[ニュース分析]米国はいつから日本の肩を持ち始めたのか

2021年2月16日 ニュース, ハンギョレ , , , , , , , , ,

 

「同盟の修復」
を中心的外交課題に掲げるジョー・バイデン大統領が政権について1カ月も経たないうちに、韓日関係の回復、韓米日の三国協力強化を叫ぶ米国内の声が本格化している。
「日本の肩を持っている」
と受け止められているのが実際のところだ。本当だろうか。そうだとしたら、このような流れはいつ始まったのだろうか。 新任のチョン・ウィヨン外交部長官は旧正月当日の12日、アントニー・ブリンケン米国務長官と就任後初の電話会談を行った。韓米間の意思疎通をできるだけ急ごうとする韓国政府の焦りが読み取れる。外交部は会談の事実を伝える報道資料で
「両長官はできるだけ早いうちに両国間の懸案を論議するための高官級協議を開催」
することとし、
「韓米日協力が続くことが重要だという共通認識を得た」
と発表した。しかし、米国務省が発表した資料のニュアンスは微妙に違っていた。ブリンケン長官が
「持続的な米韓日協力の重要性を強調」
したという表現を使い、米国が韓国に
「日本との関係回復を急ぐように」
と説得するようなかたちを取ったからだ。 ブリンケン長官と日本の茂木敏充外相の10日の電話会談を伝える資料を見ると、このような雰囲気をさらに感じることができる。米国務省は、両外相が
「米日韓三国協力とQuad(クアッド)を含む地域協力を歓迎した」
と発表したが、日本は
「『自由で開かれたインド太平洋』の実現のため、同志国間で緊密に連携し、ま
[ニュース分析]米国はいつから日本の肩を持ち始めたのか 続きを本紙で読む 》

金正恩氏が送った手紙に「トランプ閣下」9回…米CIA「お世辞の傑作」

2020年9月13日 ニュース, 朝鮮日報 , , ,

 

「これはお世辞の傑作だ」
 米CNNテレビなどが9日(現地時間)に報じたところによると、ウォーターゲート事件の取材で知られるウッドワード氏(ワシントン・ポスト紙の副編集人)は新刊
「Rage(怒り)」
の中で、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が米国のトランプ大統領に送った手紙について、これを分析した米中央情報局(CIA)が上記のような評価を下したことを伝えた。ウッドワード氏は同書で
「(CIAの)分析家たちは、トランプ大統領が歴史の中心舞台に上がったような印象を与えながら、明らかなお世辞が交じっているのを見いだした(手紙の)記述に驚嘆した」
「トランプ大統領は金正恩氏のお世辞に完全にやられた」
と指摘した。ウッドワード氏は、トランプ大統領が金正恩氏とやりとりした27通の親書を確保したことを明らかにしている。 トランプ大統領は金正恩氏の親書について
「一級秘密」
との理由で提供せず、ウッドワード氏にはその中身を見せただけだという。ウッドワード氏は親書の内容を口述して録音し、CNNは2018年12月25日と19年6月10日に作成された2通についてその内容を公開した。

金正恩氏が送った手紙に「トランプ閣下」9回…米CIA「お世辞の傑作
続きを本紙で読む 》

【朝鮮日報コラム】トランプ大統領に「金正恩後」の計画はあるのか

2020年5月11日 ニュース, 朝鮮日報 ,

金正恩氏の潜行期間、トランプ大統領は親密さを揺るがす発言はせず北朝鮮有事という危機が起こったとき、これに対処する準備はできているのか ワシントンのある北朝鮮専門家が先日

「私が金正恩(キム・ジョンウン)氏の健康を願うようになるとは思わなかった」
と述べた。北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長は先月15日の太陽節(金日成〈キム・イルソン〉主席の生誕記念日)行事に参加せず、その後20日間にわたり人の前から姿を消した。北朝鮮非核化に向け厳しい制裁を主張してきたこの専門家は、全世界がコロナウイルスによる危機に陥った状況で、また新たな危機が起こらないように願う思いから、自分も意識しないうちに金正恩氏のことを心配していたというのだ。 金正恩健康異常説は当初
「正しいか間違っているか」
で悩む問題ではなかった。いずれにしても時間が過ぎれば事実は明らかになるからだ。しかし金氏一家の健康問題は常に北朝鮮体制と地域の安全保障にとっての脅威につながりかねない危険要因だ。そのため情報が十分でない状況でもうわさや臆測が次々と語られた。 この混乱の20日間、北朝鮮は何もせず多くのことを得た。北朝鮮にとって最も大きな収穫は
「トランプ-金正恩」
という関係の温度を確認できたことだ。先月21日、CNNテレビが金正恩健康異常説を最初に報じた直後、
【朝鮮日報コラム】トランプ大統領に「金正恩後」の計画はあるのか 続きを本紙で読む 》

