「戦争犯罪の主犯の息子である日王(天皇)が慰安婦問題に対して謝るべきだ」
と述べた文喜相(ムン・ヒサン)国会議長の米ブルームバークのインタビューが韓日両国間の新たな外交争点に広がる兆しだ。 

  日本メディアは10日付の朝刊で関連内容を一斉に報道して

「両国関係に再び悪材料が発生」
と懸念を伝えた。 

  今月8日に公開された同メディアのインタビューによると、文議長は慰安婦問題に関連して

「一言あればいい。日本を代表する首相、あるいは私としては近く退位する日王が(謝罪することが)望ましいと考えている」
と述べた。 

  現在の明仁天皇を

「戦争犯罪の主犯の息子ではないか」
とし
「その方が一度おばあさんの手を握って『本当に申し訳なかった』と一言いえば(問題が)すっきり解消される」
と話した。 

  また、2015年慰安婦合意当時、安倍晋三首相が表明した謝罪に対して、文議長は

「それは法的な謝罪だ。国家間での謝罪はあるが、問題は被害者がいることだ」
としながら被害女性に対する直接謝罪を要求した。 

  日本経済新聞は

「文議長は2004年から08年まで韓日議員連盟の会長を務めた『知日派』として知られる。文議長は
韓国国会議長「戦争犯罪の主犯の息子、天皇が謝罪を」発言に河野外相「発言には気をつけて