反省の色なし?逮捕状請求棄却のV.I、翌日の行動に批判殺到

2019年5月16日 Recordチャイナ, ニュース , , , , ,

2019年5月16日、売春あっせんや買春、横領などの疑惑が持たれているのアイドルグループ
「」
の元メンバー、V.I(スンリ)が、自身に対する逮捕状請求が棄却された翌日に体育施設を訪れていたことが分かり、韓国で批判の声が上がっている。 

ソウル中央地裁は14日にV.Iに対する逮捕状請求を棄却した。裁判所はその理由について

「主要容疑である横領については争う余地があり、残りの疑惑についても証拠隠滅の恐れなど拘束事由が認められない」
と説明した。 

韓国・スポーツソウルによると、逮捕状請求が棄却されたV.Iは14日午後10時50分ごろに留置場から自宅に戻ったが、翌日の午後10時30分ごろにはソウル市内の体育施設から運動を終えて出てきた。施設では青い道着を着用。出てくる時は黒い帽子に蛍光緑のジャンバーをはおった姿で登場し、笑みを浮かべつつ待機していた黒いセダンに乗り込んだという。記事は

「常識では理解できない。騒ぎを起こした責任を自覚しているなら、容疑を認めているかいないかは別として自粛するべきだが、スンリは終始堂々とした様子だった」
とし、
「令状棄却より不届きなマイウェイ」
「スンリに誠実さはないのだろうか」
などと批判している。 

その他のメディアも

「図々しい行動」
「謹慎する気がない」
「芸能界引退を宣言したスンリにとってイメージ管理は必要ないという
反省の色なし?逮捕状請求棄却のV.I、翌日の行動に批判殺到 続きを本紙で読む 》

安倍首相「北の非核化は米中ロと協力」、韓国には言及もせず

2019年5月8日 ニュース, 朝鮮日報 ,

 日本の安倍晋三首相は6日午後9時40分から約40分にわたり、米国のトランプ大統領と電話会談を行った。安倍首相は9日前、ワシントンでトランプ氏と共に首脳会談とゴルフをしたばかりだ。6日の電話会談は、4日に北朝鮮がミサイルを発射したことを受けて安倍首相側が呼び掛けた。

「ドナルド-晋三」
の電話会談は今回が30回目で、実際に顔を合わせて会談したのも含めれば40回目だ。 安倍首相は電話会談終了後、午後11時ごろに記者会見を開き
「トランプ大統領と、最新の北朝鮮情勢について今回(ミサイル発射)の事案を含めて意見交換を行い、今後の対応について綿密なすり合わせを行った」
と述べた。 トランプ大統領との
「一致した認識」
を基に米・日が共に行動していくことに言及した安倍首相は、中国・ロシアとも協力するとの立場を示した。安倍首相は
「朝鮮半島(韓半島)の非核化は、首脳会談を通じてロシアのプーチン大統領とも中国の習近平国家主席とも認識を共有している」
と述べた。さらに
「日本は国際社会と連携して朝鮮半島の非核化、同地域の平和と安定のために積極的な役割を果たしていく考えだ」
と強調した。安倍首相は韓半島問題に触れながらも
「韓国」
には一言も言及しなかった。韓国と文在寅(ムン・ジェイン)大統領を協力対象から除外したのだ。 安倍首相は北朝鮮のミサイルについても
「米・日の専門家が協力して分析する」
と述べ、韓国を除外した。
安倍首相「北の非核化は米中ロと協力」、韓国には言及もせず 続きを本紙で読む 》

5Gで「世界初」を奪った韓国、背後にファーウェイの影―中国メディア

2019年4月10日 Recordチャイナ, ニュース , , , , ,

2019年4月9日、参考消息は、
𰃅Gで『世界初』を奪った、背後にファーウェイの影」
と題する記事を掲載した。 

韓国では3日午後11時、通信大手3社がスマートフォン向け5Gサービスを前倒しで開始した。対象は一部の芸能人だけだが、米ベライゾンのサービス開始より2時間早い。記事は

「中国を含む多くの国・地域で5G応用技術は成熟。5G普及が時間の問題だということは暗黙の了解だが、『世界初』をめぐる米韓の争奪戦はやはり全世界の注目を浴びた」
と指摘し、
「この『ショー』の結果がどうであれ、背後には中国企業の影が見えるようだ」
として、
「韓国の『世界初』奪取は華為技術(ファーウェイ)のサポートと切り離せない」
と述べる香港紙サウスチャイナ・モーニングポスト(SCMP)の記事を紹介した。 

