日本政府はこのほど、海上自衛隊の護衛艦

「いずも」
を4-5月に釜山港に寄港させる計画を取りやめた。
「いずも」
は4-5月に行われる国際的な海洋安全保障訓練への参加のために釜山港に寄港する予定だったが、いわゆる
「レーダー照射・近接飛行」
問題をめぐって韓日関係が悪化していることを受け、寄港取りやめを正式に決めた。 日本の防衛省の関係者は
「日韓関係が建設的に前進する方向で対応するのが重要だ」
として
「検討した結果、このような対応が最適だと判断した」
と話した。 これは韓日間の対立が依然として解消されていないことを物語っている。