中朝首脳会談「朝鮮半島問題解決に寄与」 訪韓の中国・楊政治局員

2018年3月30日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長(閣僚級)は29日午後、ソウル市内のホテルで中国の楊潔チ・共産党政治局員と会談し、朝鮮半島の非核化や両国の協力などについて協議した。 鄭氏は文在寅(ムン・ジェイン)大統領の特使として、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長とトランプ米大統領と相次いで会談し、その結果を習近平国家主席に説明するため12日に訪中した際にも楊氏と対面している。 鄭氏は会談の冒頭で習主席と金委員長が首脳会談を行ったことに触れ、

「会談で金委員長が朝鮮半島の非核化と南北・北米(米朝)首脳会談開催の意思を再確認したのは意味が非常に大きい」
と述べた。 また
「習主席は3月12日に私と会談した際、韓中両国が朝鮮半島の重大な問題で立場が一致していると話し、南北関係改善や朝鮮半島の非核化と平和構築のための文大統領の政策に積極的な支持の立場を表明した」
とし、
「このような両国の共通認識を基に韓中間の戦略的な意思疎通が緊密に行われることに満足している」
 これに対し楊氏は
「最近、習近平主席が中国を非公式訪問した金委員長と長時間にわたり意見を交換した」
とし、
「今回の訪問は朝鮮半島の非核化や平和と安全保障、また政治的交渉・協議を通じて朝鮮半島に関する問題を解決するのに役立つと考える」
と述べた。 また、4月27日に開催されることが決ま
中朝首脳会談「朝鮮半島問題解決に寄与」 訪韓の中国・楊政治局員 続きを本紙で読む 》

韓国外交部当局者「韓日慰安婦合意後続措置の意見取りまとめ、仕上げ段階に」

2018年3月27日 ニュース, 韓国・中央日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

  今年1月に韓国政府が韓日慰安婦合意に対する立場を発表して以降、後続措置に向けて進められてきた意見の取りまとめ手続きが仕上げ段階に入ったことが伝えられた。 

  韓国外交部当局者は26日、外交部出入り記者に対して

「慰安婦合意後続措置に関連して、国内と対日の2つの側面がある」
とし
「10億円の充当予算、和解・癒やし財団の処理問題などに関連し、女性家族部を中心に国民世論を取りまとめる作業が仕上げ段階に入った」
と述べた。 

  この当局者は取りまとめた意見について

「関連団体、市民の意見から表明が数回あった」
とし
「そのような部分で画期的な変化はなかったものと承知している。その大部分はこれまで出てきた意見の延長線上から出たようだ」
と付け加えた。 

  続いて

「現在、予算問題に関連して女性家族部と企画財政部が協議中だ。そのような措置がある程度一段落して見えてくれば、今後日本と10億円の処理問題、韓日慰安婦合意の根幹に関連している財団処理問題などをめぐり協議することになるだろう」
と述べた。 

  特に、日本政府が

「和解・癒やし財団」
に拠出した10億円は韓国政府の予算で充当し、基金の処理方案については日本政府と協議していくと述べていた。 
韓国外交部当局者「韓日慰安婦合意後続措置の意見取りまとめ、仕上げ段階に
続きを本紙で読む 》

慰安婦被害者への意見聴取「最終段階」=韓国外交部

2018年3月27日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【ソウル聯合ニュース】韓国の外交部当局者は26日、韓国政府が1月に旧日本軍の慰安婦問題を巡る韓日合意に関する新方針を発表したことについて、

「女性家族部を中心とした(被害者らへの)意見聴取は最終段階にある」
として、
「女性家族部と外交部が意見調整を行っている」
と明らかにした。

 康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は新方針を発表した際、被害者や関連団体、国民の意見を聴取し、被害者中心の措置を模索するとの立場を示した。 同当局者は具体的な措置に関し、

