韓国空軍が初の空中給油機を実戦配備、竹島での作戦時間を拡大

2019年1月31日 Recordチャイナ, ニュース , , , , ,

2019年1月30日、・KBSによると、韓国軍初の空中給油機
「シグナス」
が実戦配備された。これにより、や離於島(イオド)での作戦任務遂行可能時間が大幅に増加する。 

記事によると、シグナスは欧州のエアバスが製造し、昨年11月に韓国に1号機が到着した。今年12月までにさらに3機が導入され、2020年7月から作戦を遂行する予定という。 

韓国空軍の戦力であるF‐15戦闘機なら最大10機、KF‐16戦闘機なら最大20機に給油が可能で、約300人の人員と47トンの貨物を運送することができる。これまでの作戦任務の遂行可能時間は、F‐15戦闘機の場合は竹島で約30分、離於島で約20分、KF‐16戦闘機の場合は竹島で約10分、離於島で約5分だったが、空中給油をすれば1回当たり1時間ずつ増えるという。記事は

「これにより空軍はKADIZ(韓国防空識別圏)に無断で侵入した外国軍航空機への対応の他、KADIZ内で発生したさまざまな状況に効果的に対処できるようになった」
と説明している。 

これについて、韓国のネットユーザーからは

「頼もしい」
「平和は強い国防力によって維持される。そして歴史は繰り返される」
「日本との関係が悪化している今、軍事力強化は大事」
と歓迎する声が上がっており、
「少ない。せめて8機は必要」
「こういう部分にもっと税金を使ってほしい」
「個人
韓国空軍が初の空中給油機を実戦配備、竹島での作戦時間を拡大 続きを本紙で読む 》

韓国空軍に不満続出!外国人が鉄条網を越え侵入も誰も気付かず

2018年12月22日 Recordチャイナ, ニュース , , , ,

2018年12月20日、・JTBCによると、韓国の空軍部隊の滑走路に外国人が無断で侵入する事件が発生した。 

19日午後7時50分ごろ、酒に酔った30代のタイ人が水原(スウォン)にある空軍第10戦闘飛行団の滑走路に侵入した。同飛行団はF‐15戦闘機を運用する空軍の最前線部隊だという。タイ人は鉄条網が設置された境界壁を越え、実際に戦闘機が運用される滑走路に入ったところで偶然通りかかった兵士に見つかり、捕まったという。タイ人は3つの境界壁を越えたが監視警戒所の兵士は気づかず、さらに監視カメラにも映っていなかったという。 

タイ人は

「何者かに追いかけられ、逃げているうちに部隊の塀を登ってしまった」
と話しているという。ただ1人で部隊の境界壁を越えるのは難しいため、警察は共犯がいるものとみて調べを進めているという。 

これに韓国のネットユーザーからは

「酔っ払いの外国人にも負けるなら、訓練を受けたスパイは余裕で侵入できる」
「重武装した軍が入ってきても気付かないだろうな」
「これで正常な国と言える?」
「しっかりしてほしい。これでは大統領府から軍部隊まで一気に攻撃される。大統領はすでに統一を実現させたとでも思っているのだろうか?」
「こんな状況なのに韓国の多文化市民団体は外国人を受け入れようと主張するの?情けない」
など不安の声が続出している。(翻訳・
韓国空軍に不満続出!外国人が鉄条網を越え侵入も誰も気付かず 続きを本紙で読む 》

米ロサンゼルス公立学校の「旭日旗」壁画、消去に「待った」、ケネディ家も反対表明―韓国紙

2018年12月21日 Recordチャイナ, ニュース ,

「旭日旗」
を連想するとして問題視されていた米ロサンゼルスの公立学校の壁画をめぐり、いったん決まった消去が
「表現の自由を侵害」
との反発で保留になったことが分かった。朝鮮日報などが伝えた。学校はロバート・ケネディ元上院議員が暗殺されたホテルの跡地にあり、ケネディ家も消去に反対しているという。 

朝鮮日報によると、壁画はカリフォルニア州ロサンゼルス市内のコリア・タウンにある公立学校

「ロバート・F・ケネディ・コミュニティー・スクール」
の体育館の外壁に描かれている。2016年に行われた学校行事で画家のボー・スタントン氏が制作した。 

壁画は赤い放射状の光が人とヤシの木の周りに広がるデザイン。スタントン氏は壁画に描かれているのは米国の有名女優、故エバ・ガードナーで、光の部分は旭日旗を意味するものではないと否定している。 

