6日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の新規感染者数が47人を記録し、46日ぶりに50人を下回った。しかし、防疫当局は警戒心を緩めるにはまだ早いとし、社会的距離措置(ソーシャル・ディスタンシング)により一層積極的に参加するよう呼びかけた。特に第1次

「高いレベルのソーシャル・ディスタンシング」
施行期間(3月22日~4月5日)にむしろ市民の移動が多くなったことを受け、韓国政府はオンライン宗教活動支援など追加対策を検討している。 同日、中央災難安全対策本部(中対本)は
「新規感染者数が50人以下に減ったが、週末であるため検査が通常の1万件以上から6000件に減った影響が大きい。この数値だけで安心する段階ではない」
と述べた。また
「海外からの流入による感染拡大の可能性がまだある。感染経路が確認できない感染者が5~10%を占めるのは、地域社会に防疫当局が把握できない感染者が存在するという意味」
だとし、
「欧州や米国で見られる爆発的な感染拡大現象がいつでも起こり得る厳しい状況」
だと強調した。防疫当局は同日、感染再生産指数(感染者1人から平均的に感染を広げられる人数)を1以下に下げることをもう一つの目標に掲げた。 防疫当局がこのように緊張を緩めないのは、先週末だけで市民の移動量が50万人ほど増加するなど、第1次
「高いレベルのソーシャル・ディスタンシング」
施行期間中、むしろ移動量が2