PM2.5問題 楊政治局員に「中国の要因もある」=文大統領

2018年4月1日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は30日、青瓦台(大統領府)で中国の外交を統括する楊潔チ・共産党政治局員と会談し、微小粒子状物質

「PM2.5」
による大気汚染が深刻な状態になっていることについて、
「国内的な要因もあるが、中国の要因もあるため、韓中間の緊密な協力を望む声が国民の間で高い」
と述べ、中国から飛来するPM2.5問題の深刻さを強調した。

 韓国でPM2.5による大気汚染が深刻化し、青瓦台のウェブサイトに中国政府に抗議するよう求める請願が寄せられるなど、否定的な世論が広まっていることを踏まえた発言とみられる。 楊氏は

「大気汚染問題は中韓環境協力センターを発足させ、共同で努力すれば良い効果を得られる」
として、同センターの早期発足に同意した。 同センターの発足は昨年12月、韓中首脳会談で議論されたが、設置に向けた協議は進展していない。

PM2.5問題 楊政治局員に「中国の要因もある」=文大統領 続きを本紙で読む 》

PM2.5問題 楊政治局員に「中国の要因もある」=文大統領

2018年4月1日 ニュース, 韓国・聨合(レンゴウ) , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は30日、青瓦台(大統領府)で中国の外交を統括する楊潔チ・共産党政治局員と会談し、微小粒子状物質

「PM2.5」
による大気汚染が深刻な状態になっていることについて、
「国内的な要因もあるが、中国の要因もあるため、韓中間の緊密な協力を望む声が国民の間で高い」
と述べ、中国から飛来するPM2.5問題の深刻さを強調した。

握手を交わす文大統領(右)と楊政治局員=30日、ソウル(聯合ニュース)
「中国の要因もある」=文大統領">

 韓国でPM2.5による大気汚染が深刻化し、青瓦台のウェブサイトに中

PM2.5問題 楊政治局員に「中国の要因もある」=文大統領 続きを本紙で読む 》

訪韓の中国外交トップ 文大統領に中朝会談結果説明

2018年4月1日 ニュース, 韓国・聨合(レンゴウ) , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は30日、青瓦台(大統領府)で中国の外交を統括する楊潔チ・共産党政治局員と会談した。楊氏は中朝首脳会談の結果を詳細に説明し、両氏は南北・米朝首脳会談で成果をあげるための方策などについて議論した。

握手を交わす文大統領(右)と楊政治局員=30日、ソウル(聯合ニュース)

 青瓦台関係者は

「南北・北米(米朝)首脳会談の成功が鍵で、韓中がどのように雰囲気を醸成し、寄与するかについて議論した」
と説明した。

 楊氏は朝鮮半島の非核化や平和定着のため、積極的

訪韓の中国外交トップ 文大統領に中朝会談結果説明 続きを本紙で読む 》

【社説】労働組合に生死がかかるクムホタイヤと韓国GMの暗鬱な現実

2018年3月30日 ニュース, 韓国・中央日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

  韓国2位のタイヤ企業クムホタイヤが今日までに債権団に

「経営正常化履行約定書」
を提出できなければ不渡りを出すことになる。会社を生かすには海外売却と賃金削減が必要だが、労働組合がこのような自律協約に反対しているからだ。李東杰(イ・ドンゴル)産業銀行会長は
「中国の青島双星(ダブルスター)の投資を誘致できなければ、4月2日に手形が戻ってきて不渡り処理される」
とし
「そうなると青瓦台(チョンワデ、大統領府)も防げない」
クムホタイヤの運命が労働組合の手にかかっているわけだ。 

  残念ながら韓国GMも勤労者と協力会社の従事者30万人の将来が労働組合の手にかかっている。GM本社は経営正常化のための新車配分と追加投資は労働組合の苦痛分担を前提とするとし、明日までに賃金・団体交渉暫定協議案を出すよう要求している。しかし労働組合は定年65歳への延長と今後10年間の整理解雇禁止を要求して闘争している。 

  政府は慌ただしい雰囲気だ。今回も国民の血税を投入したいが、清算価値の方が高いクムホタイヤへの支援に納税者は冷淡な反応を見せている。しかも韓国GMは大株主が外国人であり影響力の行使が難しい。昨日から韓国GM撤収説がまた浮上している理由もここにある。GM事態がこの状況になったのは経営不振のほか、強硬

