井邑市が闘牛祭りのため追加予算を編成すると動物保護団体は反発市議会は追加予算の編成を白紙化、闘牛協会

「伝統的祭りの進行をなぜ妨げるのか」
と対立 毎年10月に開かれる
「井邑全国民俗闘牛大会」
は、全羅北道井邑市を代表するお祭りだ。今年で23回目となる。ところが、この行事のために井邑市が追加予算として1億1360万ウォン(約1100万円)を編成しようとしたものの、暗礁に乗り上げた。井邑市議会が
「闘牛は動物虐待を見て喜ぶ非倫理的行為」
という動物保護団体の主張を受け入れ、追加予算案を白紙化したのだ。毎年180万人の観光客でにぎわう江原道華川のヤマメ祭りの関係者たちは、今年1月の祭りの際に後味の悪い経験をした。動物保護団体の会員たちが祭りの会場に詰め掛けて、
「ヤマメの集団殺傷現場」
と叫びながら反対集会を行ったのだ。同団体の関係者は、江陵注文津のイカ祭り、襄陽のサケ祭り、霊徳のズワイガニ祭りなど水産物をテーマにした祭りで行われている
「素手で捕まえる体験」
を全て中止させると宣言している。 人に人権があるように動物の動物権も保護されなければならないという動物保護団体の主張が、ペットや野生動物の範囲を超え、家畜や魚に至るまで拡大している。井邑や華川のような地方の祭りの進行に影響を及ぼし始めたことで、全国の地方自治体では動物の権利