中国で一大セールが展開される11月の
「独身の日」
で人気を集める
「ユニクロ」
がでも快進撃を続けている。米誌
「ニュース・ウィーク」
が伝えた。不況が続く韓国のファッション業界では独り勝ちで、特に寒さ対策のヒートテックは社会現象にもなっているという。 

ユニクロは2005年9月に韓国に初出店した。店舗数は今年1月末現在、187店に上る。韓国経済新聞によると、ユニクロの韓国法人であるFRLコリアは進出から約10年後の2014年度会計年度(13年9月~14年8月)に売上高8954億ウォン(約973億円)、営業利益1077億ウォン(約117億円)を記録し、

「NORTH FACE」
(ノースフェイス)や
�N POLE」
(ビーンポール)などを抜いて韓国衣類業界で売上首位に立った。 

その後も勢いは止まらず、韓国金融監督院の電子公示システムによると、FRLコリアの18年会計年度(17年9月~18年8月)は売り上げが1兆3732億ウォン(約1374億円)、営業利益は2344億ウォン(約234億円)で、それぞれ前年比11%と33%の2桁成長を達成した。SPA (製造小売)衣類世界1位の

「ZARA」
は韓国内売上げが3549億ウォン(約354億円)にとどまっており、2位の
「H&M」
も2386億ウォン(約238億円)にすぎない。 

ユニクロの好調を支えてい

韓国でもユニクロ快進撃、不況続くファッション業界で独り勝ち、ヒートテックは社会現象にも―米誌 続きを本紙で読む 》