【釜山聯合ニュース】韓国の釜山市は12日午後、市民団体が日本総領事館前近くの歩道に置いていた強制徴用労働者を象徴する

「労働者像」
を行政代執行により撤去した。市民団体の反発が予想される。

 釜山市は像を同市内の

「国立日帝強制動員歴史館」
に移動させたようだ。 団体と総領事館前の道路を管轄する釜山市東区は、像を総領事館近くの公園に臨時設置することで合意していた。 だが、釜山市は外交上の問題などから、歴史館に設置するよう求めていた。