SCMPは5日付の記事で、韓国の通信大手3社の一角を占めるLGユープラスが5Gネットワークにファーウェイの基地局などを採用したことを伝え、さらに両社のパートナー関係が延長され、LGユープラスの4Gネットワークとの互換性が確保されることなどに言及。同紙は

𰃅Gプロジェクトで、韓国はファーウェイ排除という米国の警告を聞き入れなかった。韓国のこの戦略こそが『世界初』をもたらしたのだ」
とも説明したという。 

参考消息はまた、ベライゾンについても

𰃅G端末となるのは、14年に
5Gで「世界初」を奪った韓国、背後にファーウェイの影―中国メディア 続きを本紙で読む 》

韓国と米国が5Gサービス開始も電波の届きや速度は不安定―米華字メディア

2019年4月9日 Recordチャイナ, ニュース , , , , ,

2019年4月8日、米華字メディアの多維新聞は、と米国が前後して、スマートフォン向けに次世代通信規格の5G通信サービスを始めたが、電波の届きや通信速度は不安定なようだ 

記事はまず、韓国の状況について、

「韓国通信最大手SKテレコムは3日午後11時、有名人6人への5Gサービスを始動した。5日には一般のスマホユーザーへのサービスも開始し、電子も同日、韓国で唯一5G通信に対応した新型スマートフォン『Galaxy S10 5G』を発売した」
と紹介した。 

そして、日本経済新聞の記者がソウル市内のSKテレコムの代理店内で、通信速度を測るアプリを使い、

「Galaxy S10 5G」
で5Gの通信速度を、昨年発売の
「Galaxy S9」
で4Gの通信速度をそれぞれ3回ずつ測定したところ、結果は5Gが平均で毎秒193メガビット、4Gは同47メガビットとなったこと、屋外では、5Gは平均で毎秒430メガビットとなったこと、ただ町を歩き始めると、5Gの通信はよく途切れて4Gに切り替わることも少なくなかったこと、地下鉄の駅の階段を降りていくと、5Gの電波をつかまえるのも難しくなったことなどを紹介した。 

記事は続いて、米国の状況について、

「韓国より1時間遅れて米通信最大手ベライゾン・コミュニケーションズが、シカゴとミネアポリスで5Gスマホのサービス
韓国と米国が5Gサービス開始も電波の届きや速度は不安定―米華字メディア 続きを本紙で読む 》

「世界初」は渡さない!韓国が急きょ5Gサービスを開始=韓国ネット「誇らしい快挙」「1位がそんなに大事?」

2019年4月4日 Recordチャイナ, ニュース , , , , ,

2019年4月4日、メディアの日刊スポーツなどは
「韓国が米国より2時間早く『世界初の5G移動通信の商用化』を発表した」
 

記事によると、韓国の通信大手3社は3日午後11時、当初は5日に予定されていたスマートフォン向け5Gサービスを開始した(一部の芸能人限定)。急きょ前倒しされた理由は、米国の通信大手ベライゾンが11日に予定していた

𰃅Gサービスの商用化」
を4日午前1時に変更し、
「世界初」
の座が奪われそうになったためだという。韓国の政府と通信社は
「端末機や料金制などが準備されているため、早期の商用化が可能」
と判断した。一般向けサービスは予定どおり5日に開始する。 

これに、韓国のネットユーザーからは

「すごい。韓国が世界初!子どもたちの技術の教科書に載るだろうな」
「世界初には大きな意味がある。PRする時も大きな強みになる」
「ITの世界初が持つ意味は他の分野より大きい。誇らしい快挙だ」
「これからもずっとインターネット強国の座を守り抜いてほしい」
など喜ぶ声が上がっている。 

一方で

𰃁位でなければ価値がないの?」
「情けない。当初の予定どおりでいいのに。前倒しになったことで職員たちは死に物狂いで働かされただろう。そしてその費用は顧客に負担させるんでしょ?」
「世界初に命を懸けて世界の笑い者にならないように…」
「どの国が世界初かなんて
「世界初」は渡さない!韓国が急きょ5Gサービスを開始=韓国ネット「誇らしい快挙」「1位がそんなに大事?
続きを本紙で読む 》

