「韓国の芸能界は一体どうしたのか」人気アイドルにまた薬物使用疑惑―中国ネット

2019年6月12日 Recordチャイナ, ニュース , , ,

2019年6月12日、アイドルグループ
「iKON」
のメンバー、B.I(22)に薬物使用疑惑が浮上し、中国でも注目を集めている。 

中国のエンタメ系メディアの新浪娯楽は12日、

「(韓国芸能スクープ専門メディアの)ディスパッチが、B.Iの薬物使用が疑われるチャット内容を公開した」
とし、
「それによると、B.Iは2016年4月、(後に麻薬類管理に関する法律違反の疑いで逮捕された)A氏とのチャットで薬物について尋ね、LSD購入を依頼した。韓国の警察は同年8月、B.Iが大麻やLSDを購入したことを把握していたが、捜査を進めなかった」
など 

今年4月には韓国の男性アイドルグループ

「JYJ」
のパク・ユチョン容疑者が麻薬の使用容疑で逮捕されており、中国版ツイッターの微博(ウェイボー)では
「韓国の芸能界はどうしてしまったのか」
との声が上がっている。 

一方で、ファンとみられるウェイボーユーザーからは

「信じたくない」
「正確な報道を待とう」
などのコメントが多く書き込まれていた。 

また

「警察は2016年にB.Iの薬物購入を把握していたというが、ではなぜ捜査しなかったのか」
「報道が突然すぎる」
などの声もあった。(翻訳・編集/柳川)

「韓国の芸能界は一体どうしたのか」人気アイドルにまた薬物使用疑惑―中国ネット 続きを本紙で読む 》

おとなしく米国に従うか、中国市場を取るか、悩む韓国企業―韓国メディア

2019年6月11日 Recordチャイナ, ニュース , , ,

環球時報は11日、ファーウェイの5G設備導入をめぐって企業が米国と中国との間で板挟みの状態になっているとする、韓国メディアの報道を伝えた。 

朝鮮日報は10日、米国のハリス駐韓大使が5日に韓国企業に対して5G設備のサプライヤーを慎重に選ぶべきだと発言したことを紹介。

「この発言は一般的に、韓国企業に対するファーウェイ製設備排除の要求だと解釈されている」
 

一方、KBSは10日、中国政府が4~5日にやSKハイニクスを含む外国企業の高官に対し、米政府のファーウェイ規制に協力しないよう警告し、サムスンの関係者が

「確かにそのような要求があった」
と明かしたことを伝えた。 

「アジア経済」
は10日、米中双方からの圧力を受けて韓国企業が慎重な態度をとらざるを得なくなっていると解説。毎日経済新聞は、過去に韓国が高高度防衛ミサイル()配備により中国から
「無情の報復」
を受けたことを挙げ、
「韓国企業は今回の中国からの警告を無視するわけにはいかない状況だ」
と分析した。 

また、韓国にとって中国は米国をはるかに超える最大の貿易パートナーであり、輸出総額の30%近くを占めていることを紹介したうえで、THAAD問題による報復から完全に回復していない中でさらに中国の機嫌を損ねることは、自らの首を絞める行為になりかねないという韓国企業の思惑を

おとなしく米国に従うか、中国市場を取るか、悩む韓国企業―韓国メディア 続きを本紙で読む 》

韓国が「名品」と誇っていた国産兵器、事故が相次ぎついに事業中止へ

2019年5月30日 Recordチャイナ, ニュース , , ,

2019年5月28日、・MBCによると、韓国の技術で開発され、韓国軍が
�大名品兵器」
だと誇っていたK‐11複合型小銃に事故が相次いだことを受け、防衛産業庁が
「使用中止」
の結論を下したことが分かった。 

記事によると、K‐11は2010年に部隊に配備された後から問題が絶えなかった。弾丸が発射されなかったり、磁石を近づけただけで発射したりするなどの事故が相次ぎ、負傷者まで出たため13年に配備が中止された。その後、韓国軍は性能を補完し、14年に試演イベントを行った。当時、国防科学研究所関係者は

