[キル・ユンヒョンの新冷戦韓日戦14]ハノイ決裂後態度変えた北、韓国の弱点を露呈

2021年1月16日 ニュース, ハンギョレ , , , , , , , ,

 黄昏に飛び立つミネルバのフクロウのようにしがない事後の無駄話だが、2019年2月末の

「ハノイ決裂」
以降、朝鮮半島の周辺情勢は全方位的にこじれていった。 北朝鮮は5月4日、元山(ウォンサン)の虎島半島で
「新型戦術誘導兵器」
とみられる短距離飛翔体を、5日後の9日には西海の亀城(クソン)で再び2発の短距離弾道ミサイルを打ち上げた。2017年11月29日に
「火星15」
型を通じて大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射能力を確保したことを実証してから1年5カ月ぶりに武力挑発に出たのだ。 ハノイの決裂を
「次回協議のための一時的な困難」
と受け止めていた韓米と違って、“孤立した”北朝鮮の戦略的評価は深刻になるしかなかった。ハノイ会談が終わった後、北朝鮮が自分たちの失望を公開表明したのはまさに
「その日の夜」
だった。リ・ヨンホ外相は3月1日(現地時間)0時15分ごろ、宿舎であるハノイのメリアホテルに記者団を呼び、
「現段階で我々が提案したことよりも(朝米間で)良い合意が得られるかどうかは言えない」
という長いため息を残した。半月後の15日にはチェ・ソンヒ北朝鮮外務次官がAP通信、タス通信などを呼び集め、
「米国の強盗のような立場が結局状況を危険に陥れた。我々はいかなる形であれ、米国と妥協するつもりはない」
と宣言した。これまで好意的に見てきた韓国の役割についても
「米国の同盟である南朝鮮は仲裁者ではなくプレ
[キル・ユンヒョンの新冷戦韓日戦14]ハノイ決裂後態度変えた北、韓国の弱点を露呈 続きを本紙で読む 》

ドイツ、G7への韓国の1回限りの参加を歓迎…枠組み拡大には難色

2020年8月12日 ニュース, ハンギョレ , ,

 ドイツが今年米国で開かれる主要7カ国(G7)首脳会議への韓国の参加を歓迎すると明らかにした。しかし、G7の枠組みを拡大し正式メンバーとして受け入れる問題に対しては

「深い議論が行われなければならない」
と留保の反応を見せた。 ドイツのハイコ・マース外相は10日、ベルリンでカン・ギョンファ外相との会談を終えた後に行われた記者会見で
「韓国は世界的に極めて重要な国であり、我々と価値を共にするパートナーだ。したがって(韓国のG7参加を)歓迎する」
と述べた。しかし、G7の枠組みを拡大する問題に対しては
「G8だったロシアを再び受け入れる考えはない。ロシアの場合、(2014年3月に敢行した)クリミア半島併合とウクライナ東部紛争を先に解決しなければならない」
と述べた。ロシアはこの事件の後、G8から除名された状態だ。 マース外相は続けて
「G7の拡大とG20体制について、国際社会で深い議論が行われなければならない。国連安全保障理事会の現在の体制も、現実を反映しているのかよく調べてみなければならない」
と付け加えた。G7拡大とドイツの念願である国連安保理の常任理事国への進出問題を連携させるという構想を明らかにしたわけだ。 肝心の米国のドナルド・トランプ大統領は、話だけが先走りしている今年のG7首脳会議を、11月3日に予定されている米大統領選挙の後に先延ばしする構想を明らかにした。トランプ大統領はこの日
ドイツ、G7への韓国の1回限りの参加を歓迎…枠組み拡大には難色 続きを本紙で読む 》

ドイツに向かったカン外交部長官、「G7拡大反対」説得に乗り出したか

2020年8月11日 ニュース, ハンギョレ , , ,

 カン・ギョンファ外交部長官が、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が全世界に広がった今年2月末以降初めて1泊3日の海外出張に出て、その背景に関心が集まっている。 10日、外交部によると、カン長官は9日昼に仁川国際空港を出発し、10日にドイツのベルリンでハイコ・マース外相と第2回韓独外相戦略対話に出席した。会談を終えたカン長官は11日午後に帰国する予定だ。韓国とドイツの間に対面外交を要する緊急の課題がないことから、1泊3日という強行日程で進められる今回の訪問は極めて異例だ。 このため、カン長官がドナルド・トランプ米大統領が提案した

