【ソウル聯合ニュース】韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は9日、国会/算決算特別委員会で、新日鉄住金に対し日本による植民地時代に強制徴用された韓国人被害者への賠償を命じた大法院(最高裁)判決について、

「被害者の傷が早期に最大限癒やされるようにすることがわれわれの責務」
として、
「時間がかかっても長く待っていた被害者の傷を最優先に考え、政府の立場を決める」
と答弁した。

康京和長官(資料写真)=(聯合ニュース)