「運営上の特殊な事項が発生し、装備の作動に異常が生じた。新たな技術検討、設備の対象を見つけて補完した」
と説明していた。 

しかしその後も、核心装備である射撃管制装置が衝撃で壊れ、弾丸発射時に銃が爆発する事故が発生した。さらに今年4月にも、防衛産業庁が

�回以上射撃した場合、リチウム電池の内部の圧力が増大し、爆発する可能性がある」
という別の欠陥を関係機関に報告したという。 

その後、防衛産業庁と関係機関はK‐11事業の継続をめぐり協議を行い、防衛産業庁が

「事業中止」
を決定した。ただ現在は監査が行われている段階で、最終判断は監査院の発表後に下されるという。 

これに、韓国のネットユーザーからは

「また大事な税金を無駄にした」
と落胆する
韓国が「名品」と誇っていた国産兵器、事故が相次ぎついに事業中止へ 続きを本紙で読む 》

韓国の3大キャリアはファーウェイ排除せず―韓国紙

2019年5月28日 Recordチャイナ, ニュース , ,

2019年5月28日、中国・環球網は、
「の3大キャリアはファーウェイ排除せず」
とする韓国・朝鮮日報の記事を取り上げた。 

このところ、米政府が打ち出した中国・華為技術(ファーウェイ)への輸出規制が波紋を広げている。韓国では

「米国が韓国に『反ファーウェイ戦線』に加わるよう求めた」
と報じられたが、朝鮮日報は27日付の記事でKT、SKテレコム、LGユープラスに
「ファーウェイ排除計画」
がないことを説明。LTE基地局でファーウェイの設備を使用するLGユープラスはLTEと次世代通信規格5Gの互換性から、5G基地局構築でもファーウェイの無線設備を使う必要があるという。KTはLTE、5G基地局にファーウェイの設備を採用していないが、ファーウェイを排除する計画はないとしている。SKテレコムもKTと同様の立場だ。 

ただ、同紙は

「米国のファーウェイへの圧力強化を受け、韓国の通信業界はファーウェイ製設備の選択に明らかに消極的になった」
とも報じた。このほか、韓国・聯合ニュースは28日付の記事で、
「電子、SKハイニックス、LGエレクトロニクスなど韓国IT大手は米中貿易戦争と米国によるファーウェイ排除が韓国企業の業績にもたらす影響について分析を進めた」
「輸出依存度の高いこれら企業は米国の『顔色』をうかがわざるを得ないが、ファーウェイとの取引を停止すれば中国での業績が痛手を
韓国の3大キャリアはファーウェイ排除せず―韓国紙 続きを本紙で読む 》

韓国高速鉄道、割れた窓にテープを貼って運行=ネットから怒りの声

2019年5月17日 Recordチャイナ, ニュース , , , , ,

2019年5月15日、・JTBCによると、韓国(KTX)が割れた窓ガラスにテープを貼った状態で運行していたことが分かった。 

記事によると、同日午前9時30分にソウルの龍山駅を出発した木浦行のKTXは、客室の窓が割れた状態だった。窓には半透明の接着シートが貼られていたが、運行中はシートが風で激しくなびき、速度が上がるほど隙間風の音が大きく客室内に響いたという。 

割れた窓の横に座っていた客は別の席に移動したものの、目的地に着くまでの2時間ほどを不安な気持ちで過ごしたという。同客は

「席を前日に予約をした。その時点で(窓が割れていることを)通知するべきではないか」
と話している。 

問題のKTXは14日夜に馬山駅からソウル駅に向かう途中に線路の砂利が跳ねてぶつかり、窓が割れたという。 

KTXを運営する韓国鉄道公社(KORAIL)は

「すぐに代替できる列車がなかったためマニュアル通りに臨時措置をした。安全面に問題はなかった」
と説明したという。 

しかし、韓国のネットユーザーからは

「国民の命を何だと思っているのか」
「本当に便利なマニュアルだね」
「に高速鉄道を敷いてあげるために節約しているのか?」
と怒りの声が上がっており、
「窓が割れているならその車両には客を乗せてはいけない。もしくは事実を伝えて割引し、それでも乗る
韓国高速鉄道、割れた窓にテープを貼って運行=ネットから怒りの声 続きを本紙で読む 》