「国内的な部分があり、日本に関する部分がある」
として、
「予算づくりや(合意に基づき日本が10億円を拠出して韓国が設立した)財団をどう扱うかは女性家族部が中心になっており、外交部は日本との10億円を巡る問題がある」
と述べた。その上で、手続きが一段落すれば外交部が日本と10億円に関する問題を議論しなければならず、財団の扱いも対日関係に影響を与えるため女性家族部と関連事項を緊密に協議していると説明した。 一方、5月上旬に開催する方向で調整している韓中日の3カ国首脳会談については、
「具体的な日程は決まっていないが、5月上旬を軸に集中的に協議している」
と述べた上で
「中国も開催に前向きだ」

慰安婦被害者への意見聴取「最終段階」=韓国外交部 続きを本紙で読む 》

韓国大統領府「韓国、米鉄鋼関税対象から除外の可能性」

2018年3月21日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

 米国の鉄鋼関税施行が間近に迫っている中、韓国が鉄鋼関税賦課対象国から除外されるのではという

「希望論」
が韓国政府から出ている。大統領府関係者は19日、韓国の鉄鋼関税免除の可能性について、
「まだ流動的で、非常に慎重になるべき段階だ」
としながらも、
「さらに交渉を試みる余地があるという点では肯定的だ」
と述べた。しかしその一方で、この関係者は
「鉄鋼関税だけでなく、ほかにも連動しているものがあるので、まだ楽観するには早い」
とも言った。 韓国産業通商資源部(省に相当)の白雲揆(ペク・ウンギュ)長官は同日、記者らに
「国家免除を是非とも受けようと努力している。もう少し待てば今週中にもさらに良い結果が出るのではないかと思う」
と述べた。また、鉄鋼関税交渉と韓米自由貿易協定(FTA)改正交渉の一括妥結については
「交渉は同時に、あるいは順番に進んでいるが、さまざまな可能性を念頭に進めているので、(一括妥結は)交渉の1つの方法論だと思う」
と答えた。 米国が発表した鉄鋼関税発効時期は今月23日ということで、韓国政府は非常事態に陥っている。文在寅(ムン・ジェイン)大統領は16日夜、トランプ米大統領との電話会談で
「同盟国」
に対する関税免除を要請したが、トランプ大統領は即答せず、
「米韓FTA交渉で韓国代表団が柔軟な姿勢を見せてほしい」
と答えた。北朝鮮の核問題を話し合うためにこのほど訪米した韓国外交部の康京和(
韓国大統領府「韓国、米鉄鋼関税対象から除外の可能性
続きを本紙で読む 》

韓米外交トップ「朝米首脳会談は歴史的機会…最大圧力に効果の証拠」

2018年3月18日 ニュース, 韓国・中央日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

  外交部の康京和(カン・ギョンファ)長官と米国国務長官代行のサリバン副長官が

「トランプ大統領と北朝鮮の指導者金正恩(キム・ジョンウン)の会談宣言は歴史的機会ということに同意した」
と米国務省が明らかにした。 

  米国務省のナウアート報道官は現地時間16日、この日ワシントンDCで開かれた康長官とサリバン副長官の会合を終えた後に声明を通じこのように伝えた。 

  声明によると、2人は朝米首脳会談発表と関連し、

「国際社会の最大圧力作戦に効果があった。これは継続して施行しなければならないという証拠」
ということで一致した。 

  その上で

「康長官とサリバン副長官は北朝鮮政権が非核化に向け信頼できる、検証可能で具体的な措置を取るまで北朝鮮に対する国際社会の圧力が続かなければならないということに同意した」
と付け加えた。 

  2人はまた

「韓米同盟は特に北朝鮮の不法な核と弾道ミサイル計画を考慮する時、域内の安定と安保の『核心軸』であるという事実を再確認した」
とナウアート報道官は明らかにした。 

  この日の会合について康長官は特派員との懇談会で

「南北・朝米首脳会談を成功裏に開催し、韓半島(朝鮮半島)非核
韓米外交トップ「朝米首脳会談は歴史的機会…最大圧力に効果の証拠
続きを本紙で読む 》

【コラム】青瓦台に無視される韓国外交部

2018年3月18日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

 13日午後2時半、韓国外交部(省に相当)の報道官は、康京和(カン・ギョンファ)外交部長官(外相)が15日、ワシントンを訪問し、ティラーソン米国務長官と会談を行う予定だと発表した。別の外交部当局者は

