米国の16ある情報機関を統轄する国家情報局(DNI)のダン・コーツ長官が議会での聴聞会で

「情報当局による持続的な評価」
と前置きした上で
「北朝鮮の指導者たちは、究極的には核兵器を政権生き残りのため非常に重要な手段と考えている。枝葉末節的な合意が大々的に宣伝され、何か大きな進展があったかのような発表が間違いなく行われるだろう。

【社説】「金正恩は核を放棄しない」と証言する米情報当局トップたち 続きを本紙で読む 》