韓国人の日本への好感度が上昇!一方日本人は…=韓国ネット「信じられない」

2019年6月13日 Recordチャイナ, ニュース ,

2019年6月12日、・聯合ニュースは、日韓関係が悪化の一途をたどる中、韓国人の日本に対する好感度が上がった一方、日本人の韓国に対する好感度は下がったという調査結果が発表された 

日本のNPO法人

「言論NPO」
と韓国の民間シンクタンク
「東アジア研究院(EAI)」
が同日発表した調査結果によると、日本に対する印象が
「良い」
と答えた韓国人は31.7%で、昨年(28.3%)より3.4ポイント上昇した。一方、韓国に対する印象が
「良い」
と答えた日本人は20.0%で、昨年(22.9%)より2.9ポイント下落した。 

同調査が始まった2013年からの変化を見ても、韓国人の日本に対する好感度は12.2%から6年で19.5ポイント上昇したのに対し、日本人の韓国に対する好感度は31.1%から11.1ポイント下落したという。 

韓国人が日本に対して良い印象を持つ理由としては

「親切で誠実な日本の国民性(69.7%)」
が最も多く挙げられた。一方、マイナスの印象を持つ理由としては
「韓国を侵奪した歴史を反省しない(76.1%)」
が最も多かった。 

日本人が韓国に対して良い印象を持つ理由は

「韓国の魅力的な食文化とショッピング(52.5%)」
が最も多く、マイナスの印象を持つ理由は
「歴史問題などで日本を批判し続ける(52.1%)」
が最も多かった
韓国人の日本への好感度が上昇!一方日本人は…=韓国ネット「信じられない
続きを本紙で読む 》

韓国、5月の失業者114万人で過去最多

2019年6月13日 ニュース, 韓国・中央日報

  先月失業者が114万人を超え5月基準としては過去最多を記録した。経済の

「屋台骨」
である40代と製造業の雇用は14カ月連続でともに減少した。 

  12日に統計庁が発表した

「5月の雇用動向」
によると、先月の就業者数は2732万2000人で1年前より25万9000人増えた。2月に26万3000人、3月に25万7000人だった就業者増加幅は4月には17万1000人と停滞したが、先月は再び20万人台を回復した。政府の財政投入などにより60代以上の就業者が35万人増えたのが主要背景だ。 

  40代の雇用は17万7000人減り43カ月連続で減少傾向が持続した。この12カ月間は毎月10万人以上の雇用が減っている。製造業就業者も14カ月連続で減少した。労働時間帯別の就業者を見れば雇用の質がさらに悪化しているという評価が出ている。1週間当たり平均労働時間36時間以上の労働者は前年同月より38万人減ったのに対し、15時間未満の超短期労働者は29万人増えた。 

  先月の15~64歳の雇用率(OECD比較基準)は67.1%で、昨年5月より0.1ポイント上昇した。1989年に関連統計を作成し始めてから5月基準としては過去最高だ。だが統計上の指標改善にすぎず雇用市場自体が改善

韓国、5月の失業者114万人で過去最多 続きを本紙で読む 》

酸素マスクが使えないのに…機体異常で引き返したチェジュ航空機、乗務員の対応が物議

2019年6月13日 Recordチャイナ, ニュース , ,

2019年6月12日、メディア・時事ジャーナルは、同日にフィリピン・クラーク国際空港から韓国の仁川(インチョン)国際空港へ向け出発した韓国のチェジュ航空7C4604便が機体の問題で引き返したが、
「乗客の安全確保と対策が不十分だった」
 

乗客149人を乗せた同便は午前3時30分ごろ、クラーク国際空港を出発。しかし離陸後、高度下降の警報が鳴ったため20分でクラーク国際空港に引き返した。記事は、同便に搭乗していた乗客Aさんの話を基に状況を詳しく紹介している。 

Aさんによると、機内は緊迫した状況だった。乗客全員が搭乗し、出発のアナウンスが流れたものの、管制塔から待機の指示が出たため出発は約1時間遅れた。離陸後、機内が突然寒くなり、韓国の病院に行くため搭乗していたフィリピン人の子どもが寒がっている様子を見て、周囲の韓国人乗客らが乗務員にブランケットを要請したところ、