「韓米外相が会い、南北、米朝首脳会談に関することを緊密に協議すれば、『外交部が無視されている』という論争が少しは和らぐのではないか」
と話した。 ところが、わずか約9時間後、ティラーソン国務長官が解任されたというニュースが飛び込んできた。外交部は深夜に会議を開いた後、午後11時半ごろ、
「韓米の意思疎通に異常はない」
との立場を表明したが、当局者は戸惑いを隠せなかった。外交部は康長官の訪米中止を検討したが、14日の会議で予定通りの渡米を決定した。しかし、後任の国務長官に指名されたポンペオ中央情報局(CIA)長官との会談は決まっていない。 康長官の訪米をめぐる混乱ぶりは最近空回りする外交部の現実を鮮明に映し出している。北朝鮮の核問題解決に向けた韓国・北朝鮮・米国、北東アジアの外交戦が緊迫した空気で進んでいるが、担当官庁である韓国外交部は役割を果たしていない。北朝鮮や米国への特使団に外交部関係者は一人も含まれなかった。米国への特使団がトランプ米大統領と会い、米朝首脳会談を発表した際、康長官は東南アジアを歴訪していた。
「金正恩(キム・ジョンウン)の提案を知る人物は北朝鮮への特使団5人だけだ」
【コラム】青瓦台に無視される韓国外交部 続きを本紙で読む 》

米メディア「米朝首脳会談、6-7月に延期の可能性」

2018年3月16日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

 米国の主要メディアが、5月に予定されていた米朝首脳会談について

𰃆-7月に延期される可能性がある」
ティラーソン前国務長官の突然の解任が影響を及ぼしているという。 米紙ニューヨーク・タイムズは14日(現地時間)、次期国務長官に指名されたマイク・ポンペオ氏の議会上院の承認手続きが完了するまで米朝首脳会談が先送りされる可能性がある外交関係者の間では、ポンペオ氏の国務長官就任は早くても4月末とみている。同紙はまた、ポンペオ氏が正式に任命されるまでは北朝鮮外務省だけでなく韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部(省に相当)長官とも公式に接触することができず、外交日程に支障が出るとの見方を示した。 米紙ワシントン・ポストも、米国務省で首脳会談の準備を担当していたウッドロー・ウィルソンセンターのアーロン・デービッド・ミラー副会長の話を引用し
𰃅月に予定されていた米朝首脳会談は(準備作業の関係で)6月か7月に延期される可能性がある」
同紙によると、首脳会談前に複数の予備会談を実施し、全ての部分について事前に調整するという。そのため2か月未満の準備期間では短すぎるのだ。とりわけ韓国や日本、中国など関連各国との協議も必須となるため、さらなる時間が必要というわけだ。

米メディア「米朝首脳会談、6-7月に延期の可能性
続きを本紙で読む 》

【社説】対北朝鮮強硬派の米国務長官指名に込められたメッセージ

2018年3月15日 ニュース, 韓国・中央日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

  トランプ米大統領が13日、ティラーソン国務長官を解任し、ポンペオ米中央情報局(CIA)長官を後任に指名した。4月の南北首脳会談、5月の米朝首脳会談を控えた状況で、異例にも米国務長官が交代することになった。対話派のティラーソン長官の代わりに対北朝鮮強硬派のポンペオ長官が外交の指揮棒を握ることになったのも注視すべき部分だ。 

  軍人だったポンペオ長官は、トランプ政権でマクマスター大統領補佐官(国家安全保障問題担当)に次ぐ対北朝鮮強硬派として知られている。北朝鮮を音波や放射線で攻撃して政権を交代させようと主張し、金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長暗殺の可能性を示唆したこともある。トランプ大統領がこのポンペオ長官を国務長官に指名したのは、意欲的に推進する米朝首脳会談を速戦即決で終えようとするものの、北朝鮮に非核化の意志がないと判断されればいつでも超強硬圧力モードに旋回することを暗示するものとみられる。ポンペオ長官は昨年10月、