金浦空港で職員暴行の厚労省課長は常習犯? 2日前にも騒動

2019年3月23日 ニュース, 朝鮮日報 , , ,

 金浦空港で19日、空港職員に暴行を加えたとして韓国の警察に立件された日本の厚生労働省課長が、事件の2日前にも同様に金浦空港で暴行を働いていたことが分かった。 空港関係者によると、厚生労働省の武田康祐課長は17日午後7時10分ごろ、金浦空港で泥酔状態で日本行きの旅客機に搭乗しようとしたところを空港関係者に制止された。武田氏はこのとき、航空会社の職員の顔を突くなどの暴行を働いたという。 武田氏は1時間ほど暴れ続け、一般の搭乗客に対しても大声を上げていたという。騒動が拡大したため空港特別警備隊などが出動し、武田氏は搭乗ゲートから出国エリアの外に強制的に連れ出された。 結局武田氏はこの日、日本行きの飛行機には搭乗できず、タクシーで空港を後にした。空港職員には

「日本大使館に連絡してほしい」
と要請していたという。武田氏はこの日の騒動に関しては立件されていないことが分かった。 しかし2日後の19日に金浦空港で再び空港職員に暴行を加えた件については、暴行容疑で立件された。 19日の騒動について航空会社や空港警察の説明を総合すると、武田氏は同日午前8時30分ごろ、酒に酔った状態で搭乗口まで来て飛行機を待っていた。航空会社の職員が搭乗を制止すると、暴れ始めたという。 NEWSISが読者から提供された現場の動画を解析したところ、武田氏はふらふらの状態で、自分を制止した空港職員の顔や胸を拳で突いた
金浦空港で職員暴行の厚労省課長は常習犯? 2日前にも騒動 続きを本紙で読む 》

「被害者に申し訳ない」 V.Iが被疑者として出頭

2019年3月14日 芸能 , , , , , ,

 売買春あっせんなどの疑いがもたれているBIGBANGのV.I(28)が被疑者として事情聴取を受けるため、警察に出頭した。 V.Iは14日午後2次3分ごろ、ソウル地方警察庁に姿を見せた。この日、暗い表情で警察に出頭したV.Iはまず、頭を下げて

「国民の皆さん、被害を受けた方たちに心から謝罪申し上げる」
とコメントした。 さらに、V.Iは
「真摯な受け答えで誠実に調べに臨む」
と述べた後、建物に入って行った。
「性的接待の容疑を認めるのか」
などという報道陣の質問には最後まで答えなかった。 V.Iが警察に出頭したのは今回が二度目だ。

「被害者に申し訳ない」 V.Iが被疑者として出頭 続きを本紙で読む 》

盗撮映像を歌手仲間と共有?性接待斡旋疑惑の「BIGBANG」V.Iにさらなる事実発覚―韓国

2019年3月11日 芸能 , , , , ,

2019年3月11日、・SBSfunEは、性接待斡旋などの疑惑が浮上している韓国の男性グループ
「」
のV.I(スンリ)について、
「ある男性歌手2人と、女性を隠し撮りした動画をメッセンジャーアプリで共有していた事実が発覚した」
 

SBSfunEによると、警察の捜査状況をよく知る関係者は

「警察に提出されたメッセンジャーアプリの証拠のうち、違法に撮影・流通された隠しカメラの動画と写真は約10件に上る」
とし、
「一部はスンリと別の芸能人2人が参加するトークルームでも共有されていた」
と話した。SBSfunEが入手したトークルーム記録によると、16年1月9日午後8時42分にスンリの事業を手伝っていた知人キムさんが、男女が性行為する場面の動画と写真を送信し、これを見たスンリが
「誰?ああ、○○さんか(笑)」
と返信している。記事は、キムさんについて
「警察が10日に脱税の疑いで家宅捜索をしたクラブに勤務していた人物」
と紹介。また、
「トークルームには映像の男性も参加していた。動画の撮影場所は宿泊施設で、女性は酒に酔った状態で自身が撮影されていることに気付いていない様子だ」
と説明している。 