ロサンゼルス市の系コミュニティーは11月、ロサンゼルス統一学区に

「作家の意図は分かるが、壁画は旭日旗を連想させる」
として文書で抗議。統一学区側は学校の冬休み期間に壁画を塗りつぶして別の壁画を描くと応じた。 

これに対しては、壁画の作家だけでなく検閲に反対する複数の団体から

「表現の自由を侵害している」
と批判の声が上がった。学校はケネディ元上院議員が1968年6月5日、大統領選キャンペーン中に暗殺されたホテルの跡地
米ロサンゼルス公立学校の「旭日旗」壁画、消去に「待った」、ケネディ家も反対表明―韓国紙 続きを本紙で読む 》

米LAの“旭日旗”壁画の撤去に反発の声続出、韓国ネットからも「無理がある」

2018年12月20日 Recordチャイナ, ニュース , ,

2018年12月18日、・ニューシスは、米ロサンゼルス(LA)で波紋を呼んだ旭日旗壁画騒動をめぐり
「当該壁画の撤去が保留された」
 

今回物議を醸したのは、LAのコリアンタウンにある公立学校ロバート・F・ケネディコミュニティー・スクールの体育館の外壁に描かれている壁画。16年に行われた学校の壁画祭で画家ボー・スタントンさんが描いたものだという。。 

しかし、LAのコリアンコミュニティーは先月、LA統一学区に対し書面で

「作家の意図は分かるがこの壁画は旭日旗を連想させる」
と抗議。これを受け教育区は、学校の冬休みとなる来月中に当該壁画を塗りつぶし、上から新しい壁画を描くことにしていた。 

この決定に対し、壁画作家や検閲に反対する団体などから

「表現の自由の侵害」
という反発の声が続出。ジョン・F・ケネディ元大統領の弟で司法長官を務めたロバート・ケネディ元上院議員の息子からも撤去反対の意見が寄せられたという。これを受け、統一学区は現地時間の17日に
「多くの反響があったため追加の議論が必要」
と述べ、撤去計画をしばらく保留するとした。 

これに韓国のネットユーザーからは

「放射線状に広がる光を全部旭日旗と言うのは無理がある。フォーカスするためによく使われる技法だから」
「『確実に旭日旗』というものだけ指摘して。似ているものにまで
米LAの“旭日旗”壁画の撤去に反発の声続出、韓国ネットからも「無理がある
続きを本紙で読む 》

中国、相次ぐ防空識別圏の無断進入…何を狙っているのか

2018年11月28日 ニュース, ハンギョレ , , , , , , , ,

 中国Y-8系列の偵察機と推定される軍用機が26日、何の通報もなく韓国防空識別圏(Korea Air Defense Identification Zone、以下KADIZ)に入った。国防部が今年、外部に公開した進入回数だけでも、1・2・4・7・8・10月に続き7回目で、公開していない無断進入はさらに多いという。中国が偶発的な衝突の危険を甘受して何の告知もなくこの区域に何度も出入りする理由は何なのか。 防空識別圏は、一国が自国の領空を守るためにその外郭に設定する一種の緩衝地帯だ。韓国は同区域での偶発的な衝突や事故を防ぐために、他国の軍用機が進入する際、事前に通知するよう要請している。しかし、中国はKADIZに軍用機を送りながら一度も通知しなかった。韓国政府はこれを韓国の領空に対する潜在的な威嚇であり侵犯と考え、毎回F-15K、KF-16などの戦闘機を飛ばしたが、中国の行為は繰り返されている。 中国は韓国政府に、軍用機のKADIZ進入が(1)定例化された演習であり(2)国際法的に問題はないと主張する。防空識別圏は国際法的根拠が弱いため、完全に間違った言葉ではない。ただ、国防部や外交部関係者の説明を聞くと、中国が偶発的な衝突の危険を知りながら、ほぼ1カ月に1回ずつ通知せずにKADIZに進入する背景を推定することができる。 現在、韓国、米国、日本はお互いの防空識別圏を認めているが、