「北朝鮮は6カ月以内に米本土を核攻撃する能力を保有するだろう」
と主張した。したがって米朝対話で非核化が進展しなければ制裁強化はもちろん、軍事行動に出る可能性も排除できない。北朝鮮がポンペオ長官指名の翌日に
「在韓米軍撤収」
主張を再開したのも、こうした状況と無関係ではないだろう。 

&nb

【社説】対北朝鮮強硬派の米国務長官指名に込められたメッセージ 続きを本紙で読む 》

米国務長官の解任「突然の変化」 両国関係に影響なし=韓国外相

2018年3月14日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【ソウル聯合ニュース】韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は14日午前、記者団に対し、ティラーソン米国務長官の電撃解任が発表されたことについて、

「突然の変化」
としながらも、対北朝鮮政策などを巡る米国との調整には影響がないとの考えを示した。

 康氏は

「相手国の人事についてはあれこれ言うことではない」
とした上で
「今まで緊密に(連携体制を)維持してきたため、新しい人物とも緊密にやっていけると思う」
と述べた。 トランプ米大統領は13日、ツイッターでティラーソン氏を解任し、後任に中央情報局(CIA)のポンペオ長官を起用する方針を発表した。 康氏は15~17日に予定していた訪米計画に関して、
「向こうの事情が変わったため、調整をしたりしなければならないと思う」
と説明。予定通りに訪米する可能性については
「その選択肢もある」
とした。

米国務長官の解任「突然の変化」 両国関係に影響なし=韓国外相 続きを本紙で読む 》

北朝鮮への特使団派遣 韓国外相「この機会逃さず真摯に対話を」

2018年3月6日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の康京和(カン・ギョンファ)長官は5日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の特使団が同日午後に訪朝したことに関して

「われわれは北がこの機会を逃さず、真摯(しんし)に対話に臨むよう求める」
と述べ、北朝鮮の非核化に向け米国と緊密に協力していくとの立場を示した。

 この日ソウル市内で開かれたメディア関係者の国際会議に出席した康長官は、

「これまで北は米国と非核化に向けた対話に臨むという意思を見せていない。しかし、強力な制裁が科された状況下で米国との談判なくしては自らの核心的利益が保障されないことをよく知っているはずだ」
と述べた上で、韓国政府が米朝対話実現の機会を模索する必要があるとの見解を示した。 これに関連し、康長官は
「平昌冬季五輪で米朝間の直接的な接触はなかったが、韓国政府は両国の代表団との議論を通じて米朝双方に直接対話する意向があることを確認できた」
とし、今回の特使団派遣により北朝鮮の米朝対話への意志を探ると述べた。 また
「韓米両国は、北が核問題に対する態度を変えねばならず、その場合われわれは北により明るく豊かな未来を提供する準備ができているという共通の立場を堅持している」
として、米国との協力関係を強調。その上で北朝鮮の新たな核実験やミサイルの発射実験は対話の雰囲気を損ねるしかないと指摘した。 さらに
北朝鮮への特使団派遣 韓国外相「この機会逃さず真摯に対話を
続きを本紙で読む 》

北朝鮮 国連で人権問題言及の韓国外相を非難

2018年3月4日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の康京和(カン・ギョンファ)長官がスイス・ジュネーブで先月開かれた国連人権理事会で北朝鮮の人権問題に言及したことについて、北朝鮮の対韓国窓口機関、祖国平和統一委員会のウェブサイト

「わが民族同士」
は3日、誠意ある努力により醸成された南北関係改善の雰囲気に水を差す反民族的な行為だと非難した。

 北朝鮮の宣伝サイト

「朝鮮の今日」
とインターネットメディア
「メアリ」
も4日に同じ趣旨の主張を繰り広げた。 康氏は先月26日(現地時間)に国連人権理事会で行った演説で、北朝鮮に対し核とミサイルを放棄し、住民の人権状況を改善するよう求めた。

