文大統領のノーベル賞推進団体、批判高まり発表翌日に解散

2018年3月20日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

 韓国の市民団体が19日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領をノーベル平和賞に推薦するための委員会を発足させる動きを見せたことに関連し、韓国大統領府(青瓦台)は20日、

「望ましくない」
との立場を示した。世論の批判も高まったことから、同団体は推進委の発足を中止し、団体の解散を宣言した。 青瓦台は同20日、2度にわたり対応に当たった。午前中には青瓦台関係者が取材陣に対し
「(市民団体が文大統領のノーベル平和賞受賞を推進していることは)われわれとは何の関係もない」
と明言した。しかし青瓦台ウェブサイトの請願用掲示板に
「権力に迎合するこのような団体は解散させるべき」
との書き込みが寄せられるなど、騒動は収まらなかった。すると同日午後には金宜謙(キム・ウィギョム)報道官が火消しに乗り出した。金報道官は論評で
「ある団体が(文大統領のノーベル平和賞受賞)推進委を設立するとのことだが、文大統領とは何ら関係がなく、このような動き自体が望ましくないこと」
と述べた。さらに
「似たようなことが繰り返されないようにすべき」
と話した。 市民団体
「大韓民国職能フォーラム」
は19日、文在寅大統領をノーベル平和賞に推薦するための委員会を発足させるとして、20日に発起人集会を開催すると発表していた。文大統領が平昌五輪を通じて南北の和解ムードと韓半島(朝鮮半島)の平和ムードをつくり出したというわけだ。この団体には昨年の大統領
文大統領のノーベル賞推進団体、批判高まり発表翌日に解散 続きを本紙で読む 》

<平昌五輪>団体追い抜き「いじめ騒動」の韓国選手、精神科に入院へ

2018年3月15日 ニュース, 韓国・中央日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

  

「いじめ騒動」
に巻き込まれたキム・ボラム(25)が心理治療のために大邱(テグ)の総合病院に入院した。横で見守っていた母親のキム・ソンオクさんもショックのため一緒に入院したことが分かった。 

  キム・ボラムのマネージメント事務所BRAVO&NEWは14日、中央日報の電話取材に対して

「キム・ボラム選手が疲弊した心身を個人的に立て直そうと頑張っていたが、病院の助けを借りることになった。相談過程で母親にも治療が必要だとの判断で、一緒に入院した」
 

  キム・ボラムは現在、極度の対人恐怖に陥っている。ソウルの個人病院で相談を受けていたが、状態が深刻だったため、実家のある大邱で治療を受けることにした。母親のキム・ソンオクさんも平昌(ピョンチャン)オリンピック(五輪)当時、江陵(カンヌン)スピードスケート場でキム・ボラムの精神的苦労を見守る中で深く傷ついたことが分かった。キム・ボラムとキム・ソンオクさんは今月12日、大邱の総合病院に入院し、検査結果を待っている。検査結果によって今後の治療計画が決まる。 

