日本でも知られる韓国のトップ女優ら、慰安婦テーマの映画に続々出演決定=「悲しい歴史だけど楽しみ」と韓国ネットの期待高まる

2017年10月23日 Recordチャイナ, ニュース , ,

2017年10月23日、の人気女優ハン・ジミン(34)が問題を扱った韓国映画
「Her story」
(仮題、ミン・ギュドン監督)に特別出演すると、ヘラルドPOPなど韓国の複数の芸能専門メディアが報じた。 

ハン・ジミンの所属事務所BHエンターテインメントは同日、

「ハン・ジミンが『Her story』への特別出演の提案を受け、喜んで参加することにした。良い趣旨のことに賛同することになりうれしく思っている」
と明らかにした。 

同作は、1990年代、韓国の元慰安婦らが日本政府を相手取り起こした訴訟で、一部勝訴判決を引き出すまで闘い続けた姿を実話を基に描いたもの。今年8月には、ドラマ

「冬のソナタ」
でヒロイン・ユジンの母親役を演じるなど日本でも広く知られる女優キム・ヘスク(61)が元慰安婦役として、女優キム・ヒエ(50)と共に主役を務めることが報じられ話題となっていた。その後、在日3世で日本語が堪能なことから日韓の歴史を扱う作品に欠かせない存在となっている俳優キム・イヌ(48)の合流も決定している。 

一方、日本でも放送されたドラマ

「イ・サン」
でヒロインを演じたハン・ジミンは過去、韓国の元慰安婦らが共同生活を送る
「」
に寄付をしたほか、最近ではソウル市内に元慰安婦を追悼するため造られた
「記憶の場」
の広報大使を務めるなど、元慰安婦支援活動に精力的
日本でも知られる韓国のトップ女優ら、慰安婦テーマの映画に続々出演決定=「悲しい歴史だけど楽しみ」と韓国ネットの期待高まる 続きを本紙で読む 》

バスに乗る慰安婦像に「狂ってる」、韓国の女子大教授のSNS投稿が波紋=韓国ネット「教壇から降りろ」「自国の元慰安婦を侮辱するのは韓国人だけ」

2017年10月23日 Recordチャイナ, ニュース , , ,

2017年10月20日、ソウルにある女子大の教授がSNS上で人女性や元らを侮辱したとして波紋を呼んでいる。韓国・ハンギョレ新聞が伝えた。 

今月18日、

「培花(ベファ)女子大の女性嫌悪教授告発(@BH_sataehaera)」
というツイッターのアカウントに
「女性キリスト教学の教授がSNSに女性を卑下する書き込みを掲載し、慰安婦を侮辱するなど問題発言をした」
との投稿が寄せられ、同大国際貿易科のキム教授(男性)のフェイスブックのキャプチャー画像が公開された。 

キム教授はフェイスブックで女性や元慰安婦を侮辱する内容を複数回投稿したとされ、これまで

「偉大な指導者に従う従北左翼団体後援のための慰安婦募集。このような広告が出たらどうする〜?」
「キムチ女性軍人にハイヒールを提供しろ〜!!」
などの書き込みをしたことが明らかになっている。今年8月、ソウルの路線バスに慰安婦像が設置された記事には
「狂ってる」
とコメントをつづっていた。現在、キム教授のフェイスブックは閉鎖されている。 

キム教授の講義を受講していた学生(20)は

「キム教授が授業中に『戦争が起これば男は銃を持って戦いに行くが、おまえたちは体をささげなければならない』と話した。教授が最もよく言っていたのは『おまえたちはちゃんと嫁に行けばいい』ということだった」
と話し、
「専攻関連の仕事をした
バスに乗る慰安婦像に「狂ってる」、韓国の女子大教授のSNS投稿が波紋=韓国ネット「教壇から降りろ」「自国の元慰安婦を侮辱するのは韓国人だけ
続きを本紙で読む 》

中国で急増する海外スキー旅行、お目当ては日本―中国メディア

2017年10月23日 Recordチャイナ, ニュース , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