「韓国を含む主要7カ国(G7)会議の枠組みの拡大」
方針に反対するドイツを直接説得するため、ドイツを訪問したという見方が有力視されている。マース外相は先月末、ドイツ国内メディアとのインタビューで、
「(現在の)G7とG20は非常にきめ細やかに調整されたフォーマットである。我々は(G7にロシアや韓国などを加えた)G11あるいはG12を必要としない」
と述べた。当時、ドイツがG7の枠組み拡大に反対した名目は、2014年3月にウクライナ事態を起こし、クリミア半島を武力で合併したロシアを排除すべきということだった。 アンゲラ・メルケル首相は2018年以降、国防費拡大問題などを巡り北大西洋条約機構(NATO)同盟国を軽視するトランプ大統領と鋭く対立してきた。
ドイツに向かったカン外交部長官、「G7拡大反対」説得に乗り出したか 続きを本紙で読む 》

ドイツ、ロシアや韓国を含める「G7拡大」に反対

2020年7月28日 ニュース, ハンギョレ , , ,

 ロシアや韓国などを参加させて主要7カ国(G7)首脳会議をG11~G12に拡大しようというドナルド・トランプ米大統領の構想に、ドイツも反対意見を明らかにした。 ドイツのハイコ・マース外相は26日(現地時間)、ノルトライン・ヴェストファーレン州地域を基盤とする地方紙

「ライニシェポスト」
とのインタビューで、
「G7とG20は合理的に組織された体制だ。今はG11やG12は必要ない」
と述べた。 トランプ大統領は今年5月30日、ロシアや韓国など4、5カ国をG7に加盟させ、会議体制をG11やG12に改編する構想を打ち出した。既存のG7(米国・英国・ドイツ・フランス・カナダ・イタリア・日本)に韓国・ロシア・インド・オーストラリアを追加してG11に拡大再編するか、これにブラジルを加えてG12に拡大再編しようという提案だった。 国際社会は中国を排除しロシアなどを引き入れることで、G7会議を
「反中国連帯」
の枠組みにしようとする米国の意図と解釈した。ロシアは2014年、クリミア半島を併合したことによる制裁でG8会議から排除された。トランプ大統領の提案直後、英国とカナダがG7会議の拡大に反対したのに続き、ドイツも反対意思を明確にしたことから、G7の拡大は事実上容易ではないという見通しだ。 マース外相は、ロシアがクリミア半島及びウクライナ東部紛争に対して意味ある進展を見せるといった解決策がない限り、復帰
ドイツ、ロシアや韓国を含める「G7拡大」に反対 続きを本紙で読む 》

IMF「韓国企業の負債『GDPの100%』…G20平均より高い」

2020年4月22日 ニュース, ハンギョレ , , , , , ,

 国際通貨基金(IMF)は韓国企業の負債水準が主要20カ国(G20)平均より高く、そのうち中小企業負債の約40%は危険水準に達したと評価した。 IMFが21日公開した

「韓国金融部門評価プログラム(FSAP)」
報告書の原文によると、韓国の非金融分野の企業の負債規模は国内総生産(GDP)の約100%に達したと分析された。IMFは
「これは主要20カ国の平均より高い水準」
だと評価した。中国は国内総生産の約150%で韓国より高かったが、米国やイギリスは80%前後だった。特に、企業負債のうちの35%を占める中小企業融資は回収困難の可能性が高いと分析された。IMFは
「中小企業負債の約40%が危険水準」
と評価した。 IMFは2008年のグローバル金融危機レベルの景気低迷と金融ショックの発生を仮定し、国内24銀行に対するストレステストを行った結果も公開した。全国単位で営業する銀行の普通株資本割合(CET1)は、2019年の13.4%から2020年には10.0%へと3.4%ポイント下落すると推定された。地方銀行は2019年の12.0%から2021年には8.7%に、貯蓄銀行や信用協同組合などのその他の預金機関は2019年の7.9%から2022年には5.5%まで下落すると推定された。バーゼル委員会は2008年の金融危機を契機に銀行の損失吸収能力を示す中心指標として普通株資本割合を一定水準以上維持する
IMF「韓国企業の負債『GDPの100%』…G20平均より高い
続きを本紙で読む 》