「ブランケットは販売しているものなので、出すことはできない」
との返答だったという。 

その後、酸素マスクが降り、シートベルトと酸素マスクの装着を促すアナウンスが繰り返された。乗客らは酸素マスクを装着したが作動せず、

「酸素マスクが使えない」
という声を上げる乗客もいたが、乗務員は誰も動かず、席に座りマスクを装着していた。恐怖を感じ、家族への動画メッセージを残す乗客もいたと
酸素マスクが使えないのに…機体異常で引き返したチェジュ航空機、乗務員の対応が物議 続きを本紙で読む 》

チェジュ航空緊急回航「酸素マスク作動せず」…乗客「阿鼻地獄」

2019年6月13日 ニュース, 韓国・中央日報

  フィリピンから出発して仁川(インチョン)国際空港へ向かっていたチェジュ航空旅客機が機体異常で緊急回航することがあった。12日午前3時半ごろ、乗客149人を乗せてフィリピン・クラーク国際空港を出発したチェジュ航空7C4604旅客機は出発20分でクラーク国際空港に回航した。 

  チェジュ航空関係者は

「正常離陸後、高度を高めていたところ、高度下降警報が鳴りマニュアルに従って回航決定を下した」
として
「問題が生じた旅客機内の高度センサーの部品を空輸している」
と明らかにした。 

  ところで、この旅客機に乗っていた乗客は回航当時、非常に緊急な状況で乗務員の対処が不十分だったと主張した。旅客機乗客はこの日『時事ジャーナル』を通じて離陸後突然機内が寒くなり始め、機内には酸素マスクが下降したと明らかにした。 

  乗客Aさんは機内が突然寒くなった後、座席の酸素マスクが下降して

「安全ベルトと酸素マスクをつけなさい」
というアナウンスが繰り返して流れた緊急状況であることに気付いた乗客は酸素マスクをつけようとしたが、まともに作動しなかったという。 

  極限の恐怖を感じた乗客が

「マスクが作動しない」
と大声を張り上げたが、乗務員は動か
チェジュ航空緊急回航「酸素マスク作動せず」…乗客「阿鼻地獄
続きを本紙で読む 》

米国が提示した米韓首脳会談の議題、韓国にとっては「大きな負担」?

2019年6月13日 Recordチャイナ, ニュース ,

2019年6月12日、・朝鮮日報は
「米国が米韓首脳会談を前に、韓国にとって負担の大きい三つの議題を提示した」
 

記事によると、米国務省は10日(現地時間)、今月末に相次いで開催される20カ国・地域(G20)会議や米韓首脳会談で

「の最終的かつ完全に検証された非核化(FFVD)」
「米韓同盟」
「日米韓の協力強化」
について議論すると発表した。これについて記事は
「ドナルド・大統領が訪韓を前に、米韓間の敏感な三つの懸案を解決課題として投げかけたもの」
と説明している。 

また米国務省同日、シンガポールで行われた史上初の米朝首脳会談から1年が過ぎたことに関連し

「(北朝鮮問題は)つねに屈曲している」
と述べ、交渉のこう着状態がしばらく続く可能性を示唆した。一方、文正仁(ムン・ジョンイン)大統領統一・外交・安保特使は同日、
「トランプ大統領が訪韓する前に南北首脳会談を開催しなければならない」
とし、北朝鮮に対し
「決断する時だ」
と促した。 

米国務省のモーガン・オータガス報道官も同日の定例会見で、G20会議で日米の首脳が会談することに言及し

「北朝鮮のFFVDを調整し、日米韓協力を強化する案を議論する」
と発表した。その上で
「(その後に開かれる米韓首脳会談では)米韓同盟の強化と北朝鮮のFFVDを達成するための緊密な協力、努力を続ける」
と述べた。これにつ
米国が提示した米韓首脳会談の議題、韓国にとっては「大きな負担」? 続きを本紙で読む 》