2017年10月21日、中国メディアの中国網によると、22年の冬季五輪開催を控えた中国で、海外へスキー旅行に出かける人が急増し、日本が人気訪問先の一つになっていることが調査から明らかになった。 

フランスの国際的なリゾート会社のクラブメッドが、旅行情報サイトのトリップアドバイザーと共同で、中国のスキー愛好者3000人を対象に調査を行ったところ、スキー旅行で他の都市へ出かけたことがあると回答した割合は37%に上り、海外へ出かけたことがある人も18%に上った。人気旅行先のトップ3は日本、、スイスだったという。 

中国人のスキー旅行の1人当たりの消費額をみると、2000〜5000元(約3万4000〜8万5000円)が23%、5000〜1万元(〜約17万円)が10%で、1万元超は6%だった。旅行の同伴者は、友人が43%、配偶者と子供が20%、配偶者が16%だった。 

トリップアドバイザーは

「中国では15年から16年の間にスキー旅行に関するサイト上での投稿数が増えた」
とし
「これは海外へスキー旅行に出かける人が増えたことを示すものであり、スキーリゾートホテルに対する評価も上昇傾向にある」
と指摘している。(翻訳・編集/柳川)

中国で急増する海外スキー旅行、お目当ては日本―中国メディア 続きを本紙で読む 》

野党分裂と“北風”に乗って圧勝した安倍、来年戦争が可能な国への改憲を試みるか

2017年10月23日 ニュース, ハンギョレ , , , ,

野党分裂で漁夫の利に北朝鮮脅威論効果 立憲民主党が奮発したが、
「安倍1強」
対抗が難しい 日本の政治の保守化、リベラル自任するところを探すのが難しい  

  
安倍晋三首相が衆議院の早期総選挙前日の21日夜、東京の秋葉原で開かれた最後の遊説で支持者たちと手を握っている=東京/EPA聯合ニュース

 安倍晋三首相が22日に開かれた衆議院の早期総選挙の勝負手で起死回生し、圧勝を収めた。23日午前1時50分、開票基準で自民・公明の連立与党が改憲発議線である310議席を上回る議席を確保し、

「安倍独走体制」
がさらに強化され、安倍首相が生涯の課業と推進してきた改憲の試みも早
野党分裂と“北風”に乗って圧勝した安倍、来年戦争が可能な国への改憲を試みるか 続きを本紙で読む 》

韓米で金利逆転、資金流出が加速する可能性も

2017年10月23日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

 米国は今年12月に政策金利の追加引き上げを行うとみられる。米シカゴ商品取引所(CME)のFedウォッチは、20日のフェデラルファンド(FF)金利先物は12月12-13日の連邦公開市場委員会(FOMC)で政策金利が引き上げられる確率を91.3%と算出した。1週間前の13日時点での確率は82.7%だった。 また、ニューヨーク連邦準備銀行がディーラー23人を対象に調べた結果、政策金利予想値の中間値は来月が1.13%、12月が1.38%だった。現在の政策金利(年1.0-1.25%)の中間値は1.13%なので、11月は金利が据え置かれ、12月に利上げが実施されるとの見方を示している。市場予測通りに12月に利上げが実施されれば、韓国と米国で金利逆転現象が起きる。基軸通貨国である米国の金利が韓国よりも高ければ、外国人による投資資金が韓国から流出する可能性が高まる。 1999年7月-2001年3月、05年8月-07年9月にも韓米間で金利逆転が起きた。当時は外国人の投資資金の一部が流出したが。、資本市場全体での大規模な資金流出はなかった。韓国銀行が若干のタイムラグで追加利上げを行ったほか、韓国の経済成長率が1999-2001年が平均11%、05-07年が5%台と米国よりはるかに高く、資金を引き揚げる理由がなかったからだ。しかし、現在の韓国は経済成長率が2%台で米国とほぼ同じであり、サムスン電