  キム・ボラムはパク・ジウとともに平昌五輪女子団体追い抜き(チームパシュート)準々決勝でチームメイトのノ・ソニョンを置き去りにしてゴールインして非難を

<平昌五輪>団体追い抜き「いじめ騒動」の韓国選手、精神科に入院へ 続きを本紙で読む 》

【コラム】「いわゆる同盟」がもたらす安保請求書

2018年3月13日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

 米朝対話が成立すると言っても、北核問題が解決されるという保障はどこにもない。米国のある情報通は

「米国は対話への転換で制裁と圧力が困難だと判断した場合、米国を狙った大陸間弾道ミサイル(ICBM)の開発中断と廃棄を条件に、北が求める『核凍結』(従来の核兵器の容認)カードを差し出す可能性もある」
と説明する。 米国のペンス副大統領が平昌冬季五輪の開会式に参加する直前のことだった。米国のある高位外交官が韓国の元・現職の外交安保関係者と会合し、かなりの不満と懸念を示したという。ペンス副大統領の儀典問題から対朝政策に至る幅広い内容だった。ペンス副大統領は直接、北朝鮮の代表団と動きが重ならないよう依頼した。しかし、これを韓国政府はそれほど重大なこととは考えなかったようだ。 数日後、懸念は現実となった。ペンス副大統領は、金永南(キム・ヨンナム)北朝鮮最高人民会議常任委員長が待つ平昌五輪開会式の晩餐(ばんさん)に参加しなかった。開会式場で前後に座った金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長の妹、金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長も無視することとなった。米朝両国の対話を模索していた現政権の試みは、水泡に帰した。これまで金与正副部長は、文在寅大統領と4回も会ったほか、首相、秘書室長、長官からも食事の接待を受けていた。 ペンス副大統領が一方的に対話を拒否したのではないという。しかし、ともすれば米国に
【コラム】「いわゆる同盟」がもたらす安保請求書 続きを本紙で読む 》

北朝鮮高官代表団 来韓時に韓米軍事演習に否定的な見解

2018年3月1日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【ソウル聯合ニュース】平昌冬季五輪の閉会式に出席するため先月25~27日に来韓した北朝鮮の金英哲(キム・ヨンチョル)朝鮮労働党副委員長兼統一戦線部長ら高官代表団が韓国政府と接触した際、韓米合同軍事演習に否定的な立場を示していたことが1日、分かった。前日に与党が開いた外交安保統一関連の非公開会合の出席者が、趙明均(チョ・ミョンギュン)統一部長官の話として伝えた。

 同会合には趙氏と林聖男(イム・ソンナム)外交部第1次官が出席し、北朝鮮高官代表団との接触結果を説明した。この関係者によると、韓米合同軍事演習に関し北朝鮮側の懸念はないかと質問された趙氏は、

「(接触時に)北側は韓米軍事演習に関し従来の基本的な立場を示した」
と答えた。 北朝鮮はこれまで韓米軍事演習に反対してきた。趙氏らとの接触でもこうした立場を改めて示したようだ。韓米は平昌五輪・パラリンピック以降に定例の合同軍事演習を行うと見込まれている。 また、趙氏は与党の会合で、米朝対話に変数が多いことに言及したとされる。ある出席者は
「米国の立場も明確に整理されていない上、北も非核化だけを取り上げるなら対話しないという姿勢のようだ。だが、対話をすれば非核化に触れることもあるのではないだろうか」
と述べた。趙氏はこうした状況を踏まえ、今すぐ対話に乗り出すのは容易でないとの見方を示したという。 この趙氏の発言に対し出席者から
北朝鮮高官代表団 来韓時に韓米軍事演習に否定的な見解 続きを本紙で読む 》

哨戒艦撃沈事件 北朝鮮・金英哲氏の関与は確認不可能=韓国国防相

2018年2月28日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【ソウル聯合ニュース】韓国の宋永武(ソン・ヨンム)国防部長官は28日、国会国防委員会の緊急懸案質疑に出席し、北朝鮮による2010年の韓国海軍哨戒艦

「天安」
撃沈事件を主導したとされる金英哲(キム・ヨンチョル)朝鮮労働党副委員長兼統一戦線部長が平昌冬季五輪に合わせて訪韓した問題を巡り、事件を起こしたのは北朝鮮かとの質問に対し
「私はそう信じている」
として、
「(事件を起こしたのは)北の小型潜水艇で、偵察総局所属」
と述べた。

 金氏は平昌五輪の閉会式に出席するため、北朝鮮高官代表団の団長として25~27日に韓国を訪れた。だが、事件当時、工作機関である朝鮮人民軍偵察総局の局長を務めたため、事件を主導した人物の一人だとして野党や保守団体が金氏の訪韓に強く反発していた。事件では乗組員46人が犠牲となり、遺族らも金氏の訪韓に反対した。 宋氏は偵察総局所属の潜水艇が出動したのに、当時の偵察総局長だった金氏が関与していないと断定できるかとの質問には、

「(関与したとの)推定はできるが、確認はできない」
と説明した。また、
「(民軍合同調査団が事件の調査結果を発表した)当時も(金氏の関与は)確認できないと記録されている。私も同様のことを話している」
と答弁した。

哨戒艦撃沈事件 北朝鮮・金英哲氏の関与は確認不可能=韓国国防相 続きを本紙で読む 》

平昌五輪:カーリング男子米国代表に女子の金メダル!?

