2019年2月5日、・聯合ニュースTVは
「新たな防衛戦略を確定した日本が軍事大国化を進めており、今年はさらに急速に進むことが予想される」
 

記事は

「日本の防衛費は5年連続で過去最高額を記録し、今年は5兆2500億円に上る」
と伝え、
「地上配備型の迎撃システム、早期警戒機、最新鋭ステルス機の購入費用などが含まれている」
と説明している。また
「保有の計画も段階的に進めるとみられる」
として、
「全長248メートルに達する超大型護衛艦を、戦闘機の離着陸が可能な『事実上の空母』に改修することを決定した」
「垂直離着陸が可能な米国の最新ステルス機F35-Bを搭載する見込みだ」
など、日本の新防衛大綱の内容について詳細に伝えている。 

このように改修した護衛艦は、日本では憲法上、保有が認められない

「攻撃型空母に該当する」
との批判が上がっているが、
「首相は正面突破する方針だ」
とも述べている。 

この記事に対し、韓国のネットユーザーからは

「日本や中国は軍事大国化していくのに、韓国は兵力が減り、兵役期間が短くなったうえに、兵士が平日にも外出して遊びに行けるようになった。政府よ、しっかりしてくれ」
「周辺国は軍事力を強化しているのに、韓国軍は国立ボーイスカウト体験団のレベルにダウングレード中」
「全神経をに向けているうちに、日本に背後からやられそうだ」
「北
韓国メディアが「日本の軍事大国化」を懸念=韓国ネットも焦り「韓国政府よ、しっかりしてくれ
続きを本紙で読む 》