【社説】労働組合に生死がかかるクムホタイヤと韓国GMの暗鬱な現実 続きを本紙で読む 》

中朝首脳会談「朝鮮半島問題解決に寄与」 訪韓の中国・楊政治局員

2018年3月30日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長(閣僚級)は29日午後、ソウル市内のホテルで中国の楊潔チ・共産党政治局員と会談し、朝鮮半島の非核化や両国の協力などについて協議した。 鄭氏は文在寅(ムン・ジェイン)大統領の特使として、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長とトランプ米大統領と相次いで会談し、その結果を習近平国家主席に説明するため12日に訪中した際にも楊氏と対面している。 鄭氏は会談の冒頭で習主席と金委員長が首脳会談を行ったことに触れ、

「会談で金委員長が朝鮮半島の非核化と南北・北米(米朝)首脳会談開催の意思を再確認したのは意味が非常に大きい」
と述べた。 また
「習主席は3月12日に私と会談した際、韓中両国が朝鮮半島の重大な問題で立場が一致していると話し、南北関係改善や朝鮮半島の非核化と平和構築のための文大統領の政策に積極的な支持の立場を表明した」
とし、
「このような両国の共通認識を基に韓中間の戦略的な意思疎通が緊密に行われることに満足している」
 これに対し楊氏は
「最近、習近平主席が中国を非公式訪問した金委員長と長時間にわたり意見を交換した」
とし、
「今回の訪問は朝鮮半島の非核化や平和と安全保障、また政治的交渉・協議を通じて朝鮮半島に関する問題を解決するのに役立つと考える」
と述べた。 また、4月27日に開催されることが決ま
中朝首脳会談「朝鮮半島問題解決に寄与」 訪韓の中国・楊政治局員 続きを本紙で読む 》

【社説】政権交代に振り回されない正しい歴史教科書を作れ=韓国

2018年3月29日 ニュース, 韓国・中央日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

  昨日、政府世宗(セジョン)・ソウル庁舎では政権が交代されるたびに繰り返される前政府の政策に対する真相調査と責任転嫁という既視感が同時に起こった。朴槿恵(パク・クネ)前政府が推進した国定歴史教科書と労働改革のコントロールタワーをめぐる問題だ。教育部の

「歴史教科書国定化の真相調査委員会」
という朴槿恵の青瓦台(チョンワデ、大統領府)が国定化を決めた後、教科書の作成と内容修正にまで介入し、教育部は違法・便法を犯して青瓦台の指示に従ったと発表した。同時に、青瓦台・教育部関係者25人を対象に捜査を依頼した。雇用労働部の雇用労働行政改革委員会は朴槿恵政府が簡単な解雇と就業規則の変更緩和などの労働政策を推進する過程で私的組織である
「労働市場改革状況室」
を運営したとして青瓦台関係者を処罰するよう求めた。 

  公務員が政策推進の過程で違法・不法行為を犯したとすれば、懲戒を受けるのは当然だ。国定化を押しつける青瓦台の指示に順応した教育部公務員らが

「自分の意見がない」
という非難を浴びたのも事実だ。だが、国定教科書であれ
「労働者を締めつける」
労働改革であれ、前政府の政策の妥当性をめぐり政治的責任を追及するのは別問題だ。ややもすると、特定政策に関与したという理由だけで積弊に追い立て、責任を問うことが繰り返されれば公職社会の事なかれ主義は目に見え
【社説】政権交代に振り回されない正しい歴史教科書を作れ=韓国 続きを本紙で読む 》

【社説】韓米FTAの為替合意を隠した政府

2018年3月29日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

 米ホワイトハウスは27日、韓米両国が為替相場介入の透明性を高め、(輸出)競争力のために為替市場に介入しないという内容の韓米自由貿易協定(FTA)付属合意に至ったと発表した。ところが、韓国政府の26日の発表にはそうした内容が一文字も含まれていなかった。為替政策は国家主権事項だ。輸出に依存する国にとって、その重要性は言うまでもない。為替政策に対する制限を国家間の合意文書に明記した例が他にあるかは疑問だ。米国が結んだ貿易協定に為替介入条項が添えられたのは韓米FTAが初だという。国民はこの事実を米国側の発表で初めて知ることになった。 韓国は数年間、200億ドル以上の対米貿易黒字により、米国と為替問題で対立を深めていた。万一米国が韓国を

