今年3月、1286ウォンまで上がったウォン/ドル為替レートが、最近は1140ウォン台まで下がった。為替レートの決定要因から見れば、韓国ウォンの価値上昇傾向は中長期的に持続する可能性が高い。韓国ウォンの価値が上昇する時には株価も上がった。 過去の統計から分析してみれば、米ドルの価値、中国元/ドル為替レート、韓米の実質金利差、韓国の経常収支などがウォン/ドル為替レートを決める主な要因だった。まず2月以後、ドルの価値が主要国の通貨に対し10%程度下落したが、米国経済の不均衡解消の過程でさらに下落する可能性が高い。2008年以後、2回の経済危機を克服するために米国政策当局は果敢な財政および通貨政策で対応した。その結果、対内外不均衡が拡大した。2007年には国内総生産(GDP)に対して62.9%だった米連邦政府の総負債が、今年第2四半期には135.6%に急増した。第2四半期GDPに対する財政赤字も15.3%で、1960年以後の最高値を記録した。また、第2四半期GDPに対する経常収支赤字も3.5%で、2008年(4.3%)以後最も高かった。金利の上昇やドル価値の下落を通じて、こうした対内外不均衡が解消されうる。米連邦準備制度理事会が

「平均物価目標制」
を導入することにしただけに、当分金利引き上げの可能性は小さい。ドル価値の下落を通じて対内外不均衡が解消されざるを得ないと言える。 米ドルの