世界的な半導体不足現象を解決するため、ホワイトハウスがサムスン電子を呼び出した。韓米日3カ国安保室長会議でも

「半導体供給網協力」
が案件ということが分かった。 

 ブルームバーグ通信は1日(現地時間)、ホワイトハウスのジェイク・サリバン大統領補佐官(国家安全保障担当)とブライアン・ディース国家経済会議(NEC)委員長が産業界の指導者らと会い、世界的な半導体の品薄減少とその対策について話し合う予定だ招かれた企業の中には、半導体メーカーのサムスン電子、グローバルファウンドリーズと、自動車メーカーのゼネラルモーターズ(GM)が含まれている。世界の産業界はコロナの大流行以降、米中対立や家電・IT業界の半導体需要増加など複合的な要因により半導体不足現象に直面している。特に車両用半導体の需給難が深刻で、GMなど多くのメーカーが減産に入った。半導体不足がコロナ後の景気回復の足かせになるだろうという懸念も浮上している。         半導体業界ではホワイトハウスのサムスン電子呼び出しを、米国内にある半導体ファウンドリー(委託生産)工場増設を急げ、という強力な圧迫として解釈している。サムスン電子は昨年から、韓国・平沢と米国テキサス州オースチン、ニューヨーク州バッファロー、アリゾナ州などを新規ファウンドリー工場候補地として検討してきた。  

 ホワイト