『帝国大学の朝鮮人』チョン・ジョンヒョン著/ヒューマニスト(2019) 『帝国大学の朝鮮人』の読み方は様々だろうが、最近起きた二つの事件を意識して読むならば、思索が倍加する経験をするだろう。一つは、『反日種族主義』をめぐる親日派論争で、もう一つはチョ・グク法務部長官について広がるいわゆる586世代談論、すなわちチョ・グク守護とその反対の主張、あわせてその原因となった韓国社会の支配エリート再生産構造だ。まず、

「親日派」
という単語が非難の意味で使われた結果、韓国と親しい外国人を指して言う時も
「親韓派」
という単語の代わりに
「知韓派」
と言うほどに敬遠される単語だった。ところで、最近は自ら
「親日派」
を自称する韓国人が出没している。このように敏感な時期に出版されたこの本は、日帝治下で帝国最高のエリート集団養成所であった帝国大学で朝鮮人の若者たちがなぜ留学に行き、そこで誰に何を学んで帰ってきたのか、日帝強制占領期間と解放以後の人生の行跡を見回す。 開化の必要性を痛感した朝鮮政府は、日本との修交が成立した1876年以後から日本に多くの留学生を送った。修交以後、日本留学生が朝鮮の近代化に寄与した側面もあった。1884年、金玉均(キム・オクキュン)が甲申政変を起こした時、日本陸軍戸山学校で軍事訓練を受けた朝鮮留学生を動員したように、彼らは重要な時期の