慰安婦被害者の帰国を助けて政府の支援金を横領した容疑の70代に1年6カ月求刑

2019年6月12日 ニュース, 韓国・中央日報

  忠北清州(チュンブク・チョンジュ)で生まれた慰安婦被害者イさんは1943年、17歳の時中国に行った。

「中国に行けばお金を儲けられる」
という話のためだった。だが、イさんは中国慰安所に連れ去られて2年間苦難を強いられた。 

  解放(独立)以降も60年間イさんは故国に戻ることができず中国に留まった。中国で暮らしていたある日、イさんは中国で事業を展開するキム氏74)に会った。キム氏は中国で慰安婦被害者であるチョンさんに会ったことをきっかけに慰安婦被害者の国内送還を助けることをしてきた。 

  キム氏に助けられてイさんは2011年、韓国の領土を踏んだ。イさんは韓国国籍も回復し、2012年には女性家族部に旧日本軍慰安婦被害者に登録した。具合が悪くなったイさんは2016年から療養病院で過ごしていたが、昨年12月享年92歳で死亡した。 

  女性家族部に慰安婦被害者に登録されれば一定の支援金が毎月支給される。キム氏はイさんの通帳を直接管理した。キム氏のこのような行動に関する情報提供を受けた女家部は2017年12月末、警察に捜査を依頼しソウル西部地検は昨年11月キム氏を横領疑惑で起訴した。イさんが亡くなる1カ月前だ。 

  12日、ソ

慰安婦被害者の帰国を助けて政府の支援金を横領した容疑の70代に1年6カ月求刑 続きを本紙で読む 》

麻薬購入疑惑のiKONのB.Iがコメント 「謝罪しグループから脱退する」

2019年6月12日 ニュース, 韓国・中央日報

  韓国アイドルグループiKON(アイコン)のメンバー、B.I(ビーアイ)が麻薬購入疑惑を否定しながらも関心を持ったこと自体が誤った行動だったとし、グループからの脱退を決めた。 

  B.Iは12日、麻薬購入疑惑に対して

「非常に不適切な行動で物議をかもした点について心から申し訳なく思う」
とし
「一時、あまりにも大変で苦しく、関心さえ持つべきでないものに頼りたかったことは事実だ。また怖くなり恐れることすらできなかった」
とした。 

  続いて、今回の論争でiKONからも脱退すると明らかにした。B.Iは

「それでも私の誤った言動のために何より大きく失望して傷ついたファンの皆さんとメンバーに対し、とても恥ずかしくて申し訳なく思う」
とし
「私の誤りを謙虚に反省し、チームから脱退しようと思う。もう一度、ファンの方々とメンバーに心から頭を下げてお詫び申し上げる。申し訳ありません」
と明らかにした。 

  B.Iは2016年麻薬類管理に関する法律違反被疑者Aとやり取りしたカカオトークのチャット内容を通じて麻薬購入疑惑が持たれていた。麻薬を購入した情況が明らかになったが、警察の事情聴取につながらなかったことに対し、不正捜査疑惑まで取り沙汰された。これについてB.Iは関心を持っただけ

麻薬購入疑惑のiKONのB.Iがコメント 「謝罪しグループから脱退する
続きを本紙で読む 》

「韓国国民はミスリードされた」=スモッグの原因巡り指摘―韓国メディア

2019年6月12日 Recordチャイナ, ニュース ,

2019年6月11日、観察者網は、で発生している深刻な大気汚染について、大統領の諮問機関が
「国民はミスリードされている」
との見解を示したとする韓国メディアの報道を伝えた。 

。 

また、同会議は

「政府はもっと科学的な統計資料により国民に正確な情報を伝え、スモッグに対する不安を生まないようにすべきだ。必要があれば中国にスモッグ対策の経験を学ぶべき。そして、政府は専門家の意見を優先的に考慮するとともに、積極的に国民とコミュニケーションをとる必要がある」
と指摘したという。 