中国、相次ぐ防空識別圏の無断進入…何を狙っているのか 続きを本紙で読む 》

日本のネットユーザーから「攻撃」受けた韓国女優、今度は韓国ネットからバッシング―中国メディア

2018年10月1日 Recordチャイナ, 芸能 , , , , ,

2018年9月29日、新浪娯楽は、
「日本軍被害者をたたえる日」
のポスターをSNS上に掲載して物議を醸したの女優ソルリが、今度は
「韓国伝統衣装を汚した」
として韓国のネット上で非難を浴びている 

ソルリは8月14日、韓国政府が定める

「日本軍慰安婦被害者をたたえる日」
の記念ポスターを自身のSNSアカウント上に掲載し、日本のネットユーザーから非難を浴びた。また、日本からの罵倒に対し韓国のネットユーザーが
「応戦」
し、日韓のネットユーザー間における罵倒合戦に発展する事態となった。 

アイドルグループf(x)脱退後に露出の激しい言動や写真によりアンチが多い中で、

「慰安婦問題」
で韓国国内の株をあげたソルリだったが、記事によればこのほど韓国のファッション雑誌のグラビアで韓国伝統衣装の韓服を大胆にアレンジした服装による写真を撮影したところ、
「あまりにもセクシーすぎる」
「オフィシャルな場で着られる韓服を汚した」
との理由でネットユーザーから激しい批判を浴びたという。(翻訳・編集/)
日本のネットユーザーから「攻撃」受けた韓国女優、今度は韓国ネットからバッシング―中国メディア 続きを本紙で読む 》

韓国への対応と対照的!日本へのF-22技術供与を検討する米国に、韓国メディアが注目

2018年8月25日 Recordチャイナ, ニュース , , , , ,

日本の次期戦闘機をめぐり、米国のステルス戦闘機F-22に日本が改良を加えて次世代ステルス戦闘機として運用する計画が浮上していることについて、メディアも大きな関心を寄せている。 

日本経済新聞は23日付の記事で、米ロッキード・マーチン社が、同社のF-22を主体とする新型戦闘機の開発・製造において、日本の分担比率を50%以上とする案を提示したこれについて韓国・中央日報は24日、

「米国がとの非核化交渉を理由に米韓合同演習を全面中止する中、日米同盟は強化される動きが相次いでいる」
 

記事はF-22を、

�年の模擬空中戦で、1機の損失も出さずにF-15、F-16、FA-18戦闘機144機を撃墜するという記録を打ち立てた最強の戦闘機だ」
とし、
「北朝鮮首脳部が最も恐れている兵器」
と紹介している。これまで米国政府は、F-22の技術移転はもちろん完成品の販売まで禁止しており、韓国をはじめとする同盟国にF-22を販売したことはなかった。今回はそれを日本に解禁したことになり、韓国軍の消息筋は、
「(韓国)空軍の一部ではF-22の導入を希望していたが、米国の法律で2018年まで海外販売が禁止されている上、高い価格などもあって考えも及ばなかった事案だ」
 

米国のこのような対日アプローチについて、

「韓国への先端技術移転に消極
韓国への対応と対照的!日本へのF-22技術供与を検討する米国に、韓国メディアが注目 続きを本紙で読む 》

李明博政権時代の警察、民間人の電子メールを違法にハッキング

2018年8月24日 ニュース, ハンギョレ ,

 李明博(イ・ミョンバク)政府時代に警察が令状なしに電子メールなどを違法に傍受し、市民団体の掲示板などでコメントを書いた人のIPなどをリアルタイムで把握していた情況が明らかになった。警察がまだ犯罪の容疑が特定されていない民間人を対象に