反省の色なし?逮捕状請求棄却のV.I、翌日の行動に批判殺到

2019年5月16日 Recordチャイナ, ニュース , , , , ,

2019年5月16日、売春あっせんや買春、横領などの疑惑が持たれているのアイドルグループ
「」
の元メンバー、V.I(スンリ)が、自身に対する逮捕状請求が棄却された翌日に体育施設を訪れていたことが分かり、韓国で批判の声が上がっている。 

ソウル中央地裁は14日にV.Iに対する逮捕状請求を棄却した。裁判所はその理由について

「主要容疑である横領については争う余地があり、残りの疑惑についても証拠隠滅の恐れなど拘束事由が認められない」
と説明した。 

韓国・スポーツソウルによると、逮捕状請求が棄却されたV.Iは14日午後10時50分ごろに留置場から自宅に戻ったが、翌日の午後10時30分ごろにはソウル市内の体育施設から運動を終えて出てきた。施設では青い道着を着用。出てくる時は黒い帽子に蛍光緑のジャンバーをはおった姿で登場し、笑みを浮かべつつ待機していた黒いセダンに乗り込んだという。記事は

「常識では理解できない。騒ぎを起こした責任を自覚しているなら、容疑を認めているかいないかは別として自粛するべきだが、スンリは終始堂々とした様子だった」
とし、
「令状棄却より不届きなマイウェイ」
「スンリに誠実さはないのだろうか」
などと批判している。 

その他のメディアも

「図々しい行動」
「謹慎する気がない」
「芸能界引退を宣言したスンリにとってイメージ管理は必要ないという
反省の色なし?逮捕状請求棄却のV.I、翌日の行動に批判殺到 続きを本紙で読む 》

世界初の5G商用化から1カ月…韓国の現状は?=韓国ネット「後悔している」「予想できなかったの?」

2019年5月10日 Recordチャイナ, ニュース , ,

2019年5月9日、・マネーSは、
𰃅Gの商用化」
から1カ月が経った韓国の様子について報じた。 

韓国では先月3日に世界で初めて5Gが商用化された。 

しかし、5Gの商用化初期からカバレッジ(網羅率)に関する問題が浮上した。インターネット掲示板でも

𰃅GはLTEより遅い」
「LTEを使っているのに端末には『5G』と表記される」
など、連日5G関連の問題が指摘され、5Gコンテンツの少なさに対する不満も続出したという。 

相次ぐ不満の声を受け、科学技術情報通信部は通信会社3社に対して5Gカバレッジ構築現況をホームページ上に明示するよう指示し、5G基地局の現況も公開した。商用化初日に1万人を突破した5G加入者の勢いも急激に鈍化し、10万人越えには25日かかった。あるスマートフォン代理店関係者は

𰃅G網が不完全という認識が広がり、最近では加入問い合わせが開始当初の60%に下落した。加入者の誘致に苦労している」
と話しているという。 

これを受け、韓国のネット上でも

「なんでも最初がいいってもんじゃない」
𰃅GよりLTEの方が速い」
𰃃GからLTEの時も同じようにだまされたっていうのに(笑)」
「誰が見てもコンテンツも基地局も足りない。こうなることを予想できずに加入したの?」
「基地局が商用化されるまであと数年はかかるだろう」
𰃅Gが構築
世界初の5G商用化から1カ月…韓国の現状は?=韓国ネット「後悔している」「予想できなかったの?
続きを本紙で読む 》

