米国メディア「トランプ大統領を抱擁した安倍首相、後悔している」

2018年4月3日 ニュース, 韓国・中央日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

  米国コラムニストのウィリアム・ペセック氏が1日(現地時間)に米政治専門メディア

「POLITICO(ポリティコ)」
に寄稿したコラムで
「世界のどの首脳よりも早く、あたたかく、トランプ大統領を抱擁した安倍晋三首相は、おそらく今ごろ『買い手の後悔(buyer’s remorse)』をしているに違いない」
と分析した。 

  2016年11月8日、米国大統領選挙でトランプ大統領が勝利を収めると、安倍首相は世界首脳の誰よりも早く彼のもとを訪れた。当時、トランプ大統領は

「アメリカ・ファースト(米国第一)」
政策を声高に宣言していたが、安倍首相は会談直後にトランプ大統領と信頼関係を築いていけると判断した。 

  北朝鮮圧迫など安保イシューで、トランプ大統領と安倍首相の協力関係は確かなように見えたが、最近、トランプ大統領が金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮労働党委員長と首脳会談を電撃的に決めたことによってこれさえも崩れ始めた。また、米国の環太平洋経済連携協定(TPP)離脱と鉄鋼関税猶予対象から日本が外れたことで、日米間の経済的パートナーシップにも問題が生ずるのではないかという指摘が続く。 

  一方、今年5月に予定されている米朝首脳会談を控え、安倍氏は今月17日から20日まで

米国メディア「トランプ大統領を抱擁した安倍首相、後悔している
続きを本紙で読む 》

【コラム】「米朝対話に米国を引きずり出した韓国、手荒過ぎだ」

2018年4月1日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

 米国のトランプ大統領は、韓国特使団が伝えた金正恩(キム・ジョンウン)委員長の首脳会談提案を電撃受諾してから5日後、レックス・ティラーソン国務長官を解任した。昨年末から、更迭は既定事実化していた。問題は時期だった。北朝鮮との対話を前に

「対話派」
を切った理由について、トランプ政権の元高官は
「ろくな政策的代案もないから」
過去1年の間、国務長官として、北朝鮮の核問題解決のため大統領が使える
「カード」
をきちんと作り出せなかったからだというのだ。 ティラーソン氏は、北朝鮮と
「対話のための対話」
であっても始めるべきだと主張したが、外交的な解決法が輝きを放つ
「対話のための空間」
を開くことはできなかった。肝心の件をやってのけたのは韓国だった。 マイク・ポンペオCIA(中央情報局)長官が、米朝首脳会談とその後の米朝対話を引っ張っていく国務長官に指名された理由は、大統領とウマが合う上に対北朝鮮強硬派だからではない。トランプ大統領の意向を、実践可能な案として具現化できる能力があるからだ。 トランプ政権は米朝首脳会談の準備に本格着手したものとみられる。だが、4月の南北首脳会談を前に浮かれている韓国とは異なり、ワシントンはどういうわけか、重い足取りで仕方なく向かっているかのような雰囲気だ。北朝鮮の非核化の意思も信じられず、韓国がここまで米朝首脳会談を督励する理由も分からない、というように。 
【コラム】「米朝対話に米国を引きずり出した韓国、手荒過ぎだ
続きを本紙で読む 》

北朝鮮、寧辺の核実験施設を再稼働か

2018年3月29日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

 北朝鮮で今年2月以降、寧辺核施設内にある原子炉が実験的に稼働した兆候が捕捉されているようだ。米紙ニューヨーク・タイムズは27日(現地時間)付で英国の軍事専門紙

「ジェーンズ・インテリジェンス・レビュー」
を引用し
「北朝鮮は寧辺の核施設で実験用軽水炉を一時稼働させた。これは今後米朝首脳会談に影響を及ぼすだろう」
米国のシンクタンク・科学国際安全保障研究所(ISIS)はこの原子炉について
「年間20キロのプルトニウムを生産可能」
と推測している。ニューヨーク・タイムズは
「トランプ大統領が北朝鮮への軍事攻撃に向けた大義名分に利用するかもしれない」
との見方を示した。 これとは別に日本の朝日新聞は
「北朝鮮は豊渓里の核実験場で警備を担当する部隊を半分に減らした」
朝日新聞によると、北朝鮮は当初核実験場の閉鎖も考慮したようだが、米朝関係が再び悪化した場合の核実験再開に備え、2個大隊の兵力は残すようだ。北朝鮮による一連の動きは非核化交渉に備えるためとみられるが、豊渓里の核実験場が地盤の崩壊によって事実上使用できない状態との見方もある。