北朝鮮 国連で人権問題言及の韓国外相を非難 続きを本紙で読む 》

韓国外交長官、国連で慰安婦に言及…「被害者中心の取り組みを欠いていた」

2018年2月27日 ニュース, 韓国・中央日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

  韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は26日(現地時間)、スイス・ジュネーブで開かれた第37回国連人権理事会総会で旧日本軍慰安婦問題に言及した。 

  慰安婦合意以降、国際舞台で慰安婦問題について韓国政府の立場を明らかにしたのは初めて。その間、韓国政府は2015年12月の慰安婦合意内容に基づき、国連など国際舞台で慰安婦問題に言及していなかった。 

  康長官は

「慰安婦問題を解決しようという努力で被害者中心の取り組みを欠いていたことを認める」
と述べた。続いて
「韓国政府は被害者の傷を癒やして尊厳と名誉を回復するために被害者、家族、市民団体と協力する」
とし
「過去の過ちが繰り返されないよう現在と未来の世代が歴史の教訓から学ぶことが重要だ」
康長官はこの席で日本には言及せず戦時中の性犯罪と話した。 

  また、康長官は北朝鮮に核・ミサイル開発を放棄して北朝鮮住民の人権状況を改善すべきだと促した。このほか世界各国で起きている

「ミートゥー運動」
を支持し、性の平等のためにどれほど努力すべきかを見せていると評価した。 

  この日、外交長官として初めて人権理事会で基調演説をした康長官は27日に国連ジュネーブ事務局で開かれる

韓国外交長官、国連で慰安婦に言及…「被害者中心の取り組みを欠いていた
続きを本紙で読む 》

康京和外相、国連人権理事会の演説で「慰安婦」言及を検討

2018年2月24日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

 韓国外交部(省に相当)の康京和(カン・ギョンファ)長官が、国連人権理事会の基調演説で旧日本軍の慰安婦問題に言及する方向で検討を進めていることが分かった。外交部の魯圭悳(ノ・ギュドク)報道官が22日の定例記者会見で明らかにした。 康長官は25日から28日にかけてスイス・ジュネーブに滞在し、国連人権理事会とジュネーブ軍縮会議に出席する。26日午後の人権理事会では基調演説を行う。 康長官は基調演説で、世界人権宣言の意味をあらためて強調し、全世界の人権向上に向けた国際社会の協力の必要性を訴える予定だ。また、この部分に韓国が寄与するという意志を表明するとともに、北朝鮮の人権問題にも言及する予定だ。

康京和外相、国連人権理事会の演説で「慰安婦」言及を検討 続きを本紙で読む 》

韓国与党議員「ペンスと安倍、オリンピックの雰囲気に水を差す…多くの市民不快感」

2018年2月23日 ニュース, 韓国・中央日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

  韓国与党

「共に民主党」
の元恵栄(ウォン・ヘヨン)議員が
「ペンスと安倍は、事実上、オリンピックの雰囲気に水を差すような行動をした」
と批判した。 

  元氏は22日、自身のSNSに

「韓国政府は最善を尽くしてペンスと安倍をもてなし、米朝間の対話が行われるよう努力した」
とし
「しかし、ペンスと安倍の2人は、事実上、オリンピックの雰囲気に水を差すような行動をしたのが事実」
と綴った。 

  続いて

「多くの市民がそのような姿に不快感を持った」
とし
「安倍の場合は内政干渉に該当する発言までした。それでも韓国政府は最後まで忍耐して誠意ある姿を示した」
と強調した。 

  このような元氏の発言は、21日の国会外交通商委員会全体会議で、野党が康京和(カン・ギョンファ)外交部長官に平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)時に米国のペンス副大統領と日本の安倍首相を冷遇したと指摘したことに対する反論だ。元氏は

「五輪期間中に彼ら(ペンスと安倍)が韓国に来てやったことだけをみてもそのような声が出るのかあきれた」
と付け加えた。

韓国与党議員「ペンスと安倍、オリンピックの雰囲気に水を差す…多くの市民不快感
続きを本紙で読む 》

韓国外交部長官「平昌五輪での安倍氏冷遇はなかった」

2018年2月22日 ニュース, 韓国・中央日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

  韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は21日、平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)開会式に出席した日本の安倍晋三首相に対する

