韓国外交長官、国連で慰安婦に言及…「被害者中心の取り組みを欠いていた」

2018年2月27日 ニュース, 韓国・中央日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

  韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は26日(現地時間)、スイス・ジュネーブで開かれた第37回国連人権理事会総会で旧日本軍慰安婦問題に言及した。 

  慰安婦合意以降、国際舞台で慰安婦問題について韓国政府の立場を明らかにしたのは初めて。その間、韓国政府は2015年12月の慰安婦合意内容に基づき、国連など国際舞台で慰安婦問題に言及していなかった。 

  康長官は

「慰安婦問題を解決しようという努力で被害者中心の取り組みを欠いていたことを認める」
と述べた。続いて
「韓国政府は被害者の傷を癒やして尊厳と名誉を回復するために被害者、家族、市民団体と協力する」
とし
「過去の過ちが繰り返されないよう現在と未来の世代が歴史の教訓から学ぶことが重要だ」
康長官はこの席で日本には言及せず戦時中の性犯罪と話した。 

  また、康長官は北朝鮮に核・ミサイル開発を放棄して北朝鮮住民の人権状況を改善すべきだと促した。このほか世界各国で起きている

「ミートゥー運動」
を支持し、性の平等のためにどれほど努力すべきかを見せていると評価した。 

  この日、外交長官として初めて人権理事会で基調演説をした康長官は27日に国連ジュネーブ事務局で開かれる

韓国外交長官、国連で慰安婦に言及…「被害者中心の取り組みを欠いていた
続きを本紙で読む 》

韓国外相が国連人権理事会出席を検討 慰安婦問題に言及か

2018年2月14日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【ソウル聯合ニュース】韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官がスイス・ジュネーブで26日から開かれる国連人権理事会への出席を検討していることが14日、複数の政府筋の話で分かった。基調演説を行う場合、旧日本軍慰安婦問題と北朝鮮人権問題を取り上げるとみられる。

 韓国政府は慰安婦問題を巡る2015年末の韓日合意に対する検証結果を昨年末に発表し、これを基に先月9日、合意への対応方針を発表した。康氏はその席で、合意は問題の真の解決にならないとし、

「日本が自ら国際的かつ普遍的な基準に基づき、真実をありのまま認め、被害者の名誉、尊厳の回復と心の傷を癒やすための努力を続けることに期待する」
とした。また、
「被害者がいちずに望むことは自発的かつ真の謝罪」
と強調した。 人権理事会で慰安婦問題に言及する場合、韓国政府の新たな対応方針を国際社会に示すという意味を持つことになりそうだ。 政府は韓日合意後の16年と17年の人権理事会では演説で慰安婦問題を取り上げなかった。これは合意に明示された
「国際社会で互いを非難・批判することは控える」
を意識したものとされる。一方、日本は国連女性差別撤廃委員会などで慰安婦の強制連行を否定することに外交力を注いできた。 また、南北関係が改善の流れに転じた中で、康氏が北朝鮮の人権問題をどの程度取り上げるかも注目される。
韓国外相が国連人権理事会出席を検討 慰安婦問題に言及か 続きを本紙で読む 》

安倍首相が平昌五輪開会式出席へ 「文大統領に伝えるべきこと多い」

2018年1月24日 ニュース, 韓国・中央日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

  安倍首相が来月の平昌(ピョンチャン)オリンピック(五輪)開会式に出席する意向を明らかにした。 

  安倍首相は23日、首相官邸で産経新聞の単独インタビューに応じ、

「五輪は平和とスポーツの祭典であり、日本は2020年に東京五輪を主催する立場だ。諸般の事情が許せば平昌五輪開会式に出席し、日本人選手たちを激励したい」
と述べた。当初は不参加の可能性が高かったことに関しては
「何をすべきかを熟慮して判断し、実行するのは政権を担う者の責任だ」
と説明した。 

  安倍首相は開会式出席に合わせて文在寅(ムン・ジェイン)大統領と首脳会談もする計画だ。旧日本軍慰安婦問題が会談の議題として扱われる見通しだ。 

  安倍首相はこの日のインタビューで

「現地で文大統領とぜひ会談したい。慰安婦問題をめぐる日韓合意について韓国が一方的にさらなる措置を求めることは受け入れることはできない。この考え方を直接伝えるべきだと考えている」
と明らかにした。またソウル日本大使館前の少女像について
「当然強く(少女像撤去を)主張することになる」
と強調した。 

  南北対話については

「五輪は五輪で切り離して考えるべきだ。北朝鮮への圧力を最大化していく方針はいささかもぶれて
安倍首相が平昌五輪開会式出席へ 「文大統領に伝えるべきこと多い
続きを本紙で読む 》

米中日ロと協力強化 対日ではシャトル外交などへ努力=韓国外交部

2018年1月19日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部は19日の5官庁合同の業務報告で、今年は朝鮮半島の平和・安定基盤の造成と実質的協力の促進を目指し、朝鮮半島を取り巻く4大国(米国・中国・日本・ロシア)との戦略的疎通・連携を強化していくと明らかにした。