北朝鮮、寧辺の核実験施設を再稼働か 続きを本紙で読む 》

「米中通商戦争なら韓国の対中輸出30兆ウォン減少」

2018年3月27日 ニュース, 韓国・中央日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

  米国と中国の

「貿易戦争」
で韓国の対中輸出が直撃弾を受けるという見方が出ている。韓国の対中輸出減少額は約30兆5000億ウォン(約3兆円)にのぼると予想される。 

  現代経済研究院は26日、トランプ米大統領が行政命令に署名したように中国からの輸入品の10%(500億ドル規模)に対して25%の関税を課し、米国の対中輸入がそれだけ減少すれば、韓国の対中輸出額は282億6000万ドル(約30兆5000億ウォン)減少するという分析結果を明らかにした。韓国の対中輸出額減少幅は昨年の対中輸出額1421億2000万ドルの19.9%、輸出総額5736億9000万ドルの4.9%に該当する規模。 

  米中貿易戦争は、トランプ大統領が中国産輸入品の10%に25%の関税爆弾を課すことを決めると、中国商務省が米国産の豚肉と鉄鋼パイプ・果物・ワインに15-25%関税を課すとして対抗し、本格的に火がついた。 

  韓国の対中輸出品目別の輸出減少額をみると、電気装備の輸出額が109億2000万ドル減で最も打撃が大きく、次いでIT(56億ドル減)、石油化学(35億2000万ドル減)、機械(27億2000万ドル減)、軽工業(23億6000万ドル減)の順だった。 

&nbs

「米中通商戦争なら韓国の対中輸出30兆ウォン減少
続きを本紙で読む 》

「韓米FTAが事実上の妥結、鉄鋼関税も」

2018年3月27日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

 韓米自由貿易協定(FTA)改定交渉が事実上、妥結した。当初は交渉が4月末までかかると予想されていたが、早期に妥結に至った。 金鉉宗(キム・ヒョンジョン)通商交渉本部長は25日、韓米FTAと(米国貿易拡張法)232条の鉄鋼関税について米国と原則的な合意・妥結に至ったと述べた。金本部長は前日まで米ワシントンDCで鉄鋼関税と韓米FTA改定の交渉に臨み、25日午後に韓国に帰国した。 金本部長は、実務レベルでいくつか技術的な課題が残っているものの近く解決する見込みだとし

「具体的な(交渉)内容はあす(26日)の閣議後に説明する」
と話した。 金本部長は26日の閣議に出席し、交渉結果について報告する予定だ。韓国政府は米国と発表内容・時期などを調整した上で、早ければ今週中に最終的な交渉結果を発表する予定だ。 韓米は、自動車などこれまで韓米FTA改定交渉で議題に上った双方の関心事について相当部分で合意した。最終交渉結果は公開されていないが、米国は交渉に満足しているようだ。トランプ大統領は23日(現地時間)、韓国との包括的通商交渉について
「われわれはそれ(交渉終了)に非常に近づいている」
として、韓国との
「素晴らしい同盟」
「素晴らしい合意」
を強調した。

「韓米FTAが事実上の妥結、鉄鋼関税も
続きを本紙で読む 》

【社説】反中か反米か、米関税戦争で「踏み絵」を迫られる韓国

2018年3月26日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

 米通商代表部(USTR)が欧州連合(EU)に鉄鋼製品への関税免除の条件として5項目を挙げたが、そのうち3項目は中国を狙ったものだった。つまり事実上の反中通商同盟への加入を求めたのだ。米国の側に立って対中通商同盟に参加するか、あるいは関税を甘受するか選択せよということだ。米国が輸入鉄鋼製品に対する無差別関税を決めた際

