金正恩氏の訪中 中国が事前通知=韓国大統領府

2018年3月28日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【ソウル聯合ニュース】韓国の青瓦台(大統領府)関係者は28日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の訪中について、中国政府から事前に通知を受けていたと明らかにした。ただ、中国政府が通知した時期については

「分からない」
と述べた。 中国はこの日午前、金委員長が習近平国家主席の招きで25~28日に中国を訪問したと発表した。北朝鮮メディアの報道によると、訪中には夫人の李雪主(リ・ソルジュ)氏のほか、崔竜海(チェ・リョンヘ)党副委員長、朴光浩(パク・グァンホ)党副委員長、李洙ヨン(リ・スヨン)党副委員長、金英哲(キム・ヨンチョル)党副委員長兼統一戦線部長らが同行した。

金正恩氏の訪中 中国が事前通知=韓国大統領府 続きを本紙で読む 》

北朝鮮メディア 要人の訪中に関する報道なし

2018年3月27日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の要人が乗ったとみられる列車が26日に中国・北京に到着し、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が訪中した可能性も取り沙汰されているが、27日午前の時点でこれに関する北朝鮮メディアの特別な報道はない。

 朝鮮中央通信などの北朝鮮メディアは、2013年5月に金正恩氏の特使として当時の崔竜海(チェ・リョンヘ)朝鮮人民軍総政治局長(現・党副委員長)が特別航空便で訪中したときは出発当日にこれを報じた。 ただ、かつて正恩氏の父親の金正日(キム・ジョンイル)総書記が訪中した際には、中国での日程を終えるころに訪問の事実を報道したケースが多かった。金正日氏は11年5月20日から同26日にかけて非公式に訪中したが、朝鮮中央通信は正日氏が訪問を終えて列車で北朝鮮の領土に戻る前の5月26日午後に長文の記事で訪中の内容を伝えた。

北朝鮮メディア 要人の訪中に関する報道なし 続きを本紙で読む 》

【寄稿】金正恩の無謀な「金英哲派遣カード」

2018年3月3日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

 戦略的判断よりも即興的決定に慣れた金正恩(キム・ジョンウン)政権の対南・対外政策は一寸先も見通すことが困難だ。金正恩・金与正(キム・ヨジョン)による決定だった可能性が高い。 常識的に判断するならば、崔竜海(チェ・リョンヘ)労働党組織指導部長あたりを派遣していれば、対米接触は勿論、韓国政府との円満な対話が可能だったはずだが、独断で決定が下される構造下でそうした意見が金正恩には極めて通じにくい。彼らの決定は時には相手の虚を突くが、失敗が多く、現在の北朝鮮政権の危機を自ら招いている。 金英哲は李明博(イ・ミョンバク)政権初期、南への圧力攻勢をかけるために創設された

「偵察総局」
のトップだった。偵察総局は南に対する破壊任務を遂行していた労働党傘下の作戦部、35号室、対外連絡部などを吸収し、特殊工作を目標として再編された組織だった。偵察総局は李明博大統領に侮辱された金正日(キム・ジョンイル)の復しゅうのために成立した。 2009年、北朝鮮は大規模な水害の復旧に向け、食料10万トンの支援を韓国政府に求めた。李明博政権は白米ではなくトウモロコシ1万トンを支援することを決め、全ての分配過程をモニタリングするという条件を付けた。韓国政府はそれまで無条件で数十万トンの食料を支援したが、李明博政権はトウモロコシで自分を侮辱した--。金正日はそう考えたのだった。 当時金正日は
「李明博とは最後まで戦う
【寄稿】金正恩の無謀な「金英哲派遣カード
続きを本紙で読む 》

金正恩氏 父・正日氏の生誕記念日迎え参拝

2018年2月16日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が、父親の故金正日(キム・ジョンイル)総書記の誕生76周年に当たる16日午前0時、金総書記の遺体が安置されている平壌の錦繍山太陽宮殿を参拝した。朝鮮中央通信が伝えた。

 参拝には正恩氏の最側近とされる崔竜海(チェ・リョンヘ)党副委員長兼組織指導部長をはじめとする党の上級幹部が同行。一方、軍の幹部は同行しなかった。 同通信は、参拝者たちが