 対日関係では、旧日本軍慰安婦問題などの歴史問題と実質的協力を切り離して対応するという基本方針の下、首脳間のシャトル外交の復活など実質的協力の推進に努めるとした。慰安婦問題については、歴史の真実に立脚した被害者中心の解決を目指すと報告した。 また、来月の平昌冬季五輪と今年の

「韓日共同宣言」
20周年を両国関係格上げの契機にしたいと強調した。同宣言は1998年、両国の未来志向的な関係発展を目指し当時の金大中(キム・デジュン)大統領と小渕恵三首相が発表した。 対米関係では、首脳間の緊密な関係を生かして両国関係を発展させ、対北朝鮮政策での協力、在韓米軍の駐留経費負担、改定交渉に入っている両国自由貿易協定(FTA)などについては互恵的な解決を目指すと報告した。 中国とは高官級戦略対話の活性化などで交流・協力を加速させる一方、中国漁船の違法操業などデリケートな問題については慎重に対応するとした。

米中日ロと協力強化 対日ではシャトル外交などへ努力=韓国外交部 続きを本紙で読む 》

米中日ロと協力強化 対日ではシャトル外交などへ努力=韓国外交部

2018年1月19日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部は19日の5官庁合同の業務報告で、今年は朝鮮半島の平和・安定基盤の造成と実質的協力の促進を目指し、朝鮮半島を取り巻く4大国(米国・中国・日本・ロシア)との戦略的疎通・連携を強化していくと明らかにした。

 対日関係では、旧日本軍慰安婦問題などの歴史問題と実質的協力を切り離して対応するという基本方針の下、首脳間のシャトル外交の復活など実質的協力の推進に努めるとした。慰安婦問題については、歴史の真実に立脚した被害者中心の解決を目指すと報告した。 また、来月の平昌冬季五輪と今年の

「韓日共同宣言」
20周年を両国関係格上げの契機にしたいと強調した。同宣言は1998年、両国の未来志向的な関係発展を目指し当時の金大中(キム・デジュン)大統領と小渕恵三首相が発表した。 対米関係では、首脳間の緊密な関係を生かして両国関係を発展させ、対北朝鮮政策での協力、在韓米軍の駐留経費負担、改定交渉に入っている両国自由貿易協定(FTA)などについては互恵的な解決を目指すと報告した。 中国とは高官級戦略対話の活性化などで交流・協力を加速させる一方、中国漁船の違法操業などデリケートな問題については慎重に対応するとした。

米中日ロと協力強化 対日ではシャトル外交などへ努力=韓国外交部 続きを本紙で読む 》

韓日外相がカナダで会談 慰安婦問題で互いの立場伝える

2018年1月18日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【ロサンゼルス聯合ニュース】北朝鮮問題に関する外相会合に出席するためカナダ・バンクーバーを訪問中の韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官が16日午前(現地時間)、日本の河野太郎外相と朝食を交えて会談し、北朝鮮の核や旧日本軍慰安婦問題について意見を交わした。韓国外交部によると、康氏は慰安婦問題に関する韓国の立場を説明し、河野氏も日本の立場を伝えた。

 また、来月9日に韓国で開幕する平昌冬季五輪に関し、康氏は

「安倍晋三首相が出席を決めるなら歓迎する」
との姿勢を改めて伝えた。河野氏は国会日程などを踏まえて早期に知らせるとした。 これに関し、自民党の二階俊博幹事長が平昌五輪の開会式に安倍首相が出席できるよう国会日程などの調整を図りたい考えを示したと、NHKが報じている。

韓日外相がカナダで会談 慰安婦問題で互いの立場伝える 続きを本紙で読む 》

安倍首相が北の姿勢を高く評価、慰安婦合意では韓国けん制

2018年1月8日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

 日本の安倍晋三首相が7日、NHKの番組に出演し、北朝鮮が平昌冬季五輪に参加する意向を表明したことについて

「このような変化を(高く)評価したい」
と述べた。 安倍首相は番組で
「北朝鮮が平昌五輪に協力する姿勢を示した」
と評価した。さらに
「対話のための対話では意味がない」
として
「具体的な行動があってこそ意味ある対話になる」
と強調した。 旧日本軍慰安婦問題に関する韓日合意については
「合意は国と国との約束だ」
として
「約束したことは誠意をもって実行してほしい」
と韓国をけん制した。 日本の長距離巡航ミサイル導入に関連して安倍首相は
「国民の生命を守るため、質の高い防衛力を持たなければならない」
として
「国民の理解を得られると思う」
と述べた。 日本政府は今年の予算案に、射距離1000キロの長距離対艦ミサイルなど3種類の長距離巡航ミサイル導入に関する調査費用として22億円を計上した。これについては
「専守防衛」
の原則に反し、自衛隊に北朝鮮などの敵を攻撃する能力を付与するのと同じだとして批判が出ている。 改憲に関しては
「十分に国会で議論し、国民の理解が深まることを期待する。できるだけ多くの党の賛成を得た上で、国会で発議したい」
と述べた。また、今秋に行われる自民党総裁選については
「今月召集される通常国会が閉会し、セミの声が聞こえてきた後に判断したい」
と説明した。