「世界を相手に貿易戦争を起こすのでは」
との見方もあったが、トランプ大統領の本当の狙いが実は
「世界を反中同盟に参加させること」
にあった事実がこれによって一層明確になった。すでに関税の免除が決まったカナダ、メキシコ、オーストラリアはすでに選択を終えたのだろう。世界最大の貿易黒字国である中国をけん制し、安全保障分野はもちろん通商分野でも中国相手の連合に加わることを決断したからこそ、これらの国々は関税が免除されたのだ。
「米国か中国か」
というこの二者択一は近く韓国にも突き付けられるだろう。中国への輸出依存度が高い韓国としては文字通り身動きが取れない状態になるかもしれない。 米国は輸入鉄鋼製品への関税適用を開始する23日までに、中国に対し
�億ドル(約6兆4000億円)規模の関税戦争を仕掛ける」
と明言した。とりわけ知的財産権の侵害を問題視し、100種類以上の中国製品に一種の報復関税をかけるという。加えて中国企業による米国のハイテク企業への投資制限、中国人に対するビザ発給の
【社説】反中か反米か、米関税戦争で「踏み絵」を迫られる韓国 続きを本紙で読む 》

【社説】利上げより破壊的な米中貿易戦争=韓国

2018年3月24日 ニュース, 韓国・中央日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

  米国と中国が激しい貿易戦争に入る姿を見せたことで世界経済に暗雲が漂っている。トランプ米大統領は昨日、年間500億ドル規模の中国産輸入品に25%の高率関税を課し、中国の対米投資を制限するという内容の行政命令に署名した。中国政府は待っていたかのようにすぐに30億ドル規模の米国産鉄鋼・豚肉などに最高25%の報復関税を課すと真っ向から対抗した。 

  世界1、2位の経済大国の衝突で世界経済への影響は避けられなくなった。米ダウ指数の急落をはじめ、韓国・中国・日本の株価は4%前後に落ちた。米連邦準備制度理事会(FRB)が政策金利を引き上げた時も安定していた国際金融市場が大きく反応したのだ。米中貿易戦争が貿易量を減少させて実物経済が冷え込むかもしれないという恐怖が広がったのだ。 

  現在としては最悪のシナリオが予想される。トランプ大統領は1995年の世界貿易機関(WTO)発足以降は自制してきた

「スーパー301条」
を持ち出した。スーパー301条は米大統領が自ら関税を課すことができる大変な武器だ。トランプ大統領はこのカードを取り出しながら
「多くの措置のうち最初の一つ」
と強調した。これとともに中国の対米貿易黒字3750億ドルのうち1000億ドルの縮小を注文している。さらに
「中国が米国の知的財産を盗んでい
【社説】利上げより破壊的な米中貿易戦争=韓国 続きを本紙で読む 》

【グローバルフォーカス】トランプ-金正恩会談の4つのシナリオ(2)

2018年3月20日 ニュース, 韓国・中央日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

  シナリオ3=トランプ大統領と金正恩委員長が会って突破口を見いだしたふりをする(可能性18%)。米朝首脳会談というドラマがニュースのヘッドラインを飾り、前向きな記事が次々と出てくれば、トランプ大統領はこの演出を持続させたいと思うだろう。北朝鮮は核ミサイルプログラムを具体的に廃棄することに合意することはないが、平和協定を締結する条件で韓半島(朝鮮半島)非核化を宣言することはできる。トランプ大統領が周囲の助言に従えば平和協定までは進まないだろう。対北朝鮮交渉専門家なら平和協定こそが北朝鮮の望む装置という事実を知っている。国際社会に核兵器保有国の地位が認められ、韓国と米国に国連軍司令部解体の圧力を加え、韓米同盟を瓦解させようという戦略だ。会談がこのレベルに達すれば、日本と米国の共和党、韓国の保守野党から反対の声が強まる。トランプ大統領は政治的な同盟国の信号を重視しなくても、米国内の保守メディアの反応には敏感だ。合意の本質よりも劇的な演出に集中するのもこうした理由からだ。 

  シナリオ4=トランプ大統領と金正恩委員長が会って具体的な軍縮交渉を実際にする(可能性2%)。金委員長が拘束された米国人を解放し、韓国人・日本人拉致被害者のための最小限の説明をし、核施設や核ミサイル核心プログラムに対する破壊命令を出せば両首脳の会談は成功と

