米インド太平洋軍が、北朝鮮の弾道ミサイル発射に関連する声明で

「日本海(国際水路機関による国際表示、韓国は東海を主張)」
と表記したことについて
「日本海」
と表記すべきだったとして訂正したと共同通信が26日報道した。 インド太平洋軍は25日、北朝鮮の弾道ミサイル発射後に出した声明で
「私たちは日本海(国際水路機関による国際表示、韓国は東海を主張)(the East Sea)海上から発射された北朝鮮のミサイルについて認知している」
として、当該水域を
「日本海(国際水路機関による国際表示、韓国は東海を主張)」
と表記した。これに対して日本の酒井学官房副長官は定例記者会見で
「日本海(the Sea of Japan)が国際的に確立された唯一の呼称であることが私たち(日本)の立場」
だとし、米国政府に日本の立場を伝え訂正を要求したと明らかにした。 インド太平洋軍は
「日本海(国際水路機関による国際表示、韓国は東海を主張)」
表記と関連して日本の要求を受け入れ、
「『日本海』または『朝鮮半島東方海域』と表記すべきだった」
として、訂正文を発表したと同通信は伝えた。