中国が入国禁止の不意打ち、韓国外交部はまた大空だけ殴った

2020年3月31日 ニュース, 朝鮮日報 , ,

習近平、G20テレビ会議で韓国の防疫を称賛するも2時間後にドアを閉じる日本には即刻反発した韓国外交部、中国には対抗措置なく抗議のみ 韓国外交部(省に相当、以下同じ)は27日、中国政府が同日未明に全ての外国人に対して全面的な入国禁止措置を取ったことについて

「突然の発表があり、事前に通知を受けられなかったので遺憾に思う」
とコメントした。しかしこれに対抗して中国人に対する入国禁止措置を取ることはしないとも明らかにした。中国から不意打ちを食らっても対抗措置はしないということだ。日本が韓国に入国制限措置を取ったときは直ちに対抗した政府が、中国にだけはダブルスタンダードを適用しているとの指摘が出ている。中国は今回の措置を26日夜11時30分(現地時間)に発表した。わずか2時間前に文在寅(ムン・ジェイン)大統領は習近平・国家主席らが参加したG20(主要20カ国・地域)首脳らによるテレビ会議で
「海外からの入国を全面的に制限しない状態で行われている韓国の防疫措置の優秀性」
を強調していた。 中国外交部はホームページに掲載した公告を通じて、28日0時から既存の中国ビザ・居留許可を持つ外国人の中国入国を一時中断すると発表した。北京などで行われていたノービザでのトランジットや一部国籍者に対する到着ビザ制度も全面的に禁止となった。ただし
中国が入国禁止の不意打ち、韓国外交部はまた大空だけ殴った 続きを本紙で読む 》

[ニュース分析]“ムン・ヒサン議長案”は強制動員問題の解決法か、軋轢深める悪手か

2019年12月2日 ニュース, ハンギョレ , ,

▲ムン・ヒサン国会議長が日帝強制占領期間の強制動員被害者問題と関連した

「新しい解決法」
として、いわゆる
𰃁+1+α」
案を出した。加害の歴史を清算するものでなく、外交的葛藤を生む余地のある被害者を清算するための方案だ」
と批判した。迂迴的な方法で賠償金を支払うことに対する本質的な問題提起だ。 これに対して、国会側の大勢の見解は現実的に実現可能な解決法だというものだ。チェ・グァンピル国会政策首席は
「賠償を拒否している日本企業の資産を現金化する場合に起きる両国関係の破綻は避け、被害者を実質的に救済しようとするなら、このような形で迂回するほかはない。直接的な賠償金支給に日本側が極度の拒否感を見せているだけに、日本の企業らが自発的寄付金の形式で資金を出すようにすることだ。韓国企業と国民の資金を含むのは、韓国の国民を守れなかった責任を自らも負って行こうということだ。私たちが主導的に過去の問題を解決することによって、日本を恥ずかしくさせることができる。過去の問題の不法な部分と日本の責任に対しては、絶えず問題提起をしなければならない。それはこの法案とは別個の懸案だ」
と話した。ホン・イルピョ自由韓国党議員も
「日本にお金をくれという煩わしい話はもうやめようとの趣旨が、国会議長が代表となって出す法案に含まれている。日本企業が出すお金は、事実上強制動員被害者に支
[ニュース分析]“ムン・ヒサン議長案”は強制動員問題の解決法か、軋轢深める悪手か 続きを本紙で読む 》

韓国にGSOMIA破棄を撤回させたら…、日本が有利になるいくつかのこと―中国メディア

2019年11月13日 Recordチャイナ, ニュース , , ,

中国メディアの中国青年報は13日、日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の更新期限が迫る中、日本と米国の圧力を受けたが
「動揺している」
 

記事は、首相と(ムン・ジェイン)大統領が今月4日に東南アジア諸国連合(ASEAN)プラス3(日中韓)首脳会議で接触して以降、

「動揺」
が見られると指摘。10日に韓国大統領府の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安全保障室長が
「日韓関係が改善されれば、韓国政府はGSOMIAの延長を再検討することも可能だ」
と述べたことを挙げた。 

また、4日には鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防相が

「GSOMIAが韓国の国家安全に役立つなら韓国は更新すべき」
、国家情報院の徐薫(ソ・フン)院長が
「GSOMIA破棄撤回の可能性は排除できない」
とそれぞれ発言していたことにも言及。一貫して強硬だった対日姿勢が揺らいでいるとの見方を示した。 

