韓国と北朝鮮は今年2月に行われたでも合同入場した。しかし、国際オリンピック委員会(IOC)は

「スポーツと政治は切り離すべき」
との立場を示しているため、竹島入りの統一旗の使用は実現しなかった。これについて記事は
「独島が国際的な領土紛争地域と判断されたことになるが、独島は明らかに韓国の領土だ」
と主張している。 

イ会長は

「韓国も北朝鮮も統一旗に独島を描くことを望んでいるが、アジアオリンピック評議会(OCA)はIOCの決定と同様、独島を描かないよう求めた」
としつつも、
「独島は韓国の領土であり、韓国が実質的に支配しているため、北朝鮮と表記する方向で意見が一致した」
と説明。
「北朝鮮と共にOCAに統一旗への独島表記を求める意見書を送った」
と明かした。 

この報道に、韓国のネットユーザーからは

「素晴らしい姿勢だ」
「今回は日本の目を気にせず、独島に対す
韓国がアジア大会での「竹島入り統一旗」の使用を推進=韓国ネット「今回は日本の目を気にしないで」「黙って表記すればいい
続きを本紙で読む 》

金正恩氏「南北関係改善はIOCのおかげ」 訪朝のIOC会長と会談

2018年4月1日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮中央放送は31日、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が訪朝中の国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長と会談した 金委員長は

「今回の(平昌冬季)五輪は北と南の新たな和合の場をつくった特別な意味を持つ五輪だった」
と評価した上、
「冷え込んだ北南(南北)関係が五輪を機に劇的に雪解けしたのはその機会を提供してくれた国際オリンピック委員会のおかげ」
と話した。 バッハ会長は
「南北の合同入場や合同チーム出場などで、韓国と北朝鮮の平和と和解の意思を世界に示し、最大の感動を巻き起こした五輪になった」
と応えた。 バッハ会長らは29日、北京から北朝鮮入りした。

金正恩氏「南北関係改善はIOCのおかげ」 訪朝のIOC会長と会談 続きを本紙で読む 》

北が「独島なし韓半島旗」に難色、平昌パラ共同入場を拒否

2018年3月9日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

 平昌パラリンピック開会式での南北共同入場が白紙になった。大韓障害人体育会は8日、

「平昌で開かれたパラリンピック南北実務会談において、南北は開会式で個別入場すると最終決定を下した」
と発表した。 開会を翌日に控えて共同入場が白紙になったのは、韓半島(朝鮮半島)旗の独島(日本名:竹島)表記が問題になったからだ。北朝鮮は8日の実務会談で
「自国開催の大会において、政治的な理由で韓半島旗に独島が表記できないということは受け入れられない。われわれの国土を表記できないことは自尊心が許さない」
と主張し、独島の表記を主張した。これに対し南北と共に出席していた国際パラリンピック委員会(IPC)側は、政治的表記禁止の条項に触れるという点を挙げて難色を示した。 国際オリンピック委員会(IOC)は、政治的・外交的論争になりかねない文言や表示などを、オリンピックに使われる各種の表記物に使用することはできないと定めている。先月9日に行われたオリンピック開会式の共同入場で南北が使用した韓半島旗も、IOCの規定に基づき独島が表記されていない。IPCも、IOCと協約を結んだ状態で別の韓半島旗を認めることはできない、という立場だ。 大韓障害人体育会(李明浩〈イ・ミョンホ〉会長)が午後5時ごろ、IPCの退席した状態で北朝鮮と2回目の会議を開いて説得したが、北朝鮮は最後まで主張を曲げず、個別入場ということで最終決定が
北が「独島なし韓半島旗」に難色、平昌パラ共同入場を拒否 続きを本紙で読む 》

読者の意見:独島が消えた韓国外交部・統一部の地図

2018年2月22日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

 平昌冬季オリンピックで使用される

「韓半島(朝鮮半島)旗」
に独島(日本名:竹島)がなかったことで、国民のプライドと国の格に大きな傷が付いた。外交部(省に相当、以下同じ)は多くの予算をつぎ込んでホームページに独島広報コーナーまで設置してはいるものの、韓半島旗に独島を堂々と表記することはできなかった。国際オリンピック委員会(IOC)に対する独島広報に失敗したようなものだ。 もっと大きな問題もある。外交部の英語ホームページの地図で独島を調べると、
「独島」
ではなく領有権が明確でない岩礁を意味する
「リアンクール・ロック」
と記載されていた。なぜこのような地図が韓国外交部の公式ホームページにあるのか到底理解できない。 統一部はもっとひどい。統一部の中国語ホームページで日本海(国際水路機関による国際表示、韓国は東海を主張)を見ると、独島があるべき位置にリアンクール・ロックの中国語である
「里コウ科礁」
という見慣れない名称が記載されていた。これでは韓国国民の税金を使い、全世界の中国語使用者に独島を
「里コウ科礁」
と教えているようなものだ。 こうなった原因は、外交部も統一部も深く考えないままグーグルの地図を使用しているからだ。これでは政府が各部処(省庁)のホームページを通じ、国連公用語を使って
「独島は韓国領土」
と説明する資料を先を争って掲載したところで何の意味もないだろう。キム・ヨンボムさん(ソウル特別市江北区)