「ハッキング」
をしたわけだ。また、当時警察庁保安局と情報局を中心に、数万件の政治関連コメントを作成した情況も確認された。 
「警察コメント事件」
を捜査している
「警察庁特別捜査団」
(特捜団)は23日、違法傍受と偏向的なサイバー世論対応活動を行った容疑などで、2010~2012年に警察庁情報局長と保安局長などを務めた元警察幹部3人と現職警察幹部1人など、合わせて4人の拘束令状を申請したと明らかにした。 特捜団は2010年に警察庁保安局保安サイバー捜査隊長だったM警正(警視正に当たる)がハッキング装備などを導入し、令状なしで捜査対象者などの電子メールなどを違法傍受した情況を確認し、M警正に通信秘密保護法違反の疑いを適用した。特捜団はまた、
「警察コメント工作」
と関連し、H元警察庁保安局長やK元警察庁情報局長、C元警察庁情報審議官の拘束令状には、職権乱用権利行使妨害の疑いを適用した。彼らには
「口蹄疫騒動」
「韓米自由貿易協定」
「韓進重工業希望バス」
など政治・社会懸案に対して数万件のコメントを組織的に作成するよう指示した疑いがかけられている。 特捜団の捜査結
李明博政権時代の警察、民間人の電子メールを違法にハッキング 続きを本紙で読む 》

警察、違法「パケット傍受」令状なしで実行…大規模な被害発生の恐れも

2018年8月24日 ニュース, ハンギョレ

 李明博(イ・ミョンバク)政権時代に、警察が違法に被内偵者の電子メールと市民団体のホームページの掲示板などを傍受した事実が確認され、

「違法傍受」
の対象と規模などに関心が集まっている。具体的な容疑をつかめず正式な捜査にも至っていない
「被内偵者」
を対象にしたうえ、裁判所の令状など司法的統制手段が全くなかったことから、違法傍受が非常に広範囲にわたって行われた可能性が高い。 警察庁のサイバー保安捜査隊が使用した違法傍受システムは、インターネット回線を丸ごとで監視する
「パケット傍受」
に類似した形であることが分かった。
「パケット傍受」
とは、インターネット網に接近し、中間でその回線のデータをすべて横取りする方式だ。李明博政権は2008年以降、パケット傍受のための装備を導入し、国家情報院などを通じてパケット傍受を行った。 パケット傍受は、その回線のインターネット活動をリアルタイムですべて監視できるため、一般的な盗聴や傍受よりもその危険性がさらに高いと指摘されてきた。実際、国家情報院(国情院)がパケット傍受をしているという事実自体も、米国にサーバーがあるグーグルの電子メールサービス
「Gメール」
の受信・発信内容をのぞき見しているという情況が明らかになったことで確認された。当時はGメールの盗聴・傍受は不可能とされていた。しかも、回線自体を対象にするため、犯罪容疑と無関係な人が当該回線を通じてやり取
警察、違法「パケット傍受」令状なしで実行…大規模な被害発生の恐れも 続きを本紙で読む 》

韓国のTHAAD配備に反対する中国、自らは山東半島にS—400を配備=その意図とは?―韓国紙

2018年8月18日 Recordチャイナ, ニュース , , , , ,

2018年8月17日、米華字メディア・多維新聞によると、の(高高度防衛ミサイル)配備に反発する中国が山東半島に長距離地対空ミサイルS—400を配備したことについて、韓国紙が中国の
「真の意図」
を分析を行っている。 

韓国紙・中央日報は17日付の記事で、

「韓国のTHAAD配備に対する報復措置を展開する中国は、7月に韓国から最も近い山東半島に『ロシア版THAAD』と呼ばれるS—400を配備した」
と紹介。
「その意図は軍事的な不均衡をつくるためである」
とし、
「おそらく中国が韓国に対する報復を行う最大の原因だろう」
と分析した。 

その上で、

「中国の目的はおそらく、東シナ海(黄海)における軍事的な地位において、米韓をリードすること。S—400の射程は400キロとTHAADの2倍あり、山東半島から発射すれば韓国の西海岸上空に到達する。有事の際、烏山空軍基地から離陸するF—16戦闘機を制することができる」
とした。 

さらに、

「S—400は米の東シナ海進入もけん制できる。レーダー探知距離は700キロで、朝鮮半島や平沢米軍基地(キャンプ・ハンフリーズ)まで収まる。の核問題によって朝鮮半島で軍事力を示さなければならない状況になった時、中国は朝鮮半島に脅威を与えられるが、韓国は対抗策がない。これが、中国が欲している戦略的な『不均衡』なのだ」
と指摘した。 <
韓国のTHAAD配備に反対する中国、自らは山東半島にS—400を配備=その意図とは?―韓国紙 続きを本紙で読む 》