「為替操作国」
に指定すれば、輸出や対外信用度の面で大きな打撃を受ける。既に2年前から米国の
「監視対象国」
に指定されている。韓米間の通商交渉で為替問題が取り上げられる可能性は極めて高い。それでも政府は為替交渉の結果を発表しなかった。通商交渉本部は
「為替関連の交渉は企画財政部が行ったものなので知らない」
と説明した。あきれた苦しい弁明だ。韓米FTA改定交渉の妥結後、通商交渉本部長は
「米国に見た目が良いものだけをあげてきた」
と語り、青瓦台(大統領府)は
「交渉団の労苦に敬意を表する」
とコメントした。実際苦労したことだろうが、国民には正直に発表してもらいたいものだ
【社説】韓米FTAの為替合意を隠した政府 続きを本紙で読む 》

文大統領が憲法改正案を国会に提出、手続きに批判の声

2018年3月28日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は26日、アラブ首長国連邦(UAE)訪問中に現地で電子決済を行い、大統領の任期を4年とし再選を可能とする憲法改正案の国会提出を指示した。大統領が憲法改正案を提出するのは、1980年に当時の全斗煥(チョン・ドゥファン)大統領が第5共和国改憲案を提出して以来38年ぶりだ。 韓国政府はこの日午前中に李洛淵(イ・ナクヨン)首相主催の国務会議(閣議に相当)を開き、大統領による憲法改正案を議決した。李首相は母親の葬儀中だったが急きょ閣議を開催した。閣議では李首相が憲法改正案を議題とし、法制処長と関係部処(省庁)の国務委員(閣僚)による説明が行われたが、目立った議論も行われないままわずか40分で終了した。今月20-22日の3日間、大統領府のチョ・グク民政主席が今回の改憲案について質疑を行った時間は合計119分だったが、国務会議ではそのわずか3分の1の時間で議決に至った。そのため政界や憲法学者などから

「拙速改憲」
との批判や懸念の声が相次いでいる。 文大統領はこの日、UAE現地で韓国大統領府の金宜謙(キム・ウィギョム)報道官が代読した文書を通じ
「憲法を改正することで私(文大統領)が得られる利益は何もない」
とした上で
「統一地方選挙の投票日に憲法改正の国民投票を同時に行うという国民との約束を果たすため、憲法が大統領に付与した改憲発議権を行使する」
との考えを明らかにし
文大統領が憲法改正案を国会に提出、手続きに批判の声 続きを本紙で読む 》

韓国特使の席次欠礼論争に…中国「新たな慣行」釈明

2018年3月27日 ニュース, 韓国・中央日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

  今月12日午後に韓国の鄭義溶(チョン・ウィヨン)青瓦台(チョンワデ、大統領府)国家安保室長が中国の習近平国家主席を表敬訪問した時の席次をめぐり論争が起きている中で、中国側が

「新たな慣行」
と27日、聯合ニュースに明らかにした。 

  当時、習氏はテーブル中央の上座に座ったが、鄭氏は習氏よりも格が落ちる下座に位置した。 

  北京の外交消息筋は、同メディアに対して

「中国側から事後的な説明があった。(今回の席次について)新たに定着している慣行だと説明した」
とし、韓国だけをねらった行動ではないと説明した。 

  この人物は続いて

「韓中両側は鄭氏の訪中日程を形式的な側面よりも内実のほうに関心を置いて進めた」
としながら
「中国側も今回の鄭氏の訪中に大きな関心を示した」
と強調した。 

  新たな慣例という説明とは裏腹に、中国は昨年10月ベトナムとラオスの共産党総書記特使の面談時や11月ミャンマーの軍司令官の面談時にはどちらも習氏と訪中要人の椅子を並べて配置した。 