安倍首相が北の姿勢を高く評価、慰安婦合意では韓国けん制 続きを本紙で読む 》

慰安婦被害者の音声データ公開 「支給金を財団に返して」=韓国市民団体

2017年12月30日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【統営聯合ニュース】韓国外交部長官直属のタスクフォース(TF、作業部会)が旧日本軍慰安婦問題を巡る2015年末の韓日合意に対する検証結果を発表したことを機に、慰安婦被害者支援の市民団体が29日、被害者が

「和解・癒やし財団」
から慰労金として渡された1億ウォン(約1000万円)の現金を財団に返す意思を示した音声データを公開した。 和解・癒やし財団は韓日合意に基づき日本政府が拠出した10億円を活用して設立された韓国女性家族部所管の財団で、被害者に現金を支給してきた。 この音声データは、慰安婦被害者を支援する南部、慶尚南道の市民団体が今年1月に被害者のキム・ボクドゥクさんを入院先の病院に訪ね、録音した会話だ。現金を返還する意思があるかを問われたキムさんは
「(財団に)返して」
と3回、はっきり答えた。 市民団体はキムさんのこうした意思を財団側に伝え、何度も返還手続きを求めてきたが、財団は対応していない。 このほどの検証結果で韓日合意に
「裏合意」
と受け止められる非公開部分があったことが明らかになったため、市民団体は録音した会話を公開することでキムさんの返還意思をあらためて示すとともに、財団に速やかな対応を求めた。 キムさんへの現金支給に関しては、財団が本人の同意なく親戚に渡していたとされ、1月に問題となっていた。キムさんはこの時、
慰安婦被害者の音声データ公開 「支給金を財団に返して」=韓国市民団体 続きを本紙で読む 》

韓国大学生、少女像前で「売国的慰安婦合意を直ちに破棄せよ」

2017年12月28日 ニュース, 韓国・中央日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

  韓日両国間慰安婦合意が妥結して2年目になる28日、駐韓日本大使館近隣ではこの合意を破棄しなければならないという大学生の声が続いた。 

  旧日本軍慰安婦問題の解決のために組織された大学サークル連合

「平和蝶ネットワーク」
はこの日午前、ソウル中学洞(チュンハクトン)駐韓日本大使館前で記者会見を行って
「2015韓日慰安婦合意を直ちに破棄しなければならない」
と促した。 

  参加者は前日、韓日慰安婦合意検証TF(タスクフォース、作業部会)が2015年両国間合意当時、裏面合意があったと明らかにしたことに対して

「朴槿恵(パク・クネ)政府と安倍政府の裏面合意が明るみに出て怒らざるを得ない。被害者たちは日本の謝罪を受けるために72年を待ってきた。さらに待たせるのは暴力だ」
と主張した。 

  彼らは

「文在寅(ムン・ジェイン)政府は慰安婦合意問題を外交と結びつけてはならない」
とし
「安倍政権の妄言」
「日本政府の責任否定」
などの文面が書かれたボックスを足で蹴るパフォーマンスを披露した。 

  この日正午、同じ場所で

「民主主義自主統一大学生協議会」
(民大協)所属の大学生も記者会見を行って
「お金で慰安婦問題を覆ってしまおうとする韓日慰安婦合意は直
韓国大学生、少女像前で「売国的慰安婦合意を直ちに破棄せよ
続きを本紙で読む 》

2018年韓日関係のゆくえ、1週間後の慰安婦TF報告書にかかっている

2017年12月20日 ニュース, 韓国・中央日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

  2015年に韓日政府の間で行われた旧日本軍慰安婦問題の交渉過程および合意内容に対する韓国外交部長官直属のタスクフォース(TF)による検討報告書が27日に発表される。日本は合意遵守を主張しており、今回の報告書の発表が来年の韓日関係を予想するものさしになるものとみられる。 

  今回発表される報告書には、旧日本軍慰安婦合意の過程で慰安婦被害者の意見が十分に反映されなかった点、

「最終的かつ不可逆的な解決」
など一部の合意文言に関連した問題点を指摘しながら、今後の政策的方向を勧告する内容が盛り込まれるものとみられる。 

  康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は19日、東京で開かれた韓日外相会談でTFの進行状況などを説明したが、河野太郎外相は

「慰安婦合意の着実な履行が重要だ」
という立場を再度表明した。 

  これに先立ち、康長官は19日、韓日外相会談のために日本に到着した直後、羽田空港で記者団からTF報告書に関する質問を受けると、TFによる結果が韓国政府の立場と完全に一致するものではないという点も日本側に説明すると答えていた。 

  慰安婦合意そのものに対する韓国政府の最終的な立場は報告書の内容に基づいて後ほど別途発表されるが、

2018年韓日関係のゆくえ、1週間後の慰安婦TF報告書にかかっている 続きを本紙で読む 》