慰安婦ポスターめぐる日韓ネットユーザーの舌戦の中身―中国メディア

2018年8月16日 Recordチャイナ, ニュース , , , ,

2018年8月15日、環球時報は、の女優ソルリが
「の日」
の宣伝ポスターをSNS上に掲載したことで、日韓両国のネットユーザーが激しい罵倒合戦を繰り広げた 

韓国政府は昨年、毎年8月14日を

「日本軍慰安婦被害者をたたえる日」
とすることを決定し、今年は1回目の
「慰安婦の日」
となった。ソルリが14日にSNS上で掲載した記念ポスターには
「慰安婦被害者のおばあちゃんに支援を」
「今年は初の国定記念日。政府の記念イベントが開かれる」
などの文言が書かれていた。 

記事は、

「これに対して日本のネットユーザーが激しい口撃を仕掛けた」
とし、
「慰安婦は高収入の売春婦だった。これは歴史の事実だ」
「募集事項に慰安婦と明記され、収入も書かれていた。家族によって売りに出された者もいる。韓国政府はウソをついて日本を攻撃し、日本から金銭を巻き上げようとしている」
「慰安婦問題が全部日本の誤りだと思うところがすごい。ちゃんと歴史を学べ」
「ソルリによって嫌韓が加速中。正しい歴史を学んでから出てきて」
といったコメントが寄せられたと紹介した。 

また、韓国のネットユーザーも日本からの声に対し

「日本の教科書は多くの事実を削除している。本当の歴史を知りたいなら、韓国や中国の歴史を学べ」
「野蛮で自分勝手な奴らめ」
などと応戦した他、さらに原発事故や災害を持ち出して過激な
「反撃
慰安婦ポスターめぐる日韓ネットユーザーの舌戦の中身―中国メディア 続きを本紙で読む 》

「数日間は日本語を話しなさい」ドイツ在住の娘を心配する韓国人母のメッセージが話題に

2018年6月30日 Recordチャイナ, ニュース ,

2018年6月29日、は27日に行われたワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグF組最終戦で、前回優勝のドイツを2―0で破る大金星を挙げた。決勝トーナメント進出こそ逃したものの、韓国のネット上には選手らへの称賛の声が相次いでいる。そうした中、ある韓国人ネットユーザーの書き込みが話題を集めている。 

ドイツ在住の同ユーザーは、韓国にいる母親から携帯に送られてきたメッセージを紹介している。そこには

「数日間は日本語を話しなさい。気を付けて」
との内容が書かれている。母親は、韓国戦に敗れたドイツサポーターの“心の傷”が韓国人に対する“攻撃”につながることを心配したようだ。 

この書き込みに、他のネットユーザーからは

「母親の気持ちがよく分かる」
「ドイツにいる韓国人は、W杯が終わるまで肩身の狭い思いをするだろうな」
「メキシコは『アイラブコリア』と言って大騒ぎだけど、ドイツの雰囲気は正反対だろうね。ドイツに住む韓国人たちが心配」
「僕も数日後にドイツに行く予定なんだけど、本当に不安だ」
など、共感や心配を示すコメントが多く寄せられている。 

中には

「僕の友達も中国人のふりをしているって」
「私もドイツにいる友達に『日本人のふりをしなさい。言葉の最後にですを付ければいい』って伝えた」
と明かすユーザーも。 

その他

「面白いような悲しいような
「数日間は日本語を話しなさい」ドイツ在住の娘を心配する韓国人母のメッセージが話題に 続きを本紙で読む 》

恩を仇で返す?韓国のおかげでW杯決勝Tに進出したメキシコで“差別ポーズ”が続出

2018年6月29日 Recordチャイナ, ニュース ,

2018年6月28日、ワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグF組で、メキシコはがドイツから“劇的な勝利”を収めたことにより決勝トーナメント進出を決めた。しかし韓国・聯合ニュースによると、そのメキシコで
「韓国人に対する人種差別行動」
が物議を醸している。 

メキシコはF組最終戦でスウェーデンに0-3で敗れ、決勝トーナメント進出が不透明な状況だったが、同組の韓国が大番狂わせでドイツを破ったことでF組2位となり、見事進出を決めた。これにメキシコのファンらは感激し、路上やインターネット上には