  中国は昨年5月に文在寅(ムン・ジェイン)大統領の特使として訪中した李海チャン(イ・ヘチャン)議員が習氏と面談する時からこのような座席配

韓国特使の席次欠礼論争に…中国「新たな慣行」釈明 続きを本紙で読む 》

政府、サウジ原発受注に精魂を込めるが「輸出支援の中断」を求める環境団体=韓国

2018年3月26日 ニュース, 韓国・中央日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

  20兆ウォン(約1兆9413億円)規模のサウジアラビア原発を受注するために青瓦台(チョンワデ、大統領府)と政府が乗り出しているなか、環境団体が

「原発輸出支援中断」
を求めている。 

  環境運動連合など88環境団体が参加した

「核ない社会のための共同行動(以下、共同行動)」
は26日、ソウル光化門(クァンファムン)広場で政府の原発輸出支援の中断とアラブ首長国連邦(UAE)原発輸出関連疑惑に対する国会の国政調査を求める記者会見を行う予定だ。 

  共同行動はあらかじめ配布した報道資料で

「韓国の原子力界では文在寅(ムン・ジェイン)大統領のUAE歴訪を原発輸出拡大の契機にしようとしている」
とし
「大統領と政府の原発輸出支援の歩みを懸念し、反対の意向を明らかにする」
また
「UAEへの原発輸出は最初から各種疑惑と論争が絶えないもの」
とし
「このような状況で脱核エネルギーへの転換を推進する文在寅政府が原発輸出の支援に出るのはとうてい理解できない」
と主張した。 

  UAEを歴訪中である文大統領は26日(現地時間)、バラカ原発1号機の建設完了記念式典に参加する。バラカ原発事業はアブダビの西側約270キロメートルに韓国型原発4基を建設するプロジェクトだ。2009年受注し

政府、サウジ原発受注に精魂を込めるが「輸出支援の中断」を求める環境団体=韓国 続きを本紙で読む 》

【社説】日本は韓国にとって効果的な対中国テコだ

2018年3月22日 ニュース, 韓国・中央日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

  青瓦台(チョンワデ、大統領府)が昨日、韓国と日本、中国による3国間首脳会談を推進していると明らかにした。5月初めに東京で会談が開かれるという共同通信の前日の報道内容を確認したものだ。会談が実現した場合、4月末と5月中旬にそれぞれ予定されている南北首脳会談と米朝首脳会談の間に韓日中3国首脳間の会合が入ることになる。南北首脳会談直後に開かれる韓半島(朝鮮半島)周辺国との初めての多国間会談という点で、南北および米朝首脳会談に劣らない意味を持つ会合になる見込みだ。 

  主な議題は南北首脳会談に結果なるだろう。南北首脳会談で北朝鮮の非核化と平和体制への構築に向けた契機ができれば、これを土台にしてさらに進展した議論を進めることもできる。重要なのは韓国がこの会談をどのような機会にしていくかということだ。韓半島問題でいわゆる

「パッシング」
の懸念が高まった中国と日本はこれまでよりもさらに積極的に対話に臨む可能性が高い。韓国にはこれを最大限に活用する知恵が求められる。 

  文在寅(ムン・ジェイン)大統領が今回の会談のために東京に行く場合、韓国大統領としては6年5カ月ぶりに日本の地を踏むことになる。3者会談とは別に韓日首脳会談も開かれる見通しだ。長く冷え込んでいた両国だが、北朝鮮問題の解決という共通の関

【社説】日本は韓国にとって効果的な対中国テコだ 続きを本紙で読む 》

文大統領、盧武鉉外交に学べ(2)

2018年3月20日 ニュース, 韓国・中央日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

  このようなことから、文大統領は盧武鉉(ノ・ムヒョン)政府から学ぶことが多い。彼は参加政府の外交首長だった宋旻淳(ソン・ミンスン)元長官が『氷河は動く』という本を出版すると、フェイスブックにこのような文章を載せた。

「(この本で見るように)参加政府は重要な事案があるたびに激しい内部討論を経て結論を出す元気な政府だった」
として
「朴槿恵政府は盧武鉉政府を学べよ」
と。 

  だが、彼が見逃した部分がある。盧大統領は正統外交官僚、それも米国通である潘基文(パン・ギムン)・宋旻淳(ソン・ミンスン)氏2人を青瓦台(チョンワデ、大統領府)補佐官と外交部首長に任命して彼らの意見に耳を傾けた。それだけでなく、重大懸案の場合、外交・統一専門家たちを呼んで激論を行った後、国益にかなう案を選んだ。そのように作られた作品が保守層も高く評価する韓米自由貿易協定(FTA)、イラク派兵だった。 