読者の意見:独島が消えた韓国外交部・統一部の地図 続きを本紙で読む 》

[平昌五輪]スイス代/2人 ノロウイルスに感染=選手では初

2018年2月16日 ニュース, 韓国・聨合(レンゴウ) , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【平昌聯合ニュース】平昌冬季五輪に参加しているスイス代/チームは16日、選手2人がノロウイルスに感染したことを明らかにした。

開会式で入場するスイス選手団=9日、平昌(聯合ニュース)

 2人は選手村ではなく、平昌内の別の宿舎に滞在していたが、感染症状の確認後、隔離された場所で治療を受けていた。現在は症状が落ち着いており、競技には出場するという。

 ノロウイルス感染は警備員などで確認されているが、選手の感染が明らかになったのは初めて。

 平昌と江陵で発生しているノロウイルス感染患

[平昌五輪]スイス代/2人 ノロウイルスに感染=選手では初 続きを本紙で読む 》

北「IOC、独島ない統一旗使用嘆かわしい…日本の陰湿で凶悪な策動」

2018年2月16日 ニュース, 韓国・中央日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

  北朝鮮は15日、平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)で使われる統一旗(韓半島旗・朝鮮半島旗)に独島(ドクト、日本名・竹島)が外されたことに関連して

「嘆かわしい」
としながら国際オリンピック委員会(IOC)に遺憾を表明した。 

  北朝鮮労働新聞はこの日。

「独島は神聖な我々の領土だ」
と題する個人論評を通じて、
「国際オリンピック委員会は『政治的事案を体育と結びつけるのは不適切』という理由で独島が表記されていない統一旗を使うようにする誤った決定を採択した」
とした。 

  論評は

「我々はずっと以前から国際オリンピック委員会に今回の冬季オリンピック競技大会で北と南が利用する統一旗に独島を表記することを強く要求した」
と強調した。 

  続いて

「独島表記がどうしたら『政治的事案』になるのか」
とし
「独島は歴史地理的に見ても国際法的に見ても、徹頭徹尾、我々民族の神聖な領土だ。統一旗に独島を表記するのは極めて正当で、平和と親善を基本理念としているオリンピック競技大会(の趣旨)にも反しない」
 

  論評は特に、

「日本が手段と方法を選ばず国際オリンピック委員会が、北と南が独島が表記されていない統一旗を使う決定を採択させるために
北「IOC、独島ない統一旗使用嘆かわしい…日本の陰湿で凶悪な策動
続きを本紙で読む 》

[平昌五輪]北朝鮮党機関紙 独島なしの朝鮮半島旗を批判

2018年2月16日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮労働党機関紙

「労働新聞」
は15日、個人名の論評で、平昌冬季五輪の開会式で合同入場した韓国と北朝鮮の選手団が独島の描かれていない朝鮮半島旗を掲げたことを批判し、
「独島を守る意志を行動で示すべきだ」
と韓国政府に迫った。

 論評は

「独島はわが民族の固有の領土」
だとした上で、国際オリンピック委員会(IOC)が独島の入っていない朝鮮半島旗の使用を決定したと主張した。また、
「(独島なしの旗を使うという)IOCの不当な決定は、背後に日本の反動勢力がいることを雄弁に物語っている」
とした。

[平昌五輪]北朝鮮党機関紙 独島なしの朝鮮半島旗を批判 続きを本紙で読む 》

平昌五輪:「李舜臣はNG、自由の女神はOK」 IOCのダブルスタンダードに批判の声

2018年2月15日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

 国際オリンピック委員会(IOC)が13日、

「アイスホッケー女子米国代表チームのゴーリー(ゴールキーパー)が『自由の女神像』が描かれたヘルメットをかぶって平昌冬季五輪の試合に出場することを許可する」
と明らかにした。 IOCの規定によると、選手の競技装備に国のアイデンティティーに関する政治的なメッセージやスローガン、国歌の歌詞などを入れることは禁止されている。ところが、IOCは自由の女神像は政治的メッセージと関連性がないと判断したものだ。米国アイスホッケー協会のデイブ・フィッシャー報道担当は
「自由の女神像が描かれたヘルメットは何の修正もせずにそのまま使用できることになった」
と述べた。 米国女子代表のゴーリー、アレックス・リグスビー(26)とニコール・ヘンズリー(23)は
「IOCの決定を歓迎する」
自由の女神像はリグスビーのヘルメットのアゴ部分とヘンズリーのヘルメットの左側に描かれている。2人は13日、OAR(ロシアからの五輪選手)と行ったA組第2戦でこのヘルメットを着用して出場した。 IOCは今月3日、アイスホッケー男子韓国代表ゴーリー、マット・ダルトン(31)の
「李舜臣(イ・スンシン)将軍」
が描かれたヘルメットの使用を禁止した。李舜臣将軍の絵は韓日関係に対して敏感な政治的メッセージを与える可能性があると解釈したためだ。このためダルトンはスロベニアやOARと行った強化試
平昌五輪:「李舜臣はNG、自由の女神はOK」 IOCのダブルスタンダードに批判の声 続きを本紙で読む 》