「ありがとう韓国」
と韓国への感謝のメッセージがあふれたという。 

そうした中、米国のスペイン語テレビ局

「テレムンド」
が放送した番組で
「シェフ・ジェームス」
という料理人が、アジア人差別行動とされる目尻を引っ張り目を細くする仕草をした。さらに同番組の他の出演者らも相次いで同じ仕草をしたそうで、論議が起きているという。 

米国のソーシャルメディアには

「できるだけ早くその出演者を解雇しろ」
「韓国への感謝の気持ちを人種差別的行動で表現するなんて」
などと非難する書き込みが殺到しているという。 

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは

「この仕草が差別的行動だと知らなかったのか?」
「状況からして悪意があったとは思えない。ジェスチャーの意味を知らなか
恩を仇で返す?韓国のおかげでW杯決勝Tに進出したメキシコで“差別ポーズ”が続出 続きを本紙で読む 》

<W杯>韓国のファウル数は出場32カ国中最多!日本は最少=GL全48試合を集計

2018年6月29日 Recordチャイナ, ニュース , ,

2018年6月29日、のワールドカップ(W杯)ロシア大会のグループリーグ(GL)全試合が終了。日本を含む16カ国が決勝トーナメントに進出する。 

今大会のGLでは、グループFのメキシコとの試合で、韓国が24回ものファウルを犯したことが各国メディアで物議を醸した。また、日本は今大会で初めて導入されたイエローカードやレッドカードの枚数で決まる

「フェアプレーポイント」
でセネガルを上回り、決勝トーナメント進出となった。では、GL48試合を終えた中でラフな国、フェアな国はどこだったのか。ファウル数とフェアプレーポイントの上位と下位を見てみよう。 

GL3試合の合計で、最もファウル数が多かったのは韓国の63回。以下、モロッコ(62回)、クロアチア(53回)、ロシア(51回)、パナマ(49回)が続く。一方で、ファウル数が最も少なかったのは日本の28回。以下、ブラジル、スペイン、ドイツが29回で並び、サウジアラビア(30回)が続いた。 

続いてフェアプレーポイントでは、パナマがマイナス11点でワーストとなり、韓国がマイナス10点で続いた。以下、セルビア(マイナス9点)、モロッコ、クロアチア(共にマイナス8点)となった。逆に上位はマイナス1点でスペイン、ウルグアイ、サウジアラビアが並び、続いてドイツ、イングランド(共にマイナス2点)となった。なお、

<W杯>韓国のファウル数は出場32カ国中最多!日本は最少=GL全48試合を集計 続きを本紙で読む 》

韓国サッカーを冷やかさない日本人たち、その反応に韓国ネット「さすが余裕がある」「日本の国民性は韓国よりまし」

2018年6月26日 Recordチャイナ, ニュース , , , , , ,

2018年6月26日、・デイリーアンはこのほど、ワールドカップ(W杯)ロシア大会の1次リーグF組第2戦のメキシコ戦にも敗れ、グループリーグ敗退の危機にさらされた韓国の成績について
「日本のサッカーファンは冷やかしもなく淡々と受け入れている」
 

韓国は24日午前0時に行われたメキシコ戦で1対2で敗れた。2連敗したものの、まだ決勝トーナメント進出の可能性はある。しかし、最終戦の相手は前大会優勝国でFIFAランキング1位のドイツで、厳しい戦いが予想される。一方、ドイツもメキシコとの初戦で敗れているため、韓国戦の結果次第では決勝トーナメント進出を逃す可能性がある。 

そんな中、記事は

「目につくのは日本メディアとファンの反応」
と伝えている。まず
「日本メディアは韓国が2敗し、自力での決勝トーナメント進出が不可能になったことを先を争って報道した」
とし、特に試合内容や結果など事実のみを報道した点に注目している。ただ、試合終盤のソン・フンミンのゴールについては
「脱アジア」
「ワールドクラス」
などとたたえたと記事は伝えている。また、
「批判的な見方もかなりあったが、内容の大半は24もの反則を犯した荒いプレーに対するもので、データを基にした論調がほとんどだった」
と説明した。 

