[平昌五輪]北朝鮮応援団 運動会開きつかの間の休息

2018年2月17日 ニュース, 韓国・聨合(レンゴウ) , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【麟蹄聯合ニュース】平昌冬季五輪に合わせて訪韓した北朝鮮の応援団は、旧暦の元日と故金正日(キム・ジョンイル)総書記の誕生日が重なった16日に宿泊先の江原道麟蹄郡のホテルで野外運動会を行い、つかの間の休息を楽しんだ。

ボールを蹴りながら競争する北朝鮮応援団のメンバー=16日、麟蹄(聯合ニュース)

 厳しい寒さの中、運動会は約1時間にわたり行われたという。

 外部への露出を警戒してか、応援団はこの日韓国当局に取材陣の接近を控えるよう要請したと伝えられた。

 

        

[平昌五輪]北朝鮮応援団 運動会開きつかの間の休息 続きを本紙で読む 》

金正恩氏 父・正日氏の生誕記念日迎え参拝

2018年2月16日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が、父親の故金正日(キム・ジョンイル)総書記の誕生76周年に当たる16日午前0時、金総書記の遺体が安置されている平壌の錦繍山太陽宮殿を参拝した。朝鮮中央通信が伝えた。

 参拝には正恩氏の最側近とされる崔竜海(チェ・リョンヘ)党副委員長兼組織指導部長をはじめとする党の上級幹部が同行。一方、軍の幹部は同行しなかった。 同通信は、参拝者たちが

「最高領導(指導)者同志(金正恩委員長)の領導に従い党の強化・発展、社会主義強国建設という歴史的大業を完成させることで、将軍様(金正日総書記)の愛国、強国の願いを輝かしく実現していくことを固く誓った」

金正恩氏 父・正日氏の生誕記念日迎え参拝 続きを本紙で読む 》

北朝鮮、週明けにもミサイル発射か=韓国では政府の姿勢に批判の声

2017年10月8日 Recordチャイナ, ニュース , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

2017年10月7日、・聯合ニュースによると、韓国大統領府は、祖先の祭祀や墓参などを行う秋夕(チュソク=陰暦8月15日、今年は陽暦10月4日)の連休終盤、が労働党創建日にあたる10日を前後して、ミサイルなどを使った追加挑発の可能性があるとみて状況を注視している。 

大統領府の関係者は、

「国際社会の制裁に反発している北朝鮮が、労働党創建日に追加挑発する可能性があるだけに、万全の対応態勢を整えて状況を綿密に見守っている」
とした一方で、
「まだ具体的な挑発の兆候は捕捉されていない」
とし、
「北朝鮮が再び挑発すれば対応マニュアルに沿って、同盟国と友邦国、国際社会との緊密な連携の下、断固とした厳重な対応に出る」
と強調した。 

大統領府は秋夕連休の開始日から国家安全保障会議(NSC)を緊急招集し、北朝鮮の動向を綿密に観察してきており、北朝鮮の故金正日(キム・ジョンイル)労働党総書記逝去20周年にあたる8日から労働党創建日の10日の間に北朝鮮が挑発行動に出る可能性が高いとみていることが分かった。 

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは

「いつも注視ばかり」
「注視しかやることないのか」
「注視と傍観とどう違うんだ」
「もっと積極的に対応しろ」
など、政府の姿勢に批判の声が寄せられた。 

また、

「何もせずに静かにしていてくれたらいいんだけど
北朝鮮、週明けにもミサイル発射か=韓国では政府の姿勢に批判の声 続きを本紙で読む 》