「韓国に行く時は気を付けて!」フランスが発令した注意報に韓国ネット落胆

2019年11月9日 Recordチャイナ, ニュース , ,

2019年11月7日、・KBSは、フランス外務省が訪韓旅行客に、ある注意報を発令した背景を報じた。 

記事によると、フランス外務省のウェブページにある自国民に向けた海外旅行情報のページで

「韓国」
を選択すると、最初に
「デートレイプドラッグ」
への注意を促す内容が表示される。この内容は先週アップデートされたといい、
「弘大(ホンデ)や梨泰院(イテウォン)、江南(カンナム)のクラブで被害が多数報告されている。犯罪の危険に注意せよ」
「主に酒や食べ物に混ぜる手法だ。クラブや居酒屋には1人で行かず、グラスは常に持ち歩くように」
などと呼び掛けているという。 

こうした注意報が出された背景について、記事は

「韓国のドラッグや性犯罪に関する事件、特にバーニングサン事件(18年11月に元のV.Iが経営していたクラブで起きた暴行事件を発端とする一連の疑惑)がフランスでも詳しく報じられ、韓国のデートレイプドラッグや盗撮被害は“伝染病レベル”とされた。これを受け、フランス政府が事前に警告を与えたもの」
と説明している。 

これに韓国のネットユーザーからは

「恥ずかしい」
「バーニングサンが韓国をおとしめた」
「麻薬清浄国だった韓国がなぜこんなことに?」
などと嘆く声が数多く上がっている。 

また

「女子トイレに盗撮注意のポスターが貼ってある国はどう考えても正常
「韓国に行く時は気を付けて!」フランスが発令した注意報に韓国ネット落胆 続きを本紙で読む 》

「違法営業の風俗店に法的措置とる」 D-LITEが謝罪コメント

2019年7月27日 ニュース, 朝鮮日報 , , , ,

 人気グループBIGBANGのメンバー、D-LITEが所有する建物をめぐり物議をかもしているのを受け、自ら口を開いた。 D-LITEは26日、所属事務所を通じ、本人所有の建物で違法な風俗店が営業しているという疑惑に対し、立場を表明。 これに先立ち、チャンネルAは25日、

𰃋IGBANGのD-LITEが2017年に310億ウォン(約31億円)で購入した建物で、風俗店の違法営業のほか売春あっせんまで行われていることが分かった」
 これを受け、D-LITEは26日、
「まず、兵役中にこのようなことで皆さんにごあいさつすることになってしまい、ご心配おかけして本当に申し訳ない。報道された建物は、僕が入隊直前に購入してから今まで、僕の名義になっている。購入後、すぐに入隊することになり、建物の管理において未熟な面部分があった点、おわび申し上げる」
とコメント。 さらに
「この建物を購入した当時、現在の入居者がすでに入った状態で営業されており、該当の店舗による違法営業についてきちんと把握できていなかった。違法行為が確認された店舗について、直ちに法的措置を取り、建物の所有者として責任を果たしたい。遅ればせながら自分の至らなさに気づき、反省している」
と述べた。イ・ウジョン記者

「違法営業の風俗店に法的措置とる」 D-LITEが謝罪コメント 続きを本紙で読む 》