その上で、

「今月中旬にタイで開かれるASEAN拡大国防相会議に合わせて日韓防衛相会談が行われた場合、河野太郎防衛相が鄭国防相にGSOMIA延長を呼び掛けるのは確実とみられる」
�日に名古屋で行われる20カ国・地域(G20)外相会議でも日韓外相会談が実現すれば、茂木敏充外相が康京和(カン・ギョンファ)外相に同様の呼び掛けを行うとみられる」
などとし、日本側からの“圧力”があると説明した
韓国にGSOMIA破棄を撤回させたら…、日本が有利になるいくつかのこと―中国メディア 続きを本紙で読む 》

訪日の韓国国会議長、日本の雰囲気を「春が来ても春らしくない」と表現

2019年11月7日 Recordチャイナ, ニュース , ,

2019年11月6日、・聯合ニュースによると、韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長は
「日韓の対立打開に向け、(ムン・ジェイン)大統領と首相が首脳会談を行い、新たな関係を開くべきだ」
との考えを示した。 

記事によると、日本を訪問した文議長はこの日、都内で韓国メディアとの懇談会を開催。日韓が首脳会談を行い

「日韓請求権協定と日韓共同宣言の再確認」
「日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)と日本の輸出管理優遇対象国『グループA(ホワイト国)』の一括復元」
「徴用工問題の立法による解決」
の3つを宣言すべきだと提案した。 

文議長は4日に東京で開かれた20カ国・地域(G20)国会議長会議に出席するため訪日した。日韓議員連盟の河村建夫幹事長、自民党の二階俊博幹事長らとも会っている。この懇談会では日本の学界、政界、言論界の人物約10人と会ったと話し、日韓関係をめぐる日本の雰囲気について

「春来不似春(春が来ても春らしくない)」
と表現。
「関係改善の必要性は否定しない雰囲気だが、まだ冷たい空気が感じられた」
と説明したという。 

また5日には早稲田大学で講演し、韓国の元徴用工への賠償問題の解決策として

「日韓企業、両国国民の自発的な寄付で基金を設立する『1+1+アルファ』案」
を提示。問題をめぐる2015年の日韓合意に基づき日本政府が拠出した10億円のうち、残
訪日の韓国国会議長、日本の雰囲気を「春が来ても春らしくない」と表現 続きを本紙で読む 》

日本の参議院議長、ムン・ヒサン議長に「慰安婦被害天皇謝罪」発言撤回要求

2019年11月1日 ニュース, ハンギョレ ,

 31日の産経新聞の報道によると、ムン・ヒサン国会議長が過去に、天皇が謝罪すれば日本軍慰安婦問題が解決されうるとの趣旨の発言をしたことに関し、日本の山東昭子参議院議長が謝罪と撤回を要求した。山東議長は、ムン議長が謝罪しなければ、来月4日に東京で開かれる主要20カ国・地域(G20)国会議長会議の際にムン議長とは個別に会談を持たない意向を示したと同紙は伝えた。 産経新聞は匿名の関係者の言葉を引用して、山東議長がこのような内容の手紙をムン議長側に送ったブルームバーグは今年2月、ムン議長が明仁天皇(当時)を

「戦争犯罪の主犯の息子」
と称し、慰安婦被害者問題の解決のためには
「日本を代表する首相やもうすぐ退位する明仁天皇の一言があれば済む。高齢になった慰安婦被害者の手を握って本当にすまなかったと言えばそれで(慰安婦被害問題は)解決される」
と語ったと報道した。この報道の2日後、日本では河野太郎外相(当時)が
「発言に気をつけてほしい」
と述べるなど反発があった。 G20国会議長会議は2010年に開始された。今回の会議は今年G20サミットを主催した日本で開かれる。上院にあたる参議院の議長である山東氏が加盟国の国会議長を招待する。全体会議の他に山東議長と各国の国会議長または副議長との個別会談が行われ、現在のところその日程を調整中だ。同紙は、ムン議長も山東議長と個別会談を希望したが、山東議長
日本の参議院議長、ムン・ヒサン議長に「慰安婦被害天皇謝罪」発言撤回要求 続きを本紙で読む 》