韓米で金利逆転、資金流出が加速する可能性も 続きを本紙で読む 》

シウォンの飼い犬による死亡事件、ドラマ降板要求に飛び火

2017年10月23日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

 有名韓国料理店の代表(53)が、アイドルグループ

「SUPER JUNIOR」
のメンバー・シウォンさんの家族が飼っていた犬にかまれて死亡した事件に関連し、シウォンさんの主演するドラマにまで批判の矛先が向けられている。 
「こんな悲劇的な事件が起きたのに、視聴者はシウォンさんのコミカルな演技を見なければならないのか」
。事件が表面化した21日から22日にかけて、tvNの週末ドラマ『変革の愛』の視聴者掲示板には主演のシウォンさんに対するコメントが100件以上寄せられた。ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)への投稿を含めるとコメントは1000件を超えた。 事件に関連してシウォンさんとシウォンさんの父親が謝罪し、被害者の遺族も
「許した」
との立場を表明したものの、非難の声は収まらない。事件が発生した後の今月3日に、シウォンさんの家族が犬の誕生パーティーを開き、その写真をシウォンさんの兄弟がSNSに投稿したことも批判されている。 ドラマの掲示板へのコメントは、ほとんどが
「事故だったとしても、故人に対する追悼という意味で自粛すべきではないのか」
「シウォンを降板させるかドラマの放映を中止せよ」
といったものだった。一方で
「シウォンと家族に責任があるのは間違いないが、ドラマ降板まで求めるのは酷ではないか」
などとシウォンさんを擁護するコメントも多かった。ドラマはシウォンさんの除隊後の復帰作
シウォンの飼い犬による死亡事件、ドラマ降板要求に飛び火 続きを本紙で読む 》

韓国でタブー視される「旭日旗」、似たデザインにも“過剰反応”相次ぐ、悪役イメージすっかり定着

2017年10月22日 Recordチャイナ, ニュース , , ,

2017年10月21日、で
「日本の軍国主義の象徴」
としてタブー視されている旭日旗。よく似たデザインの看板などに“過剰反応”するケースも相次いでいる。ニュージーランドでは韓国人男性が旭日旗のような柄がデザインされた車に生卵を投げつけた。旭日旗の悪役イメージはすっかり定着している。 

旧日本海軍の伝統を受け継ぐ旭日旗が韓国内で非難の的になったのは、実はごく最近。2011年1月の日韓戦で、日本人に対する差別行為を指摘された韓国人選手が

「日本側の応援席に旭日旗があったから」
と釈明したのがきっかけといわれる。 

その後、12年8月、ロンドン五輪サッカー3位決定戦で韓国人選手が

「独島(日本名・)はわれわれの領土」
と書かれたプラカードを競技場で掲げた行為を日本側が抗議すると、韓国側は旭日をあしらってデザインされたとみえる日本のユニホームなどを取り上げて反論。旭日旗を
「戦犯旗」
と呼んだり、
「ナチス党旗(ハーケンクロイツ)と同じ性格の旗」
とまで主張したりするようになった。 

韓国メディアによると、ニュージーランドで攻撃の対象になったのは、旭日旗を横半分に切り、太陽が水平線の彼方へ沈んでいく様子を表現した

「落日旗」
。第2次世界大戦中、米軍の戦闘飛行隊
「サンダウナーズ」
が戦闘機に描いていたデザインで、
「日本の敗戦を祈願する」
との意味が込められていた。 
韓国でタブー視される「旭日旗」、似たデザインにも“過剰反応”相次ぐ、悪役イメージすっかり定着 続きを本紙で読む 》

【記者手帳】ファクトチェックできていない韓国報道機関

2017年10月22日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

 中学生の娘の友達を殺害して遺体を遺棄したとして逮捕されたイ・ヨンハク容疑者(35)は先月、ある総合編成チャンネル放送局に映像を送った。先月6日、自宅で飛び降り自殺した妻(31)の遺体を自らふき、唇を重ねる映像だったという。同容疑者は映像を送ってきて

