【東京、ソウル聯合ニュース】韓国と日本、北朝鮮は9日(現地時間)、英国・ロンドンで非公式協議を行い、

「日本海(国際水路機関による国際表示、韓国は東海を主張)」
「日本海」
の併記問題について話し合った。韓国外交部の金仁チョル(キム・インチョル)報道官が11日の定例会見で明らかにした。

 今回の協議は、2017年4月に開かれた国際水路機関(IHO)の総会で

「日本海」
を単独表記している地図の改訂について協議を行うことを決めてから初めて開かれた。 韓国外交部などによると、今回の協議には韓国、日本、北朝鮮の外交当局の局長級関係者が出席し、米国、英国の関係者も同席した。 金報道官は
「包括的で率直な意見交換が行われた」
としながら、20年2月末に開催されるIHO総会への提出を目標に結果報告書が準備される計画だと説明した。

 世界の海域の境界や名称を記載し、地図制作の指針となるIHOの標準海図集

「大洋と海の境界」
には、1929年の初版から現行版(1953年)まで日本海(国際水路機関による国際表示、韓国は東海を主張)が
「日本海」
と表記されている。 韓国政府は
「日本海(国際水路機関による国際表示、韓国は東海を主張)」
と単独表記すべきとの立場を表明しているが、改訂の議論を進める間は日本海(国際水路機関による国際表示、韓国は東海を主張)と日本海を併記するよう主張している。一方、北朝鮮は
「朝鮮日本海(国際水路機関による国際表示、韓国は東海を主張)」
の表記を求めているようだ。 外交部の当局者は
「日本海の単独表記は受け入れられないという面では、北朝鮮と違いはない」
と述べた。