北朝鮮が6日、東京オリンピック・パラリンピックへの不参加を宣言した。これによって北朝鮮をオリンピックに参加させ、

「南北関係の改善」
から
「米朝対話の再稼働」
へとつなげたかった文在寅(ムン・ジェイン)大統領のいわゆる
「平昌アゲイン構想」
も水の泡になった。外信(ロイター)は
「北朝鮮が韓国の希望を打ち砕いた」
 北朝鮮体育省は同日
「共和国オリンピック委員会は総会(3月25日)で、悪性ウイルス感染症(コロナ)による世界的な保健危機状況から選手たちを守るため、オリンピック競技大会に参加しないことを討議・決定した」
と発表した。これについて韓国統一部(省に相当)は
「(韓国)政府は今回のオリンピックが韓半島の平和と南北間の和解協力を進展させるきっかけになることを望んだが、コロナによってそれがかなわなかったことは残念に思う」
とコメントした。南北は東京オリンピック・パラリンピックで女子バスケットボール、男女のボート、男女の柔道、女子ホッケーで合同チームを組む方向ですでに合意していた。 北朝鮮の発表について青瓦台(韓国大統領府)は特にコメントは出さなかったが、これは青瓦台がそれだけ大きく戸惑っていることを意味する。青瓦台はいわゆる
「ハノイ・ノーディール(米朝首脳会談決裂)」
以降、完全に行き詰まり状態にある米朝関係を改善させるため、東京オリンピック・パラリンピックを積極的に活用する計画を進め