「最高領導(指導)者同志(金正恩委員長)の領導に従い党の強化・発展、社会主義強国建設という歴史的大業を完成させることで、将軍様(金正日総書記)の愛国、強国の願いを輝かしく実現していくことを固く誓った」

金正恩氏 父・正日氏の生誕記念日迎え参拝 続きを本紙で読む 》

正恩氏最側近「核抑止力さらに堅固に」 金総書記の誕生日行事で演説

2018年2月16日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮は15日、故金正日(キム・ジョンイル)総書記の誕生日(16日)を祝う中央報告大会を平壌市内で開催し、息子の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長への忠誠を促した。朝鮮中央テレビが報じた。

 正恩氏の最側近とされる崔竜海(チェ・リョンヘ)党副委員長が演説を行い、核開発と経済発展を同時に進める並進路線を維持し、自衛的な核抑止力をさらに堅固なものにすると強調した。南北関係については言及しなかった。 大会には北朝鮮が韓国に派遣した高官代表団の団長を務めた金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長、朴奉珠(パク・ボンジュ)首相などの高官が出席した。 一方、正恩氏と妹で特使として韓国を訪問した金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長は姿を見せなかった。

正恩氏最側近「核抑止力さらに堅固に」 金総書記の誕生日行事で演説 続きを本紙で読む 》

正恩氏最側近「核抑止力さらに堅固に」 金総書記の誕生日行事で演説

2018年2月15日 ニュース, 韓国・聨合(レンゴウ) , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮は15日、故金正日(キム・ジョンイル)総書記の誕生日(16日)を祝う中央報告大会を平壌市内で開催し、息子の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長への忠誠を促した。朝鮮中央テレビが報じた。

演説する崔竜海氏=15日、ソウル(朝鮮中央テレビ=聯合ニュース)
「核抑止力さらに堅固に」 金総書記の誕生日行事で演説">

 正恩氏の最側近とされる崔竜海(チェ・リョンヘ)党副委員長が演説を行い、核開発と経済発展を同時に進める並進路線を維持し、自衛的な核抑止力をさらに堅固なものにすると強調した。南北関係については言及しなかった。

<
正恩氏最側近「核抑止力さらに堅固に」 金総書記の誕生日行事で演説 続きを本紙で読む 》

[平昌五輪]北朝鮮代表団は正恩氏専用機で韓国入り 便名にも注目

2018年2月9日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が平昌冬季五輪開幕に合わせて派遣した高官級代表団が9日午後、専用機で韓国の仁川国際空港に到着した。

 機体は金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の専用機とみられる旧ソ連開発のイリューシン62。正恩氏は憲法上の国家元首である金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長と自身の妹の金与正(キム・ヨジョン)党中央委員会第1副部長が含まれる代表団に威厳を持たせるため、専用機を使わせたとみられる。2014年の仁川アジア大会の閉会式に合わせ側近の崔竜海(チェ・リョンヘ)氏ら北朝鮮高官が韓国を訪れた際にも、この機体が使われた。 専用機の便名が

「PRK615」
だったことも意味深長だ。PRKは北朝鮮を指し、615は最初の南北首脳会談が開かれた2000年の6月15日を意味するようだ。当時の金大中(キム・デジュン)大統領が会談のため訪朝し、黄海の直航路が初めて開かれたことを踏まえて便名を付けた可能性がある。 金正日(キム・ジョンイル)総書記は飛行機の利用を好まなかったとされるが、息子の正恩氏はたびたび視察に専用機を使う。北朝鮮メディアは15年2月、正恩氏が専用機に乗って上空から首都の平壌を視察したと報じ、内部の写真も掲載した。

