【光州聯合ニュース】日本による植民地時代に強制徴用された韓国人被害者と遺族の計4人が三菱重工業に損害賠償を求めた訴訟の控訴審の初公判が31日、光州高裁で開かれた。高裁は当初の予定より2週間早い12月5日に判決を言い渡す方針を明らかにした。

三菱を相手取り訴訟を起こした強制徴用被害者らが光州高裁前で記者会見を行った=31日、光州(聯合ニュース)