「妻の葬儀費用や娘の手術代3500万ウォン(約350万円)が必要だ」
と言ってきたそうだ。 イ・ヨンハク容疑者は誰よりも
「報道の甘い汁」
をよく知っていたようだ。地上波テレビ局の起業支援番組に2005年、自身の病気について投稿した。
「私と娘は難病『巨大型セメント質腫』(歯と骨を接続する部分に腫瘍(しゅよう)ができる病気)を抱えている」
という内容だった。この番組ではイ・ヨンハク容疑者一家に8坪(約27平方メートル)のチキン店を開業させてくれた。同容疑者は
「我が娘よ、愛しているよ。お前のために一生懸命生きるよ」
と涙をこぼした。開店初日には229万8000ウォン(約28万円)を売り上げた。ところが、このチキン店は1年で閉店した。閉店の理由は分からない。その後、イ・ヨンハク容疑者は
「娘の20年分の治療費を募りたい」
と自転車で全国を一周して、米国でも募金運動をした。そのたびに報道機関は家庭の事情を伝えて支援金を集めた。そのようにしてイ・ヨンハク容疑者は今年2月まで番組だけで10回以上も出演している。本紙も2008年に同容疑者が作った映像コンテン
【記者手帳】ファクトチェックできていない韓国報道機関 続きを本紙で読む 》

韓国空軍の戦闘機、修理の部品がなくて有事にも飛べず=「部品を買うお金がないのか?」「戦闘機だけの問題じゃない」―韓国ネット

2017年10月21日 Recordチャイナ, ニュース , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

2017年10月20日、・東亜日報は、韓国空軍のF−15K戦闘機が修理部品の不足で飛行不能が頻発していることが分かった。 

国会国防委員会所属の金学容(キム・ハクヨン)議員(自由韓国党)が空軍本部から提出を受けた資料によると、F−15Kの

「修理部品不足に起因する飛行不能(G−NORS)」
事例の発生件数が15年の50件から今年上半期には60件に急増した。同期間の飛行不能時間も7.9日から16.8日に増加した。 

金議員は

「空軍が部品を使い回しする方法で運用しているため、部品を取られた戦闘機が有事の際出撃が不可能」
と指摘した。 

F―15Kは朝鮮半島有事の際、の(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の地下執務室を精密打撃する

「タウルス」
ミサイルを装備する機種で、1機当たりの価格が1000億(約100億円)。全60機が配備されている。 

KF−16戦闘機の場合も、

「特定任務の遂行不可(F−NORS)」
発生件数が15年の234件から、今年上半期には157件となり年間ベースでみると増加傾向を示している。 

金議員は

「戦争が勃発すると、空軍のすべての戦闘機が投入され、爆撃任務を遂行しなければならないが、G−NORS、F−NORSの発生で、作戦が制限される」
とし、
「ただ平時で防空区域の作戦任務遂行に支障がないからと安心
韓国空軍の戦闘機、修理の部品がなくて有事にも飛べず=「部品を買うお金がないのか?」「戦闘機だけの問題じゃない」―韓国ネット 続きを本紙で読む 》

慰安婦記録のユネスコ記憶遺産登録が難航…諮問委「審査延期を要請」

2017年10月21日 ニュース, ハンギョレ , , ,

産経新聞が報道
「対立の場になることを懸念」
 ユネスコ、日本の主張受け入れ制度を変更 日本に不利な記録の登録が難しくなる見込み  

   「審査延期を要請」"/>
昨年11月、京畿道広州退村面にあるナヌムの家で開かれた日本軍慰安婦関連記録物のユネスコ記憶遺産登録に向けた民間国際募金運動の展開を発表する記者会見で、イ・オクソンさんが募金への協力を訴えている=ハンギョレ資料写真//ハンギョレ新聞社

 ユネスコ世界記憶遺産の登録審査を行う国際諮問委員会議長が、韓中日の市民団体が申請した日本軍慰安婦資料の登録に対する審査延期をユネスコのイリナ・ボコバ事務局長に求めたと、日本の産経新聞が20日付で報じた。日