韓国「WTО農業途上国」地位25日決定…放棄有力

2019年10月25日 ニュース, ハンギョレ , , ,

 政府は、世界貿易機関(WTO)内で農業分野の開発途上国の地位を放棄するかどうかを決定する会議を25日に開催する。すでに政府関係者が

「開発途上国の特恵を再検討する時期に来ている」
と数回明らかにしているだけに、この日で最終的に開発途上国の地位から降りる可能性が大きいとみられる。 企画財政部は25日午前にホン・ナムギ副首相兼企画財政部長官の主宰により対外経済長官会議を開き、発展途上国の地位を放棄するかどうかを決定すると24日明らかにした。会議の後、ホン副首相が議論の結果や今後の韓国産業に与える影響と対策を説明する予定だ。 韓国は1995年のWTO発足当時、農業分野で発展途上国の地位を選び、輸入農産物に高率関税を課し国内農業に補助金を支給する政策を認められている。 開発途上国の地位見直しは、米国の通商圧迫から始まった。ドナルド・トランプ米大統領は7月に韓国を含む経済発展を成し遂げたいくつかの国が世界貿易機関において途上国の地位を認められていることを問題提起した。彼は発展途上国と認めることが困難な基準として▽経済協力開発機構(OECD)加盟国▽主要20カ国(G20)▽世界銀行が高所得国に分類した国▽世界商品貿易に占める割合が0.5%以上の国、の4つを提示した。韓国はすべて該当する。 政府は開発途上国の地位を放棄しても直ちに農業への影響はないうえ、防衛費分担金交渉など米国との間に外交・
韓国「WTО農業途上国」地位25日決定…放棄有力 続きを本紙で読む 》

「ケンカは一発目が重要」…安部首相の側近らが輸出規制を強行

2019年10月19日 ニュース, ハンギョレ , , ,

 安倍晋三首相の参謀組織である首相官邸が、担当省庁である経済産業省の慎重論を抑えて対韓国輸出規制措置を強行し、最終決定は主要20カ国・地域(G20)首脳会議の開幕8日前の6月20日に行われたと、日本のマスコミが報道した。当初、経産省が外務省の慎重論を抑えて強硬基調を主導したとされていたが、実際はこれとは異なるということだ。 朝日新聞は18日付で、安倍政権の幹部らが

「ケンカは一発目でどう殴るかが重要だ。(日本の)国内世論はついてくる」
として、輸出規制を主導した今年初めから日本では韓国に対する輸出規制を主張する人たちがいた。政権与党の自民党本部で1月30日に開かれた会議で、議員のうち1人が
「(韓国に対する)ホワイト国(現グループA)指定の中止を検討すべき」
と提案した。同紙によると、日本政府内でも昨年、韓国最高裁判所(大法院)の強制動員賠償判決に対するいわゆる
「対抗措置」
の検討が進められたが、所管省庁である経済産業省では慎重論が大勢を占めていた。匿名の経産省幹部は
「拳を振り上げれば、どう下すのか。下ろした後の影響は大きい」
と話したという。しかし、このような慎重論を安倍政権の幹部たちが抑えたというのだ。 結局、6月20日、安倍首相官邸の執務室に古谷一之官房副長官補や外務省の秋葉剛男事務次官と金杉憲治アジア大洋州局長(当時)、経済産業省の嶋田隆事務次官(当時)が集まり、その場
「ケンカは一発目が重要」…安部首相の側近らが輸出規制を強行 続きを本紙で読む 》

韓国大統領の海外訪問で「ミス」が相次ぐのはなぜ?韓国大統領府が実態調査へ

2019年10月8日 Recordチャイナ, ニュース , , ,

2019年10月4日、・朝鮮日報は、韓国大統領府が
「儀典(儀式における決まり)」
システム全般に関する実態調査に着手した大統領が海外歴訪するたびに
「儀典のミス」
が発生しているためという。 

記事によると、韓国政府消息筋は

「この1年間、大統領の海外歴訪ではほぼ毎回ミスが発生しており、大統領府の首席・秘書官らの間で不満が積もり積もった状況」
とした。具体的には、アジア欧州会合(昨年10月)、ASEAN首脳会議(同11月)、チェコ訪問(同11月)、東南アジア訪問(今年3月)、カザフスタン訪問(同4月)、G20大阪サミット(同6月)、国連総会(同9月)などでミスが発生したという。 

