米国のエスパー国防長官は9日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領や韓国大統領府の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長(閣僚級)らと会談し、韓米同盟の重要性を強調すると同時に防衛費分担金増額問題を議題として取り上げたことがわかった。エスパー長官は防衛費増額の規模などその具体的な内容については言及しなかったが、防衛費をめぐる政策に対するトランプ大統領の基本的な考え方を何度も強調したという。韓国大統領府のある幹部は

「防衛費に関する数字や金額など、具体的な話は出なかった」
としながらも、防衛費問題が取り上げられたこと自体は否定しなかった。ある外交官幹部OBは
「エスパー長官は文大統領に防衛費政策について大枠で説明し、詳しい内容は鄭室長に別に伝えたのだろう」
と予想した。 韓国大統領府によると、エスパー長官はこの日行われた文大統領との面会で
「就任から12日が過ぎたが、最初の海外歴訪先はインド太平洋地域とした」
「この地域に平和と安定、そして繁栄のメッセージを伝えたかったからだ」
と説明した。エスパー長官は自らのおじが6・25戦争に参戦したことを伝えた上で
「共同の犠牲に基づく韓米関係が今後もさらに発展していくことを期待する」
と述べた。