慰安婦記録のユネスコ記憶遺産登録が難航…諮問委「審査延期を要請
続きを本紙で読む 》

平昌五輪観戦はほとんど我慢大会!?氷点下10度に吹きさらしのメーン会場=韓国ネット「選手たちだけでやって」「今からでも開催をやめた方が…」

2017年10月21日 Recordチャイナ, ニュース , ,

2017年10月20日、開幕まで100日余りとなった平昌(ピョンチャン)冬季五輪について、・ノーカットニュースが読者を不安にさせる記事を報じた。見出しには
「真冬に露天運動場で?」
とある。そう、同五輪の開・閉会式が行われるメーン会場
「オリンピックプラザ」
は屋根がなく吹きさらし、これといった防寒対策もなく、大統領府も頭を悩ませているというのだ。 

記事によると、山間部に位置する同会場付近の過去10年間の2月の平均気温は氷点下4.5度、体感では氷点下10度にもなるという。また日本のメディアが伝えた会場近くの観測所のデータでは、開会式が開かれる2月9日の過去5年の平均気温は氷点下8.3度で、2013年には最低で氷点下20.3度を記録している。 

そこに造られたスタジアムは、天井も外壁もない開放型の構造。観客は厳しい寒さにさらされ、雪や雨が降ればさらに悲惨な状況になることが想像できるが、暖房設備はない。観客は会場で配られる予定の膝掛けとカイロで

「耐える」
しかないのだ。 

。 

こうした直接的な問題に加え、にまつわる安保問題や経済環境の冷え込みといった事態を抱えた韓国では、国民の五輪への関心はいまひとつ盛り上がらないままだ。 

スタジアムの安全問題については、安全管理公団と大統領府がそれぞれ2回ずつ安全点検を行い

平昌五輪観戦はほとんど我慢大会!?氷点下10度に吹きさらしのメーン会場=韓国ネット「選手たちだけでやって」「今からでも開催をやめた方が…
続きを本紙で読む 》

トランプ米大統領のアジア訪問、日程の「日韓格差」問題視する韓国紙、釈明に追われる韓国政府

2017年10月20日 Recordチャイナ, ニュース , , ,

2017年10月20日、緊迫化する朝鮮半島情勢が喫緊の課題なのに、日本は2泊3日では1泊2日。米国の大統領のアジア訪問をめぐり、韓国紙が日程の
「日韓格差」
を取り上げ、問題視している。これに対し、韓国政府は
「滞在時間自体は日本とほぼ一緒」
などと釈明に追われている。 

米ホワイトハウスによると、トランプ大統領は最初の訪問国となる日本には11月5日から滞在。7日に韓国入りし、8日に中国へ移動する。10日にはベトナム中部ダナンを訪れ、アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に出席。12日に最後の訪問国フィリピンに向かい、東南アジア諸国連合(ASEAN)創設50周年の記念行事などに参加する。 

今回の韓国訪問について、中央日報は

「短すぎる1泊2日は理解しがたい」
との社説を掲載。
「今回の歴訪は北東アジア諸国との関係強化が目的だが、さらに重要なことは北核問題の解決に向けて関連国と意見を交わすことだ。それでも北核脅威が最も深刻な紛争当事国である韓国を足早に通り過ぎる日程はどこを見ても腑(ふ)に落ちない」
とかみついた。 

この中では日本の2泊3日との比較で

「滞在期間の長さも絶対に無視することはできない。ぎこちない関係では、長く一緒に過ごすほどさらに仲良くなるものだ」
と言及。
「そうでなくても首相に比べて大統領とトランプの関係がぎくしゃくしている時
トランプ米大統領のアジア訪問、日程の「日韓格差」問題視する韓国紙、釈明に追われる韓国政府 続きを本紙で読む 》