日本の年号変更めぐるTWICEサナの投稿、韓国SNSで論争に

2019年5月5日 ニュース, 朝鮮日報 , , , ,

 ガールズグループ

「TWICE」
の日本人メンバー、サナさんが、グループの公式アカウントで日本の年号が変わったことへの心境をつづり、韓国のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で論議を呼んでいる。 サナさんは4月30日、TWICEの公式アカウントに
「平成生まれとして、平成が終わるのはどことなくさみしいけど、平成お疲れ様でした!!!」
と書き込んだ。書き込みは日本語だけで、韓国語の翻訳はなかった。 その後、この書き込みが韓国のSNS上で論争に発展。一部のネットユーザーは、天皇(原文は日王)の名前にちなんだ年号(原文ママ)自体が日本の国粋主義・民族主義と大きく関連しているため、TWICEの公式アカウントにこうしたことを書き込んだのは慎重さに欠けたと指摘した。 一方で、日本人として気持ちを書いただけであり、別の意味に拡大するのは飛躍し過ぎだとして、サナさんを擁護するネットユーザーも多い。
�世紀から21世紀になるときに感じた気持ちのように、平成から令和に代わるという時代の変化に対する感情を表現しただけ」
というわけだ。サナさんは書き込みで
「天皇退位」
には言及していない。 TWICEは9人のうち3人が日本人メンバーだ。韓国のガールズグループで初めて日本でドームツアーを開催するなど、日本でも爆発的な人気を集めている。

日本の年号変更めぐるTWICEサナの投稿、韓国SNSで論争に 続きを本紙で読む 》

V.I性接待疑惑で韓国警察「日本人投資家らも捜査」

2019年4月27日 ニュース, 朝鮮日報 , , , ,

 韓国の人気グループBIGBANGの元メンバー、V.I(本名=イ・スンヒョン)さんの性接待疑惑について捜査している韓国警察が、2015年にソウル市内の高級ホテルで性接待を受けた日本人投資家一行に対し、性売買特別法違反の疑いで捜査を行うと25日発表した。ソウル警察庁は、V.Iさんらが15年12月24日から2泊3日の日程で訪韓した日本人7-9人に風俗業の女性をあっせんした疑いで捜査を続けてきた。捜査の過程で警察は、V.Iさんと共に投資会社を設立した男性(34)から

「売買春が行われ、(費用は)私が払った」
という趣旨の供述を確保した。 ソウル警察庁の関係者は同日、売買春に関与した女性17人を立件して取り調べていると明らかにした。警察関係者によると、女性らのほとんどが容疑を認めているという。 当時、性接待を受けた日本人のうち1人は韓国でV.Iさんらと共に事業を行っていた。日本人らは現在、日本など韓国以外の国にいるという。警察の関係者は、適切な調査方法と時期を検討していると話した。 警察は、V.Iさんが売春あっせんに関与したかについても調査を進めている。V.Iさんは日本人らが当時宿泊していたソウル市内の五つ星ホテルの宿泊費約3000万ウォン(現在のレートで約300万円)を、自身の所属事務所、YGエンターテインメント(YG)の法人カードで決済した。 この事実が明るみに出ると、YGが性接待の
V.I性接待疑惑で韓国警察「日本人投資家らも捜査
続きを本紙で読む 》

サムスン8Kテレビに米誌が厳しい評価「時期尚早」、韓国ネットも納得

2019年4月26日 Recordチャイナ, ニュース , , ,

2019年4月23日、・中央日報は
𰃈Kテレビに…米コンシューマー・レポート『4Kを買いなさい』」
と題する記事を掲載した。 

記事によると、米誌コンシューマー・レポート(CR)は現地時間の19日、サムスン電子が昨年下半期から米国で販売している65インチ8KQLEDテレビ

「Q900」
のレビューを出した。8Kテレビは現在、商用化されたフルHDに比べて16倍も画質が鮮明なことで知られており、CRが8Kテレビに対する評価を出したのは今回が初めてという。 

しかし。 

なお記事では

「欧州消費者会社も似たような評価を下した」
と伝えている。英T3は最近、LGの有機ELテレビに5点、サムスンのQLED8Kテレビに4点をつけ、
「サムスンが8KQLEDに使ったアップスケーリング技術はまだ初期レベル」
と評したという。 

