中朝首脳会談「朝鮮半島問題解決に寄与」 訪韓の中国・楊政治局員

2018年3月30日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長(閣僚級)は29日午後、ソウル市内のホテルで中国の楊潔チ・共産党政治局員と会談し、朝鮮半島の非核化や両国の協力などについて協議した。 鄭氏は文在寅(ムン・ジェイン)大統領の特使として、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長とトランプ米大統領と相次いで会談し、その結果を習近平国家主席に説明するため12日に訪中した際にも楊氏と対面している。 鄭氏は会談の冒頭で習主席と金委員長が首脳会談を行ったことに触れ、

「会談で金委員長が朝鮮半島の非核化と南北・北米(米朝)首脳会談開催の意思を再確認したのは意味が非常に大きい」
と述べた。 また
「習主席は3月12日に私と会談した際、韓中両国が朝鮮半島の重大な問題で立場が一致していると話し、南北関係改善や朝鮮半島の非核化と平和構築のための文大統領の政策に積極的な支持の立場を表明した」
とし、
「このような両国の共通認識を基に韓中間の戦略的な意思疎通が緊密に行われることに満足している」
 これに対し楊氏は
「最近、習近平主席が中国を非公式訪問した金委員長と長時間にわたり意見を交換した」
とし、
「今回の訪問は朝鮮半島の非核化や平和と安全保障、また政治的交渉・協議を通じて朝鮮半島に関する問題を解決するのに役立つと考える」
と述べた。 また、4月27日に開催されることが決ま
中朝首脳会談「朝鮮半島問題解決に寄与」 訪韓の中国・楊政治局員 続きを本紙で読む 》

韓国特使の席次欠礼論争に…中国「新たな慣行」釈明

2018年3月27日 ニュース, 韓国・中央日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

  今月12日午後に韓国の鄭義溶(チョン・ウィヨン)青瓦台(チョンワデ、大統領府)国家安保室長が中国の習近平国家主席を表敬訪問した時の席次をめぐり論争が起きている中で、中国側が

「新たな慣行」
と27日、聯合ニュースに明らかにした。 

  当時、習氏はテーブル中央の上座に座ったが、鄭氏は習氏よりも格が落ちる下座に位置した。 

  北京の外交消息筋は、同メディアに対して

「中国側から事後的な説明があった。(今回の席次について)新たに定着している慣行だと説明した」
とし、韓国だけをねらった行動ではないと説明した。 

  この人物は続いて

「韓中両側は鄭氏の訪中日程を形式的な側面よりも内実のほうに関心を置いて進めた」
としながら
「中国側も今回の鄭氏の訪中に大きな関心を示した」
と強調した。 

  新たな慣例という説明とは裏腹に、中国は昨年10月ベトナムとラオスの共産党総書記特使の面談時や11月ミャンマーの軍司令官の面談時にはどちらも習氏と訪中要人の椅子を並べて配置した。 

  中国は昨年5月に文在寅(ムン・ジェイン)大統領の特使として訪中した李海チャン(イ・ヘチャン)議員が習氏と面談する時からこのような座席配

韓国特使の席次欠礼論争に…中国「新たな慣行」釈明 続きを本紙で読む 》