ベント監督の率いる韓国代表チームの

「韓日戦惨敗」
の余波がなかなか収まらない。大韓サッカー協会(KFA)のチョン・モンギュ会長の謝罪まで引き出したが、非難世論は静まる気配が見えない。 チョン会長は26日、サッカー協会のホームページに
「昨日(25日)行われた韓日戦の敗北に失望したサッカーファン、サッカー関係者、国民の皆様にサッカー協会の会長として非常に申し訳なく思っている」
と謝罪した。サッカー協会会長が個別試合の結果に対して公式謝罪したのは今回が初めて。しかし、ベント監督はKリーグに対する理解不足で代替選手たちをまともに選抜できなかった。DFのホン・チョル(蔚山現代)の選抜をめぐる議論が代表的だ。ホン・チョルは所属チームがコンディション難を理由に代表チームの選抜に反対した。ホン・ミョンボ監督がマスコミのインタビューを通じてベント監督にコミュニケーションを取ろうと提案したほどだった。それでもベント監督はホン・チョルを主力に起用し、日本はこのような弱点をうまく活用した。これは、韓日戦を単なる練習試合と見なしていたベント監督を協会が統制できなかったために発生した問題だ。 イ・ガンイン(バレンシア)の
「ゼロトップ」
戦術も、ベントゥー監督の
「コミュニケーション不足」
が原因という指摘が出ている。ファン・ウィジョ(ボルドー)に代わる最前方FWをKリーグから発掘しようとする努力はせず、国外組で