  政治家の直観と決断力はそれだけの価値がある。だが、専門家の競輪と均衡感がさらに光を放つ瞬間も多い。米朝首脳間の出会いを1974年初めての米中首脳会談と比較する見方も少なくない。驚くべき想像力と決断を通じて行われたという点では類似している。だが、米中会談は20世紀最高の外交官といわれるヘンリー・キッシンジャー氏の主導で3年間も

文大統領、盧武鉉外交に学べ(2) 続きを本紙で読む 》

青瓦台「安倍首相から日朝首脳会談の橋渡し要請なかった」

2018年3月19日 ニュース, 韓国・中央日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

  日本政府が安倍首相と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長の会談を韓国政府に要請したという報道に関連し、青瓦台(チョンワデ、大統領府)関係者は

「『日朝首脳会談の橋渡しをしてほしい』という言葉はなかった」
と否定した。 

  あるメディアは18日、韓日関係に詳しい外交筋の言葉を引用し、

「日本政府が韓国政府に安倍首相と金正恩労働党委員長の会談を仲裁してほしいと要請した」
さらに
「南北首脳会談に続いて米朝首脳会談が行われることになり、北への強硬路線に固執していれば韓半島(朝鮮半島)対話政局から押し出されるかもしれないという安倍首相の懸念によるものとみられる」
と分析した。これに関し、この青瓦台関係者は
「安倍首相の言葉を伝えるのは不適切だ」
と指摘した。 

  また

「我々はすでに日本の反動たちが分別なく振る舞っていれば永遠に平壌(ピョンヤン)行きの切符を得られないだろうと警告した」
と付け加えた。

青瓦台「安倍首相から日朝首脳会談の橋渡し要請なかった
続きを本紙で読む 》

【コラム】青瓦台に無視される韓国外交部

2018年3月18日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

 13日午後2時半、韓国外交部(省に相当)の報道官は、康京和(カン・ギョンファ)外交部長官(外相)が15日、ワシントンを訪問し、ティラーソン米国務長官と会談を行う予定だと発表した。別の外交部当局者は

「韓米外相が会い、南北、米朝首脳会談に関することを緊密に協議すれば、『外交部が無視されている』という論争が少しは和らぐのではないか」
と話した。 ところが、わずか約9時間後、ティラーソン国務長官が解任されたというニュースが飛び込んできた。外交部は深夜に会議を開いた後、午後11時半ごろ、
「韓米の意思疎通に異常はない」
との立場を表明したが、当局者は戸惑いを隠せなかった。外交部は康長官の訪米中止を検討したが、14日の会議で予定通りの渡米を決定した。しかし、後任の国務長官に指名されたポンペオ中央情報局(CIA)長官との会談は決まっていない。 康長官の訪米をめぐる混乱ぶりは最近空回りする外交部の現実を鮮明に映し出している。北朝鮮の核問題解決に向けた韓国・北朝鮮・米国、北東アジアの外交戦が緊迫した空気で進んでいるが、担当官庁である韓国外交部は役割を果たしていない。北朝鮮や米国への特使団に外交部関係者は一人も含まれなかった。米国への特使団がトランプ米大統領と会い、米朝首脳会談を発表した際、康長官は東南アジアを歴訪していた。
「金正恩(キム・ジョンウン)の提案を知る人物は北朝鮮への特使団5人だけだ」
【コラム】青瓦台に無視される韓国外交部 続きを本紙で読む 》

日本・東南アへの就業を集中支援 若者雇用対策=韓国

2018年3月15日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【ソウル聯合ニュース】韓国政府は就職難が深刻化している若者の雇用対策の一環として、日本や東南アジア諸国連合(ASEAN)諸国への就業を積極的に支援する方針を明らかにした。

 外交部や雇用労働部などは15日、青瓦台(大統領府)で開かれた第5回の雇用委員会で若者雇用対策を報告し、日本やASEANに政策支援を集中し、2022年までに1万8000人の就業を支援する方針などが盛り込まれた

