結局労組の反発に屈した現代自…操業中のWi-Fi制限措置を保留に

2019年12月12日 ニュース, 朝鮮日報 ,

 生産職従業員の勤務時間中のWi-Fi使用を制限するとしていた現代自動車が、Wi-Fi制限措置を保留することを決めた。土曜日の特別勤務を拒否するなど強く反発している労働組合に結局屈した格好だ。 11日、自動車業界の関係者によると、現代自は同日から再び、蔚山工場の生産ラインで働く従業員のWi-Fiへの24時間接続を可能にすることを決めた。作業中の事故発生の懸念などを理由に、9日から操業時間中にWi-Fiを使用できないよう制限したが、わずか2日間で元に戻ったわけだ。 現代自は

結局労組の反発に屈した現代自…操業中のWi-Fi制限措置を保留に 続きを本紙で読む 》

韓国人が中国人に知られるのを恐れていること―中国メディア

2019年11月8日 Recordチャイナ, ニュース , , ,

中国メディアの環球時報は5日、
「このことを、人は中国人に知られるのを非常に恐れている」
と題する記事を掲載した。 

記事はまず、韓国紙・中央日報が4日付で

「米韓がインド太平洋協力で初めて具体的な合意」
と報じたことについて
「短い内容でトップページにも表示されなかったが、韓国は米国のインド太平洋戦略の仲間入りをするのかと冷や汗ものだった。米国のインド太平洋戦略が中国を包囲するものであることは誰もが知っている。韓国は(高高度防衛ミサイル)配備による損失では飽き足らず、再び同じ轍を踏もうとしているのか?」
と疑問を呈した。 

その上で、

「詳しく見てみると、タイトルには多くの情報が不足していた」
とし、今月2日に行われた東南アジア諸国連合(ASEAN)関連首脳会議に際したスティルウェル米国務次官補と尹淳九(ユン・スング)韓国外交部次官補の協議後、共同で
「説明書」
を発表したことを紹介。説明書の内容は、エネルギーやインフラ施設、開発金融、デジタル経済、平和と安全保障などでの協力案を盛り込んだもので、
「韓国政府としては対中牽制色を押さえるよう調整した」
と伝えられている。 

記事は、

「インド太平洋戦略において、韓国は一貫して米国の圧力を受けてきた」
とし、
�年11月に大統領が初めて訪韓した際、韓国大統領府(青瓦台)と米国のホワイトハウスが共同で発表
韓国人が中国人に知られるのを恐れていること―中国メディア 続きを本紙で読む 》