 一部では、専用機での訪韓は制裁に抵触しかねないとの指摘もあるが、韓国統一部は問題ないとの立場だ

[平昌五輪]北朝鮮代表団は正恩氏専用機で韓国入り 便名にも注目 続きを本紙で読む 》

平昌五輪:北朝鮮、序列2位の金永南氏を派遣へ

2018年2月5日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

 北朝鮮は4日、平昌冬季オリンピックに派遣する代表団の団長として金永南(キム・ヨンナム)朝鮮労働党最高人民会議常任委員長を送ると明らかにした。韓国統一部(省に相当)は金永南氏を団長とする高官3人と、これを補佐する18人からなる北朝鮮政府高官団が9日から11日の日程で韓国を訪問する計画であることを明らかにした。 金永南氏は1928年生まれで今年90歳。金日成(キム・イルソン)主席の時代には北朝鮮の外相、金正日(キム・ジョンイル)総書記の時代は海外で北朝鮮の顔となる国家首班などの役割を果たしてきた。また金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が権力を握った後も、朝鮮労働党の最高機関である政治局常任委員として活動を続けている。 北朝鮮が憲法上の国家首班である金永南氏を派遣する背景には、自分たちが普通の国であることを改めて誇示したい意向があるものとみられる。また平昌冬季オリンピックの開会式には26カ国から首脳クラスが参加するため、北朝鮮も平昌オリンピックに国家首班クラスの金永南氏を派遣することで、各国と首脳外交を行いたい意向も読み取れる。金永南氏は北朝鮮で核やミサイル開発に携わっていないため、韓国政府や国際社会による制裁の対象になったことはこれまで一度もない。 当初は崔竜海(チェ・リョンヘ)朝鮮労働党副委員長の来韓が予想されていたが、韓国政府による独自制裁のリストに名前が上がってい

平昌五輪:北朝鮮、序列2位の金永南氏を派遣へ 続きを本紙で読む 》

文大統領 北朝鮮・金永南氏と接触か=「個別会談は検討必要」

2018年2月5日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【ソウル聯合ニュース】韓国の青瓦台(大統領府)関係者は5日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領と、平昌冬季五輪に合わせて訪韓する北朝鮮の金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長との個別会談を検討していることを明らかにした。

 同関係者は

「文大統領は五輪開会式から金氏と会う」
としながらも
「金氏が個別に文大統領を表敬する計画については北の先発隊と協議する問題」
と述べた。 別の青瓦台関係者は
「個別会談をするかどうかはまだ決まっていない」
として、
「検討が必要な事案」
と慎重な見方を示した。 北朝鮮は4日夜、金氏を団長とし、団員3人、支援要員18人で構成する高官級代表団を9~11日に派遣すると韓国に通知した。 団員3人については明らかにしなかったが、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の最側近で政権ナンバー2とされる崔竜海(チェ・リョンヘ)党副委員長が含まれる可能性もある。 文大統領は北朝鮮の通知直後に報告を受けたという。 文大統領は五輪の会場で金氏と遭遇する可能性が高い。9日は世界各国の首脳らが出席する開会式、10日はアイスホッケー女子の南北合同チームの初戦、11日はソウル国立劇場で北朝鮮芸術団の2回目の公演が行われる。 金氏は3カ所に姿を現すとみられ、文大統領も出席する方向で検討する可能性がある。 最大の焦点は文大統領が青瓦台など別の場所で金氏と個別に会談するか
文大統領 北朝鮮・金永南氏と接触か=「個別会談は検討必要
続きを本紙で読む 》

金正恩の妹が労働党行事で最前列に座った意味

2017年12月25日 ニュース, 韓国・中央日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

  21日に平壌(ピョンヤン)で開かれた北朝鮮の朝鮮労働党第5次細胞委員長大会で金正恩(キム・ジョンウン)委員長の妹の金与正(キム・ヨジョン)副部長が会場の最前列に座った姿がとらえられメディアの注目を集めている。 

  この日金与正氏は金委員長と同じ列に座った。兄である金委員長が

「米国に実際的な核威嚇を加えられる戦略国として急浮上したわが共和国の実体をこの世界のだれも否定できなくなった」
という発言をしたと推定される場面で金与正氏は何かを書き取る姿を見せた。 

  金与正氏の席は金正恩委員長から右に5番目だった。こうした座席配置のため金与正氏の序列は北朝鮮で10位以内に入るという分析も出ている。同じ列には崔竜海(チェ・リョンヘ)、金平海(キム・ピョンヘ)、呉秀容(オ・スヨン)、朴泰成(パク・テソン)ら党高位幹部が一緒に座っていた。 

  この席で金委員長は

「われわれの前途には決して無視することはできない挑戦が横たわっているが、これに失望することも恐れることもなく、むしろわれわれの革命の前進発展を楽観している。切迫した闘争課題を成果的に遂行しようとするなら党細胞をさらに強化し、党細胞委員長が責任と本分を尽くさなくてはならない」
と話した。 

