「指をくわえて見ているだけではダメだ」
 2018年6月、シンガポールで金正恩(キム・ジョンウン)委員長と首脳会談を行った後、トランプ大統領は韓米軍事演習の中止を電撃発表した。当時のマティス米国防長官はこの発表に驚いたと、ボブ・ウッドワードが著書『怒り(RAGE)』で伝えている。マティス長官は大統領の発表を受けて、その年の韓米軍事演習を中止はしたが、トランプ大統領を説得しようとした。
「軍人は演習をしなければ大統領のあなたにも何の価値もなく、国防長官である私にも何の意味もありません」
。しかしトランプ大統領は心を変えなかった。するとマティス長官は国防総省に来て指示を下した。
「兵営に座ってばかりいないで、演習を続けろ。ただし、大統領の目につくような大規模な訓練だけは避けろ」
。指をくわえて見ているだけではダメだ、という言葉も付け加えた。 このエピソードはトランプ政権の対北朝鮮外交の実状をよく示している。まず、首脳会談を準備する過程で、国防長官を含むすべての省庁が統一した協議案を作っていなかった。韓米軍事演習の中止という重大な事案に対して、事前に国防部と協議して内部的合意を導き出すことができなかったため、マティス国防長官が驚く事態が起こったのだ。次に、首脳会談後に米政府省庁が首脳間合意を履行することに抵抗したという事実だ。首脳合意を執行する義務のある長官が、大統領の目さえ避ければいいと