さらにキムさんはその後、同じ女性が写った写真を3枚送信。これに対し、映像の男性は

「笑」
と返信している。記事は
「動画の中の男性は、その行動から隠しカメラの存在を知っていたと思
盗撮映像を歌手仲間と共有?性接待斡旋疑惑の「BIGBANG」V.Iにさらなる事実発覚―韓国 続きを本紙で読む 》

ソウルの空覆うPM2.5、「市民は毎日、対ガス攻撃訓練を受けている気分」と韓国紙、被害は済州島にも

2019年3月9日 Recordチャイナ, ニュース , , , ,

ソウル首都圏などで微小粒子状物質()の濃度が連日上昇し、紙は
「毎日、対ガス攻撃訓練を受けている気分」
との市民の声を伝えた。事態を重視した大統領は強力な対応を指示したが、大気汚染の被害は韓国で最も空気がきれいとされる南部の済州島にも広がっている。 

朝鮮日報によると、世界的な大気汚染調査機関

「エアビジュアル」
(AirVisual)の都市別空気質指数(AQI・PM2.5などさまざまな大気汚染の数値を評価する指数)で、5日午後5時現在の大気汚染度世界第1位はソウル市、2位は仁川市だった。国際環境団体
「グリーンピース」
が経済協力開発機構(OECD)加盟国の都市ごとにPM2.5の濃度を測定した結果でも、汚染度が高い上位100都市のうち韓国の都市が44都市も入り、加盟国の中で最も多かった。 

こうした大気汚染のため5日午前、ソウル・光化門広場からは約2キロメートルの距離にある北岳山が見えなかった。粒子状物質に覆われたソウル市内は周囲の物を見分けることすら難しく、同日正午、ワールド・タワー展望台入口にある案内板には

「視界1~4キロメートルの」
と書かれていた。121階の展望台に上がると、約3キロメートルの離れた蚕室総合運動場でさえ屋根の輪郭がやっと分かる程度だった。 

同紙は

「PM2.5が庶民の生活を一変させている。野外活動が減り、経済にも悪影響
ソウルの空覆うPM2.5、「市民は毎日、対ガス攻撃訓練を受けている気分」と韓国紙、被害は済州島にも 続きを本紙で読む 》

金正恩、専用列車でハノイに出発…ベトナム公式親善訪問も

2019年2月25日 ニュース, ハンギョレ , ,

 金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮国務委員長がベトナムのハノイで開かれる2回目の朝米首脳会談に参加するため、23日午後平壌駅で専用列車に乗り出発したと、労働新聞と朝鮮中央通信が24日報道した。 今回の訪問には、キム・ヨンチョル、リ・スヨン、キム・ピョンヘ、オ・スヨン労働党副委員長と、リ・ヨンホ外相、ノ・グァンチョル人民武力相、キム・ヨジョン党第1副部長、チェ・ソンヒ外務省副相らが同行したと朝鮮中央通信は伝えた。しかし、夫人のリ・ソルジュ女史については言及がなかった。ドナルド・トランプ米大統領の夫人メラニー・トランプ女史との“ファーストレディ外交”はなされないと見られる。 金委員長は

「グエン・フー・チョン・ベトナム共産党書記長兼国家主席の招請でベトナムを公式親善訪問する」
としながら、
「訪問期間中に両国最高指導者の対面と会談が行われる」
と通信は伝えたが、ベトナム公式親善訪問の期間については言及されなかった。 平壌駅にはキム・ヨンナム最高人民会議常任委員長、チェ・リョンヘ党副委員長、パク・ポンジュ内閣首相など、党、政府、軍幹部が見送りに出て金委員長を歓送した。労働党機関紙
「労働新聞」
はこの日1面に金委員長が平壌駅で儀仗隊を査閲する姿、列車に乗り込む前に手を振り挨拶する姿を含む写真4枚と共に金委員長のベトナム行きの便りを住民にも知らせた。 金委員長が乗ったと推定される列車は、23日午
金正恩、専用列車でハノイに出発…ベトナム公式親善訪問も 続きを本紙で読む 》