これを受け、韓国のネット上では

𰃈KQLEDテレビは消費者をだますために作られた製品。サムスンはマーケティングがうまいから買う人もいるけど、家電はやっぱりLG」
「LGの有機ELテレビはずいぶん前からサムスンの8KQLEDテレビに勝っている」
など、韓国ではサムスンよりLGの人気が高いようで、
「米コンシューマー・レポートは冷静で正確」
「米国ではサムスンの詐欺が通じないようだね」
と評価を受け入れるムードが漂っている。 

サムスン8Kテレビに米誌が厳しい評価「時期尚早」、韓国ネットも納得 続きを本紙で読む 》

5Gで「世界初」奪った韓国通信事業者、サービスの質が悪いことをついに認める―中国メディア

2019年4月23日 Recordチャイナ, ニュース , , ,

2019年4月22日、環球網は、
𰃅Gで世界初を奪った通信事業者、サービスの質が大したことがないことをついに認める」
と題する記事を掲載。世界に先駆けて5G通信サービスの提供が始まった韓国で、ネットワーク障害が頻発し、事業者が問題を認める事態になっている 

。 

そして、

「この状況について運営事業者のSKテレコム、KT、LG Uplusはいずれも5Gネットワークに問題が存在することを公に認めている」
とし、LG Uplusは19日に会議を開き
「初期不良に対する消費者の不満を謙虚に受け止めなければならない」
「精力を集中し、5Gネットワークの最良の品質を実現する時だ」
との同社会長のメッセージが伝えられたことを紹介した。 

また、韓国のスマートフォンメーカーにもネットワーク障害に関連した問題が生じており、電子は該当機種向けのアップデートソフトウェアを配布した一方で、LG電子は5GスマートフォンV50 ThinQの発売延期を発表したとしている。 

韓国政府は20日、消費者からの苦情解消に向け、毎週1回運営事業者とメーカーと会議を開き、ネットワーク障害問題の解決やネットワークの全国カバー実現について議論を行うことを明らかにした。(翻訳・編集/)

5Gで「世界初」奪った韓国通信事業者、サービスの質が悪いことをついに認める―中国メディア 続きを本紙で読む 》

韓国の“世界初”5Gは見掛け倒し?ソウルでもつながらず利用者は「いらいら」

2019年4月19日 Recordチャイナ, ニュース , , ,

2019年4月17日、・JTBCは
「つながらない5G…いらいらする利用者らの不満続出」
と題する記事を報じた。 

。 

記事は最後に

𰃅GはLTEよりも基地局が多く必要だが、まだ首都圏以外の地域には基地局がない状況で、このような『不通状態』は当分続くものとみられる」
 

これを受け、韓国のネット上でも

𰃅Gのせいで4Gも途切れる」
「LTEの速度も遅くなった」
𰃅Gが速いんじゃなくて、LTEを遅くして5Gが速く見えるようにしてるんでしょ。まだ準備も整ってないのに無理に発表したせい」
「大統領府の国民請願に訴えよう!これは通信社が国民をだましてるようなもの」
など非難が続出する中、
「今5Gに変えたらバカにされるんじゃない?」
「新製品が出たら何でもすごいと思って買う消費者も問題」
「(新しい物は)最初は買わないのが正解」
と消費者側に問題があると指摘するコメントも寄せられている。(翻訳・編集/松村)

韓国の“世界初”5Gは見掛け倒し?ソウルでもつながらず利用者は「いらいら
続きを本紙で読む 》

日米以外は意味がない?韓国が新たなスワップ締結も、ネットから厳しい声

2019年4月16日 Recordチャイナ, ニュース , , , ,

2019年4月14日、・デジタルタイムスによると、韓国とアラブ首長国連邦(UAE)が54億ドル(約6000億円)規模の通貨スワップ契約を締結した。 

記事によると、韓国とUAEは2013年10月13日に初めてスワップ契約を締結したが、2016年10月12日に満期で終了。延長するための協議が行われたものの両国間の法律や制度の違いによる技術的要因のため合意に至っていなかった。今回のスワップ契約期間は13日から2022年4月12日まで。韓国銀行は

