「米インド太平洋軍、日本の要求に『東海』表記を訂正」日メディアが報道

2021年3月29日 ニュース, ハンギョレ , , ,

 米インド太平洋軍が、北朝鮮の弾道ミサイル発射に関連する声明で

「日本海(国際水路機関による国際表示、韓国は東海を主張)」
と表記したことについて
「日本海」
と表記すべきだったとして訂正したと共同通信が26日報道した。 インド太平洋軍は25日、北朝鮮の弾道ミサイル発射後に出した声明で
「私たちは日本海(国際水路機関による国際表示、韓国は東海を主張)(the East Sea)海上から発射された北朝鮮のミサイルについて認知している」
として、当該水域を
「日本海(国際水路機関による国際表示、韓国は東海を主張)」
と表記した。これに対して日本の酒井学官房副長官は定例記者会見で
「日本海(the Sea of Japan)が国際的に確立された唯一の呼称であることが私たち(日本)の立場」
だとし、米国政府に日本の立場を伝え訂正を要求したと明らかにした。 インド太平洋軍は
「日本海(国際水路機関による国際表示、韓国は東海を主張)」
表記と関連して日本の要求を受け入れ、
「『日本海』または『朝鮮半島東方海域』と表記すべきだった」
として、訂正文を発表したと同通信は伝えた。

「米インド太平洋軍、日本の要求に『東海』表記を訂正」日メディアが報道 続きを本紙で読む 》

日本政府「東海ではなく日本海」…米インド太平洋軍に表記訂正を要求

2021年3月27日 ニュース, 朝鮮日報 , , , ,

 日本政府は25日、北朝鮮による日本海(国際水路機関による国際表示、韓国は東海を主張)への弾道ミサイル発射問題に関連し、該当水域の名称を

「日本海」
とすべきだとして
「日本海(国際水路機関による国際表示、韓国は東海を主張)(the East Sea)」
と表記した米国側に訂正を要求した。 日本の坂井学官房副長官は同日午後の定例記者会見で、北朝鮮の弾道ミサイル発射に関する米インド太平洋軍の声明に該当水域が
「日本海(国際水路機関による国際表示、韓国は東海を主張)」
と表記されたことについて、日本政府の立場を問われ
「日本海(the Sea of Japan)が国際的に確立された唯一の呼称であるというのが我が国の立場」
と主張した。 日本政府の副報道官でもある坂井副官房長官は
「(米インド太平洋軍による日本海(国際水路機関による国際表示、韓国は東海を主張)表記は)不適切だ」
として
「米国政府に日本の立場を伝え、訂正をすでに求めた」
と強調した。 

日本政府「東海ではなく日本海」…米インド太平洋軍に表記訂正を要求 続きを本紙で読む 》

[記者手帳]なぜ韓国政府は「東海/日本海」の「併記」を主張するのか

2020年9月22日 ニュース, ハンギョレ , , , , , ,

 今日は、大韓民国の人なら誰でも少しは聞いたことのある

「日本海(国際水路機関による国際表示、韓国は東海を主張)表記」
について話してみようと思います。韓日両国の立場を共に尊重する
「併記」
だという点をさらに広く知らしめる必要があります。 今回のセミナーに参加したある日本の記者は、江陵の鏡浦(キョンポ)沖合を眺め、
「あの海を日本海と呼ぶことを望む日本人は誰もない」
と言いました。私も東京特派員時代、日本の富山や京都の海岸で日本人と話し合う時、
「こちらから見る日本海(国際水路機関による国際表示、韓国は東海を主張)は美しいですね」
という言葉は口からうまく出てきませんでした。あの海は韓国人には日本海(国際水路機関による国際表示、韓国は東海を主張)であり、日本人には日本海であるのです(日本人にとっては、日本海(国際水路機関による国際表示、韓国は東海を主張)は西側にある海です)。韓国の併記の主張には、韓日がお互いに違いを認め、共存しなければならないという哲学が込められています。日本政府も、もっと開かれた心で交渉に応じるべきだと思います。

[記者手帳]なぜ韓国政府は「東海/日本海」の「併記」を主張するのか 続きを本紙で読む 》

韓国で「日本海」表記の水着を販売し物議、販売会社が謝罪

2019年11月23日 Recordチャイナ, ニュース , , , ,

2019年11月21日、・YTNは、
「日本海(国際水路機関による国際表示、韓国は東海を主張)を日本海と表記した世界地図がプリントされた水着が韓国で物議を醸し、販売会社が謝罪した」
 

記事によると、最近、韓国のオンラインコミュニティーに

「アリーナが日本海(国際水路機関による国際表示、韓国は東海を主張)を日本海と表記した水着を売っている」
との書き込みが寄せられた。問題となった水着には国名や海洋名が英語で表記された世界地図がプリントされているが、韓国政府が主張する
�st Sea(日本海(国際水路機関による国際表示、韓国は東海を主張))」
ではなく
「Sea of Japan」
と表記されていた。この水着は日本製品の不買運動が本格化した7月に製造された商品だという。 

波紋が広がると、水着を販売したアリーナコリア側は15日に公式ホームページに謝罪文を掲載した。同社は

「当該商品にプリントされた地図は海外のサイトで購入し使用したもので、十分に検討せずに使用したことで起きたミス」
とし、
「直ちに全国で販売を中止し、廃棄処分する」
と明らかにした。また、当該商品を購入した消費者に対しては全額返金または交換をすると発表した。その上で、
「不適切な製品デザインで不快な思いをさせて申し訳ない。今後はこのようなことがないように細心の注意を払う」
と謝罪したという。 

これに韓国のネットユーザーからは

「ミスではなくて明らかに故意では?」
「韓国人は地図を見ると自然と日本海(国際水路機関による国際表示、韓国は東海を主張)の表記に目がいくものだ。ミ
韓国で「日本海」表記の水着を販売し物議、販売会社が謝罪 続きを本紙で読む 》