【グローバルフォーカス】トランプ-金正恩会談の4つのシナリオ(2) 続きを本紙で読む 》

トランプ大統領「韓国側が態度を変えるべき」=韓米首脳電話会談

2018年3月19日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は16日夜、米国のトランプ大統領と35分間にわたり電話会談を行った。会談で両首脳は米国による通商拡大法232条の適用など、韓米間の通商問題について主に意見を交換した。 文大統領は

「南北首脳会談と米朝首脳会談を控え、韓米両国が揺るぎない関係にあることを世界に示すことが重要だ」
と述べ、トランプ大統領に通商問題の重要性を訴えた。これに対してトランプ大統領は
「韓米自由貿易協定(FTA)の改定に向けた交渉が進んでいるだけに、韓国側の代表団にはより柔軟性のある立場を示してほしい」
と返答した。文大統領が通商摩擦の緩和を求めたのに対し、トランプ大統領は逆に
「韓国側が態度を変えるべきだ」
と主張したようだ。 北朝鮮の核問題について両首脳は
「北朝鮮が非核化に向け積極的に行動を起こすよう、各段階ごとに緊密に協力を持続する」
との点で一致した。文大統領は鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長(閣僚級)と徐薫(ソ・フン)国家情報院長が中国、日本、ロシアを訪問した結果について説明し
「これらの国々も米朝首脳会談を積極的に支持している」
文大統領は
𰃄月末の南北首脳会談で金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長に会う時は、米朝首脳会談の成功に向けしっかりと雰囲気を作り上げていきたい」
とした上で
「過去の失敗から来る懸念についてもしっかりと備える」
と述べた。 

トランプ大統領「韓国側が態度を変えるべき」=韓米首脳電話会談 続きを本紙で読む 》

【時論】平壌のトランプタワーも夢ではない(2)

2018年3月16日 ニュース, 韓国・中央日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

  北朝鮮は過去25年間、米国をだましてきた。しかしこれ以上は不可能だ。トランプ大統領は以前の大統領とは違う。金正恩委員長が明らかにした非核化の用意がまた策略と判明すれば、待っているのは本当の

「炎と怒り」
である可能性が高い。トランプ大統領の事業家気質と文大統領の南北関係改善意志を信じ、二度とないこの機会を生かして北朝鮮を一流国家に変える大決断を下さなければいけない。 

  文在寅大統領の冷静かつ用意周到な運転者の役割がなかったとすれば、南北首脳会談と米朝首脳会談が目の前の現実になる今日の状況はなかっただろう。とはいえ、独走をすれば長く、遠くには行けない。対北朝鮮政策をめぐる国内の葛藤を解消するために野党および保守勢力との対話努力をいっそう強化する必要がある。それが激変の時期に要求される国民統合を実現する道だ。 

  首脳会談を控えたトランプ大統領と金正恩委員長に失敗する余裕はない。成功は選択でなく必須だ。失敗する場合、2人の個人的なリスク負担は言うまでもなく、韓半島と北東アジアは以前よりはるかに危険な状況に置かれることになる。バンジージャンプ台に立った2人がお互いの切迫感を信じて果敢に情熱を傾けることを望む。首脳会談が成功すればノーベル平和賞が3人を待っているかもしれない。 

【時論】平壌のトランプタワーも夢ではない(2) 続きを本紙で読む 》

【社説】対北朝鮮強硬派の米国務長官指名に込められたメッセージ

2018年3月15日 ニュース, 韓国・中央日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

  トランプ米大統領が13日、ティラーソン国務長官を解任し、ポンペオ米中央情報局(CIA)長官を後任に指名した。4月の南北首脳会談、5月の米朝首脳会談を控えた状況で、異例にも米国務長官が交代することになった。対話派のティラーソン長官の代わりに対北朝鮮強硬派のポンペオ長官が外交の指揮棒を握ることになったのも注視すべき部分だ。 