これを受け、大統領府はミスの原因を分析し改善策を模索する方針だという。 

しかし。 

これを受け、韓国のネット上では

「実践に役立たない外交官ばかり選ぶからこんなことになる。頭はいいはずなのに儀式一つろくにできないなんて」
「外交部に力を入れるべき。ただ選べばいいってもんじゃない。大統領府はいつもこんな感じ」
「みーんな他人のせいだね」
などと指摘する声が寄せられている。 

また

「どうせ遊びに行ってるのに儀式がなんで必要?」
「大統領らしくない大統領なのだからもいらないよ」
「海外歴訪とかいって国に恥ばかりかかせてる」
など文大統領への冷や
韓国大統領の海外訪問で「ミス」が相次ぐのはなぜ?韓国大統領府が実態調査へ 続きを本紙で読む 》

右肩上がりの韓国経済、日本のせいで後半は「暗鬱」?=韓国ネット「そんなわけない」「脱日本は進んでいる」

2019年9月18日 Recordチャイナ, ニュース , , , ,

2019年9月17日、メディア・国民日報は
「韓国経済が右肩上がりの成長をみせているが、日本の経済報復により後半の見通しは暗鬱だ」
 

経済協力開発機構(OECD)によると、G20の今年4~6月期の経済成長率の平均は0.7%だった。米中貿易戦争が深刻化する前の今年1~3月期(0.8%)と比べると0.1ポイント低下した。国別では中国が1.6%で最も高く、インド(1.3%)、トルコ(1.2%)が続いた。韓国は1.0%でインドと同率4位だった。 

韓国の成績について、。また、米中貿易戦争の中でも韓国がよい成績を収められた理由としては

「財政の拡大」
が挙げられている。 

ただ、。 

これに韓国のネットユーザーからは

「今右肩上がりなのに暗鬱?そんなわけないよ」
「さんざん経済危機と騒がれていたのに、主要先進国の中では韓国の成長率が最高だ。それなのに日本のせいで不安?信じられないよ」
「いくら経済が不安定でも日本に降伏するわけにはいかない」
「大丈夫。脱日本は着々と進んでいるから」
などと反論する声が多数上がっている。 

そのほか、

「経済がよくなるのはいいことだけど、大企業だけがよくなり、自営業が全て潰れて失業者が増えているのが問題」
「国内の問題を日本のせいにするつもりでは?」
などと指摘する声も上がっている。(翻訳・編
右肩上がりの韓国経済、日本のせいで後半は「暗鬱」?=韓国ネット「そんなわけない」「脱日本は進んでいる
続きを本紙で読む 》

日本の政治家が愛用する腕時計は?安倍首相は国産にこだわる、河野防衛相の「金時計」は竹製―中国メディア

2019年9月17日 Recordチャイナ, ニュース , , , ,

2019年9月17日、中国メディアの環球網は、
「日本の政治家はどんな腕時計を愛用しているのか」
とする記事を掲載した。 

【】

記事はまず、

「日本の政治家は人気芸能人などと同様に、どんなブランドの腕時計を着用しているのかまで一般に公開されているようだ」
とした。 

その上で、日本経済新聞の報道を引用し、首相は今月11日の内閣改造時に国産ブランド

「MINASE」
の腕時計を着けていたこと、首相は昭恵夫人の薦めでこのブランドを知り、6月の20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)や8月の主要7カ国首脳会議(G7ビアリッツ・サミット)でも着用し、
「国際会議では国産品を誇る気持ちで着けている。地域に根付く企業を応援する気持ちも込めて愛用している」
と話していることを紹介した。 

また、副総理・財務相は、外国ブランドの腕時計、特にシンプルでクラシカルなデザインの時計を好むことを紹介した。 

河野太郎防衛相については、先日の外相との会談で

「金時計をひけらかした」
などとツイッター上で批判されると、即座に
「竹製ですが、何か」
と返し、東南アジア諸国連合(ASEAN)50周年式典の記念品として配られたものだと明かしたことを紹介。
「一気に話題となり、ネット上で200元(約3000円)程度で販売されていることが明らかになると、多くの
日本の政治家が愛用する腕時計は?安倍首相は国産にこだわる、河野防衛相の「金時計」は竹製―中国メディア 続きを本紙で読む 》