&nb

金正恩の妹が労働党行事で最前列に座った意味 続きを本紙で読む 》

中国の専門家「正恩氏の特使面会拒否、中国への意図的侮辱」

2017年11月22日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が、中国の習近平国家主席の特使として訪朝した宋濤・共産党対外連絡部長と会わなかったことをめぐり、中国の専門家の間では

「意図的な侮辱だ」
との分析が示されている。 香港紙
「サウス・チャイナ・モーニング・ポスト」
(SCMP)は21日、外交専門家らの言葉を引用し、宋特使が北朝鮮で金正恩委員長に会えなかったことについて
「中国に対する北朝鮮政府の侮辱であり、両国関係に困難が生じたというサインだ」
 宋特使は17-20日に北朝鮮を訪問。2015年以降で中国の高官が訪朝したのは今回が初めてだ。訪朝期間中、宋特使は崔竜海(チェ・リョンヘ)朝鮮労働党副委員長、李洙ヨン(リ・スヨン)同副委員長(国際担当)と面会した。しかし肝心の金委員長には会えなかった。 これについて、中国・南京大のク・ス教授(政治分析家)は
「外交儀礼で互恵の原則はとりわけ共産圏では非常に重要だ」
として
「金正恩氏が宋特使に会わなかったことは(外交儀礼を)『逸脱』したレベルだ」
と指摘した。実際に習主席は昨年、北朝鮮の朝鮮労働党大会の後、金委員長の特使として訪中した李洙ヨン氏と面会し、北朝鮮の党大会の概要報告を受けた。しかし今回は逆に、中国の党大会が終了した後に習主席の特使が訪朝したものの、金委員長は中国の党大会に関する報告を拒否した格好だ。 ク教授は
「金正恩氏が習主席の特使
中国の専門家「正恩氏の特使面会拒否、中国への意図的侮辱
続きを本紙で読む 》

「反米対決、最後の決死戦」 北で10万人の群衆大会

2017年10月10日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

 北朝鮮が朝鮮労働党創建記念日(10月10日)前後に大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射など大規模な挑発を仕掛ける可能性が取り沙汰される中、平壌では10万人規模の群衆大会が開催された。朝鮮中央テレビなど北朝鮮の官営メディアは9日、故・金正日(キム・ジョンイル)総書記の就任20周年となる今月8日に平壌市内の金日成(キム・イルソン)広場で行われた大会の様子を録画映像で報じた。大会には党・政・軍の首脳部が勢ぞろいした。この日、崔竜海(チェ・リョンヘ)党中央委員会副委員長は演説で

「反米対決戦の歴史を終わらせるための最後の決死戦に総決起しなければならない」
と述べた。北朝鮮が党の創建記念日を前に、内部体制の引き締めと武力挑発の大義名分を立てるためのムードづくりに乗り出したと分析されている。 こうした中、北朝鮮は7日に行われた朝鮮労働党中央委員会第7期第2回全体会議で大規模な人事を断行し、韓国との対話窓口となるいわゆる
「対南ライン」
を全員排除したことが分かった。ある消息筋は
「かつては金養建(キム・ヤンゴン)党統一戦線部長など南北対話の担当者が党中央委員に入っていたが、今回は中央・候補委員44人のうち対南ラインは1人もいない」
として
「北朝鮮は昨年、対韓国窓口機関の祖国平和統一委員会を国務委員会傘下の機関に独立・格上げし、委員長のリ・ソングォン氏を長官級に昇格させたが、今回の人事ではリ・ソングォ
「反米対決、最後の決死戦」 北で10万人の群衆大会 続きを本紙で読む 》

北朝鮮の金委員長 核実験祝う宴会に出席=「偉大な勝利」

2017年9月10日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮中央通信は10日、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が6回目の核実験に関わった科学者や技術者のため、平壌の木蘭館で開かれた宴会に出席した