  軍人だったポンペオ長官は、トランプ政権でマクマスター大統領補佐官(国家安全保障問題担当)に次ぐ対北朝鮮強硬派として知られている。北朝鮮を音波や放射線で攻撃して政権を交代させようと主張し、金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長暗殺の可能性を示唆したこともある。トランプ大統領がこのポンペオ長官を国務長官に指名したのは、意欲的に推進する米朝首脳会談を速戦即決で終えようとするものの、北朝鮮に非核化の意志がないと判断されればいつでも超強硬圧力モードに旋回することを暗示するものとみられる。ポンペオ長官は昨年10月、

「北朝鮮は6カ月以内に米本土を核攻撃する能力を保有するだろう」
と主張した。したがって米朝対話で非核化が進展しなければ制裁強化はもちろん、軍事行動に出る可能性も排除できない。北朝鮮がポンペオ長官指名の翌日に
「在韓米軍撤収」
主張を再開したのも、こうした状況と無関係ではないだろう。 

&nb

【社説】対北朝鮮強硬派の米国務長官指名に込められたメッセージ 続きを本紙で読む 》

【社説】中国が対北制裁から手を引けば非核化は水の泡

2018年3月15日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

 韓国大統領府の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長(閣僚級)は12日に北京を訪問し、習近平・国家主席など複数の中国政府高官らと会った。むしろ不安さえ感じているはずだ。実際に南北、米朝首脳会談が実現に向けて動き出した時点で、中国国内からは

「中国が韓半島問題で脇役になるのでは」
といった懸念も出始めている。中国が北朝鮮に対する制裁に加わった結果、北朝鮮では中国への不満が高まっているが、そこで米国が韓半島において南北双方に対する影響力を拡大することに中国は不安を感じているのだ。そのためわずかでも隙が生じれば、中国は北朝鮮に対する制裁を緩め、北朝鮮への影響力を維持しようとする可能性が高い。そうなれば北核の廃棄は始まる前から揺らいでしまうだろう。

【社説】中国が対北制裁から手を引けば非核化は水の泡 続きを本紙で読む 》

BBC「文大統領は成功ならノーベル賞、ダメなら崖っぷち」

2018年3月14日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

 英国の公営放送BBCが9日(現地時間)

「文在寅(ムン・ジェイン)大統領が米国と北朝鮮の対話を導き出し核のリスクを減少させることに成功すれば、ノーベル平和賞を受賞できるが、失敗すれば再び北朝鮮との関係で崖っぷちに追い込まれるだろう」
BBCはこの日
�世紀の政治的賭博」
と題するニュースで
「本心を読むのが難しい共産国家・北朝鮮を相手に文大統領とトランプ米大統領が大きな賭けに出ている」
 BBCは米朝間の対話が
「オール・オア・ナッシング(全部かゼロか)」
の結果になるとの見通しを示した。結果が成功か否かによって、文大統領とトランプ大統領にとっては成果・リスクのいずれも大きいというわけだ。BBCは文大統領について
「外交の天才」
または
「国を破壊する共産主義者」
のどちらかになるとの見方を示した。トランプ大統領についても
「崖っぷちの作戦の達人」
「不正なゲームの最も弱い駒」
のどちらかになると指摘した。

BBC「文大統領は成功ならノーベル賞、ダメなら崖っぷち
続きを本紙で読む 》

韓国情報機関トップ 河野外相と会談=訪朝・訪米結果説明

2018年3月13日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【東京聯合ニュース】日本を訪問している韓国情報機関・国家情報院の徐薫(ソ・フン)院長は12日、河野太郎外相と東京都内の外務省飯倉公館で会談した。 徐氏は会談で、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長やトランプ米大統領と会談した結果を説明した。4月に開かれる南北首脳会談や5月に予定されている米朝首脳会談などについても意見交換が行われたもようだ。 13日には安倍晋三首相と会談する予定だ。 徐氏は文在寅(ムン・ジェイン)大統領の特使として、青瓦台の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長(閣僚級)らと共に、5~6日に平壌を訪問し、金委員長と会談した。8~11日に訪米しトランプ大統領に訪朝結果を説明。米朝会談の早期開催を求める金委員長のメッセージを伝え、米朝首脳会談の5月開催を仲介した。