「冷遇論攻勢」
に対し、
「安倍氏は自身が冷遇されたとは考えていないはず」
と反論した。 

  康氏はこの日、国会で開かれた外交通商委員会全体会議に出席して

「平昌に来た各国トップ級要人に対する礼遇に関連して差別待遇、冷遇というような話がメディアから出ていることを承知している」
としつつ
「日程は可能な範囲内の時間、訪問した要人の(日程に合わせた)」
と述べた。 

  康氏は五輪期間中、文在寅(ムン・ジェイン)大統領と安倍氏の昼食会・夕食会が開かれなかったことについても

「安倍氏が国会会期中に、1泊2日という非常に短い日程で来た」
とし
「可能な時間内では別途昼食会・夕食会を開くことができなかった」
と抗弁した。 

  一方、康氏は青瓦台(チョンワデ、大統領府)が平昌五輪を機に米国と北朝鮮の高位級会談を推進したというメディア報道に対しては

「韓米間のトップ級対話、南北間の高官対話などの詳しい内容については公式に確認できる事項はない」
と回答を避けた。

韓国外交部長官「平昌五輪での安倍氏冷遇はなかった
続きを本紙で読む 》

韓国外相 国連人権理事会出席を検討

2018年2月20日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の魯圭悳(ノ・ギュドク)報道官は20日の定例会見で、康京和(カン・ギョンファ)同部長官がスイス・ジュネーブで26日から開かれる国連人権理事会ハイレベル会合への出席を検討していると明らかにした。

 基調演説を行う場合、旧日本軍の慰安婦問題や北朝鮮の人権問題を取り上げるかとの質問には、

「どのような内容や問題を取り上げるかは現在検討が進められている」
と話した。

韓国外相 国連人権理事会出席を検討 続きを本紙で読む 》

「韓日慰安婦合意、政府の明確な立場を要求」…挺身隊対策協が青瓦台に請願

2018年2月20日 ニュース, 韓国・中央日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

  韓国挺身隊問題対策協議会(挺身隊対策協)と

「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶財団」
が、朴槿恵(パク・クネ)政権当時の2015年韓日慰安婦合意について最近検証作業をした文在寅(ムン・ジェイン)政権に対し、10億円の処理方向などに関する政府の明確な立場表明を要求した。 

  挺身隊対策協と正義記憶財団は

「外交論争により被害者と国民が政府に対して不信感を抱かないよう、韓国政府が明確な立場を表明して後続措置を取らなければいけない」
とし、青瓦台国民請願を始めると19日、明らかにした。 

  これに先立ち16日、西村康稔官房副長官はあるテレビ番組で

「文在寅(ムン・ジェイン)大統領が韓日首脳会談で慰安婦合意について『合意は破棄しない、再交渉もしない、和解・癒やし財団も解散しない、日本が拠出をした10億円も返還しない』と明言した」
と述べた。 

  これに対し青瓦台(チョンワデ、大統領府)は17日、

「事実と合わなかったり、お互い立場が違ってニュアンスの差がある」
とし
「我々は慰安婦合意でこの問題が解決されるのではないという政府の立場を説明したし、慰安婦被害者の名誉と尊厳、心の傷を癒やすために共に努力しなければいけないという点を明確にした」
と釈明した。 

「韓日慰安婦合意、政府の明確な立場を要求」…挺身隊対策協が青瓦台に請願 続きを本紙で読む 》

韓国外相が国連人権理事会出席を検討 慰安婦問題に言及か

2018年2月14日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【ソウル聯合ニュース】韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官がスイス・ジュネーブで26日から開かれる国連人権理事会への出席を検討していることが14日、複数の政府筋の話で分かった。基調演説を行う場合、旧日本軍慰安婦問題と北朝鮮人権問題を取り上げるとみられる。