BIGBANGメンバーが取締役を務めた有名クラブ、麻薬疑惑浮上で廃業

2019年2月18日 ニュース, 朝鮮日報 , ,

 ソウル江南区駅三洞のホテル内にある有名クラブ

「バーニングサン」
が17日、閉店した。暴行、性的暴行、麻薬などの事件の温床になっているとの疑惑を受け、自発的に廃業したものだ。 バーニングサンをめぐる論争は、昨年11月に起きた暴行事件がきっかけだった。当時同店舗を訪れた男性は
「クラブ従業員に強制的に連れて行かれる女性を助けようとして、警備員に一方的に殴られた」
とした上で、
「自分が被害者なのに警察は自分だけを逮捕した」
とし、警察と店側の癒着疑惑を指摘した。 その後、バーニングサンをめぐるさまざまな疑惑が浮上し、連日インターネット上をにぎわした。内容は来店客がVIPルームなどに女性を誘い込み、性的関係を強制した疑惑、その過程でγ-ヒドロキシ酪酸(GHB)と呼ばれる麻薬が使用された疑惑などだ。 人気アイドルグループBIGBANGのメンバー、イ・スンヒョン(28、愛称スンリ)も疑惑の渦中に巻き込まれた。クラブの広報などを担当する理事(取締役)だったからだ。本人は
「(疑惑となった事柄について)知らなかった」
と主張したが、インターネット上では
「うそだ」
として、捜査を求める声がある。 一連の疑惑を受け、警察は14日、バーニングサンの家宅捜索を行い、本格的な捜査に着手した。警察は店側が来店客に麻薬を提供していたかどうかについて集中的に究明している。警察は最近、店の中国人女性職員が麻薬の供給責任者
BIGBANGメンバーが取締役を務めた有名クラブ、麻薬疑惑浮上で廃業 続きを本紙で読む 》

金副委員長がワシントン入りした日…米政府、“徹底したセキュリティ”で“丁重な礼遇”

2019年1月19日 ニュース, ハンギョレ , , ,

 金英哲(キム・ヨンチョル)北朝鮮労働党副委員長兼統一戦線部長の17日(現地時間)のワシントン訪問は、厳重なセキュリティと米国側の丁重な礼遇の中で行われた。 金副委員長を乗せた北京発のユナイテッド航空808便は同日午後6時32分(現地時間)、雪が降るワシントン近くのダラス空港に着陸した。訪米団は、キム・ソンヘ労働党統一戦線部統一戦線戦略室長とチェ・ガンイル外務省北米局長代行など、約10人の規模だ。北朝鮮の高官がニューヨークなどを経由せず、しかも米国の民間機で首都ワシントンに直行したのは、今回が初めてだ。 国務省のスティーブン・ビーガン北朝鮮特別代表は、飛行機着陸約1時間前から空港で待機し、金副委員長を出迎えた。ショーン・ローラー国務省儀典長も出席して、手厚く礼を尽くした。取材陣約50人が空港の随所で待ち構えてきたが、金副委員長は一般人向けの入国場には姿を現さなかった。金副委員長一行が着陸1時間後の午後7時32分、入国審査場の隣にある貴賓駐車場へビーガン特別代表らの案内を受けて歩いてくる姿が、50メートルほど離れた取材陣のカメラにとらえられた。接見室で入国手続きを終え、ビーガン特別代表と40~50分間にわたり歓談したものとみられる。金副委員長一行は、国務省が事前に準備した3台の黒いSUVに乗って、警察車の警護を受けながら、ワシントン市内のデュポンサークルホテルに直行した。ホワイ

金副委員長がワシントン入りした日…米政府、“徹底したセキュリティ”で“丁重な礼遇” 続きを本紙で読む 》

北朝鮮の金英哲副委員長、“米国籍機”に乗ってワシントンへ

2019年1月18日 ニュース, ハンギョレ , ,

 米国を2度目に訪問する金英哲(キム・ヨンチョル)北朝鮮労働党副委員長兼統一戦線部長が、昨年5月と異なり、“米国籍機”に乗ってワシントンに”直行”した後、2日以上滞在する予定で、注目を集めている。 金副委員長は17日午後6時25分(現地時間)、中国北京を出発し、ワシントンに向かうユナイテッド航空UA808便に搭乗した。昨年5月の最初の訪米当時、北京発の予約を3回も変更したが、今回は15日に予約した航空便を利用した。金副委員長が乗ったユナイテッド航空は米国籍機だ。最初の訪米の際は中国のエアチャイナを利用した。米国の独自制裁リストに載っている金副委員長が米国籍機でワシントン入りするのは、最近の朝米の交渉ムードを反映するものと見られる。かつて朝米関係のターニングポイントと考えられていた2000年10月、趙明禄(チョ・ミョンロク)国防委員会副委員長(人民軍次帥)も訪米の際にユナイテッド航空を利用し、米国の地を踏む初の北朝鮮高官が米国籍機から降り立つ象徴的なシーンが演出された。 金副委員長がワシントンでどこに泊まるかも関心事だ。趙副委員長は2000年の訪米当時、ホワイトハウスの北側約600メートルに位置するメイフラワーホテルで3泊4日間滞在した。16日午後に訪れた同ホテルでは、表向きでは警戒の強化など特別な動きは見られなかった。ホテルのスタッフは