2018年2月27日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

 平昌冬季五輪カーリング女子の金メダルが男子米国代表チームに間違って渡されていたことが明らかになった。 カーリング男子米国代表チームは24日、スウェーデンを10-7で破り、表彰台の一番上に立った。そして、メダル・セレモニーでも金メダルを首にかけた。男子米国代表は前評判は低かったが、強豪スウェーデンを下して初めて金メダルを獲得した。 ところが、授賞式が終わると、米国チームがざわめき始めた。選手たちが首にかけた金メダルは、翌25日に授与されるはずのカーリング女子の金メダルだったのだ。 平昌五輪のメダルには右上に

「カーリング男子」
「カーリング女子」
などと種目名が刻まれている。確認してみると、主要4選手がカーリング女子の金メダルを、リザーブのジョー・ポロのみがカーリング男子の金メダルを受け取っていた。 その後、しばらく混乱があったものの、男子米国代表はあらためて男子の金メダルを手にした。男子米国代表のスキップ(司令塔)ジョン・シュスターは
「どちらにせよカーリングの金メダルはカーリングの金メダル」
と笑った。 このため、25日のカーリング女子決勝戦で韓国を8-3で下した女子スウェーデン代表チームは、男子米国代表がしばらく首にかけていた
「中古の金メダル」
を受け取った形になった。

平昌五輪:カーリング男子米国代表に女子の金メダル!? 続きを本紙で読む 》

米は対話のハードル下げ北朝鮮は非核化の意志を=文大統領

2018年2月26日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は26日、平昌冬季五輪の閉会式に出席するため来韓した中国の劉延東副首相と青瓦台(大統領府)で会談した席で、米朝対話に関連し

「米国は対話のハードルを下げる必要があり、北も非核化の意志を見せなければならない」
と述べた。 文大統領は
「米朝対話が早期に行われるよう、中国の持続的な協力を願いたい」
として、
「冬季五輪を機につくられた南北対話の雰囲気を五輪後も続けることが大変重要だと思う」
との見解を示した。 また、
「平昌五輪は大変大きな成功を収めた」
として、
「もう五輪旗が中国に渡された。(22年)北京五輪の成功を祈り、大会成功のため協力できることがあれば最善を尽くして協力する」
と述べた。 日本による植民地時代、中国・上海に
「大韓民国臨時政府」
が設立されてから来年で100年になることにも触れ、
「重慶市で(抗日闘争をした臨時政府の)光復軍司令部の建物を復元しているが、設立100周年に合わせて完成されれば感激的だ」
とし、中国政府の協力を求めた。 劉副首相は
「今年に入って生まれた朝鮮半島情勢緩和の動きをうれしく見守っている」
として、
「米朝対話が行われるよう、中国と韓国で説得していきたい」
と応じた。 また、
「習近平主席のあいさつを伝えたい。五輪の成功をあらためて祝賀する。閉会式は韓国
米は対話のハードル下げ北朝鮮は非核化の意志を=文大統領 続きを本紙で読む 》

<平昌五輪>合同チーム初ゴールのパック、名誉の殿堂に展示

2018年2月25日 ニュース, 韓国・中央日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

  女子アイスホッケー南北合同チームが2018平昌(ピョンチャン)冬季五輪で最初のゴールを飾ったパックが国際アイスホッケー連盟(IIHF)の名誉の殿堂入りした。 

  アイスホッケーメディア

「ザ・カラー・オブ・ホッケー」
は24日、韓国系選手のランディ・ヒス・グリフィンが日本を相手に得点したパックがカナダのトロントにあるIIHF名誉の殿堂に到着した
「コリア」
として出場した南北合同チームは14日に江陵(カンヌン)関東ホッケーセンターで行われた女子アイスホッケーB組予選第3戦で日本に1-4で敗れたが、3試合目にして初のゴールを決めた。 

  初ゴールの主人公はランディ・ヒス・グリフィンだった。グリフィンは米ノースカロライナ州で歯科医夫婦の韓国人の母と米国人の父の間に生まれた。ハーバード大学生物学科を卒業した後、デューク大学で生物学と修士・博士統合過程を履修した。大学を終えホッケーからしばらく離れていたグリフィンは、母の国で活動するため昨年特別帰化した。ミドルネームの