記事が次に伝えているのは日本のサッカーファンたちの反応。メディアとあまり

韓国サッカーを冷やかさない日本人たち、その反応に韓国ネット「さすが余裕がある」「日本の国民性は韓国よりまし
続きを本紙で読む 》

W杯韓国代表、ウィキペディア繁体字版で一時「伝説的なファウルをする強豪チーム」と編集される―中国メディア

2018年6月26日 Recordチャイナ, ニュース ,

2018年6月25日、のワールドカップ(W杯)ロシア大会に出場している代表の試合中のファウルの多さが物議を醸す中、中国メディアの環球網は、誰もが自由に編集に参加できるインターネット百科事典
「ウィキペディア」
の繁体字版の
「サッカー韓国男子代表」
の説明文の
「アジアサッカーの伝統的な強豪チームの一つ」
という記述が一時、
「世界サッカーの伝説的なファウルをする強豪チーム」
に書き換えられていたことが分かった 

1次リーグF組の韓国は現地時間23日のメキシコ戦で1―2と敗れたが、ファウル数ではメキシコの7回に対し韓国は24回と大きく上回った。韓国は0―1で敗れた初戦のスウェーデン戦でも23回のファウル数を記録しており、2試合でファウル47回は今回のロシアW杯出場国で最も多いという。 

環球網によると、

「世界サッカーの伝説的なファウルをする強豪チーム」
という記述はあるユーザーが24日に編集したものだが、引用されたコンテンツには
「ファウル」
関連の記述がないとして取り消され、書き換えられる以前の記述に戻ったという。(翻訳・編集/柳川)

W杯韓国代表、ウィキペディア繁体字版で一時「伝説的なファウルをする強豪チーム」と編集される―中国メディア 続きを本紙で読む 》

<W杯>韓国代表の反則は本当に多いのか、トップ&ワースト3は?日本もランクイン

2018年6月25日 Recordチャイナ, ニュース , ,

2018年6月24日、のワールドカップ(W杯)ロシア大会に出場している代表のファウルの多さが各国のメディアで指摘されている。 

中国メディア・新浪体育は、23日に行われたグループFの韓国とメキシコの試合について、

「韓国はメキシコに敗れたが、彼らの凶暴なプレーが印象に残った」
と指摘。この試合で韓国はメキシコ(7回)の3倍以上に上る24回のファウルを記録した他、随所で激しいプレーを見せ、イエローカードも4枚受けている。また、韓国は初戦のスウェーデン戦でも23回のファウルを犯している。 

中国メディア・鳳凰体育によると、韓国と対戦したメキシコのメディアからは

「彼らはテコンドーチームを派遣してきた」
といった皮肉まで飛び出したという。では、韓国代表のファウルは本当に他国より多いのか。 

2試合を終えた時点で、出場32カ国中、総ファウル数が最も多いのが、やはり韓国で47回。2試合ともファウル数が20回を超えたのは、韓国以外ではグループBのモロッコ(計45回)とグループDのクロアチア(計42回)しかない。また、今大会ここまでの1試合のファウル数の最多記録は、上述のメキシコ戦で韓国が記録した24回だ。 

イエローカードの総数が最も多いのはグループGのパナマの計8枚だが、韓国も計6枚で2位タイ(クロアチア、セルビア)となっている。 <

<W杯>韓国代表の反則は本当に多いのか、トップ&ワースト3は?日本もランクイン 続きを本紙で読む 》

<W杯>韓国のメキシコ戦でのラフプレーの多さに中国ネットもあきれ気味=「あの動きは練習しているに違いない」「次のドイツが心配」

2018年6月24日 Recordチャイナ, ニュース ,

2018年6月24日、新浪体育は、のワールドカップ(W杯)ロシア大会F組で、がメキシコと対戦した際、韓国のファウルが非常に多かった 

韓国はメキシコに1-2で敗れたが、ファウルの数ではメキシコを圧倒。実に24ファウルとなり、そのうちイエローカードが4枚となった。一方の勝利したメキシコは7ファウルで、韓国の3分の1にも満たない。記事は、

「韓国はメキシコに負けたが、彼らの凶暴なプレーは印象に残った」
と指摘。実際、メキシコ戦のみならず、初戦のスウェーデン戦でも22回のファウルを数えている。 

これに対し、中国のネットユーザーから

「これは確かに汚いプレーだ」
「あの速さと動きは間違いなく練習している」
「彼らは02年の日韓共同開催時の韓国代表の伝統をよく継承していますね」
「メキシコの監督は、『この試合に勝っただけでなく、生きて帰ることができた』と言っているだろう」
などのコメントが寄せられ、多くの中国ネットユーザーも韓国のラフプレーにはあきれているようだ。 