信用されない韓国のエリート官僚

2017年10月20日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

 韓国政府の経済政策を担う企画財政部(省に相当)の幹部らの間では

「自分たちは子分なのか」
という不満がしばしば噴き出す。8月の不動産対策を金賢美(キム・ヒョンミ)国土交通部長官が発表し、雇用ロードマップを雇用委員会が主導するなど、企画財政部が司令塔としての役割を果たせずにいるからだ。 7月にはキム・ドンヨン経済副首相が反対したにもかかわらず、与党・大統領府(青瓦台)・国会主導で法人税、所得税の最高税率引き下げが決まり、官庁街では
「キム・ドンヨン外し」
という言葉が流行した。大統領府の経済首席秘書官や関税庁長のようにこれまで企画財政部の取り分だと思われていたポストにも外部出身者が起用された。 企画財政部官僚の無力感について、文在寅(ムン・ジェイン)政権幹部は
「キム・ドンヨン外しという言葉は適切ではない。正確に言えば、企画財政部の官僚を信用しないという『企画財政部外し』だ」
と指摘。その背景については、
「盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権当時に官僚に取り込まれ、さまざまな改革政策が挫折したトラウマが強く残っているためだ」
と分析した。 既存の官僚組織に対する不信は、エリート官僚が多い企画財政部、外交部、法務部(検察)で特に目立つ。外交官試験出身ではない康京和(カン・ギョンファ)外交部長官、教授出身の朴相基(パク・サンギ)法務部長官の任命などが代表的だ。 米国、日本、中国、ロシアという四大国に派遣
信用されない韓国のエリート官僚 続きを本紙で読む 》

エイズ感染隠し売春、26歳女性が2回目の逮捕 /釜山

2017年10月20日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

 エイズに感染していることを知りながら、売春行為に及んだとして7年前に施行猶予判決を受けた女性(26)が再び売春の疑いで逮捕された。 釜山南部署は19日までに、エイズ予防法、性売買特別法違反の疑いで女性を逮捕した。女性は8月14日、釜山市東莱区のモーテルでスマートフォンのチャットアプリを使って会った男性から8万ウォン(約8000円)を受け取り、売春行為に及んだ疑い。女性には知的障害があったといい、取り調べに対し、

「家賃など生活費を得るため、5月からの3カ月間に約20回売春した」
と話しているという。女性と同居している男性(28)は、女性のスマートフォンにアプリをインストールし、売春の一部をあっせんしていた。女性と性的関係を持った男性の大半は避妊具を使用しなかったとされる。警察は女性の通話記録に基づき、買春側の特定も進めている。 女性は2010年に精神科での入院治療中に知り合った身元不明の男性と性的関係を持ち、エイズに感染したという。

エイズ感染隠し売春、26歳女性が2回目の逮捕 /釜山 続きを本紙で読む 》

台湾人の冬の旅行計画、スキー旅行の人気地ナンバーワンは日本―台湾メディア

2017年10月20日 Recordチャイナ, ニュース , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

台湾メディアの中国時報が18日、台湾人の冬の旅行計画で、スキー旅行の人気地ナンバーワンが日本との調査結果が出た 

記事によると、国際的なバカンス会社・クラブメッドが、25歳から49歳までの1100人の台湾人を対象に行った

「冬季旅行大調査」
で、6割以上の人が降雪地方へ旅行に行きたいとの結果が出たという。スキー旅行での人気の上位5カ国は、日本が94.3%でトップ、次いで、スイス(71.5%)、カナダ(70.5%)、(64.4%)、米国(38.7%)となった。 

しかし、スキー経験者はわずか19%に過ぎず、そのうち51.9%の人が1年未満の経験しかなかった。スキー未経験者のうち、71%の人が将来的にスキー旅行をしてみたいと考えているという。 

スキー旅行に行きたい理由については、52.8%の人がスキーの刺激感を求めると回答。スキー経験者では、59.3%の人がもっとうまくなるよう練習するためと答えた。しかし、経験の有無にかかわらず5割以上の人がスキーに対する恐怖をいかにして克服するかを気にかけており、未経験者では71.5%の人が、何から始めていいか分からないことを気にかけているという。 

スキー旅行で重視することとして、安全面が86.5%と最も高くなり、次いで体に合ったスキー道具が73.3%となった。また、コーチと

台湾人の冬の旅行計画、スキー旅行の人気地ナンバーワンは日本―台湾メディア 続きを本紙で読む 》

行くべきか否か…トランプ大統領のDMZ訪問めぐり悩むホワイトハウス

2017年10月20日 ニュース, ハンギョレ , , , ,

ワシントンポスト紙
「訪問するかどうかまだ未定」
 強硬メッセージまた出せば対決深化する恐れも 対立の激化でトランプ大統領の警護問題も考慮 
「韓国政府も軍事対立の激化を懸念」
  