「今回の契約を通して韓国とUAE間の交易が促進され、金融協力が強化されると期待している」
と話したという。 

今回の契約により韓国が2国間通貨スワップを締結している国は、カナダ(事前の限度なし)、中国(約560億ドル)、スイス(約106億ドル)、インドネシア(約100億ドル)、豪州(約77億ドル)、マレーシア(約47億ドル)、UAE(約54億ドル)の7カ国となった。ただ、韓国は基軸通貨国の米国や日本とはスワップ契約を締結していないため

「為替の安全弁が制限的だ」
との指摘も受けているという。 

これに韓国のネットユーザーからは

「円、ドル以外は意味がない」
「米ドル、日本円と通貨スワップを結んでこそ為替ヘッジになる。でも現政権にはその2カ国と締結する能力がない」
「重要な国とは締結できない。韓国の国格もずい
日米以外は意味がない?韓国が新たなスワップ締結も、ネットから厳しい声 続きを本紙で読む 》

5Gで「世界初」を奪った韓国、背後にファーウェイの影―中国メディア

2019年4月10日 Recordチャイナ, ニュース , , , , ,

2019年4月9日、参考消息は、
𰃅Gで『世界初』を奪った、背後にファーウェイの影」
と題する記事を掲載した。 

韓国では3日午後11時、通信大手3社がスマートフォン向け5Gサービスを前倒しで開始した。対象は一部の芸能人だけだが、米ベライゾンのサービス開始より2時間早い。記事は

「中国を含む多くの国・地域で5G応用技術は成熟。5G普及が時間の問題だということは暗黙の了解だが、『世界初』をめぐる米韓の争奪戦はやはり全世界の注目を浴びた」
と指摘し、
「この『ショー』の結果がどうであれ、背後には中国企業の影が見えるようだ」
として、
「韓国の『世界初』奪取は華為技術(ファーウェイ)のサポートと切り離せない」
と述べる香港紙サウスチャイナ・モーニングポスト(SCMP)の記事を紹介した。 

SCMPは5日付の記事で、韓国の通信大手3社の一角を占めるLGユープラスが5Gネットワークにファーウェイの基地局などを採用したことを伝え、さらに両社のパートナー関係が延長され、LGユープラスの4Gネットワークとの互換性が確保されることなどに言及。同紙は

𰃅Gプロジェクトで、韓国はファーウェイ排除という米国の警告を聞き入れなかった。韓国のこの戦略こそが『世界初』をもたらしたのだ」
とも説明したという。 

参考消息はまた、ベライゾンについても

𰃅G端末となるのは、14年に
5Gで「世界初」を奪った韓国、背後にファーウェイの影―中国メディア 続きを本紙で読む 》

韓国で発売された世界初の5Gスマホ、購入者から不満続出?

2019年4月8日 Recordチャイナ, ニュース , , ,

2019年4月8日、・ソウル新聞によると、韓国で5日に発売された世界初の5Gスマートフォン
「GalaxyS10 5G」
に対し、利用者らから不満の声が続出している。 

記事によると、スマホユーザーや電子機器・IT情報専門のネット掲示板には5Gスマホを使った感想が続々と寄せられているが、通信会社を問わず

𰃅Gがつながらない」
「ダウンロードの速度が思ったより遅い」
「ダウンロードとアップロードの速度が違い過ぎる」
「PINGはLTEと変わらない」
との意見が主に寄せられている。 

これを受け、通信会社関係者らも

「商用化初期は最適化の余地が非常に多いため速度は期待より遅い可能性がある」
「使用者らが主に利用するダウンロードの速度を優先的に最適化するため、アップロードの速度と差が生じることがある」
などと話しているという。 

また、KTが発売した業界初の

𰃅Gデータ完全無制限」
プランについても、実際には使用量によりデータが制限されるFUP条項が含まれていることが分かり、批判の声が上がっている。これについてKTは
𰃏UPは少数の商業的利用者らのネットワーク独占から一般顧客のデータ利用を保護するための最小限の措置」
と説明したという。 