また、

�年の時と比べたら全然汚くないよ」
という意見もあったが、
「審判の判定はそれでも甘かった。そうでなければイエローカード4枚では済まなかっただろう」
「次に韓国と戦うドイツチームのことが心配だ」
などのコメントもあり、多くのネットユーザーが韓国のラフプレーを非難していた。(翻訳
<W杯>韓国のメキシコ戦でのラフプレーの多さに中国ネットもあきれ気味=「あの動きは練習しているに違いない」「次のドイツが心配
続きを本紙で読む 》

相手選手の背中をキック!韓国は16年経っても変わっていなかった―中国ネット

2018年6月19日 Recordチャイナ, ニュース ,

2018年6月19日、のワールドカップ(W杯)ロシア大会グループF、スウェーデン対の試合でのあるシーンが中国のネット上で話題になっている。 

スウェーデンと対戦した韓国は0-1で敗れたが、この試合の後半、ファウルを受けて倒れたスウェーデンのアウグスティンソンの背中を、韓国のファン・フィチャンが蹴るというシーンが見られた。アウグスティンソンの腹のあたりにあったボールを背後から蹴り出そうとしたようだが、このプレーでファンはイエローカードを受けている。 

中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で120万人のフォロワーを持つあるブロガーは、このシーンの動画と2002年の日韓W杯の韓国戦の動画を並べて比較。当時、スペインやイタリアを相手に激しいプレーを繰り返し、韓国のイ・チョンスが倒れたマルディーニ(イタリア)の頭部を思い切り蹴るというシーンは世界を騒然とさせた。 

投稿者はスウェーデン戦を受け、

「どんなにひどいサッカーも02年の韓国には勝てない。18年になっても韓国のサッカーは変わっていなかった」
とつづっており、他のユーザーからは
「このシーン見ていたよ。みんなわざとだと言っていた」
といった声や、
「本当に素晴らしいサッカーだね」
「韓国の試合の楽しみはラフプレー」
と皮肉る声が寄せられるなど、多くが韓国に批判的だった。 

一方で、

相手選手の背中をキック!韓国は16年経っても変わっていなかった―中国ネット 続きを本紙で読む 》

北朝鮮、マックスサンダー演習に「板門店宣言への挑戦」…韓米「防御目的」

2018年5月17日 ニュース, ハンギョレ , , , , , ,

 北朝鮮が16日、突然の南北高官級会談の無期限延期を通知する際、韓米空軍による

「マックスサンダー」
演習を問題視したことで、同訓練について関心が集まっている。 マックスサンダーは2009年から始まった大規模な韓米連合空中演習だ。韓米空軍は、毎年2回連合空中演習を実施して来た。上半期にはマックスサンダー、下半期には
「ビジラントエース」
だ。今年マックスサンダーは11日から25日まで行われる。通常毎年5月に行われるマックスサンダー演習にはF-15KやF-16、EA-16など、韓米空軍の航空機約100機が参加してきた。兵力は昨年の場合、米軍1200人と韓国軍640人が参加したと、AP通信が報じた。演習は
「レッドエア」
「ブルーエア」
に分かれて模擬空中戦や空対地攻撃任務などを遂行する方式で進められているという。 韓米軍当局はマックスサンダーが定例の防御的演習であることを強調している。国防部は、北朝鮮が
「空中先制打撃と制空権の掌握」
のための演習だと非難したことに対し、
「パイロットの技量向上に向けた演習で、作戦計画の施行や攻撃訓練ではない」
と反論した。米国防総省のロバート・マニング報道官も
「演習の目的は、韓米同盟が韓国を防衛する能力と共に、準備態勢と相互運用能力を向上させることにある」
とし、防衛目的であることを強調した。 北朝鮮は今回マックスサンダー演習を問題視したものの、論点や事実関係では
北朝鮮、マックスサンダー演習に「板門店宣言への挑戦」…韓米「防御目的
続きを本紙で読む 》

  

© 韓国(人)は日本を敵国だと、日本人は気がつくべき