観察者網は

「これまで韓国当局は、国内のスモッグについて真剣な研究報告を出していない。データの多くは米NASAの衛星写真や、中国に近いペンニョン島で観測されたものだ。このために国ではスモッグが発生するたびに韓国メディアが『中国からスモッグが飛来した』と伝え、国民がパニックに陥るのだ」
と論じた。 

このほか、中国生態環境部が昨年末に

「中国の空気の質が大幅に改善を続ける中、韓国の微細粒物濃度は上昇している。韓国の大気汚染の主要な原因である二酸化窒素について、2015~17年のソウル市の濃度はいずれも北京市よりも高くなっている」
と発表したことを併せて伝えた。(翻訳・編集/)
「韓国国民はミスリードされた」=スモッグの原因巡り指摘―韓国メディア 続きを本紙で読む 》

「韓国の芸能界は一体どうしたのか」人気アイドルにまた薬物使用疑惑―中国ネット

2019年6月12日 Recordチャイナ, ニュース , , ,

2019年6月12日、アイドルグループ
「iKON」
のメンバー、B.I(22)に薬物使用疑惑が浮上し、中国でも注目を集めている。 

中国のエンタメ系メディアの新浪娯楽は12日、

「(韓国芸能スクープ専門メディアの)ディスパッチが、B.Iの薬物使用が疑われるチャット内容を公開した」
とし、
「それによると、B.Iは2016年4月、(後に麻薬類管理に関する法律違反の疑いで逮捕された)A氏とのチャットで薬物について尋ね、LSD購入を依頼した。韓国の警察は同年8月、B.Iが大麻やLSDを購入したことを把握していたが、捜査を進めなかった」
など 

今年4月には韓国の男性アイドルグループ

「JYJ」
のパク・ユチョン容疑者が麻薬の使用容疑で逮捕されており、中国版ツイッターの微博(ウェイボー)では
「韓国の芸能界はどうしてしまったのか」
との声が上がっている。 

一方で、ファンとみられるウェイボーユーザーからは

「信じたくない」
「正確な報道を待とう」
などのコメントが多く書き込まれていた。 

また

「警察は2016年にB.Iの薬物購入を把握していたというが、ではなぜ捜査しなかったのか」
「報道が突然すぎる」
などの声もあった。(翻訳・編集/柳川)

「韓国の芸能界は一体どうしたのか」人気アイドルにまた薬物使用疑惑―中国ネット 続きを本紙で読む 》

【社説】税収が減少しても財政支出を増やすのか=韓国

2019年6月12日 ニュース, 韓国・中央日報

  文在寅(ムン・ジェイン)政権が税収減少に直面した。企画財政部が昨日出した月間財政動向6月号によると、今年1-4月の国税収入は109兆4000億ウォン(約10兆円)と、前年同期に比べ5000億ウォン減少した。現政権に入って予備妥当性の免除、雇用安定資金、福祉手当などの政策ばかり出して天文学的な資金が投入されたため、

「5000億ウォン程度なら」
と思うかもしれない。しかし大きな誤算だ。健全な財政という堤防に亀裂が入り始めた可能性があるからだ。 

  そのような可能性は税収目標に対する税収進度率で判断できる。今年1-4月の税収進度率は前年同期(41.0%)に比べ3.9%ポイント低い37.1%だった。景気が急速に下降し、税収が減っているという傍証だ。景気が活発になってこそ企業と家計に資金が流れ、投資と消費が増え、税収も増えるが、今の韓国経済は沈滞する雰囲気だ。 

  その結果、今年1-4月の所得税収入は前年同期と比べて増えなかった。勤労所得税は最低賃金引き上げの余波などでやや増加したが、多くの規制のため不動産市場が冷え込み、譲渡所得税が急減した結果だ。企業の業績悪化で法人税進度率は37.2%から31.4%に落ちた。 

  こうした影響で付加価値税の進度率はもちろ

【社説】税収が減少しても財政支出を増やすのか=韓国 続きを本紙で読む 》

韓国のF‐35A導入、米国からの通信衛星の無償提供はウソだった!=韓国ネット激怒

2019年6月12日 Recordチャイナ, ニュース , , ,

2019年6月12日、・KBSは、韓国軍がF‐35Aステルス戦闘機を購入する対価として米国から無償で提供されることになっていた軍専用通信衛星が
「実は最低数千億ウォン(数百億円)の有償購入だった」
 