韓国情報機関トップ 河野外相と会談=訪朝・訪米結果説明 続きを本紙で読む 》

米朝首脳会談も板門店開催が有力

2018年3月12日 ニュース, 朝鮮日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

 5月に行われる米朝首脳会談の会場として板門店が最も有力視されていることが11日までにわかった。これが実現した場合、4月末の南北首脳会談に続き、米朝首脳会談や南北に米国を加えた3カ国首脳会談などが立て続けに板門店で行われるとの見方も浮上しそうだ。 ニューヨークタイムズ紙は10日付(現地時間)で米国務省高官の話として

「ホワイトハウスは会談の場所やロジスティクス(輸送支援)について検討に入ったが、板門店の『平和の家』が米朝首脳会談の会場として最も有力」
平和の家では来月末に南北首脳会談が予定されている。韓国大統領府のある幹部も11日
「板門店は有力な代案の1つ」
とコメントしている。 板門店は実利と大義名分という側面で利点が多い。南北の中立地域であり、トランプ大統領と金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の双方にとって、米国や北朝鮮で会うより外交的、政治的負担がはるかに少なく、さらに首脳の警護や儀典もやりやすい。
「休戦体制のシンボル」
とされる板門店で首脳会談が実現すれば、それに伴う劇的な効果も見込まれるだろう。とりわけ板門店で米朝の首脳が会った場合、その後に文在寅(ムン・ジェイン)大統領が参加する多国間会談なども期待できる。 これに対して北朝鮮は米朝対話の場所として平壌を念頭に置いているようだ。最終段階で霧散はしたが、2000年に当時のクリントン大統領が平壌訪問を検討した
米朝首脳会談も板門店開催が有力 続きを本紙で読む 》

金正恩委員長「米国が望む非核化可能」

2018年3月12日 ニュース, 韓国・中央日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

  文在寅(ムン・ジェイン)大統領の対北朝鮮特使団が米ホワイトハウスで訪朝結果を説明し、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長が

「米国が望む非核化」
に言及したことを伝えたと、韓国政府の関係者が11日明らかにした。 

  この関係者は

「8日(現地時間)に青瓦台(チョンワデ、大統領府)の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長らがトランプ大統領に説明した訪朝結果には、金正恩委員長が『米国が望む非核化も議論できる』という内容も含まれていた」
とし
「北が本当に核廃棄に動き出すかどうかは今後を見守らなければならない時点」
と述べた。 

  別の政府関係者は

「トランプ大統領はすぐに金正恩委員長に会うという意向を明らかにしたが、南北首脳会談で北の意志をもう一度確認した後に徹底的な準備をして会うのがよいという韓国側の説得を受け、朝米首脳会談を5月に設定した」
 

  これは金正恩委員長が完成した核武力を認められた後に追加の核・ミサイル開発を中断するラインでトランプ大統領と会うのではなく、朝米修交などを通じて体制の保証を前提に核廃棄談判が可能ということを知らせたのだ。 

  しかし特使団に体制の保証を非核化の条件として明示した北朝

金正恩委員長「米国が望む非核化可能
続きを本紙で読む 》

韓国情報機関トップ 12日訪日=訪朝・訪米結果を説明

2018年3月11日 ニュース, 韓国・聨合(レンゴウ) , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

【ソウル聯合ニュース】韓国情報機関・国家情報院の徐薫(ソ・フン)院長と青瓦台(大統領府)国家安保室の南官杓(ナム・グァンピョ)第2次長が12日、訪朝・訪米の結果を説明するため、2日間の日程で日本を訪れる。

徐氏(左)と河野外相=(聯合ニュース)

 河野太郎外相らと会談し、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長やトランプ米大統領と会談した結果を含め、朝鮮半島情勢について話し合うとみられる。

 徐氏は文在寅(ムン・ジェイン)大統領の特使として、青瓦台の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長

韓国情報機関トップ 12日訪日=訪朝・訪米結果を説明 続きを本紙で読む 》

説明終える前に朝米会談受諾…特使団に発表要請した理由

2018年3月11日 ニュース, 韓国・中央日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

  トランプ米大統領は8日(現地時間)、韓国の対北朝鮮特使団が北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長の提案をすべて説明し終わる前に朝米首脳会談を受諾したことがわかった。 