メディアの「金正恩重篤」無責任報道…脱北政治家も混乱を煽った

2020年5月4日 ニュース, ハンギョレ , ,

 金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が1日、平安南道の順川リン酸肥料工場の竣工式に参加して健在を誇示したことにより、健康異常説や死亡説など彼の身辺と関連して乱舞したあらゆる憶測は一気に色あせた。 北朝鮮メディアは2日、写真や映像を通して金委員長が前日の行事に参加し、竣工テープを切り元気に歩いたり手をたたき、何かを周囲の人々に指示し余裕をもって手を振る姿を公開した。金委員長が何の異常もなく平常どおりに行動する姿が公開され、健康に大きな問題がない事実が立証された。さらに大統領府関係者は3日、記者団に対し、金正恩委員長が先月15日、金日成(キム・イルソン)主席の誕生日である太陽節行事に参加しなかった理由について、

「金委員長の歩き方が変わったという理由などを挙げて手術をしたと推定できるという報道があったが、これは事実ではないと判断される」
と述べた。 また
「軽い施術も受けていないのか」
という質問に
「受けていない」
と付け加えた。金委員長が再び姿を現した後も静まらない
「手術説」
「施術説」
を一蹴したのだ。 最近20日間に相次いで起こった金委員長の身辺をめぐる推測の報道とフェイクニュースの氾濫は、この日北朝鮮メディアの報道によりハプニングとして幕を下ろすことになったが、この間いわゆる
「対北朝鮮消息筋」
という匿名の情報部員の話を引用して報道された対北朝鮮情報の信頼性に、根本的な疑問を提起する契
メディアの「金正恩重篤」無責任報道…脱北政治家も混乱を煽った 続きを本紙で読む 》

北でも金正恩委員長の健康異常説が広がる…平壌駐在の外交官「韓国のニュースを見て元山滞在と推定」

2020年5月2日 ニュース, 朝鮮日報 , ,

38ノース

「専用列車は29日も元山に」
 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の健康異常説が、中朝間の貿易業者などを通じて北朝鮮内部に急速に広がっている。米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。 金正恩氏の不在が長引いていることで、平壌などを中心にこのようなうわさが広がり始めたようだ。匿名を求めた平壌駐在のある外交官は29日、
「金正恩氏の身辺異常説について知っているか」
との質問に
「韓国のニュースを通じて元山にいると推定している」
と述べた。 このような中で金正恩氏の専用列車とみられる列車が29日にも元山で捕捉された。米国の北朝鮮専門メディア・38ノースが伝えた。この列車は先月21日と23日にも衛星写真で2回捕捉されていた。38ノースは
「列車の存在は明らかだが、実際にこの列車が金正恩氏のものか、あるいは到着当時、金正恩氏が乗っていたのかは写真だけではわからない」
との見方を示した。 これについて太永浩(テ・ヨンホ)未来統合党当選者は27日、CNNのインタビューで、過去の北朝鮮外交官時代の話として
「北朝鮮は随時、金正恩氏の専用列車を別の地域に送っている」
金正恩氏の動線を偽装するための一種のかく乱作戦だというのだ。 北朝鮮の労働新聞はこの日1面で、金正恩氏が先月24日にロシア自由民主党委員長で党首のウラジーミル・ジリノフスキ
北でも金正恩委員長の健康異常説が広がる…平壌駐在の外交官「韓国のニュースを見て元山滞在と推定
続きを本紙で読む 》