  
休戦協定64周年を迎えた7月27日、板門店で韓国軍と北朝鮮軍兵士たちが向かい合っている=写真共同取材団//ハンギョレ新聞社

 来月7~8日に訪韓予定のドナルド・トランプ米大統領の非武装地帯(DMZ)訪問をめぐり、ホワイトハウスが衝突する考慮事項のため決定を下せずにいると、ワシントン・ポスト紙が18日付で報じた。

行くべきか否か…トランプ大統領のDMZ訪問めぐり悩むホワイトハウス 続きを本紙で読む 》

「韓国の斜塔」とやゆされたビルの傾きがほぼ解消、入居再開へ?=韓国ネット「不安で住めない」「一度傾いた建物でなんか眠れやしない」

2017年10月20日 Recordチャイナ, ニュース , ,

2017年10月17日、
「の斜塔」
とやゆされた釜山(プサン)市内の新築ビルが、復元工事を経ておおむね正常の状態に回復したことが分かった。韓国・聯合ニュースが伝えた。 

9月上旬から傾きが問題となっていた同ビル、今月初めには、建物の上層階があるべき位置から105.8センチもずれるまで傾きが悪化していた。この間、地元の区が主導し復元工事を進めていたが、最新の点検の結果、傾きがレベルEからレベルA(3センチ以内)に回復したという。区は微調整作業などの復元工事が終わり次第、精密安全診断を通じてビルを改めて使用するかどうか判断するとしている。 

区は傾きの原因として、ビルに隣接する地での新築工事を挙げている。敷地掘り起こしの際、1.7メートル下に地下水が流れているにもかかわらず遮水壁を設置しなかったことから、地下水の水位が変化して地盤に影響を与えたとの見方だ。区の関係者は

「(傾いた)ビルは軟弱地盤の上にセメントを90センチ打設する『マット工法』で建てられたが、建設当時に問題がなくとも周辺の衝撃に対しては脆弱(ぜいじゃく)な構造」
と指摘、
「マットの下にくい基礎を施していれば建物は傾かなかったと判断している」
と話した。 

この工事現場周辺では合わせて10棟が傾いたことが確認されており、このうち4棟については詳しい安全診断が、残りは計測器を設置し

「韓国の斜塔」とやゆされたビルの傾きがほぼ解消、入居再開へ?=韓国ネット「不安で住めない」「一度傾いた建物でなんか眠れやしない
続きを本紙で読む 》

韓国高速鉄道、時速300キロで走ったら線路の破損が5倍に激増=韓国ネット「つまりは手抜き工事」「中国の高速鉄道を輸入して」

2017年10月20日 Recordチャイナ, ニュース , , , ,

2017年10月18日、・ハンギョレ新聞によると、韓国(KTX)の一部区間で列車のスピードを時速300キロに上げて以降、線路など設備の破損が急増していることが分かった。しかし鉄道を管轄する韓国国土交通部(国土部)は手抜き工事の疑惑が提起されることを懸念し、減速など事故を減らすための計画を立てないままだという。 

18日、韓国の与党議員が入手した国土部の内部資料で、KTXの京釜(キョンブ)高速線2段階区間(東大邱−釜山)で時速300キロの運行が再開された2015年9月以降、線路の分岐器の破損が116件(今年5月まで)に上っていたことが分かった。スピードアップ以前、時速170キロで運行されていた期間(13年9月〜15年8月)の件数24件と比べると、破損は月平均で5.5倍に急増している。分岐器と直接関連のない破損まで含めると、スピードアップ後の破損は343件に上るという。 