  ウォールストリートジャーナルが10日に報じたところによると、青瓦台(チョンワデ、大統領府)の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長、徐薫(ソ・フン)国家情報院長、趙潤済(チョ・ユンジェ)駐米大使が金正恩委員長の会談提案を分析し、可能な外交オプションを説明する際に

「わかった、わかった。北朝鮮に私がそのようにすると伝えてほしい」
と話した。 

  トランプ大統領は特使団に

「彼(金正恩)に『イエス』と伝えてほしい」
と受諾の意思を確認し、韓国の官僚3人がトランプ大統領の話を信じられないというように互いに見つめ合ったと現場に同席したホワイトハウス関係者が明らかにした。 

  ホワイトハウススタッフのうち少数は金正恩が会談を提案し、トランプ大統領がこれを受け入れる考えだとの点は知っていたが、特使団が会談実現の事実を直接発表するようにするかは予想できなかったと同紙は報道した。 

  これについてホワイトハウス関係者は

「この懸案が中間で流出したり歪曲されないよ
説明終える前に朝米会談受諾…特使団に発表要請した理由 続きを本紙で読む 》

ホワイトハウス「首脳会談、平壌での開催望まない」

2018年3月11日 ニュース, 韓国・中央日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

  米ホワイトハウスは9日(現地時間)、トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長との首脳会談場所として平壌(ピョンヤン)を望まないと明らかにした。 

  米CNNはこの日、ホワイトハウスのサンダース報道官が会見で北朝鮮との首脳会談時期について

「まだ決まっていない」
としてこのように話したと報道した。 

  その上で非核化に対する

「検証可能な具体的な措置(concrete and verifiable actions)」
がなければ金委員長には会わず、金委員長の会談要請を受け入れる上で北朝鮮に拘束されている米国人3人を釈放することのような
「前提条件(preconditioning)」
はない 

  続けて首脳会談場所に対する質問が再び出ると、ホワイトハウスは

「平壌」
で会談することを望まないと述べた。 

  また

「彼ら(北朝鮮)は非核化を約束した。米国は譲歩しなかった。だが北朝鮮はいくつかを約束した。言い換えればこの会談は北朝鮮の約束と一致する『具体的で検証可能な措置』なくしては行われないだろう」
と強調した。そして北朝鮮に対する最大圧力キャンペーンは
「明確に効果的だ」
と明らかにした。 

&n

ホワイトハウス「首脳会談、平壌での開催望まない
続きを本紙で読む 》

北メディア、朝米首脳会談に言及…「米国の戦争騒動に終止符打つ談判」

2018年3月11日 ニュース, 韓国・中央日報 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

  北朝鮮の立場を対外的に代弁する在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の機関紙・朝鮮新報が10日、朝米首脳会談に対する立場を明らかにした。 

  朝鮮新報は

「分断の主犯である米国が繰り返してきた北侵略戦争騒動に永遠の終止符を打つ平和談判が始まろうとしている」
と主張した。北側の立場を代弁するメディアが朝米首脳会談に言及したのは今回が初めて。 

  朝鮮新報はこの日、

「日程に浮上した朝米首脳会談、戦争騒動の終息と平和談判の開始」
と題した記事で、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が
「万全の準備」
をして
「平和と統一のための最強の勝負に出た」
と評価した。 

  同紙は朝米首脳会談の背景に関し、

「その間、トランプ大統領はすべての選択肢がテーブルの上にあるとして朝鮮に対する軍事行動の可能性を表してきた」
とし
「しかし実際には米国の安全のために武力衝突を避け、核保有国の朝鮮と対話をすること以外に選択の余地がなかった」
と主張した。 

  さらに

「最高司令官(金正恩委員長)は『取引の達人』を自負する大統領(トランプ大統領)に歴代の前任者が繰り返した失策から抜け出す方法を提示し、決断を促すことになる」
とし
「長く続いてきた朝鮮半島(韓半島)の分
北メディア、朝米首脳会談に言及…「米国の戦争騒動に終止符打つ談判
続きを本紙で読む 》

  

© 韓国(人)は日本を敵国だと、日本人は気がつくべき