「北朝鮮代表団や
北朝鮮の金英哲副委員長、“米国籍機”に乗ってワシントンへ 続きを本紙で読む 》

韓国の慰安婦像にまたいたずら、額に「山」などの落書き=韓国ネット怒り

2019年1月15日 Recordチャイナ, ニュース , ,

2019年1月14日、・京郷新聞によると、韓国南東部・大邱(テグ)に設置された少女像に落書きが見つかり、警察が捜査している。 

韓国警察によると、12日午後4時ごろ、大邱中区にある公園の前の歩道に設置された慰安婦少女像の額部分にハングルで

「サン(山の意)」
、漢字で
「山」
、ローマ字で
「V」
などの文字が落書きされていると通報があった。警察関係者は
「通報者の供述と周辺の監視カメラの映像を基に犯人の行方を追っている」
と説明した。現在、落書きは全て除去されているという。 

同像をめぐっては昨年7月にも、近くの中学校に通う男子生徒が頭部に石をこすり付ける映像が拡散した。2017年10月には男性がキスする写真が拡散し、物議を醸していた。 

これについて、韓国のネットユーザーからは

「韓国人として失格だ」
「大邱には親日が多いから」
「歴史を学ばない民族は発展しない。捕まえて厳しく処罰してほしい」
など、犯人への批判的な声が相次いでいる。 

一方で

「子どものいたずらでしょ?深い意味はないよ」
との声や、
「慰安婦像を無駄に多く設置したせい」
「なぜ公園の前に設置した?落書きしてくださいと言っているようなものだ」
「管理できないなら撤去した方がいい」
などと指摘する声も上がっている。(翻訳・編集/)
韓国の慰安婦像にまたいたずら、額に「山」などの落書き=韓国ネット怒り 続きを本紙で読む 》

“レーダー”をめぐる韓日の対立、ネットユーザーの“舌戦”に飛び火

2019年1月7日 ニュース, ハンギョレ , ,

 国防部が先月20日、救助作戦中だった韓国広開土大王艦に接近し、低空飛行などの威嚇的行為を行なった日本哨戒機の問題を指摘する映像を4日に公開したが、これをめぐり韓日両国のネットユーザーが舌戦を繰り広げている。韓日国防当局の間で発生した対立がネットユーザーによる“オンライン世論戦”に飛び火した格好だ。 国防部が4日に公開した

「日本は人道主義的救助作戦の妨害について謝罪し、事実歪曲を直ちに中断せよ」
という題名のハングル版ユーチューブ動画の再生回数は、公開から2日後の6日午後3時現在、約161万6000件を突破した。この動画を見た韓国や日本などのネットユーザーらは、賛成と反対意見を意味する
「高く評価」
または
「低く評価」
をそれぞれ7万8000回ほどクリックした。国防部が同日公開した英語版の動画は、再生回数が42万7800件を上回り、
「高く評価」
は4万2000件、
「低く評価」
は3万7000件を超えている。 両国のネットユーザーは動画にコメントを書き込む方法で舌戦を続けている。ハングル版の映像に書き込まれたコメントは、ほとんどが日本語や英語、ハングルなどで書かれており、6日3時基準で約5万件以上掲載された。書き込みの内容は、相手に対する露骨な非難が大半を占めている。 国防部は現在、ハングル・英語版の動画をアップロードしているが、今後、日本語や中国語、フランス語、スペイン語、ロシア語、アラ
“レーダー”をめぐる韓日の対立、ネットユーザーの“舌戦”に飛び火 続きを本紙で読む 》