記事によると、約3カ月前に韓国初のステルス戦闘機となるF‐35Aが2機導入された。21年までに40機が戦力化される予定となっている。韓国は米ロッキード・マーティン社から兵器導入費としては過去最高となる約7兆4000億ウォンでF‐35Aを購入する代わりに、戦闘機技術と軍専用通信衛星の無償提供などを受けることになっていた。 

しかし、契約で昨年3月と決められていた衛星の引き渡しはいまだ行われていない。その理由について、。 

これに、韓国のネットユーザーからは

�年なら(パク・クネ)大統領の時か。前政権の悪事は掘っても掘っても終わりがない」
「朴前大統領は成果を残すために書類の偽造までしていたのか」
など前政権に対する批判の声や、
「懲戒処分で終わらせていい問題じゃない。刑事処罰が必要」
「防衛産業関連の不正には厳しい罰を与えてほしい」
「数千億ウォンの不正なら全財産を没収して牢屋に入れるべきだ」
など厳罰を求める声が続出している。(翻訳・編集/)
韓国のF‐35A導入、米国からの通信衛星の無償提供はウソだった!=韓国ネット激怒 続きを本紙で読む 》

韓国、今年1-4月の統合財政収支が過去最大赤字

2019年6月12日 ニュース, 韓国・中央日報

  今年1-4月の

「国の家計簿」
の赤字が過去最大になった。財政支出は増えたが、税収は例年より少ないからだ。 

  企画財政部が11日に発表した

「4月の財政動向」
を見ると、今年1-4月の累積統合財政収支は25兆9000億ウォン(約2兆3800億円)の赤字だった。この期間に政府が使った金額が入ってきた金額よりも26兆ウォン多かったということだ。関連統計を出し始めた2000年以降、1-4月基準で赤字幅は最も大きい。昨年1-4月は2400億ウォンの黒字だった。 

  統合財政収支から国民年金や雇用保険など社会保障性基金を除いた管理財政収支も38兆8000億ウォンの赤字となった。これも1-4月基準で過去最大だ。 

  予算の早期執行の影響が大きかった。今年1-4月の支出は196兆7000億ウォンだが、これは前年同期に比べ27兆ウォン多い。企画財政部が各部処と地方自治体に対して今年予定された予算事業を早期に執行するよう注文したのだ。今年の支出予算は決まっていて、この範囲内で支出した金額が多いという意味であり、下半期になるほど財政収支は良くなると政府はみている。 

  しかし税収減少の影響も少なくないという指摘だ。今年1-4月の国税収入

韓国、今年1-4月の統合財政収支が過去最大赤字 続きを本紙で読む 》

米駐韓大使が韓国に突き付けた「3項目」とは

2019年6月12日 ニュース, 朝鮮日報 ,

(1)反ファーウェイに続き

「米国のインド太平洋戦略に賛同せよ」
(2)
「米国企業の公正な競争を妨げる規制が負担」
(3)
「北東アジアの安全保障に欠かせない」
韓日関係正常化の圧力
 米国のハリー・ハリス駐韓大使が7日、韓国政府に向けてインド・太平洋戦略への賛同、外国企業規制障壁の撤廃、韓日関係正常化の3点を公に要求した。反ファーウェイ戦線への賛同に続いて、要求事項を大幅に増やしたのだ。こうした中、6月末と見込まれていた中国の習近平国家主席の訪韓は白紙になった。米中衝突の余波が韓国の経済・安全保障を脅かしているにもかかわらず、韓国政府は
「追加の措置を取ることはない」
という立場を表明するばかりだ。 ハリス大使は7日、韓国軍史学会主催のセミナーで
「韓国に進出した米国企業が公正な土台の上で競争することを妨げる、負担となる規制が存在する。韓国にしかない基準は、韓国の消費者や経済に悪影響を及ぼしかねない」
次いで、韓日関係の行き詰まりに関連して
「この地域のいかなる重要な安全保障上の事案も、韓日双方の積極的関与なしには解決し得ない。米国は韓米日3カ国協力の強化に向けた強い意志を持っている」
 さらにハリス大使は、
「中国包囲構想」
と呼ばれる米国のインド・太平洋戦略に関連して
「(韓国が
米駐韓大使が韓国に突き付けた「3項目」とは 続きを本紙で読む 》

