韓国内のコーヒー専門店スターバックスコーヒーコリアが日本産製品の発注を事実上中断したことが分かった。 

  最近、日本製品に対する不買運動の拡散によって、スターバックスで販売中の日本産商品に対する消費者の関心の高まりに伴うものとみられる。現在、スターバックスは日本から

「STARBUCKS ORIGAMI(スターバックス オリガミ) VERANDA BLEND」
「VIA MATCHA」
などの完成品を輸入している。 

  スターバックス関係者は13日、韓国メディア

「聯合ニュース」
に対して
「ORIGAMIとVIA MATCHAはグローバルラインナップ商品で、製品発注量を減らすか暫定中止することを検討中」
としながら
「現在、追加発注をしないでいる」
と話した。 

  STARBUCKS ORIGAMIシリーズはコーヒーの粉砕豆が入ったドリッパーにお湯を注いで1回分のコーヒーを抽出するドリップタイプの商品だ。VIA MATCHAは手軽に

「グリーンティーラテ」
を作って飲めるように小包装された商品だ。 

  スターバックスが発注中止を検討した背景には販売量の不振もあったものとみられる。ORIGAMIシリーズの場合、1300カ所を超える