2019年2月6日、・マネートゥデイによると、韓国では若者の間に広がる
「日本食ブーム」
により、日本語のメニューや商品が急増している。これに対し、一部からは反感の声が上がっているという。 

記事によると、韓国のSNSで日本式発音の

「サンド」
を検索すると約9000件に及ぶ投稿がヒットする。韓国では日本式サンドイッチが人気を集めており、
「たまごサンド」
「フルーツサンド」
「カツサンド」
はそれぞれ4万2000件、2万4000件、1万1000件の投稿がヒットする。そのほか抹茶、コーヒー、もち、あんバター、ケーキなども日本式発音がよく使われているという。 

また、店名を日本語で付ける飲食店も多い。

「シアワセ」
「ココロベントウ」
などの日本語をハングルで表記するケース、さらに平仮名やカタカナで表記するケースもあるという。全州にあるとんかつ専門店は看板が日本語、さらにメニューが全て
「オヤコドン」
「アゲダシドウフ」
など日本式発音で表記されている。 

これに対し客の一部からは反感の声も上がっている。ある20代の会社員は

「すし屋でイカ、エンガワと書かれていたのでどういう意味かと尋ねると、店員にこんなことも知らないのかという顔をされ驚いた」
と話したという。 

さらに最近では、大手企業が

「オルクン(韓国語でピリ辛の意)ウドン」
との名前で販売してい
看板もメニューも全部日本語!?韓国の“日本化”に反感の声も 続きを本紙で読む 》