日帝強制動員被害者、戦犯企業 新日鉄住金相手に強制執行へ突入

2019年1月3日 ニュース, ハンギョレ , , ,

 日帝強制労働被害者が、日本の戦犯企業である新日鉄住金が持っている韓国内資産を差し押さえる強制手続きに入った。昨年10月、韓国最高裁(大法院)の損害賠償判決を日本政府と該当企業が拒否したことに伴う後続措置だ。実際の差し押さえがなされる場合“韓国海軍レーダー照射”論議に加え、日本側の激しい反発が予想される。日本政府はその間

「日本国内の韓国政府財産の差し押さえ」
で対抗すると公言してきた。 新日鉄住金強制動員被害者訴訟代理人団は2日午後、最高裁判決を履行しない新日鉄住金を相手とする強制執行手続きに入ったと明らかにした。強制動員被害生存者であるイ・チュンシク氏(95)など2人は、2018年の最後の日である先月31日、最高裁全員合議体の判決(被害者4人にそれぞれ1億ウォン(約1千万円)ずつ賠償)にともなう損害賠償額を保全するための差し押さえ申請書を管轄裁判所の大邱(テグ)地方裁判所浦項(ポハン)支所に提出した。 差し押さえ申請の対象資産は、新日鉄住金が韓国企業のポスコと合弁で作った製鉄副産物のリサイクル専門業者PNRの株式234万株余りだ。代理人団は、新日鉄住金が持っているPNRの持分(全体株式の30%)の評価額が少なくとも100億ウォンに達すると把握している。損害賠償債権の保護を受けるための差し押さえ申請をすれば、裁判所の判断を経て差し押さえ命令が下る。PNRは、裁判所の差し押さえ命
日帝強制動員被害者、戦犯企業 新日鉄住金相手に強制執行へ突入 続きを本紙で読む 》

リーガ・エスパニョーラ、今度は韓国人選手を「サムライ」と紹介し物議

2018年12月25日 Recordチャイナ, ニュース , , ,

2018年12月21日、・国民日報などは、世界最高峰のリーグであるリーガ・エスパニョーラがSNS上で、韓国のイ・ガンイン選手を
「サムライ」
と紹介し、物議を醸している 

記事によると、リーガは20日午後9時、公式インスタグラムに

「Who is this samurai?(このサムライは誰なのか)」
というメッセージとともにフェイスガードで顔を覆ったイ・ガンイン選手の写真を掲載した。記事は
「リーガが日韓の文化を混同したことによるものとみられる」
と説明している。 

これにネットユーザーらからは

「サムライは日本文化」
「イ・ガンインは韓国人だ」
など反発の声が続出。リーガは2時間後に当該メッセージを削除し、その後
「戦士(Fighter)」
との表現に変えて再アップロードしたという。 

なお記事では、今年10月にもリーガが公式インスタグラムに

「旭日旗」
が含まれる動画を掲載し、物議を醸したと伝えている。 

この記事を受け、韓国のネット上でも

「リーガってもしかして親日派?」
「イ・ガンインがどうやったら日本人に見えるの?ならまだしも…」
「見る目がないね。(当該写真は)サムライというよりバットマン」
「彼はサムライを討ち取る太極戦士だ!」
など、やはり非難コメントが相次いでいる。 

一方で

「こういう待遇を見ると、日本がこれ
リーガ・エスパニョーラ、今度は韓国人選手を「サムライ」と紹介し物議 続きを本紙で読む 》

韓日外交当局者会ったが、強制徴用・レーダー葛藤「見解に開き」

2018年12月25日 ニュース, ハンギョレ , , , ,

 韓国最高裁(大法院)の日帝強制占領期間強制徴用被害者賠償判決の後、24日に初めて韓国・日本の政府当局者が会い協議を進めたが、立場の差を狭められなかった。強制徴用被害者側は、新日鉄住金の韓国内資産に対する強制執行手続き(差し押さえ)に入る意向を明らかにしながらも、新日鉄住金が早く協議に臨むことを促した。 キム・ヨンギル外交部東北アジア局長と金杉憲治・日本外務省アジア大洋州局長はこの日午後、ソウル市都染洞(トリョムドン)の外交部庁舎で1時間30分にわたり局長級協議を開き、強制徴用賠償判決をはじめとする韓日関係の主要懸案を議論した。 協議が終わった後、キム・ヨンギル東北アジア局長は