財政拡大に向かう韓国政府、税収は減少

2019年6月12日 ニュース, 韓国・中央日報

  景気不振を憂慮した韓国政府が

「財政拡大」
に集中しているが、これに必要な税収の確保は難しくなっている。 

  企画財政部が11日に出した

「月間財政動向」
(6月号)によると、今年1-4月の累積国税収入は前年同期比5000億ウォン減の109兆4000億ウォン(約10兆円)だった。同じ期間の年度別国税収入は月間指標の発表を始めた2014年からずっと増えてきたが、今年に入って初めて減少した。 

  一方、政府の支出は大きく増えた。1-4月の累積総支出は196兆7000億ウォンと、前年同期比27兆ウォン増となった。財政専門家はこうした基調が今年末まで続けば税収減少のため計画された財政支出にまで支障が生じると指摘している。 

  政府が目標にした税収に対する実際の税収の比率(国税収入進度率)も大幅に低下した。今年1-4月の国税収入進度率は37.1%と、前年同期比3.9%ポイント減少した。この比率は2016年以降40%を超えていた。過去4年間続いた税収増加が今年に入って事実上終わったという診断が出ている理由だ。 

  特に徴税ペースが遅い部門は所得税と法人税だ。進度率がそれぞれ3.3%ポイント、5.8%ポイント下落した。これについて専

財政拡大に向かう韓国政府、税収は減少 続きを本紙で読む 》

韓国中銀総裁「状況変化に適切に対応」 利下げの可能性示唆

2019年6月12日 ニュース, 朝鮮日報

【ソウル聯合ニュース】韓国銀行(中央銀行)の李柱烈(イ・ジュヨル)総裁は12日、同行創立69周年記念のあいさつで、今後の金融政策の方向性について

「経済状況の変化に応じて適切に対応していく」
と述べた。先月までは政策金利について
「利下げを検討すべき状況でない」
「利下げで対応する状況ではまだない」
と言及していたが、新たに
「状況の変化に応じた適切な対応」
との表現を用いたことから、状況の悪化、つまり景気回復が鈍い場合は金利を引き下げ、景気刺激に乗り出す可能性を示唆したといえる。

 李氏は

「米中貿易摩擦が激化し、世界貿易が萎縮する可能性が高まった」
「半導体景気の回復が予想より遅れる素地もある」
と指摘。これら対外要因の
「不確実性が高まっている」
としながら、先行きと影響を綿密に点検する必要があるとの認識を示した。 以前は、下半期以降に主要国で需要が回復し、半導体景気も回復すると見込んでいた。だがこの日は、
「対外環境が大きく変わった」
とし、さらに
「成長経路の不確実性は一層増大したと判断される」
と述べた。韓国経済が特定産業中心の輸出に大きく依存している点も、懸念材料に挙げた。 
「成長の不確実性増大」
という診断は、今年の経済成長率予測を引き下げる可能性をほのめかすものだ。現在は2.5%と予測しており、新たな見通しは来月18日に発表される。予測を下方修正すれば予想以上の景気不振を認める
韓国中銀総裁「状況変化に適切に対応」 利下げの可能性示唆 続きを本紙で読む 》

韓国国民が選ぶ「最も脅威感じる国」、北朝鮮がまた1位に=韓国ネットからため息「政府は何をしているのか」

2019年6月12日 Recordチャイナ, ニュース

2019年6月11日、メディア・韓国日報は
「韓国国民が最も軍事的脅威を感じる国に、またもが選ばれた」
 

記事は、読売新聞と共に日韓で実施した共同世論調査の結果を報じている。それによると、韓国で米国、中国、ロシア、北朝鮮、日本のうち軍事的脅威を感じる国(複数回答)を尋ねたところ、