 韓国政府は慰安婦問題を巡る2015年末の韓日合意に対する検証結果を昨年末に発表し、これを基に先月9日、合意への対応方針を発表した。康氏はその席で、合意は問題の真の解決にならないとし、

「日本が自ら国際的かつ普遍的な基準に基づき、真実をありのまま認め、被害者の名誉、尊厳の回復と心の傷を癒やすための努力を続けることに期待する」
とした。また、
「被害者がいちずに望むことは自発的かつ真の謝罪」
と強調した。 人権理事会で慰安婦問題に言及する場合、韓国政府の新たな対応方針を国際社会に示すという意味を持つことになりそうだ。 政府は韓日合意後の16年と17年の人権理事会では演説で慰安婦問題を取り上げなかった。これは合意に明示された
「国際社会で互いを非難・批判することは控える」
を意識したものとされる。一方、日本は国連女性差別撤廃委員会などで慰安婦の強制連行を否定することに外交力を注いできた。 また、南北関係が改善の流れに転じた中で、康氏が北朝鮮の人権問題をどの程度取り上げるかも注目される。
韓国外相が国連人権理事会出席を検討 慰安婦問題に言及か 続きを本紙で読む 》

【社説】北朝鮮を刺激するか心配で合同軍事演習の日程も発表できない韓国国防部

2018年1月29日 ニュース, 韓国・中央日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

  韓米国防トップが今月26日にハワイで会談したが、合同軍事演習の再開日程は発表しなかった。 

  両国は当初3月初めに予定されたキー・リゾルブやトクスリ演習などの韓米合同軍事演習を平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)以降に先送りしていた。だが、日本の朝日新聞は、今回の会談で韓米がパラリンピック終了後、演習を直ちに実施することで合意した一部からは五輪以降の4月1日から演習を始めることにしたという話も出ている。これについて、国防部は演習に関しては極力発言を控えるというのが基本姿勢だという。北朝鮮を刺激しないための措置だ。 

  このような国防部の低姿勢とは違い、北朝鮮は自国の非核化に言及する相手は誰であろうが遠慮なく非難している。北朝鮮労働新聞は、昨日、

「反統一勢力の挑戦を粉々に打ち砕くべき」
という題名で北朝鮮の非核化を要求する韓日米を批判した。同紙は一昨日も康京和(カン・ギョンファ)外交部長官のバンクーバー外相会議出席について
「不純な凶計」
と強い語調で言及した。北朝鮮は来月8日の北朝鮮軍創建日閲兵式も大規模なものを準備している。五輪終了後の3月末以降、北朝鮮が核・ミサイル挑発に踏み切る可能性があるという米国専門家の見通しもある。 

  だ

【社説】北朝鮮を刺激するか心配で合同軍事演習の日程も発表できない韓国国防部 続きを本紙で読む 》

菅官房長官、韓国閣僚の「慰安婦財団解散」発言に反発

2018年1月24日 ニュース, 韓国・中央日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

  菅義偉官房長官が韓日慰安婦合意で設立された

「和解・癒やし財団」
の解散の可能性に反発した。 

  日本メディアの報道によると、菅義偉官房長官は23日午前の記者会見で、鄭鉉栢(チョン・ヒョンベク)韓国女性家族部長官が和解・癒やし財団を年内に解散する意向を表明したことに関し、

「合意を1ミリたりとも動かす考えはない」
と強く反発した。続いて韓国政府に韓日合意の履行を要請する方針だと改めて強調した。 

  鄭長官は

「すでに和解・癒やし財団の機能は中断され、法的検討と実務的な手続きを踏んで年内に清算することになることを望む」
と述べた。 

  和解・癒やし財団は2015年12月28日の韓日合意から7カ月後の2016年7月に設立され、日本政府が拠出した10億円の一部で運営されてきた。しかし康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は9日、韓日慰安婦合意に関する記者会見で、日本政府が拠出した10億円を韓国政府の予算で充当すると述べた。

菅官房長官、韓国閣僚の「慰安婦財団解散」発言に反発 続きを本紙で読む 》