同区間は10年11月に開通して間もなく分岐器の破損が相次いだため、最高時速を170キロに制限する

「減速運行」
が行われてきた。その後、部品の改善などの措置を経て15年8月に再び時速300キロに戻されたのだ。 

国土部は実態を受け今年7月に安全運行策を検討したが、再び減速運行をした場合

𰃃〜6分の遅れが生じ、利用者の便宜が低下する」
「“低速鉄道”との指摘や手抜き工事疑惑
韓国高速鉄道、時速300キロで走ったら線路の破損が5倍に激増=韓国ネット「つまりは手抜き工事」「中国の高速鉄道を輸入して
続きを本紙で読む 》

どうなる韓国?中国人観光客激減で企業苦しむ、ロッテ免税店は損失30億円―韓国メディア

2017年10月20日 Recordチャイナ, ニュース , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

2017年10月19日、参考消息網は、
「高高度防衛ミサイル()問題による訪韓の激減を受け、企業の苦しい状況が続いている」
と指摘する韓国メディアの記事を取り上げた。 

記事によると、中央日報は17日、

「THAAD問題は長期化に陥り、中国人観光客の回復を期待するのは難しい。状況はさらに悪化するかもしれない」
との見方が出ていることを紹介。免税店業界最大手のでは第2四半期の営業損失が298億ウォン(約30億円)に達し、2位の新羅も営業利益が前年同期に比べ約42%減少したという。一方、ハンファ・ギャラリアは済州国際空港での営業権を返還。続く損失に持ちこたえることができなかったそうだ。 

また、亜洲経済は同日、韓国の3大デパート(ロッテ、現代、新世界)の苦境が続いていることを伝える記事を掲載し、ロッテに関しては証券が3四半期連続の営業利益減少を予測していることを伝えた。サムスンはロッテの第3四半期売上高を前年同期比4%減の1兆8890億ウォン(約1900億円)、営業利益を同27%減の約450億ウォン(約45億円)とみているという。現代の第3四半期売上高は前年同期とほぼ同じだが、営業利益は5%減。新世界は売り上げで5.7%の増加が見られたものの、営業利益は約1.4%減少した。 

亜洲経済はこのほか、化粧品大手のアモーレパシフィック、LG生活健康

どうなる韓国?中国人観光客激減で企業苦しむ、ロッテ免税店は損失30億円―韓国メディア 続きを本紙で読む 》

ミシュランガイド・ソウル版の作りが雑過ぎる!韓国議員が誤訳など挙げ酷評=韓国ネット「グーグル翻訳?」「韓国は国際的なカモだ」

2017年10月19日 Recordチャイナ, ニュース , ,

2017年10月19日、では昨年初めて発行となった
「ミシュランガイド」
ソウル版の中身について、
「間違いだらけ」
との指摘が韓国の国会議員から飛び出した。韓国・ニュース1などが報じた。 

野党・国民の党の宋基錫(ソン・ギソク)議員は19日、国会で開かれた院内政策会議に出席し、昨年11月発行の

「ミシュラン」
ソウル版について
「韓国観光公社が20億ウォン(約2億円)を投じて発行した」
とした上で、
「内容に34の誤りが見つかった」
と明らかにした。誤りの内訳は、誤字脱字11カ所、情報自体の誤り10カ所、表記の誤り7カ所、誤訳4カ所など。誤訳では、韓国料理によく使われるワタリガニを、韓国語の
「コッケ(花+カニ)」
から直訳したのか
𰃏lower crab」
とした例があったという。 

また宋議員は、覆面調査員が店で実際に食事をして評価を行うとされるミシュランの

「ルール」
とは異なり
「店を訪問せずに評価を実施した痕跡も見つかった」
として、ガイド発行前の昨年8月に閉店したイタリアンレストランが掲載されていたことや、テラス席のない店が
「テラスのあるレストラン」
と紹介されていたことを指摘した。 

さらに、ソウル版発行をめぐって観光公社がミシュラン側に総額20億ウォンを支払う

「屈辱的な不公正契約」
が結ばれていたと暴露、
「国民の血税を投入し制作したグローバル美食ガイ
ミシュランガイド・ソウル版の作りが雑過ぎる!韓国議員が誤訳など挙げ酷評=韓国ネット「グーグル翻訳?」「韓国は国際的なカモだ
続きを本紙で読む 》