「ヒス」
は母の名前だ。 

  ランディ・ヒス・グリフィンは米国に養子に出されたパク・ユンジョン(英語名:マリサ・ブラント)のパスを受け歴史的な初ゴールを記録した。名誉の殿堂キュレーターのフィ

<平昌五輪>合同チーム初ゴールのパック、名誉の殿堂に展示 続きを本紙で読む 》

平昌五輪:米NYに「平昌は平壌ではない」広告

2018年2月23日 朝鮮日報, 芸能 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

 米ニューヨーク市の韓国人密集地域クイーンズ・フラッシングに平昌冬季五輪開催の成功を祈る広告=写真下=が登場した。 ニューヨークで販促物製作会社

「ブリッジ・エンタープライズ・システム」
を経営するハン・テギョク代表(73)=写真上=は5日(現地時間)、フラッシングのノーザン・ブールバードとパーソンズ・ブールバード近くのバス停に高さ2メートル、幅1メートル50センチの平昌五輪広告板を自費7500ドル(約80万円)で製作・掲示した。 広告板には太極旗(韓国国旗)と共に
「平昌、江原道、韓国」
というフレーズがアルファベットと漢字で表記されている。また、
「平昌は北朝鮮の平壌ではない。平壌の政治宣伝にだまされるな」
という文と、トロイの木馬(古代ギリシャのトロイを陥落させるため、内部に兵士たちを潜ませてトロイ城の中に送り込んだ木馬)の絵を載せた。ハン・テギョク代表は
�年ぶりに韓国で開催される五輪の開会式で太極旗を堂々と掲げられなかったのが残念だった。平昌五輪をPRすると同時に、北朝鮮が対韓国平和攻勢に五輪を利用しようとしているのではないかというメッセージも込めたかった」
この広告は平昌パラリンピックが終わる来月18日まで掲示される予定だ。 ハン・テギョク代表は2011年からニューヨークのマンハッタンやフラッシング地域の公衆電話・バス停留所などに韓国をPRする広告を何度も出してきた
平昌五輪:米NYに「平昌は平壌ではない」広告 続きを本紙で読む 》

【社説】平昌の汚点として残った「団体追い抜き」騒動

2018年2月22日 ニュース, 韓国・中央日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

  19日の平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)女子団体追い抜き準々決勝で韓国選手が見せた非正常的なプレーに対する批判が続いている。3人の選手が一つのチームとして決勝ラインを通過しなければいけない団体追い抜き競技で最後の選手だけが遅れるという場面を演出した。さらに先にゴールインしたキム・ボルム選手ら2人がインタビューで、遅れをとったノ・ソンヨン選手を叱責するような発言をした。ノ・ソンヨン選手に対するいじめだという批判まで出てきた。最高のチームワークを見せた韓国男子団体追い抜きチーム、金メダルを獲得した韓国女子ショートトラック3000メートルリレーチームのお互いを支え合う姿とは対照的だった。 

  事態は真実攻防にまで広がった。キム・ボルム選手とペク・チョルギ代表チーム監督が20日に記者会見を開いて競技について説明し、

「競技の前日に一緒に作戦を決めた」
と述べたが、ノ・ソンヨン選手は
「初めて聞いた」
と否認した。 

  まだ真偽は明らかでないが、今回の事態は予想された災難という指摘が多い。ノ・ソンヨン選手は当初、スケート連盟の手続きミスで平昌五輪の出場権を得られなかったが、後に救済措置が取られた。これに関連してノ・ソンヨン選手はインタビューで

「団体追い抜きの練習をまともにできず、特定の選
【社説】平昌の汚点として残った「団体追い抜き」騒動 続きを本紙で読む 》

韓国外交部長官「平昌五輪での安倍氏冷遇はなかった」

2018年2月22日 ニュース, 韓国・中央日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

  韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は21日、平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)開会式に出席した日本の安倍晋三首相に対する