この記事を見た韓国のネットユーザーからは

「もともとIT機器は遅れて購入した方がいい」
「今買っても実験台にな
韓国で発売された世界初の5Gスマホ、購入者から不満続出? 続きを本紙で読む 》

売れる兵器がない!ガラパゴス化危機の韓国防衛産業に韓国ネットもため息

2019年4月4日 Recordチャイナ, ニュース , , ,

2019年4月3日、・世界日報は
「韓国の防衛産業が危機に直面している」
南北和解ムードにより大型兵器導入事業が委縮している上、開発・生産中の韓国製兵器すら防衛産業市場で相手にされていないという。 

記事によると、米国も開発できていない20ミリメートルの擲弾発射器と5.56ミリメートルの自動小銃を組み合わせ、歩兵火力を大幅に向上させると期待されていたK-11複合型小銃や、韓国航空宇宙産業の象徴とされるT‐50航空機が、防衛産業市場の競争で劣勢に立たされている。 

K-11は2010年から韓国軍に配備されたが、2014年から数回にわたり欠陥が見つかり納品が中断された。専門家からは

「設計上の問題」
が指摘され、全面的な再設計と事業中止を求める声が相次いでいるという。 

また、。 

航空宇宙分野でも状況は同じで、マレーシアの戦闘機導入事業で韓国航空宇宙産業(KAI)が生産したFA‐50はパキスタンのJF‐17の波状攻勢に押されている。JF‐17は2003年の初飛行以降、中国と共に性能改良を続け、FA‐50より

「高性能・低価格」
を実現したという。 

最後に記事は

「韓国の防衛産業は重大な岐路に立っている。国内と海外市場の需要を徹底的に把握した上で新たな技術開発を始めない限り『ガラパゴス化』を免れない」
とし、
売れる兵器がない!ガラパゴス化危機の韓国防衛産業に韓国ネットもため息 続きを本紙で読む 》

韓国の輸出、4カ月連続マイナス

2019年4月3日 ニュース, 朝鮮日報 , , , ,

 韓国産業通商資源部(省に相当)は1日、3月の韓国の輸出が前年同月比8.2%減の471億1000万ドルだったと発表した。4カ月連続のマイナスだった。半導体価格の値下がりと主な輸出先である中国の景気低迷による影響が大きかった。輸出が4カ月連続で減少したのは2016年7月以来2年8カ月ぶりとなる。 韓国の輸出をけん引してきた半導体の輸出は16.6%減少した。昨年韓国の輸出の26.8%を占めた対中輸出は経済成長の減速と米中貿易戦争の影響で15.5%のマイナスだった。韓国銀行は今年の輸出伸び率を1.4%減と見込んでいる。 輸出だけでなく、内需もスローダウンしている。韓国銀行が集計している企業の景況感指数(BSI)のうち、宿泊業の業況BSIは2月が44となり、中東呼吸器症候群(MERS)が流行した15年7月(29)以降で最低を記録した。卸小売業のBSIも2月は68となり、16年7月以降で最低だった。韓銀は

「MERSのような特別な要因がないにもかかわらず、人々が国内旅行に出かけなくなっているとみられる。卸小売業の状況を見ても、内需が低迷していることと関係がある」
と説明した。 経済の二大軸である輸出と内需が同時に低迷し、今年の経済成長率が韓銀の予測値である2.6%を下回る可能性が高いとの分析も聞かれる。当初政府と韓国銀行は今年下半期に景気が改善すると期待したが、半導体輸出の不振が続き、内需
韓国の輸出、4カ月連続マイナス 続きを本紙で読む 》

「FBI、スペイン大使館から『自由朝鮮』が奪取した情報を受け取った」

2019年4月2日 ニュース, ハンギョレ , ,

 反北朝鮮団体の

「自由朝鮮」
が2月22日、駐スペイン北朝鮮大使館に侵入して確保した情報を、米連邦捜査局(FBI)が受け取ったと、NBC放送が報道した。古い疎通方式を使うことも知られており、これらの文書情報が非常に価値の高いものである可能性があると、NBCは分析した。 自由朝鮮と米国当局の情報共有は、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員とドナルド・トランプ大統領が昨年から続けてきた朝米対話に微妙な影響を及ぼしかねない。米政府は同事件との関連性を認めず、慎重な態度を示している。最近、国務省は
「米国政府はこの事件と無関係だ」
と明らかにし、連邦捜査局も
「捜査の存在を確認も、否定もしないのが、我々の一般的慣行」
だと述べた。北朝鮮は3月31日、外務省報道官を通じて、この事件は
「深刻なテロ行為」
だとし、
「今回のテロ事件に米国連邦捜査局と反共和国団体の端くれが関与しているというなど、各種説が流れていることについて注視している」
とした。