「北朝鮮」
との回答が64.5%で最も多かった。記事は
「昨年は48.6%で2位にとどまったが、今年は『朝鮮半島の春』が急激に冷え込み、1位に戻った」
とし、
𰃂月に行われた米朝首脳会談が成果なく終わったことや、先月北朝鮮がイスカンデル型弾道ミサイルを2度にわたり発射したことが影響した」
と分析している。2位以下は中国(48.1%)、日本(39.4%)、米国(20.4%)、ロシア(19.7%)となった。 

また、日本での調査でも北朝鮮(78.0%)が1位で、中国(65.0%)、ロシア(54.0%)、米国(32.0%)、韓国(25.0%)と続いた。

「韓国」
との回答は、昨年(20.0%)よりやや上昇したという。 

この記事に、韓国のネットユーザーからは

「この記事の内容が確かなら、政府は一体何をしているんだ?国民が嫌がっている北朝鮮によくしてやるなんて」
「大統領は、北朝鮮の脅威はない、今後も決してないと主張して、見張所や海岸線の鉄条網を撤去し、制裁を緩和しようと
韓国国民が選ぶ「最も脅威感じる国」、北朝鮮がまた1位に=韓国ネットからため息「政府は何をしているのか
続きを本紙で読む 》

【取材日記】アトピー新薬、日本25万ウォンなのに韓国では200万ウォン

2019年6月12日 ニュース, 韓国・中央日報

  重症アトピー皮膚炎を患うパク・ジョウンさん(29)は今月10日、国会前でリレー1人デモを行った。グローバル製薬会社サノフィ・アベンティスコリアが昨年9月に出した重症アトピー新薬

「デュピクセント」
に健康保険を適用してほしいと要求するためだ。この日、パクさんは
「病院費の心配なくすという大統領の約束、アトピー患者には守られていません。目の前にある治療剤をお金のせいで使えないこの気持ち、借金をして薬代を出す気持ちをご存知ですか」
と書かれたプラカードを持って国会正門前に立った。これまで一度もデモというものをしたことがないパクさんがプラカードを持って外に出たのはそれだけ切迫した事情があるからだ。パクさんは
「以前は睡眠を一日1時間も取れないほど辛かった。デュピクセントを使いながら普通の人と同じように過ごせているが、高価な薬代のせいでいつまで治療を続けられるか分からない」
と打ち明けた。パクさんはフリーランサーの仕事をしながら薬代をなんとか工面している状態だ。 

  デュピクセントは2週間に1回注射すれば、かゆみなどアトピー症状が画期的に改善して副作用もほとんどない。問題は薬の価格だ。健康保険が適用されない注射剤なので、1カ月200万ウォン(約18万円)ほどかかる。 

  デモに参加したチェ・ジョンヒョ

【取材日記】アトピー新薬、日本25万ウォンなのに韓国では200万ウォン 続きを本紙で読む 》

韓国大統領府が「経済悪化の長期化」を懸念=韓国ネットから嘆き

2019年6月12日 Recordチャイナ, ニュース

2019年6月9日、・朝鮮日報によると、韓国大統領府の経済首席が下半期の経済展望と関連して
「経済の不確実性が予想より大きくなる状況で、今後の対外環境によって下方リスクが長期化する可能性もある」
と懸念を示した。 

記事によると、尹ジョン源(ユン・ジョンウォン)経済首席秘書官は同日の記者会見で、現在の経済状況および政策対応と関連し

「今年1~3月期に予想以上に対外環境の不確実性が高まった。世界の景気が落ち込む傾向にある上、最近では通商摩擦が拡大したことによりグローバル貿易と製造業の活動が予想より大きく萎縮している」
と述べた。 