韓国国防相「北朝鮮空軍機の飛行が異例の増加」

2020年4月27日 ニュース, 朝鮮日報 ,

「軍事面での緊張を高めている」
と公の席で言及金正恩氏は13日連続で姿を現さずトランプ大統領
「金異常説はフェイクニュース」
 韓国国防部(省に相当)の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)長官は24日
「北朝鮮空軍機の飛行が異例の増加をしている」
「(北朝鮮が)軍事的緊張を高めている」
と指摘した。現政権発足後、韓国政府高官が公の席で北朝鮮の軍事活動に言及し、警戒のメッセージを出すのは異例だ。 鄭長官はこの日午前、大田の国軍医務学校で開催された
「第50期医務士官および第17期獣医士官任官式」
に出席し、上記のように述べた。鄭長官は
「北朝鮮は非核化に向けた朝米対話や南北交流協力の提案には特別な反応を示さなかった」
とした上で
「このような中で今年3月からは短距離弾道および巡航ミサイルなどを複数回にわたり発射するなど、武器開発に突き進んでいる」
と述べた。 
「健康異常説」
が持ち上がっている北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長はこの日も姿を現さなかった。しばらく中止されていた韓米合同の空軍訓練が今月20-24日に非公開で行われたことも、
「金正恩氏の太陽節行事不参加」
など最近の北朝鮮の動向と無関係ではないとの見方が出ている。北朝鮮の労働新聞は今月12日、金正恩氏が航空軍追撃襲撃機連隊を訪問したと報じてか
韓国国防相「北朝鮮空軍機の飛行が異例の増加
続きを本紙で読む 》

韓国政府、「金正恩重篤説」の余波に「北朝鮮メディア、正常な業務遂行を報道」

2020年4月23日 ニュース, ハンギョレ , , ,

 大統領府が

「金正恩(キム・ジョンウン)健康悪化説」
を重ねて否定したにもかかわらず、22日にもその余波が広がった。ドナルド・トランプ米大統領の記者会見で関連質問が行われ、国会外交統一委員会は非公開の懇談会を開いて統一部の関連報告を受けた。
「労働新聞」
など北朝鮮の主要メディアは、金正恩朝鮮労働党委員長兼国務委員長が11日、労働党政治局会議を主宰したという12日の報道以来、同日まで金委員長の動向について報じていない。 大統領府関係者は
「北朝鮮内部の特異動向は把握されていないという昨日の発表は、今日(22日)も有効だ」
と述べた。韓国政府高官も
「金委員長が手術を受けたとか、重篤だという報道は事実ではない」
と述べた。 トランプ大統領は21日(現地時間)午後、ホワイトハウスで開かれた新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連ブリーフィングで、金委員長が重篤というメディアの報道関連質問に
「そのような報道が出たが、(それが本当がどうが)我々は知らない」
と答えた。トランプ大統領は
「金委員長が手術を受けた後、重篤だという情報を米国政府が注視している」
というCNNの報道に触れ、
「非常に深刻な医療関連報道を行ったが、(政府の)誰もそれを“コンファーム”(事実と確認)していない」
と述べた。さらに、トランプ大統領は
「私は彼(金正恩委員長)が元気でいてほしいと言うしかない。私にできるのは金委員長に『
韓国政府、「金正恩重篤説」の余波に「北朝鮮メディア、正常な業務遂行を報道
続きを本紙で読む 》

韓国大統領府「金正恩委員長は地方に滞在。正常に活動中とみられる」

2020年4月23日 ニュース, 朝鮮日報 ,

 青瓦台(韓国大統領府)の関係者が21日、本紙の電話インタビューに応じ、米国CNNなど一部メディアが報じた北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長の

「健康異常説」
に関連して
「韓国政府は、金正恩委員長が現在、側近らと共に地方に滞在中だということをつかんでいる」
として、
「正常に活動しているものとみている」
 また、金正恩委員長が滞在している具体的な地域に関しては
「平壌外の地域だが、一部メディアが報じた妙香山方面ではないようだ」
これに先立ち、北朝鮮専門メディア
「デイリーNK」
は20日、北朝鮮内部の消息筋の話を引用して
「金委員長が今月12日に平安北道の妙香山地区にある金氏一家の専用病院『香山診療所』で心臓血管手術を受け、近くの香山特閣に滞在して治療を受けている」
と報じていた。 金正恩の健康状態や治療を受けたかどうかに関して、青瓦台の関係者は
「正常な活動が可能な状態だということをつかんでいる」
とだけ伝えた。その上で
「北朝鮮の労働党、内閣、軍部、どこにも非常事態のような特異な動きは見られない」
アン・ジュンヨン記者