「FBI、スペイン大使館から『自由朝鮮』が奪取した情報を受け取った
続きを本紙で読む 》

「韓流」イメージダウン、韓国芸能事務所の株価暴落、韓国スターの疑惑による負の連鎖―中国メディア

2019年3月25日 Recordチャイナ, ニュース , , , , , , ,

のアイドルグループ
「」
の元メンバー、V.I(スンリ)をめぐる一連の疑惑は、韓国社会と芸能界に衝撃を与え、さらに
「」
そのもののイメージを深く傷つけた。さらに、韓国芸能事務所の株価も暴落している。2019年3月22日、環球網が伝えた。 

記事はまず、米CNNの22日付の記事を引用し、

「Kポップの危機、スキャンダルは『韓流』を終わらせ、『毒々しい男らしさ』の文化を露呈させた」
さらに、
「韓国芸能産業は世界で巨大な影響力を持っていたが、同国スターのスキャンダルにより、『韓流』の影響力は以前のようには戻らないという考えもある」
とした。 

記事によると、今月20日までにV.Iの一連の疑惑を受け、YGエンターテインメント、JYPエンターテインメント、SMエンターテインメント、CUBEエンターテインメント、FNCエンターテインメントの韓国5大芸能事務所の時価総額は約6000億ウォン(約600億円)近く失われた。さらに、YGエンターテインメントとSMエンターテインメントの株式をそれぞれ6%と8%保有する韓国国民年金の保有持分の価値は332億ウォン(約33億2000万円)減少した。 

。 

記事はさらに

「今年1月、V.Iが経営するソウルのクラブで起きた暴行事件に端を発し、複数の芸能人のスキャンダルが明るみに出ている。今月21日に
「韓流」イメージダウン、韓国芸能事務所の株価暴落、韓国スターの疑惑による負の連鎖―中国メディア 続きを本紙で読む 》

「機内の清潔さ」ランキングでANAが1位、中国ネットは「文句なし」と絶賛=「日中韓がトップ3」にはツッコミも

2019年3月20日 Recordチャイナ, ニュース , , ,

英航空サービス調査会社スカイトラックス(Skytrax)がこのほど発表した2018年版の
「機内の清潔さ」
ランキングで、日本の全日空(ANA)が1位になった。中国のネット上でも大きな注目を集めている。 

【】

スカイトラックスは毎年、顧客満足度などに基づき航空会社のランク付けを行っており、

「清潔さ」
の部門では、トイレ、座席、テーブル、カーペットなどの評価を基に作成される。 

18年版のトップ10はANA、エバー航空(台湾)、アシアナ航空()、シンガポール航空、日本航空(JAL)、キャセイパシフィック航空(香港)、カタール航空、スイスインターナショナルエアラインズ、海南航空(中国)、ルフトハンザ航空(ドイツ)となった。上位の多くがアジアの航空会社で、米英の航空会社はトップ30に1社もランクインしなかった。 

中国メディアの新浪財経はこの結果について、

「中日韓がトップ3を占めた、トップ10には中国から3社」
との見出しで伝えているが、最も共感度が高いネットユーザーのコメントは
「台湾、香港、海南…」
というもので、ランクインした3社がいずれも中国で独特な地域にあることに複雑な心境をのぞかせている。 

続いて共感度が高い二つのコメントはいずれも日本に関するもので、

「日本が1位なのは妥当。確かに清潔」
「この方面において
「機内の清潔さ」ランキングでANAが1位、中国ネットは「文句なし」と絶賛=「日中韓がトップ3」にはツッコミも 続きを本紙で読む 》