「海外地域専門家養成方策」
を公表した。 海外就業支援プログラム
「K―Move スクール」
の人員の4割以上を日本に割り当てるほか、韓国の大学で3年、日本の大学で1年間教育を受け、日本で就職するプログラム
「3プラス1」
を活性化させることにした。 海外への就業を支援するため、在外公館を評価する際に雇用支援の実績を反映し、実績に応じて在外公館関連予算を優先的に回すなどし、在外公館の資源を最大限動員させる方針だ。 また、海外に進出している韓国企業への就業を支援する
「K―Move トラック2」
を新設し、求職者への1年間の教育と雇用マッチングサービスを提供する。

日本・東南アへの就業を集中支援 若者雇用対策=韓国 続きを本紙で読む 》

韓半島の非核化・平和協定「ワンショット解決法」浮上

2018年3月15日 ニュース, 韓国・中央日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

  青瓦台(チョンワデ、大統領府)が14日、北朝鮮の非核化と平和協定に関して段階的アプローチでない一括妥結方式を言及した。青瓦台核心関係者はこの日、記者会見で

「今まで段階的に(北朝鮮の非核化に向けた)対話をしてきたといえば、今はそうなるという保障がない」
として
「複雑な結び目を一つずつ解くのでなく、
「ゴルディアスの結び目」
を一刀両断に解く方式になるのではないか」
と話した。 

  

「ゴルディアスの結び目」
は古代アレクサンドロス大王にまつわるエピソードから由来した。ゴルディアス王の戦車の複雑な結び目をアレクサンドロス大王がいちいち解く代わりに一刀両断に解いたという話だ。
「快刀乱麻」
の解決法、または発想の転換などを意味する。 

  この関係者は

「より大きな輪(北朝鮮の非核化)を断ち切ることで他の問題(終戦宣言、対北朝鮮制裁緩和、北朝鮮の体制保証など)を自動的に解く方式ではないだろうか」
と説明した。既存の
「先非核化・後体制保証」
方式とは異なり、両方を同時に対等に交換して一括妥結するという意味だ。 

  文在寅(ムン・ジェイン)大統領も昨年6月、訪米当時専用機内で

「最も理想的なのは『ワンショット』で北朝鮮の核の完全な廃棄と韓半島の平和体制構築が一気に実現すること」
と述
韓半島の非核化・平和協定「ワンショット解決法」浮上 続きを本紙で読む 》

<平昌五輪>団体追い抜き「いじめ騒動」の韓国選手、精神科に入院へ

2018年3月15日 ニュース, 韓国・中央日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

  

「いじめ騒動」
に巻き込まれたキム・ボラム(25)が心理治療のために大邱(テグ)の総合病院に入院した。横で見守っていた母親のキム・ソンオクさんもショックのため一緒に入院したことが分かった。 

  キム・ボラムのマネージメント事務所BRAVO&NEWは14日、中央日報の電話取材に対して

「キム・ボラム選手が疲弊した心身を個人的に立て直そうと頑張っていたが、病院の助けを借りることになった。相談過程で母親にも治療が必要だとの判断で、一緒に入院した」
 

  キム・ボラムは現在、極度の対人恐怖に陥っている。ソウルの個人病院で相談を受けていたが、状態が深刻だったため、実家のある大邱で治療を受けることにした。母親のキム・ソンオクさんも平昌(ピョンチャン)オリンピック(五輪)当時、江陵(カンヌン)スピードスケート場でキム・ボラムの精神的苦労を見守る中で深く傷ついたことが分かった。キム・ボラムとキム・ソンオクさんは今月12日、大邱の総合病院に入院し、検査結果を待っている。検査結果によって今後の治療計画が決まる。 

  キム・ボラムはパク・ジウとともに平昌五輪女子団体追い抜き(チームパシュート)準々決勝でチームメイトのノ・ソニョンを置き去りにしてゴールインして非難を

<平昌五輪>団体追い抜き「いじめ騒動」の韓国選手、精神科に入院へ 続きを本紙で読む 》

文大統領が「6月改憲」の必要性強調 改正案草案の報告受け

2018年3月14日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は13日、大統領直属・政策企画委員会の下に置かれた国民憲法諮問特別委員会から、同特別委が前日確定した憲法改正諮問案の草案について報告を受けた。

 青瓦台(大統領府)の金宜謙(キム・ウィギョム)報道官によると、文大統領はこの席で、6月13日の統一地方選と同時に改憲の是非を問う国民投票を実施する必要性を強調し、

