日本政府が安倍首相と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長の会談を韓国政府に要請したという報道に関連し、青瓦台(チョンワデ、大統領府)関係者は

「『日朝首脳会談の橋渡しをしてほしい』という言葉はなかった」
と否定した。 

  あるメディアは18日、韓日関係に詳しい外交筋の言葉を引用し、

「日本政府が韓国政府に安倍首相と金正恩労働党委員長の会談を仲裁してほしいと要請した」
さらに
「南北首脳会談に続いて米朝首脳会談が行われることになり、北への強硬路線に固執していれば韓半島(朝鮮半島)対話政局から押し出されるかもしれないという安倍首相の懸念によるものとみられる」
と分析した。これに関し、この青瓦台関係者は
「安倍首相の言葉を伝えるのは不適切だ」
と指摘した。 

  また

「我々はすでに日本の反動たちが分別なく振る舞っていれば永遠に平壌(ピョンヤン)行きの切符を得られないだろうと警告した」
と付け加えた。