【ソウル聯合ニュース】日本による植民地時代に強制徴用された韓国人被害者4人が新日本製鉄(現新日鉄住金)に損害賠償を求めた訴訟で、韓国の大法院(最高裁)が新日鉄に原告1人当たり1億ウォン(約1000万円)の支払いを命じたことを受け、韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官と河野太郎外相が31日、電話会談を行った。

康長官(左)と河野外相(資料写真)=(聯合ニュース)
「判決尊重」 河野氏
「日韓の法的基盤損なわれた」
">