国連人権理事会 北朝鮮人権決議案を採択

2018年3月24日 ニュース, 韓国・聨合(レンゴウ) , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【ジュネーブ聯合ニュース】国連人権理事会は23日(現地時間)、ジュネーブで開催した総会で、北朝鮮人権問題を非難し、責任者の処罰を求める北朝鮮人権決議案を採択した。

 決議案は北朝鮮が住民の福祉を犠牲にし、核兵器やミサイル開発に資源を転用していることや、住民の半数以上が食糧不足に苦しめられていることなどをあらためて指摘した。

 また、北朝鮮に対し、思想や/現の自由、強制収容所の廃止、身分による差別の撤廃なども求めた。

 

                                                       【ジュネーブ聯合ニュース】国連人権理事会は23日(現地時間)、ジュネーブで開催した総会で、北朝鮮人権問題を非難し、責任者の処罰を求める北朝鮮人権決議案を採択した。 決議案は北朝鮮が住民の福祉を犠牲にし、核兵器やミサイル開発に資源を転用していることや、住民の半数以上が食糧不足に苦しめられていることなどをあらためて指摘した。 また、北朝鮮に対し、思想や/現の自由、強制収容所の廃止、身分による差別の撤廃なども求めた。 

国連人権理事会 北朝鮮人権決議案を採択 続きを本紙で読む 》

慰安婦教育を拒否する日本と強化する韓国

2018年3月7日 ニュース, 韓国・中央日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

  韓国と日本の慰安婦教育がそれぞれ違う道を歩んでいる。日本は国連人権理事会の慰安婦問題教育などの勧告案を拒否し、韓国は小学校教科書に

「慰安婦」
という表現を4年ぶりに復活させた。 

  韓国政府は昨年11月、国連人権理事会で日本に

「未来世代が慰安婦問題を含む歴史の真実を学べるように努力しなければならない」
と求め、国連人権理事会はこのような韓国政府の意見などを反映して日本に慰安婦問題を謝罪して正しい歴史教育をするよう勧告した。 

  しかし、7日産経新聞によると、日本政府は慰安婦問題教育を含む国連人権理事会の217項目に達する勧告事項に対して

「慰安婦問題を学習指導要領の中で取り扱うことはない」
という見方を示した。 

  日本政府はこの報告書で慰安婦問題に対して

「誠実な謝罪」
「法的責任」
を求めた中国、北朝鮮の主張に対しても
「受け入れられない」
という立場を表明したことが分かった。 

  一方、韓国は慰安婦教育を強化している。5日韓国教育部によると、今年新学期から使われる小学校6年生1学期の社会教科書には

「旧日本軍慰安婦」
というタイトルの写真と共に
「植民地韓国の女性だけでなく、日帝が占領した地域の女性たちまで強制的に旧日本軍慰安
慰安婦教育を拒否する日本と強化する韓国 続きを本紙で読む 》

北朝鮮 国連で人権問題言及の韓国外相を非難

2018年3月4日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の康京和(カン・ギョンファ)長官がスイス・ジュネーブで先月開かれた国連人権理事会で北朝鮮の人権問題に言及したことについて、北朝鮮の対韓国窓口機関、祖国平和統一委員会のウェブサイト

「わが民族同士」
は3日、誠意ある努力により醸成された南北関係改善の雰囲気に水を差す反民族的な行為だと非難した。

 北朝鮮の宣伝サイト

「朝鮮の今日」
とインターネットメディア
「メアリ」
も4日に同じ趣旨の主張を繰り広げた。 康氏は先月26日(現地時間)に国連人権理事会で行った演説で、北朝鮮に対し核とミサイルを放棄し、住民の人権状況を改善するよう求めた。

北朝鮮 国連で人権問題言及の韓国外相を非難 続きを本紙で読む 》

康京和外相、国連人権理事会の演説で「慰安婦」言及を検討

2018年2月24日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

 韓国外交部(省に相当)の康京和(カン・ギョンファ)長官が、国連人権理事会の基調演説で旧日本軍の慰安婦問題に言及する方向で検討を進めていることが分かった。外交部の魯圭悳(ノ・ギュドク)報道官が22日の定例記者会見で明らかにした。 康長官は25日から28日にかけてスイス・ジュネーブに滞在し、国連人権理事会とジュネーブ軍縮会議に出席する。26日午後の人権理事会では基調演説を行う。 康長官は基調演説で、世界人権宣言の意味をあらためて強調し、全世界の人権向上に向けた国際社会の協力の必要性を訴える予定だ。また、この部分に韓国が寄与するという意志を表明するとともに、北朝鮮の人権問題にも言及する予定だ。

康京和外相、国連人権理事会の演説で「慰安婦」言及を検討 続きを本紙で読む 》

韓国外相が国連人権理事会出席を検討 慰安婦問題に言及か

2018年2月14日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【ソウル聯合ニュース】韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官がスイス・ジュネーブで26日から開かれる国連人権理事会への出席を検討していることが14日、複数の政府筋の話で分かった。基調演説を行う場合、旧日本軍慰安婦問題と北朝鮮人権問題を取り上げるとみられる。

 韓国政府は慰安婦問題を巡る2015年末の韓日合意に対する検証結果を昨年末に発表し、これを基に先月9日、合意への対応方針を発表した。康氏はその席で、合意は問題の真の解決にならないとし、

「日本が自ら国際的かつ普遍的な基準に基づき、真実をありのまま認め、被害者の名誉、尊厳の回復と心の傷を癒やすための努力を続けることに期待する」
とした。また、
「被害者がいちずに望むことは自発的かつ真の謝罪」
と強調した。 人権理事会で慰安婦問題に言及する場合、韓国政府の新たな対応方針を国際社会に示すという意味を持つことになりそうだ。 政府は韓日合意後の16年と17年の人権理事会では演説で慰安婦問題を取り上げなかった。これは合意に明示された
「国際社会で互いを非難・批判することは控える」
を意識したものとされる。一方、日本は国連女性差別撤廃委員会などで慰安婦の強制連行を否定することに外交力を注いできた。 また、南北関係が改善の流れに転じた中で、康氏が北朝鮮の人権問題をどの程度取り上げるかも注目される。
韓国外相が国連人権理事会出席を検討 慰安婦問題に言及か 続きを本紙で読む 》