 金委員長は科学者らをねぎらいながら

「水素爆弾の爆音は血の代価で成し遂げた朝鮮人民の偉大な勝利」
と強調。
「主体革命の最後の勝利は確定的」
と主張した。 同通信は、金委員長が
「核武力完成の目標を果たすための闘争で、科学者と技術者が自衛的な核の抑止力を強固に整えていくため、科学研究事業を野心的に展開していくための課業を提示した」
 宴会は北朝鮮の建国記念日の9日に行われたとみられ、黄炳瑞(ファン・ビョンソ)朝鮮人民軍総政治局長、朴奉珠(パク・ボンジュ)首相、崔竜海(チェ・リョンヘ)党副委員長ら北朝鮮の最高幹部がそろって出席した。 また、同通信は人民劇場で核開発者のための祝賀公演も開かれ、金委員長と夫人の李雪主(リ・ソルジュ)氏が公演を観覧した 金委員長は故金日成(キム・イルソン)主席と故金正日(キム・ジョンイル)総書記の遺体が安置された錦繍山太陽宮殿で、核実験に携わった関係者らと共に記念撮影を行ったという。

北朝鮮の金委員長 核実験祝う宴会に出席=「偉大な勝利
続きを本紙で読む 》

金正恩「水爆の爆音は血の代価で成し遂げた朝鮮人民の勝利

2017年9月10日 ニュース, 韓国・中央日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

  北朝鮮金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長が6回目の核実験に参加した核科学者と技術者のために設けた宴席で、

「水素弾(水爆)の爆音は艱苦な歳月をベルトを引き締めながら血の代価で成し遂げた朝鮮人民の偉大な勝利だ」
と自評した。 

  朝鮮中央通信は10日、金委員長が朝鮮労働党中央委員会と党中央軍事委員会主催で開かれた宴席で大陸間弾道ミサイル(ICBM)装着用水素弾試験成功に寄与した構成員を招いてこのように話したと報道した。 

  通信はまた、金委員長が宴席で

「国家核武力完成の完結段階の目標を占領するための闘争で国防科学部門の科学者・技術者が自衛的な核抑止力をしっかりと固めていくための科学研究事業をさらに野心に満ちて進めていくことに対する課題を提示した」
 

  また、金委員長は

「強固な自立的経済土台があり非常な頭脳を持つ科学者大軍と白頭(ペクトゥ)の革命精神で武装した軍隊と人民、自力更正の闘争伝統があるため、主体革命の最後の勝利は確定的だ」
と話した。 

  通信は金委員長が

「党の信頼できる核戦闘員が水素弾試験の完全成功で民族史的大慶事、特大事変を抱えてきた闘争気勢を一瞬たりとも遅らせずさらに奮発しさらに大きな勝利を
金正恩「水爆の爆音は血の代価で成し遂げた朝鮮人民の勝利 続きを本紙で読む 》

北朝鮮「誤認すれば米国の心臓部に核先制打撃」

2017年7月27日 ニュース, 韓国・中央日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

  北朝鮮は韓国戦争(朝鮮戦争)停戦協定(7月27日)締結日を翌日に控えた26日、

「敵が誤認すれば米国の心臓部に核先制攻撃を加えて地球上から消す」
と述べた。 

  朝鮮中央通信は

「祖国解放戦争(朝鮮戦争)勝利64周年慶祝中央報告大会が26日、祖国解放戦争勝利記念塔教養広場で開催された」
とし、このような内容の朴永植(パク・ヨンシク)人民武力相の演説内容を伝えた。 

  朴永植人民武力相はこの日の演説で

「もし敵が共和国の戦略的地位を誤認して『核先制打撃論』にこだわれば、白頭山(ペクドゥサン)革命強軍はすでに明らかにしているように、いかなる警告や事前通告もなくアメリカ帝国の心臓部に最も徹底的な懲罰の核先制打撃を加える」
と脅迫した。 

  また

「7・27は世界戦争史上初め米帝国主義を叩きつぶし、反米対決史に勝利の最初のページを刻んだ誇り高き記念日」
とし
「米帝の強大性神話に終止符を打ち、米帝国主義の終局的滅亡の開始を開いた20世紀の軍事的奇跡だった」
と主張した。 

  この日の行事には金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長、黄炳瑞(ファン・ビョンソ)軍総政治局長、朴奉珠(パク・ボンジュ)首相、崔竜海(チェ・リョンヘ)労働党副

北朝鮮「誤認すれば米国の心臓部に核先制打撃
続きを本紙で読む 》

  

© 韓国(人)は日本を敵国だと、日本人は気がつくべき