韓国大統領府「金正恩委員長は地方に滞在。正常に活動中とみられる
続きを本紙で読む 》

北朝鮮、東倉里でミサイルエンジン実験の兆候…米国はICBM捕捉用偵察機を動員

2019年12月8日 ニュース, 朝鮮日報 , , ,

 昨年の米朝首脳会談以降、事実上活動を中断していた北朝鮮の平安北道東倉里のミサイル発射場で、エンジン燃焼実験の準備と推定される新たな活動が捕捉されたと米国CNNが報じた。米国が最近、RC135S

「コブラボール」
など各種の偵察機を韓半島上空に総動員して北朝鮮監視に乗り出したのも、東倉里発射場の活動など北朝鮮のさらなる挑発の動きと関連がある-と分析されている。北朝鮮が対米交渉のリミットとして設定した年末が迫る中で、韓半島周辺の緊張が高まる様相を示している。 CNNは5日(現地時間)、
「北朝鮮の西海衛星発射場(東倉里発射場)で、以前はなかった動きが見られる」
として、
「人工衛星や大陸間弾道ミサイル(ICBM)を打ち上げるためのエンジンの燃焼実験を北朝鮮が再開することもあり得る」
CNNは、民間衛星企業
「Planet Labs」
が撮影した衛星写真で、東倉里ミサイル発射場の前で新たに大型の船積みコンテナが捕捉されたことを活動再開の根拠として提示した。米国ミドルベリー研究所で東アジア核不拡散プロジェクトのディレクターを務めるジェフリー・ルイス氏は
「これは、今後長距離ミサイルや人工衛星の発射に乗り出すこともあり得ることを示す深刻な兆候」
と、CNNに語った。北朝鮮が実際に新型エンジンの燃焼試験に乗り出す場合、ICBM用エンジンよりは人工衛星搭載用新型長距離ロケットのエンジン試験を行う可
北朝鮮、東倉里でミサイルエンジン実験の兆候…米国はICBM捕捉用偵察機を動員 続きを本紙で読む 》

華為、フォックスコンに5Gスマートフォン“5千万台”注文…「来年サムスンを抜く」

2019年12月4日 ニュース, ハンギョレ , , , , , , ,

 全世界のスマートフォン販売市場で、1位のサムスン電子に肉迫している2位の華為(HUAWEI)が、アップルiPhoneの最大協力会社である台湾のフォックスコンに自社スマートフォン5千万台の生産を要請し、来年のスマートフォン目標出荷量を3億台と決めた。5G(5世代移動通信)フォンを筆頭に、来年はサムスン電子に追いつくという挑戦状を投げたと分析される。華為は、サムスンと競争している5G網でもフォックスコンに全ての5G装備物量を発注したことが分かった。 台湾

「経済日報」
は3日、消息筋の話を引用して、華為が最近台湾のフォックスコン(鴻海精密工業)に5Gスマートフォン5千万台以上を注文し、OEM方式で生産することを要請したと報道した。華為の来年度5Gスマートフォン生産の全量を任せたという。グローバル市場で最新5G端末は、まだ隙間市場に過ぎない点を勘案すれば、5千万台は莫大な物量だ。華為はまた、来年のスマートフォン出荷量目標値を今年より20%多い3億台と定め、部品メーカーに十分な部品確保をあらかじめ要請した。 情報技術(IT)分野の市場調査企業
「ガートナー」
の集計によれば、第3四半期の全世界スマートフォン市場占有率は、サムスン(20.4%)に続き、華為(17.0%)が肉迫している。トップ5ブランドの中で、大部分が昨年の第3四半期に較べ販売量が減少したが、華為だけが唯一26%(5221万8
華為、フォックスコンに5Gスマートフォン“5千万台”注文…「来年サムスンを抜く
続きを本紙で読む 》

