韓国政府の支援を受けているテレビ局が4月10日、韓米首脳会談を報道する際、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の写真の下に北朝鮮の

「人民共和国旗」
(人共旗)を付した映像を放送した。
「放送事故」
だった。テレビ局側は
「文大統領が米朝対話を仲裁する考えを持って訪米の途に就いたことを強調しようとした」
と釈明した。だから画面上方には韓米首脳の顔、下方には米朝の旗を表示したのだ、という意味のようだった。これが怒りを買った。
「単なるミス」
ではなく
「意図的」
ということになったからだ。 関連記事には、文大統領と人共旗をセットにしてあざけるコメントが山ほど付いた。
「真実の報道」
だといった当てつけが多かった。すると今度は、文大統領支持者がカッとなった。韓国大統領府(青瓦台)の請願掲示板には
「このテレビ局に支給される年間300億ウォン(約29億5000万円)の財政補助金をなくしてしまえ」
という書き込みがアップされ、15万人が
「賛成」
ボタンを押した。同テレビ局は最近、麻薬事件の被疑者のグラフィックを故・盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領に似せて作ったという非難も受けていた。 韓国のテレビで
「国旗ミス」
が起きるのは珍しくない。2014年のアジア大会では、韓国の水泳選手の名前横に日本の日章旗が付き、12年のロンドン・オリンピックでは太極旗があるべき位置に中国の五星紅旗があった。大韓民国を
「大韓日本」
と書いた字