「冷遇論攻勢」
に対し、
「安倍氏は自身が冷遇されたとは考えていないはず」
と反論した。 

  康氏はこの日、国会で開かれた外交通商委員会全体会議に出席して

「平昌に来た各国トップ級要人に対する礼遇に関連して差別待遇、冷遇というような話がメディアから出ていることを承知している」
としつつ
「日程は可能な範囲内の時間、訪問した要人の(日程に合わせた)」
と述べた。 

  康氏は五輪期間中、文在寅(ムン・ジェイン)大統領と安倍氏の昼食会・夕食会が開かれなかったことについても

「安倍氏が国会会期中に、1泊2日という非常に短い日程で来た」
とし
「可能な時間内では別途昼食会・夕食会を開くことができなかった」
と抗弁した。 

  一方、康氏は青瓦台(チョンワデ、大統領府)が平昌五輪を機に米国と北朝鮮の高位級会談を推進したというメディア報道に対しては

「韓米間のトップ級対話、南北間の高官対話などの詳しい内容については公式に確認できる事項はない」
と回答を避けた。

韓国外交部長官「平昌五輪での安倍氏冷遇はなかった
続きを本紙で読む 》

[平昌五輪]炎上の韓国スピードスケート女子 一転チームワーク重視も最下位

2018年2月22日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【江陵聯合ニュース】平昌冬季五輪第13日の21日、スピードスケート女子団体追い抜きの7、8位決定戦が行われ、韓国はポーランドに敗れて8チーム中最下位に終わった。

 19日に行われた1回戦では、韓国代表チームの盧善英(ノ・ソンヨン)がキム・ボルム、朴智ウ (パク・ジウ)から大幅に遅れてゴール。3人が力を合わせる種目では珍しい光景に、チームワークに問題があるとの声が上がった。 またレース後のインタビューでキムが

「(3人が同時に滑走する)団体追い抜きは最後にゴールした選手の記録が採用されるので、良い記録が出なかった」
と盧に責任転嫁するような発言を行ったことで、韓国代表チームのマナーや盧に対する
「いじめ疑惑」
などが取り沙汰され、インターネット上でこれらが炎上した。 キムは批判を受けて会見を開き釈明したが、盧が会見内容に反論するような発言をしたことで疑惑はさらに深まった。 7、8位決定戦に盧は出場しないとの見方も出たが、韓国は1回戦と同じメンバーで臨んだ。 3人の選手は1回戦と異なりほぼ同時にゴールし、競技中も前の選手を支えなどチームワークを意識する姿を見せたが、ポーランドに大きく遅れた。3人はレース後のインタビューには応じずに競技場を後にした。

[平昌五輪]炎上の韓国スピードスケート女子 一転チームワーク重視も最下位 続きを本紙で読む 》

<平昌五輪>「今大会で最も失望させる場面」…海外メディアが報じる韓国「団体追い抜き」

2018年2月21日 ニュース, 韓国・中央日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

  

「チームメートをいじめる選手2人の国家代表資格を剥奪しろという請願が35万人」
=英BBC 

  

「エリートスポーツで弱者を苦しめる気分の悪い話」
=カナダのグローブ・アンド・メール 

  2018平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)で韓国スピードスケート女子団体追い抜きのチームワーク問題が世界的にひんしゅくを買っている。カナダのグローブ・アンド・メールは20日、

「今回のオリンピックで最も失望させる場面」
と題し、
「エリートスポーツで弱者を苦しめる気分の悪い話がテレビで中継された」
続いて
「すべての五輪には良い話があるものだが、失望させる話もある」
 

  英BBCは

「チームメートをいじめた韓国スピードスケート選手2人の国家代表資格を剥奪してほしいという韓国国民の請願が35万人を超えた」
と報道した。 

  米紙USAトゥデイも

「『いじめ説』が韓国女子団体追い抜きで浮上した」
また
「文在寅(ムン・ジェイン)大統領に2人の選手を処罰してほしいという請願が40万人を超えた」
とし、請願の詳しい内容も伝えた。 

  19日に行われたスピードスケート女子団体追い抜きの準々

<平昌五輪>「今大会で最も失望させる場面」…海外メディアが報じる韓国「団体追い抜き
続きを本紙で読む 》