米州韓国人有権者連帯のキム・ドンソク代表は21日(現地時間)、

「バイデン新政権時代には、韓国は日本と協力するのが有利だ」
と述べた。朝米関係は、バイデン政権が人権を重視し日本との協力を強調しているため、トランプ時代よりも複雑になったが、北朝鮮核問題は急速な進展は見られなくとも、段階的なアプローチで解決していく可能性があると見通した。30年以上米国政治の現場で活動してきたキム代表に、バイデン大統領就任1カ月を機にテレビ電話でインタビューした。 ―バイデン大統領就任1カ月間の国政運営を評価するなら? 
「米国国内政治で最も重要なことは、バイデン大統領が民主党を結束・統合するのに成功したという点だ。民主党候補になった時から、バイデンにとっては、党内の進歩勢力を抱き込んで党を結束させることができるかが絶対的な課題だった。引継ぎ委員会が発足した当初は政府の主要ポストに財力家が下馬評に挙がったが、ロン・クレイン氏がホワイトハウス秘書室長に起用されてからは、方向が変わった。進歩側のバーニー・サンダース上院議員やアレクサンドリア・オカシオコルテス下院議員などの参謀が国務省や国防総省、労働省など各省庁の主要な実務ポストに布陣したか、入る予定だ。また、バイデンが就任直後、約50の行政命令や法案で人種平等や健康保険、移民、最低賃金の引き上げなど革新的な議題を取り上げたが、党内の中道派の反発もほとんど