「強制徴用判決問題と関連して、両国政府が各自の立場を説明し、この問題が韓日関係に及ぼす影響を最小化し問題を解決するために外交当局間で緊密に疎通することにした」
と明らかにした。日本側は、1965年の韓日請求権協定で強制徴用賠償問題は解決済みという既存の立場を今回の会議で再び伝えたとNHK放送が伝えた。金杉局長はこの日
「韓国政府にできるだけはやく対応策を出すことが重要だと要求している」
として
「今は韓国政府が(対応策を)検討中なので、これを見守りたい」
と話した。 ヤン・ギホ聖公会大教授は
「日本側は、日本企業の資産に対する差し押さえの可能性を憂慮して、韓国政府が早く対応方案を出すよう催促する意味でこの日の協議を
韓日外交当局者会ったが、強制徴用・レーダー葛藤「見解に開き
続きを本紙で読む 》

自衛隊哨戒機へのレーダー照射めぐり、日韓が対立深める―仏メディア

2018年12月24日 Recordチャイナ, ニュース , , ,

2018年12月23日、仏国際放送局RFIの中国語版サイトは、軍が海上自衛隊の哨戒機にレーダーを照射した問題について、日韓両国の対立がエスカレートしている 

記事は、外務省の金杉憲治アジア大洋州局長が23日、ソウルで行われる韓国外交部東北アジア局長らとの協議に出発するため訪れた羽田空港で、協議の中で韓国海軍の駆逐艦が海上自衛隊の哨戒機に火器管制レーダーを照射した問題について取り上げると語ったことを伝えた。 

そのうえで、今回の問題の経緯について紹介。岩谷毅防衛相が21日に

「韓国海軍の駆逐艦が20日午後3時ごろに石川県能登半島付近の日本海で、火器管制レーダーを海上自衛隊のP1哨戒機に照射した。突発的な軍事衝突を引き起こし得る、極めて危険な行為だ」
と発表し、防衛省が韓国側に厳重な抗議を行ったとした。また同省は22日にも改めて
「極めて遺憾であり、韓国に同様の事件の発生防止を強く求める」
との声明を出したことを伝えている。 

火器管制レーダーについて記事は

「ターゲットの距離の角度を火器管制システムに提供する。火器管制システムはこの情報に基づき射撃パラメータを計算する。しばしば、射撃前の準備段階と解釈されることがあり、日本は2013年1月にも中国海軍が東シナ海の護衛艦『ゆうだち』に数分間レーダー照射を行ったとして抗議したことがある」
自衛隊哨戒機へのレーダー照射めぐり、日韓が対立深める―仏メディア 続きを本紙で読む 》

韓国空軍に不満続出!外国人が鉄条網を越え侵入も誰も気付かず

2018年12月22日 Recordチャイナ, ニュース , , , ,

2018年12月20日、・JTBCによると、韓国の空軍部隊の滑走路に外国人が無断で侵入する事件が発生した。 

19日午後7時50分ごろ、酒に酔った30代のタイ人が水原(スウォン)にある空軍第10戦闘飛行団の滑走路に侵入した。同飛行団はF‐15戦闘機を運用する空軍の最前線部隊だという。タイ人は鉄条網が設置された境界壁を越え、実際に戦闘機が運用される滑走路に入ったところで偶然通りかかった兵士に見つかり、捕まったという。タイ人は3つの境界壁を越えたが監視警戒所の兵士は気づかず、さらに監視カメラにも映っていなかったという。 

タイ人は

「何者かに追いかけられ、逃げているうちに部隊の塀を登ってしまった」
と話しているという。ただ1人で部隊の境界壁を越えるのは難しいため、警察は共犯がいるものとみて調べを進めているという。 

これに韓国のネットユーザーからは

「酔っ払いの外国人にも負けるなら、訓練を受けたスパイは余裕で侵入できる」
「重武装した軍が入ってきても気付かないだろうな」
「これで正常な国と言える?」
「しっかりしてほしい。これでは大統領府から軍部隊まで一気に攻撃される。大統領はすでに統一を実現させたとでも思っているのだろうか?」
「こんな状況なのに韓国の多文化市民団体は外国人を受け入れようと主張するの?情けない」
など不安の声が続出している。(翻訳・
韓国空軍に不満続出!外国人が鉄条網を越え侵入も誰も気付かず 続きを本紙で読む 》