<平昌五輪>韓日戦で独島統一旗を振った北朝鮮応援団

2018年2月15日 ニュース, 韓国・中央日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

  女子アイスホッケー南北合同チームと日本の対決で、独島(ドクト、日本名・竹島)が描かれた

「統一旗(韓半島旗・朝鮮半島旗)」
が登場した。 

  14日に開かれた平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)女子アイスホッケー南北合同チームと日本の対決で、北朝鮮応援団は独島が描かれた朝鮮半島の旗を振った。12日に合同チームの女子アイスホッケー組別リーグのスウェーデン戦で独島入り統一旗を持って入場したことに続き、日本戦でもこの旗が登場したのだ。 

   

  だが北朝鮮は違った。北朝鮮応援団は9日、平昌五輪開会式で独島が描かれた統一旗を手に登場した。これに対し、日本の河野太郎外相は

「北朝鮮が五輪を散々政治利用している」
として不快感を表わした。 

  北朝鮮メディア

「わが民族同士」
「独島は法的根拠と見るか歴史的根拠と見るか、我々民族固有の領土として、その領有権は我々民族が持っている」
とし
「今大会の期間中、統一旗に独島を表記することは誰も理解できない問題でもなく、ましてやあれこれ言うような問題ではもっとない」
と指摘した。

<平昌五輪>韓日戦で独島統一旗を振った北朝鮮応援団 続きを本紙で読む 》

平昌五輪:1000億円以上援助したのに影が薄い韓国財界

2018年2月13日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

「株式会社大韓民国、カネと政治がおかしなオリンピックを作り上げた」
 米国の有力紙ニューヨーク・タイムズは7日(現地時間)
「オリンピックは全世界の注目が集まるイベントだ。そのため開催国ではその国の代表的な企業が先頭に立って巨額の支援を行い、宣伝効果を狙うのが普通だ」
とした上で
「ところが韓国企業は平昌オリンピックではあまり前面に出ようとしない」
またウォールストリート・ジャーナルは
「オリンピックの開催を願った韓国政府は国際オリンピック委員会(IOC)委員だったサムスングループの李健熙(イ・ゴンヒ)会長の罪を許した。その後、平昌オリンピックの実現には李会長が大きな役割を果たした」
と報じ、オリンピックの誘致に至るプロセスを詳しく紹介した。 韓国企業は平昌オリンピック誘致に大きく貢献したが、実際にオリンピックが始まると完全に蚊帳の外に追いやられている。これも外信の見方だ。9日の開会式会場もそうだった。そのため
「これまで1兆ウォン(約1000億円)以上を支援してきた財界が冷たい仕打ちを受けている」
といった指摘が相次ぐようになった。■
「企業はオリンピックへの支援が誤解されることを恐れている」
 ニューヨーク・タイムズは
「韓国の場合、オリンピックを支援した企業は他のスポーツイベントとは違い、あまり攻撃的なマーケティングはしない」
と指摘している。1988年のソウルオリンピック以来、30年
平昌五輪:1000億円以上援助したのに影が薄い韓国財界 続きを本紙で読む 》

平昌五輪:関係者128人ノロ確定「選手だけは守れ」

2018年2月11日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

 平昌冬季オリンピック開幕が目前に迫る中、ノロウイルス感染がますます深刻になっている。感染が確認された人数は今月6日の32人、7日の86人に続き、8日には128人まで増加した。韓国の疾病管理本部が8日に明らかにした。感染者の急速な増加で、各国の選手が集まるオリンピック選手村にも緊張が走った。ノロウイルス感染は、特に治療せずともおおむね1週間程度で症状が消えるが、最高のコンディションを維持しなければならない選手たちにとっては致命的なものになりかねない。 疾病管理本部などによると、8日現在、オリンピック関係者でノロウイルスに感染したという確定判断を受けた感染者の数は前日より42人多い128人。民間のセキュリティー検査要員が集まっていた平昌のホレブ五台山青少年修練院で確定感染者が34人増え、感染者全体の76%(97人)を占めた。選手がノロウイルスの感染判定を受けたケースはまだないが、今後出てこないという保証もない状況だ。もし選手の中に感染者が出たら、場合によっては国際的イメージの失墜につながりかねない問題だ。江南聖心病院感染内科のイ・ジェガプ教授は

「ノロウイルスは競技力に影響を及ぼし、メダルの色を変えてしまうこともあり得る。(当局は予防のため)最大限の努力を傾けるべき」
 組織委は、選手の間でノロウイルス感染が発生した場合、
「一般人と同じく、直ちに隔離措置を取る」
「(感染し
平昌五輪:関係者128人ノロ確定「選手だけは守れ
続きを本紙で読む 》