外信、ハラさん死亡に「K-POPスター、私生活検閲・悪質コメでうつ病多い」

2019年11月26日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , ,

ガールズグループ

「KARA」
の元メンバー、ク・ハラさん(享年28)が24日、自宅で死亡しているのが見つかった。外信ではク・ハラさん死亡のニュースを主要国際ニュースとして緊急で伝えた。  米紙ニューヨーク・タイムズは
「K-POPスターのク・ハラさんが死亡しているのが見つかった」
と題する記事で
「クさんは人気のあるK-POPガールズグループKARAのメンバーだった。グローバルなK-POPシンドロームを促進する一助となった」
と書いた。そのうえで、42日前にク・ハラさんと親しかったf(x)の元メンバー、ソルリ(本名:チェ・ジンリ)さん=享年25=が自ら命を絶ち、2017年にもSHINeeのジョンヒョンさん(当時27)がうつ病を患って極端な選択をした 米紙ワシントン・ポストはク・ハラさん死亡のニュースを伝え、かつての交際相手から受けた脅迫をめぐって法廷で攻防を繰り広げていた点に言及した。ク・ハラさんが、こうした出来事が報道されることで大衆の誹謗(ひぼう)中傷を浴び、ひどいストレスを受けていたとした。その上で
「韓国の女性歌手たちは大衆から過度に私生活を検閲され、オンライン上でのヘイト表現の対象となってきた」
と指摘した。 米CNN放送は、ク・ハラさんの死亡のニュースを自社ウェブサイトのメーン画面で紹介した。CNNは関連記事で、ソルリさんとク・ハラさんの死亡後、韓国では芸
外信、ハラさん死亡に「K-POPスター、私生活検閲・悪質コメでうつ病多い
続きを本紙で読む 》

[社説]根拠もなく「分担金5兆ウォン」要求した米国、「同盟」に相応しいか

2019年11月16日 ニュース, ハンギョレ , ,

 マーク・エスパー長官が15日、韓米国防部長官共同記者会見で、在韓米軍防衛費の分担金に関して、

「年末までに韓国の分担金が増えた状態で協定を締結することが、極めて重要だ」
と話した。逆に
「目標金額」
を先に決めて、それに所要項目をはめ込んだということだ。それで、米軍の朝鮮半島の循環勤務の兵力と装備、戦略資産展開、合同演習などで韓国が負担する新たな費用項目が検討されたという。米国が韓国に公式要求したことが分かった50億ドルまたは47億ドルの金額が、このように算出されたものであるなら、ペテン師のいんちきと何が違うのか尋ねたい。これが半世紀を超えて
「価値」
を共有してきた同盟国がする行動か。 防衛費分担金は、在韓米軍の安定した駐留のために韓国が経費を分担するものである。どのような名分をつけても、朝鮮半島外にいる米軍の経費まで払えと要求するのは、分担金の趣旨と目的から大きく逸脱したものである。分担金が少し引き上げられるとしても、その水準は、韓米両国が共感して同盟の基盤を揺るがせない範囲でなければならない。政府は米国のとんでもない不当な要求に、堂々と立ち向かわなければならない。

[社説]根拠もなく「分担金5兆ウォン」要求した米国、「同盟」に相応しいか 続きを本紙で読む 》

貿易紛争続く、韓国から日本への航空運賃が10ドル以下に―米メディア

2019年9月11日 Recordチャイナ, ニュース , ,

2019年9月9日、中国紙・環球時報は、米CNNが同日付の記事で、
「から日本への航空運賃が10ドル以下に」
と報じていることを紹介した。 

それによると、CNNの記事はまず、

「韓国から日本への航空運賃は8.38ドル(約899円)まで値下がりしている。両国間の貿易紛争の激化に伴い、両国間の旅行は減少し、航空運賃も値下がりしている」
 

続いて、

「韓国の格安航空会社、イースター航空のソウルから福岡への片道航空運賃はわずか1万ウォン(約8.38ドル)だ。これには諸税と燃油サーチャージは含まれていないが、それらを加えても通常よりもはるかに安い。福岡からソウルへの便は7590円(約71ドル)で、これにはすべての追加料金が含まれている。日本経済新聞によると、現在の価格は前年比6~8割安いという」
と紹介した。 

そして、

「これは、日本政府が韓国に対して半導体製造などに使われる化学製品3品目の輸出規制に踏み切った今年7月から現在まで続く貿易紛争の最新の副作用だ」
などと指摘している。(翻訳・編集/柳川)

貿易紛争続く、韓国から日本への航空運賃が10ドル以下に―米メディア 続きを本紙で読む 》