また

「政府は経済活力の回復を最優先する考え。成長の下方リスクが大きくなったため、より積極的な政策対応が必要」
とし、
「成長活力の回復には追加補正予算案の迅速な可決が必要。補正予算が早期に推進されてこそ景気が良くなり、雇用1~2万件が創出されるが、補正予算が駄目ならこうしたチャンスを逃してしまう」
と説明したという。 

これを受け、韓国のネット上では40~50代の男性ユーザーからの関心が高いが、

「去年にも補正予算を出してたけど、景気はよくなったか?」
「昨年末ぐらいに『所得主導の成長』効果が今年は本格的に出てくるって言ってなかったっけ?」
「毎年補正予算を充てたところで失業者と国の借金が増えるだけ」
など批判的な声が上がって
韓国大統領府が「経済悪化の長期化」を懸念=韓国ネットから嘆き 続きを本紙で読む 》

韓国は日本が構築目指す水素経済同盟に入れてもらえず?=韓国ネットから不安の声

2019年6月12日 Recordチャイナ, ニュース , , ,

2019年6月11日、メディア・韓国日報は、日本が今月末に大阪で開く20カ国・地域(G20)首脳会議を機に、米国・欧州連合(EU)と共に、韓国を除く
「水素経済同盟」
の構築を推進していることが分かった 

韓国の自動車業界と産業通商資源部によると、日本はG20の開催を前に、米国やEU、日本が参加する水素同盟の構築を推進している。28、29日に行われる首脳会議や15、16日に行われるG20エネルギー・環境関係閣僚会合で水素経済分野での協力に向けた了解覚書(MOU)を締結したい考えとみられている。 

自動車、エネルギー、情報技術(IT)企業など世界の民間企業50社以上のCEOらはすでに、

「水素協議会」
を発足して水素経済時代の準備を進めている。現在は現代自動車グループのチョン・ウィソン首席副会長が共同会長を務めている。 

日本の今回の試みについて、。 

産業通商資源部関係者は

「日本は今回の試みが失敗に終わっても、別の国と同盟を結び、水素経済の主導権を握るための努力を続けるだろう」
とし、
「韓国政府も世界各国と水素経済で協力するため、MOU締結などの準備を進めている」
と話したという。 

これに、韓国のネットユーザーからは

「つまりコリアパッシング?」
「現政権が水素経済を奪われたら何も残らない」
と不安げな声や、
韓国は日本が構築目指す水素経済同盟に入れてもらえず?=韓国ネットから不安の声 続きを本紙で読む 》

「文大統領、米日韓連携になぜ消極的なのか」トランプ氏はいきなり安倍氏に尋ねた

2019年6月12日 ニュース, 韓国・中央日報

  日本と米国の密着が目立っている中で、4月26日ワシントンで開かれた日米首脳会談で両首脳が

「韓国はなぜ韓日米連携に消極的なのか」
について話したと日本政府消息筋が11日、伝えた。これに先立ち、半月前である4月11日ホワイトハウスで韓米首脳会談が開かれた。この消息筋によると、トランプ大統領は日米首脳会談の途中で
「ところで、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は米日韓連携になぜそのように消極的なのか。理由をちょっと説明してほしい」
という趣旨で安倍晋三首相に尋ねた。北朝鮮の核問題など東アジア情勢を議論していた中だったという。消息筋は
「トランプ大統領の質問に安倍首相は自身の考えを率直に明らかにしたと理解している」
続いて
「事業家として活動してきたトランプ大統領は日中韓関係などアジア内部の事情はよく分からない部分があり、安倍首相に気楽に尋ねる」
と付け加えた。ホワイトハウス会談当時、トランプ大統領が
「シンゾーがイエスといえば私もイエス」
と話して同席者が驚くこともあったという。 

  トランプ大統領の

「韓日米連携」
の質問をめぐり日本政府内では
「日米対露朝となっている北東アジアの構図で日米側にはっきりと同調しない韓国の態度に対してトランプ大統領が『親友』である安倍首相に不満を示したのではないか」
という分析もあると消息筋は伝えた。
「文大統領、米日韓連携になぜ消極的なのか」トランプ氏はいきなり安倍氏に尋ねた 続きを本紙で読む 》