「今、大統領の4年重任制が採択されれば大統領と地方政府の任期がほぼ同じになる」
と述べた。5年ごとに行われる大統領選と4年ごとの統一地方選の周期を一致させるため、6月の選挙に合わせて必ず憲法を改正すべきとの意向を示した格好だ。文大統領は、朴槿恵(パク・クネ)前大統領の罷免による早期の大統領選を経て昨年5月に就任しており、任期は2022年5月まで。 諮問委の改憲案草案は、大統領制を現行の任期5年で1期限りから任期4年で再任可能な連任制に変更することや、法律で首都を規定する条項が柱となっている。 諮問委は当初、現職大統領が次の大統領選に敗れても後に再び選挙に出馬できる重任制を検討したが、議論を進める中で、大統領が4年ずつ続けて2期のみ再任可能な連任制に転じた。

文大統領が「6月改憲」の必要性強調 改正案草案の報告受け 続きを本紙で読む 》

韓国特使と面談した習近平氏、上座に…また外交欠礼論争

2018年3月13日 ニュース, 韓国・中央日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

  中国の習近平国家主席が文在寅(ムン・ジェイン)大統領の特使として訪中した鄭義溶(チョン・ウィヨン)青瓦台(チョンワデ、大統領府)国家安保室長と面談した際の席順が再び外交欠礼論争を呼んでいる。 

  12日午後、北京人民大会堂で行われた面談で、習主席はテーブルの中央上座についた。しかし鄭室長は習主席よりも格が落ちる下座につき、外見上、習主席主宰の業務会議に参加したような格好になった。 

  これは昨年5月、李海チャン(イ・ヘチャン)元首相が特使として訪中した時と同じ席順だった。当時は高高度ミサイル防衛(THAAD)体系問題で韓中間に葛藤があった時だったので、習主席が韓国の大統領を故意に冷遇したという指摘が出ていた。 

  習主席と鄭室長の面談の様子は、今月8日(現地時間)にドナルド・トランプ米国大統領と特使団が会った当時の様子とも明らかに異なっていた。ホワイトハウスのオーバルオフィスで鄭室長と会ったトランプ大統領は、鄭室長を自身と対等な位置に座らせた。文大統領と首脳会談を行った時と同じような様子だった。 

  また、習主席が昨年5月に日本の安倍晋三首相の親書を携えて訪中した二階俊博・自民党幹事長一行と面談した時の席順とも

韓国特使と面談した習近平氏、上座に…また外交欠礼論争 続きを本紙で読む 》

【社説】北核危機の解決、日・中・露など周辺国の協力も得るべき

2018年3月13日 ニュース, 韓国・中央日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

  北朝鮮の核問題をめぐる首脳会談のために北朝鮮と米国を相次いで訪問した鄭義溶(チョン・ウィヨン)青瓦台(チョンワデ、大統領府)国家安保室長と徐薫(ソ・フン)国家情報院長が昨日、それぞれ中国・ロシアと日本を訪れた。2人は中国の習近平主席、ロシアの要人、そして安倍晋三首相に会い、これまでの過程を説明し、協力を引き出す任務を帯びている。 

  東西ドイツ統一の過程で見られたように、北核危機を含む韓半島(朝鮮半島)問題は南北と米国だけの問題ではない。北核解決と南北交流、さらに統一問題は、北東アジアの安保秩序を根本から揺るがす事案だ。したがって日・中・露のすべてが敏感になるしかない。さらにこの3カ国は南北問題に多大な影響を及ぼす可能性がある。 

  北核解決の仲裁を自負した中国は北朝鮮を平和的な対話テーブルに引き出す力がある。今回、北朝鮮の変化を引き出した対北朝鮮制裁もいくらでも無力化できる国が中国だ。日本は北朝鮮の核脅威に露出していて当事国と変わらない。北核問題に敏感に反応するのもそのためだ。こうした日本が最近の事態の流れから排除されたとして

「ジャパンパッシング(Japan passing)」
を心配するのも無理はない。日本は南北、朝米交渉から抜けたが、将来の統一の前後に予想される対北朝鮮経済支援
【社説】北核危機の解決、日・中・露など周辺国の協力も得るべき 続きを本紙で読む 》